ガジェット 2021/07/10

忖度なし!iMライターが選ぶ2021年上半期 買ってよかった・失敗したモノ


買って良かった 失敗した
 
iPhoneやApple製品だけにとどまらず、さまざまなガジェットに興味津々のiPhone Maniaライターの皆さんに、2021年上半期に購入した買って良かった・失敗した製品について聞いてみました。(極力)忖度なし!でお届けします。
 

 
一番好きなCPUはPentium Pro 200MHz!ライターFT729
ガジェット好きが高じてフィンテックマニアに!ライター藤田尚眞
7歳の娘と一緒にゲームするのが大好きな40代おじさん。ライターhato
とにかくコスパ第一!ライターハウザー
Androidにも興味深々のAppleファン。ライターkihachi
iPhone一筋10年のApple製品信者!ライターkotobaya
ミニマムコンピューティングの未来を信じるモバイルチップ信者。ライターlexi
思い入れのある端末はAdvanced/W-ZERO3[es]の編集asm
 

一番好きなCPUはPentium Pro 200MHz!ライターFT729

買って良かった製品 Top3

1
Bose QuietComfort EarBuds、さようなら Pro

Proだと耳が痛くなる私にはBose QuietComfort EarBudsがベストマッチでした。耳から落ちそうな気配もありません(関連レビュー記事)。
 

2
iPad Air(第4世代)用Smart Folio、劣化知らず

11インチiPad Pro(第1世代)につけて使っているiPad Air(第4世代)用のSmart Folioは素材が変更されたのか、11インチiPad Pro(2018年モデル)用Smart Folioのように短期間で劣化する気配がありません。iPad用Smart Coverの耐久性が帰ってきました。人柱的に試して大正解でした(関連レビュー記事)。
 

3
OCNモバイルONEの通話かけ放題

プリフィックス自動付加による通話かけ放題で、これほど便利になると思いませんでした。これまでは、LINEアプリの「無料通話」やSkypeで行っていた通話も、電話で行うようになりました(関連レビュー記事)。
 

次点
ヒートスプレッダが金色のPentium Pro 200MHz

FT729 Pentium Pro
 
番外編の買って良かったは、ヒートスプレッダが金色のPentium Pro 200MHz美品中古(ピン曲がりなし)。Gateway 2000に搭載されていたのと25年来の再会!?美しい!と毎晩うっとり。
 

買って失敗した製品 Top3

1
無印Lightningケーブル(5本セット)、危うく事故

無印Lightningケーブルで遭遇しかかった惨事は、まさに「安物買いの銭失い」の典型例だと思います。iPhone内にLightning端子先端だけ残っていたら…。高額な修理代金になったでしょう(関連レビュー記事)。
 

2
12.9インチiPad Pro用Magic Keyboard、重すぎ…

重いわりにキータッチがそれほど良くないiPad Pro用Magic Keyboard、同じ程度の重さの12インチMacBookがM1チップを搭載して復活してくれることを切に願います! バタフライ・キーボードでも許容しますので何とかお願いします!(関連レビュー記事
 

3
海外で買った製品に対するAppleサポートの対応、事前説明なし

海外勤務時に買ったApple Watch Series 5 Edition、AppleCare+入っているのにエクスプレス交換サービスは日本で利用できず…。加入したメリットをほとんど享受できません。購入から1カ月以内に日本で加入した際には説明無し。今後はモバイル保険に移行します(関連レビュー記事)。
 

  • ライターFT729の記事をもっと読む!
  •  

    ガジェット好きが高じてフィンテックマニアに!ライター藤田尚眞

    買って良かった製品 Top3

    iPhone Mania 独自記事 藤田iMac
     

    1
    24インチiMac(Apple)

    24インチiMac(写真)は、仕事環境を激変させた一品です。これまで私は、iPad ProなどiPadを使って記事を執筆してきたのですが、程よいディスプレイサイズに音質の良いスピーカーは、これらを上回り、仕事効率を押し上げました。
     
    ちなみに「」チップについては、 miniで体感済みでしたが、改めてその快適さに感動しました。
     

    2
    BIGSOFTI(BIGSOFTI JAPAN)

    「BIGSOFTI」は、スマートフォンなどに後付けする照明なのですが、その放つ柔らかいかつ十分な光量は、製品レビュー記事執筆で製品を撮影をするときに効果を発揮します。
     
    私自身、一眼レフも持ってはいるのですが、最近は、BIGSOFTIのおかげでiPhoneでも記事に耐えうる綺麗な製品写真を撮影することができるようになりました。今では無くてはならない存在です。
     

    3
    (Apple)

    普段はAirPods Proなどイヤホンを使うことが多いのですが、私は自分の空間に入り込んで音楽に没頭したいタイプなので、久々にヘッドフォンを購入しました。音響にはあまり詳しくありませんが、アクティブノイズキャンセリング外部音取り込みモードの違いはAirPods Proよりも大きく、家の中でも大活躍の機能です。
     

     

    ちょっと残念だった製品 Top2

    1
    MagSafe対応カードウォレット(トリニティ)

    MagSafe対応製品で、「マグネットシールド」が内蔵されたカードウォレットですが、Appleの「MagSafe対応iPhoneレザーウォレット」と異なり、ウォレットを装着したままカードの出し入れができるようになっています。
     
    しかし、iPhoneにケースを着けない状態で装着すると磁力が弱いため、MagSafe対応のケースをつけたうえで使用するのがよいでしょう。ケースを装着しないでiPhoneを利用することもある筆者としては、この点があと一歩!でした(関連レビュー記事)。
     

    2
    CIO-MB5000-MAG(CIO)

    こちらの製品はMagSafeに対応したモバイルバッテリーで、USB-CだけでなくLightningでも充電できるほか、背面にスタンド機能が内蔵されているなど非常にユニークかつ挑戦的な製品です。しかし筆者が利用したではサイズが少し合わず(利用は可能)、あと一歩!でした(関連レビュー記事)。
     

  • ライター藤田尚眞の記事をもっと読む!
  •  

    7歳の娘と一緒にゲームするのが大好きな40代おじさん。ライターhato

    買って良かった製品 Top3

    ベルキン Belkin「MagSafe Air Vent 車用磁気スタンド PRO」 レビュー
     

    1
    Belkinのカーマウント

    1位はBelkinのカーマウント(写真)です。装着感はエアコン吹き出し口の形状によるので、一律には言えませんが、筆者の環境では、エアコン吹き出し口に差し込むだけでしっかり固定でき、重量級の MaxをMagSafeの磁力で安定して固定できており、満足しています。
     
    欲を言えば、後継製品ではMagSafe充電もできるようになることを期待しています(関連レビュー記事)。
     

    2
    DeffのPOCKET for

    DeffのPOCKET for は、を包み込んで保護でき、様々なものに貼り付け、貼り直して使える製品です。筆者の場合、財布のコインポケット部分に入れて使っています。汚れたら気軽に水洗いできるので、日常的に活用しています。
     
    1つあたり980円(税込)と手を出しやすい価格も魅力です(関連レビュー記事)。
     

    3
    Apple Arcadeのゲーム

    Apple Arcadeには、Apple Oneの提供開始と同時に加入していたのですが、ゲームはほとんどプレイしていませんでした。
     
    しかし、2020年ベストApple Arcadeゲーム(関連記事)の「忍び足のサスクワッチ」を紹介するYouTube動画を7歳の娘が見ていたのがきっかけで、娘と一緒に楽しむようになりました。広告もアプリ内課金もなしにゲームを楽しめるのは快適です。
     

     

    買って失敗した製品 Top3

    1
    AUKEYのMagSafe機構対応充電器「Aircore 15W LC-A1」

    Aircore 15W LC-A1は、iPhone12シリーズに磁力で吸着してワイヤレス充電できる、お手頃価格の充電器です。充電出力は、Apple純正品の15Wに対して7.5Wと見劣りしますが、バッテリー残量50%のiPhone12 Pro Maxを30分間で64%まで充電できます。
     
    十分実用的ですが、製品名に「15W」と入れるのは誤解を招きそうだなと感じます(関連レビュー記事 [1], [2])。
     

    2
    AppleのAirTagレザーキーリング

    Apple純正のAirTag用キーリングはデザイン、質感、AirTagのフィット感ともに申し分ないのですが、4,500円(税込)は割高感があります。筆者が貧乏性なのがいけないのですが、レザー素材が傷んだらもったいない…などと考えてしまい、部屋にしまい込んだままで活躍できていない、残念なことになっています。
     

    3
    iCleverのタッチパッド付き折り畳みキーボード

    外出先でiPhoneと接続して使えればと思い、約5,000円で購入しました。現在も販売されている製品ですが、がインストールされたiPhoneと接続すると「Wi-Fi及びBluetooth接続に影響する場合があります」と警告が表示されてしまいます。タイピング中、タッチパッドに指が触れてカーソルが動いてしまうことも多いので、タッチパッドは要らなかったかな、とも思います。
     

  • ライターhatoの記事をもっと読む!
  •  

    とにかくコスパ第一!ライターハウザー

    買って良かった製品 Top3

    楽天モバイルのスタートガイドとSIMを差したiPhone XRの画像
     

    1
    楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI

    楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VIは、この半年でとにかくiPhoneとの親和性が高まりました。当初は動作保証はしないけど一部機能の動作確認はしているよ、というレベルでしたが、iPhoneの発売とともに全機能が動作保証となり、あれよあれよという間にiPhoneがまともに使えるキャリアに。心配していた電波の入り具合も徐々に改善し、今後にも期待できそうです(関連レビュー記事 [1], [2])。
     

    2
    Xiaomi Mi スマート体組成計2

    Xiaomi Mi スマート体組成計2はおしゃれでリーズナブルな高機能体組成計です。この製品は、スイッチオンにすることなく乗るだけで体重測定が開始される点に感動しました。
     
    普通の体重計は、スイッチを入れて、少し待って、乗って、という手間が必要なのに比べると、手軽に体重などを測定することができ、体組成計に乗る頻度が増えたと思います。健康維持にもつながることを期待したいです。
     

    3
    IIJmio ギガプラン eSIM

    IIJmio ギガプラン eSIMは、楽天モバイルとの親和性が高いプランです。eSIMが使えるiPhoneなら楽天モバイルと同居することができ、楽天モバイルの電波の入りが悪く、1GB以上使うと途端にコスパが悪くなるという欠点をカバーしてくれます。
     
    2つのSIMを使うというやり方はマニアックと思われがちですが、こういった商品をきっかけに一般化していくといいですね(関連レビュー記事)。
     

     

    買って失敗した製品…はないので
    2021年下半期に期待する製品

    1
    新型iPhone(iPhone13?iPhone14?iPhone12s?)

    新型iPhoneは個人的にそろそろ買い替え時かなと思っていることから挙げさせてもらいました。恥ずかしながらまだiPhone XRを使っているのですが、購入してからもう3年になることから、そろそろ買い替え時かとも思っています。
     
    ただ、バッテリーを交換すればまだまだ戦えるような気もしていて悩ましいところです。新型iPhoneにはぜひ「買い替えねば!」と思わせてくれるような進化を期待したいです。
     

    2
    BIGLOBE donedone エントリープラン

    BIGLOBE donedone エントリープランは、月額料金無料で利用できるMVNOのプランです。通信速度は128kbpsに制限されるのですが、クーポンや時間単位で利用できるチケット購入で高速通信が使えます。
     
    eSIMに今後対応予定とのことなので、楽天モバイルと組み合わせればIIJmio ギガプラン eSIM以上に臨機応変に使えるようになるのでは?と期待しています(関連記事)。
     

    3
    Windows 11

    Windows 11は、6年ぶりに登場する新しいWindowsです。Windows 10が最後のWindowsといっていた件はさておき、見た目が大きく変わったり、Androidアプリが使えるようになったりと、パソコンのあり方を変えるOSになるかもしれません。アップグレード可能なパソコンの要件が厳しいのが残念ですが、早く試してみたいです。
     

  • ライターハウザーの記事をもっと読む!
  •  

    Androidにも興味深々のAppleファン。ライターkihachi

    買って良かった製品 Top3

    kihachi SRS-RA3000 WF-1000XM3
     

    1
    :SRS-RA3000 

    リモートワークが本格化し、平日は家に引きこもりっぱなしの生活なので、スピーカーで音楽を流しながら快適に作業をしたいなあ……と感じていたなかでの購入でしたが大正解でした。
     
    同じソニーから出ているインテリア重視のランプスピーカーLSPX-S2と迷いましたが、こちらはImmersive AE​と360 Reality Audioという二本立ての立体音響技術が強みで、部屋のどこにいても臨場感あるサウンドが楽しめます。就寝時も波の音を流せば、まるで岸辺で寝転がっているかのよう。QOL爆上がりの逸品でした。
     

    2
    :5Gギガホプレミア

    筆者は自宅に光回線を設置しておらず、プライベートはスマホ回線のテザリングで生活しています。これまでは日中会社なのでデータ容量を消費することもありませんでしたが、巣篭もり消費が加速するにつれ、ギガホの60GB(通常30GBのところをキャンペーンで60GB上限)でも心許なくなってきました。
     
    ところが、5Gギガホプレミアなら5G回線が使えるうえに上限なし。おかげで今では気兼ねなしに毎月100GB超えています。映画も高画質で見放題。それで月6,000円少々なのですから最高です。まるでドコモさんの宣伝ですが、回し者ではないです。
     

    3
    Dyson:Dyson Pure Humidify+Cool

    空気清浄機つきの加湿器を探していた中で出会った製品です。先代の加湿器は、水を入れるタンクがいつの間にか水垢で汚れ、フィルターもいつの間にか汚れで目詰まりし……という悩みを抱えていました。
     
    このDyson製品は“Pure Humidify”という名称からも分かるように、タンク内の水を紫外線で殺菌するプロセスを踏むことで、カビや細菌の繁殖を抑えられるのがポイント。タンク内の状況を目視しやすく、フィルターの汚れを搭載ディスプレイで確認できるのも楽です。
     

    買って失敗した製品 Top3

    1
    ソニー:WF-1000XM3

    忌憚なく言わせてもらえば、各レビューサイトに書かれている悪評の通りです。Bluetoothの連関が強くないのか、外出先ではしょっちゅう片方のイヤホン(右側)から音が出なくなります。TWS型に共通する欠点だとしても、AirPodsと比べて余りにも音の途切れや突然の消音が多いです。
     
    また最大6時間連続再生と称してはいるものの、ノイズキャンセリング機能やDSEE HX(音質最適化)機能をオンにしていると、実際は正味3時間前後でしょうか。結局は強みであるこれらの機能をオフにするしかなく、作業しながらの使用には向いていません。Sennheiserのワイヤレスイヤホンからの乗り換えですが、個人的には完全に失敗しました。
     

    2
    Samsung:Galaxy Note20 Ultra

    S Penは宝の持ち腐れでした。6.9インチはスマートフォンのディスプレイサイズとしてはかなり大型ですが、スタイラスペンで何かを書き込むには小さいんですよね。現実はCM動画のようにはいきません。ただ、切り取りや細かいレタッチ、色塗りなど、画像の加工にはとても適しています。
     

    3
    CyberLink:PowerDirector 365

    動画編集を考えているmacOSユーザーは変な色気を出さずに、大人しくAdobe Premiere ProかApple謹製のFinal Cut Proにしましょう。Macに対応したのが最近なせいか、Windows版と比べてmacOS版のPowerDirector 365は機能が限られています。
     
    しかもその使えない機能が、アニメーションのエフェクト機能を筆頭に、動画作成に不可欠な機能なのですから最悪です(キーフレームを頑張ってポチポチいじれば代替できますが)。これでWindows版と同じ価格はあり得ないでしょう。CyberLinkさん、なんとかしてください!
     

  • ライターkihachiの記事をもっと読む!
  •  

    iPhone一筋10年のApple製品信者!ライターkotobaya

    買って良かった製品 Top2

    kotobaya iphone12mini
     

    1
    (Apple) iPhone12 mini

    世間的には不人気のiPhone12 miniですが、小さくて軽いスマホ好きな筆者にとってはベストな機種でした。画面の端から端まで親指一本で届くサイズ、ズボンのポケットに入れておいても気にならない軽さはとても気に入っています。
     
    また、写真・動画撮影用としても使用していますが、一眼レフカメラにも劣らないくらいの画質の良さは、さすがiPhoneだなと感心しています。
     

    2
    (Anker) PowerCore III 19200 60W

    このモバイルバッテリーひとつあればMacBook Proもフル充電できるので、電源がない場所に行っても安心です。シンプルなデザインでApple製品とも相性が良い点もポイントです。
     

     

    買って失敗した製品…はないので
    2021年下半期に期待する製品

    1
    第6世代

    ベゼルレス化、ホームボタンの廃止など、デザインが大幅刷新されると噂されているiPad mini 第6世代。筆者はいまだにiPad mini 第4世代を使っているのですが、そろそろ乗り換えたいと考えていたところなので、楽しみな製品の一つです。
     

     

  • ライターkotobayaの記事をもっと読む!
  •  

    ミニマムコンピューティングの未来を信じるモバイルチップ信者。ライターlexi

    買って良かった製品 Top3

    lexi PineBook Pro
     

    1
    PINE64:Pinebook Pro

    Pinebook Pro(写真)は、カリフォルニア発、現香港拠点のPINE64が届ける、人気のモバイルチップ搭載低価格コンピュータです。OSはLinuxの一種であるManjaro ARMがプリインストールされています。価格は220ドル(約2万4,000円)と廉価ですが、筐体はマグネシウムでできており、かなり強固な印象です。キーボードも感触は悪くありません。ディスプレイが意外にもきれいなのに驚きました。
     
    最も素晴らしいのは、モバイルチップならではのバッテリー駆動時間の長さです。低スペックのチップを搭載しているので、10,000mAhのバッテリーで14時間ほどは作業可能です。廉価ながら素晴らしいスペックのデバイスであるため、今回の分も販売開始とほぼ同時に売り切れたようです。
     

    2
    Samsung:Galaxy Buds Live

    オープン型の完全ワイヤレスイヤホンが欲しかったので、Galaxy Buds Liveを購入しました。オーストリアのオーディオブランドAKGが数年前からSamsung傘下となっていることもあり、オーディオのバランス感が素晴らしいです。
     
    そら豆のような形のイヤホンは、人によっては耳にうまく入らないという話も聞きますが、私の耳にはかなり良い感じでフィットしており、ランニングなどの運動時にも装着しています。カスタムジャスチャーでSiriの呼び出しも可能なので、iPhoneとの組み合わせも悪くありません。
     

    3
    Raspberry Pi:Raspberry Pi 400

    キーボード型のモバイルチップ搭載コンピュータを、Raspberry Piが昨年末に発売しました。キーボードの中にすべて必要なものが入っているため、ディスプレイとつなぐだけでコンピュータ環境を構築することができます。モバイルチップを搭載しており、ミニマムな計算能力を発揮してくれます。
     
    価格は80ユーロ(約10,500円)とかなりお手頃なため、サブデスクトップ環境を作るのにぴったりです。OSは自由に選ぶことができますが、私はUbuntu 21.04を入れています。
     

     

    買って失敗した製品…はないので
    2021年下半期に期待する製品

    1
    ThinkPad T14 Gen 2 (14″ AMD)

    AMD Ryzen Pro 5000シリーズ(最新アーキテクチャZen 3)搭載のThinkPadです。Linuxラップトップとして使用する予定です。
     

  • ライターlexiの記事をもっと読む!
  •  

    思い入れのある端末はAdvanced/W-ZERO3[es]の編集asm

    買って良かった製品 Top3

    asm TORRAS iPhoneケース
     

    1
    TORRAS 半透明iPhoneケース

    これ!というiPhoneケースになかなか巡り会えないなか、Amazonプライムデーで見かけたのがTORRASのiPhoneケース(写真)でした。「もうこれでいっか」とレビューするつもりもなく軽い気持ちで購入しましたが、シリコーン製ではないものの手触りがよく、グリップ感も程よくて気に入りました。しっかりレビューしたかったなぁと変な後悔。
     
    定価は税込3,680円ですが、本稿執筆現在はセール価格で税込1,640円です。
     

    2
    イトーキ オフィスチェア YL9-WHEL

    ほぼすべての業務がデスクワークなので、体への負担軽減を考えて椅子を買い替えたいなと思っていたのですが、まだ壊れてないから…とよくわからないブランドの椅子を数年使っていました。今年思い立って候補を2つに絞り、最終的にデザインが好みのこちらを購入しました。
     
    椅子が変わるとこんなに変わる??と思うほど、毎日の疲れ方が変わったように思います。やはり椅子や寝具など、長時間かかわるものはお金をかけたほうが良さそうです。
     

    3
    aibili iPad 2017/2018 防水ケース

    私は昨年秋にiPad Air(第4世代)を購入して、それまで使っていた無印iPad(第6世代)は家族にお下がりに。元々家族はお風呂で使える防水タブレットが欲しいと要望していたので、本格的に使い出した今年、防水ケースを購入しました。Amazonでの定価は3,480円(税込)です。
     
    お風呂以外で使うには画面をタップしたときの反応の悪さが少し気になりますが、お風呂では快適に利用できている様子で長風呂が増えました。よくわからないブランドの防水タブレットを購入するぐらいなら、眠っているiPadに防水ケースを付けて利用するのオススメです。
     

    買って失敗した製品 Top2

    1
    ATUP コンパチブル Apple Watchバンド(42mm/44mm クリアー)

    Apple WatchバンドはずっとApple純正製品を愛用しているのですが、夏だしクリアタイプでいいのないかなと思い、これまたAmazonプライムデーで見かけて購入しました。定価は1,699円(税込)、購入時はセール価格の1,359円(同)だったのですが、値段相応かそれ以下にとてもチープな製品でした。おもちゃ感がすごいです。
     

    2
    MYNUS Case

    引き算の美学をコンセプトにしたMYNUSというブランドの製品です。iPhone12、iPhone12 mini向け製品は背面カメラ部分はレンズぎりぎりまで美しく切り抜かれているのですが、iPhone12 Pro向けはよくある四角形に沿って切り抜かれたデザインです。ちょっとがっかりポイント。
     
    極薄デザインであることは承知のうえで購入しましたが、使い出して間もない頃からiPhoneとケースの間に少し空間ができるといいますか、ケースが浮く?ような状態になり、ぺこぺこしてすごく気になったので使うのを辞めました(関連レビュー記事)。
     

  • ライターasmの記事をもっと読む!
  •  
     
    (iPhone Mania編集部)

    iPhone Mania

    Related Posts

    関連記事

    ドコモ、d払い利用代金を抽選で最大100%還元するキャンペーン実施〜1月31日から

     ドコモは、スマートフォン決済アプリd払いにおいて、利用金額の最大100%を還元するキャンペーンを実施しています。
    抽選で利用額の最大100%還元
    キャンペーンは、1月31日午前0時〜2月28日午後11時59分までのキャンペーン期間中、対象店においてd払いで1回あたり500円以上の決済をすると、利用金額の最大100%が還元されるというものです。
     
    1等は、利用金額の100%、2等は10%、3等は0.2%が、2カ月間有効の期間限定ポイントで還元されます。
     
    ただし、キャンペーン参加には、エントリーが必要となります。
     
    キャンペーン概要
    キャンペーン期間
    1月31日午前0時〜2月28日午後11時59分
    キャンペーン参加方法
    キャンペーンページからエントリーのうえ、対象店においてd払いで1回あたり500円以上の決済をすること
    特典
    1等 : 利用金額の100%
    2等 : 利用金額の10%
    3等 : 利用金額の0.2%
    ※2カ月間有効の期間限定ポイント

     
    キャンペーン対象店は、セブンイレブンやローソン、ミニストップなどのコンビニエンスストア、マツモトキヨシ、ツルハドラッグなどのドラッグストアなどのほか、メルカリ、出前館などです。詳しくはキャンペーンページをご覧ください。
     
    キャンペーンページ
     
    なお、本稿執筆時点においてd払いは、回転寿司スシローなどで最大2万ptが当たるキャンペーンやタクシーアプリ「GO」と連携することで、最大5,500pt進呈のキャンペーンを実施しています。
     
     
    Source:ドコモ/d払い
    (te7373) …

    続きを読む シェア
    0

    iOS向け公式アプリ「Appleサポート」が新たに118の国・地域に対応

     iPhoneとiPad向けのiOSアプリ「Appleサポート」について、Appleは30日、新たに118の国や地域で利用可能となり、3つの言語に対応したことを明らかにしました。
    Appleがユーザーの抱える問題をサポート
    Appleの製品やサービスに関してユーザーに合わせた解決策を提示してくれる「Appleサポート」アプリが、対応する国や地域を増やしました。
     
    同社の発表によると、新たに118の利用可能な国・地域と3言語(ブルガリア語、クロアチア語、ギリシャ語)が追加されたことにより、「Appleサービス」アプリは合計で173の国・地域と31の言語で利用可能になったとのことです。公開されたリストでは、アフガニスタンやナイジェリア、カンボジア、ウズベキスタン、ジンバブエ、ルワンダなどの名前が挙がっています。
     

    アフガニスタン、アルバニア、アルジェリア、アンゴラ、アンギラ、アンティグア・バーブーダ、アルメニア、アゼルバイジャン、バハマ、バルバドス、ベラルーシ、ベリーズ、ベナン、バミューダ、ブータン、ボリビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、英領バージン諸島、ブルネイ、ブルキナファソ、カンボジア、カメルーン、カーボベルデ、ケイマン諸島、チャド、コンゴ・ブラザヴィル、コンゴ・キンシャサ、コスタリカ、コートジボワール、クロアチア、キプロス、ドミニカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドル、エストニア、エスワティニ、フィジー、ガボン、ガンビア、ジョージア、ガーナ、ギリシャ、グレナダ、グアテマラ、ギニアビサウ、ガイアナ、ホンジュラス、アイスランド、イラク、ジャマイカ、カザフスタン、ケニア、クウェート、キルギスタン、ラオス、ラトビア、リベリア、リビア、リトアニア、マダガスカル、マラウイ、モルディブ、マリ、マルタ、モーリタニア、モーリシャス、ミクロネシア、モルドバ、モンゴル、モンテネグロ、モントセラト、モロッコ、モザンビーク、ミャンマー (ビルマ)、ナミビア、ナウル、ネパール、ニカラグア、ニジェール、ナイジェリア、北マケドニア、パキスタン、パラオ、パナマ、パプアニューギニア、パラグアイ、ペルー、ルワンダ、サントメ・プリンシペ、セネガル、セルビア、セイシェル、シエラレオネ、スロベニア、ソロモン諸島、南アフリカ、スリランカ、セント・クリストファー・ネイビス、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン諸島、スリナム、タジキスタン、タンザニア、トンガ、トリニダード・トバゴ、チュニジア、トルクメニスタン、タークス・カイコス諸島、ウガンダ、ウルグアイ、ウズベキスタン、バヌアツ、ベネズエラ、イエメン、ザンビア、ジンバブエ
     
    ISO 3166(国際標準化機構による地理情報の符号化)に基づけば、世界には249の国・地域があるため、今回のアップデートで全世界の約70%をカバーした計算です。
     
    ちなみにAppleは、先日も公式Webサイトのサポートページを分かりやすく刷新しています。
     
    Apple サポートカテゴリ:ユーティリティ現在の価格: 無料
    ※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
     
     
    Source:9to5Mac
    (kihachi) …

    続きを読む シェア
    0

    ティモシー・シャラメがApple TV+に登場するかも?意味深なCM第二弾が登場

     
    「君の名前で僕を呼んで」「DUNE」などへの出演で知られる、ハリウッドを代表する“イケメン俳優”のティモシー・シャラメを起用し、Appleが新たなApple TV+向けのCM動画を公開しました。
    Apple TV+出演メンバーになりたい
    ティモシー・シャラメのCMは今回が第二弾となり、第一弾と同様に、彼がApple TV+の番組への出演を熱望する構成になっています。
     
    料理を作ってもらいながら、手元のiPadでApple TV+の番組を物色するシャラメ。
     
     
    「ウィル・フェレル、ライアン・レイノルズ、ゲイリー・オールドマン……これはヤバい(sick)な」と、Apple TV+の映画やドラマに出演している俳優陣の豪華さに唸りながらも、「でも誰かを忘れているような気がしない?」と、物欲しげに自分の肖像画を見上げます。
     
     「どうだいApple、話し合おうじゃないか」と出演を熱望するティモシー・シャラメの姿は、遠くない未来に彼の出演作がApple TV+で公開される前ふりなのかもしれません。
     
     
    事実Appleは一年前、人気ドラマ「ザ・モーニングショー」の新キャストとしてジョン・ハムが発表される前にも、同じようなApple TV+の宣伝動画を「ジョン・ハム以外全員(Everyone but Jon Hamm)」というタイトルで公開しています。
     
     
     
    Source:YouTube/Apple TV via MacRumors
    (kihachi) …

    続きを読む シェア
    0

    M2 Pro搭載の新MacBook Proは昨年モデルよりもヒートシンクが縮小

     M2 ProとM2 Maxを搭載したMacBook Proでは、デバイス内の熱を放射するためのヒートシンクがM1 Proモデルと比較して、大幅に小さくなっていることが分かりました。
    M1シリーズよりも縮小
    先日発表されたMacBoook Proは、自社製チップであるM2 ProおよびM2 Maxを搭載したモデルどちらとも、昨年10月にリリースされたモデル(M1 Pro‌/M1 Max搭載)と比較してヒートシンクが縮小しています。
     Appleの新製品をいち早く分解することで知られるiFixitが明らかにした事実で、公開された比較画像では、1枚目のロジックボード(上:M1 Pro、下:M2 Pro)、2枚目のSoC(左:M1 Pro、右:M2 Pro)ともに、放熱のためのヒートシンクが小型化していることが確認できます。
     
    性能向上と熱効率のトレードオフ?
    Appleがヒートシンクの設計を見直した背景には、前モデルと比較してメモリモジュールのサイズ見直しやチップの省スペース化などで、フットプリント(プリント基板のパターン)が小さくなったことが直接関係しているようです。
     
    とくにメモリモジュール数を倍増(従来は2つ)させながらも小型化したことによって、Appleは基板を小さくし、配線の簡素化にも成功したとiFixitは述べています。またAppleがこの設計を採用した当時は、基板の供給が逼迫していたことから、サプライヤー事情も関係していたのではないかと考えられています。
     
    こうした見直しがM2 Pro/M2 Maxモデルの熱効率にどのような影響を与えるのか、現時点では不明です。
     
    しかしニュースサイトMacRumorsは、TSMCの5nmプロセスでチップが製造されているのはM1シリーズも同じなのに、トランジスタ数を増やしてCPU性能が最大20%、GPU性能が最大30%向上していることを踏まえ、Appleが性能アップと熱効率のトレードオフを行ったのではないかとするユーザーの見方を紹介しています。
     
     
    Source:iFixit,MacRumors
    (kihachi) …

    続きを読む シェア
    0

    ドコモ、Xperia 1 Ⅳ/10 Ⅳを最大55,000円割引〜2月1日から

     ドコモオンラインショップは、2月1日からXperia 1 ⅣとXperia 10 Ⅳを「オンラインショップおトク割」および「5G WELCOME割」の対象モデルに追加すると発表しました。
     
    これにより乗り換えの場合、Xperia 1 Ⅳには最大55,000円の割引が適用されます。
    オンラインショップおトク割
    「オンラインショップおトク割」は、すべての購入方法で適用され、機種購入のみの場合でも受けられる割引です。
     
    Xperia 1 ⅣとXperia 10 Ⅳは、「オンラインショップおトク割」の対象モデルに追加されることで、以下の通り割引が適用されます。
     
    機種名
    1月31日まで
    2月1日以降
    Xperia 1 Ⅳ

    33,000円割引
    Xperia 10 Ⅳ
    11,000円割引
     
    5G WELCOME割
    「5G WELCOME割」は、乗り換え・新規契約で5Gスマートフォンを購入する場合に、割引またはdポイントによる還元が受けられるというものです。
     
    Xperia 1 ⅣとXperia 10 Ⅳは、「5G WELCOME割」の対象モデルに追加されることで、以下の通り割引とポイント還元が適用されます。
     
    乗り換えの場合
    機種名
    1月31日まで
    2月1日以降
    Xperia 1 Ⅳ

    22,000円割引
    Xperia 10 Ⅳ
     
    新規契約の場合
    機種名
    1月31日まで
    2月1日以降
    Xperia 1 Ⅳ

    20,000円ポイント進呈
    Xperia 10 Ⅳ
     
    Xperia 5 Ⅲは割引終了
    一方、「オンラインショップ限定 機種購入割引」の対象となっていたXperia 5 Ⅲは、1月31日をもって割引が終了します。
     
    機種名
    1月31日まで
    2月1日以降
    Xperia 5 Ⅲ
    36,300円割引
    割引終了
     
    なお、ドコモオンラインショップは他にもGalaxy S22とXperia 5 Ⅲを「大特価SPECIAL SALE」の対象商品として大幅割引しています。
     
    また、対象のAndroidスマホを購入することで、5,000ポイントを還元するキャンペーンを実施しています。
     
     
    Source:ドコモオンラインショップ
    (te7373) …

    続きを読む シェア
    0

    Facebookが個人情報を安く買い叩いている?巨額訴訟にMetaが反論

     Facebookが独占的地位を利用し個人情報を不当に収益化していたとする集団訴訟に対し、同サービスを手掛けるMetaが、訴えを却下するよう法廷に要求しました。
    ユーザーの経済的価値はいくら?
    Facebookの親会社であるMetaは30日、イギリスで起きた最大30億ポンド(約4,820億円)となる集団訴訟を阻止するべく、同国の法廷に異議を申し立てました。
     
    イギリスのFacebookユーザー4,500万人を代表するこの集団訴訟は、Metaが個人データ利用において独占的なプラットフォームを悪用し、ユーザーに適切な補償を行っていないと主張しています。
     
    訴訟を手掛ける法律学者のリーザ・ゴームソン氏(Liza Gormsen)は、今のような独占的地位になければユーザーが受け取っていたであろう経済的価値を、Metaは支払うべきだと述べました。また、同氏の代理人も「支配的企業による乱用行為の禁止に違反している」とし、訴訟に法的根拠があることを強調しました。
     
    これに対してMetaは法廷に異議を申し立て、請求された損失はFacebookが提供した経済的価値を無視したものだと反論、「まったく意味がない」として訴訟の却下を求めました。
     
    つまり、Metaが個人データを不当に過小評価することで得られた「超過利益」があったとしても、同時にユーザーはFacebookから恩恵も受けているため、その利益がそのままユーザーの経済的損失だとは言えないというわけです。
    Metaが抱える問題とは
    最大30億ポンドに上る請求額について、Meta側の弁護団が「控えめにいってもでたらめなまでに膨れ上がっている」と述べる通り、ユーザーの個人データが本来持つ経済的価値を適切に評価するのは難しいでしょう。
     
    しかし、Metaに問題がないわけではありません。SNSにおける独占的な地位を利用し競争相手を排除しているとして、2020年には米連邦取引委員会(FTC)が独占禁止法で提訴しています。この裁判は現在も続いており、1月中旬にはFTCの訴えを却下すべきだとする同社の申し立てが退けられたばかりです。
     
    また、ユーザーの個人データを活用するFacebookのビジネスモデルは、AppleがiOS14で導入した「アプリのトラッキングの透明性(ATT)」によって、大きく勢いを削がれることとなりました。大半のユーザーがトラッキングを拒否するため、Facebookは最適化された広告を表示することが難しくなったのです。これによって2022年第2四半期(4月〜6月)、Metaは上場初の減収を発表しています。
     
     
    Source:Reuters(1),(2)
    (kihachi) …

    続きを読む シェア
    0

    Youtube

    【ベストバイ】2023年1月に買ってよかった8つのモノ達

    【スタッキングコンテナ】 https://www.monotaro.com/p/4996/6297/ 【ダクトレールのスイッチ】 https://amzn.to/40bpRsg 【チャールズアルフォード購入動画】 https://youtu.be/IgGiFqVFa40 【イニスフリー】 https://amzn.to/3XNTle0 【アイリスオーヤマのふとん乾燥機】 https://amzn.to/3Rg1kxX 【象印の加湿器】 https://amzn.to/3Y2bSDc 【ドウシシャの加湿器】 http…

    続きを読む シェア
    0

    M2 Pro Mac Mini Review: Game Changer!

    https://www.youtube.com/watch?v=cneoANZKBGk
    This tiny computer out-benchmarks the base Mac Pro… and the price went down. M2 Max MacBook Pro Review: https://youtu.be/tmGDx9hVWwo MKBHD Merch: http://shop.MKBHD.com The wallpaper: https://twitter.com/basicappleguy?s=11&t=5xfvrkCjZW9Px7nXnrrhGg Check out the Apple Mac Mini M2 Pro: https://geni.us/aiasD
    Check out the Apple Mac Mini M2: https://geni.us/yov81M8 Tech I'm using right now: https://www.amazon.com/shop/MKBHD Playlist of MKBHD Intro music: https://goo.gl/B3AWV5 Computer provided by Apple for review. ~
    http://twitter.com/MKBHD
    http://instagram.com/MKBHD
    http://facebook.com/MKBHD YouTube…

    続きを読む シェア
    0

    M2 Max MacBook Pro Review: Back to Bumps!

    https://www.youtube.com/watch?v=tmGDx9hVWwo
    It's an (impressive) bump instead of a quantum leap.
    MKBHD Merch: http://shop.MKBHD.com
    Get a dbrand skin for your MacBook Pro at https://dbrand.com/shop/macbooks Tech I'm using right now: https://www.amazon.com/shop/MKBHD Intro Track: http://youtube.com/20syl
    Playlist of MKBHD Intro music: https://goo.gl/B3AWV5 Laptop provided by Apple for review. ~
    http://twitter.com/MKBHD
    http://instagram.com/MKBHD
    http://facebook.com/MKBHD YouTube…

    続きを読む シェア
    0

    【世界最小級】140Wで3ポート搭載のUSB-C充電器、もう最強だろ…

    ↓今回紹介した充電器 【NovaPort TRIO 140W】 https://www.makuake.com/project/novaport_trio140w/ ↓電力低めでよりコンパクトなモデルたち 【CIO NovaPort DUO 45W】 https://amzn.to/3wjvAhE 【CIO NovaPort TRIO 65W】 https://amzn.to/3kyF7iu 00:00 充電器できるだけまとめたい問題 01:41 規格外の140W 03:31 力持ちなのに世界最…

    続きを読む シェア
    0

    重たいiPhoneを軽く,便利で,安全に使う。 GILD design ソリッドバンパー for iPhone14 Pro

    ソリッドバンパー for iPhone 14 Pro | GILD design https://gilddesign-ec.com/item-detail/1299891 レンズガードバー for iPhone 14 Pro https://gilddesign-ec.com/item-detail/1300518 Belkin iPhone 14 Pro用 保護ガラスフィルム https://amzn.to/3kpirRw ポケモン ストラップ シリコンリング (ゲンガー) https://amzn.to/3W…

    続きを読む シェア
    0

    Popular Posts