ガジェット


iOS 18は6年前のiPhoneでも使えるかも

Image:Hadrian/Shutterstock.comえ、ひょっとしてまだ使えるの?久々の大型アップデートが期待されているiOS18は、恐らく今年も6月あたりに開催されるWWDC2024にて発表されることが予想されていますが、早くもiOS18に対応するモデルが判明したかもしれません。iOS17の壁を乗り超えたiPhoneはそのままiOS18にアプデ可能?MacRumorsによると、過去に未配 …

続きを読む シェア
0

Appleがついに本気出す。 iOS 18でAI強化が始まりそう

Image:rafapress/Shutterstock.comまさに生き馬の目を抜くようなAI競争。OpenAIを筆頭に、Microsoft、Googleが爆速で走り、Metaは少し後につけつつ、Amazonがそこに追いつこうとしている印象です。となると、世界中の誰もが思っているのはAppleはどうするんだろう?Appleが本気だすのは…、iOS18。今夏リリースが期待されるiOS18Finan …

続きを読む シェア
0

iOS17.2.1で改善?iMessage不具合に注目

 
AppleがiOS17.2.1を準備していることが、アナリティクスログのソフトウェアの証拠から明らかになりました。iMessageアプリがホーム画面から消えてしまうバグの解決を図ったものとみられています。
 

■3行で分かる、この記事のポイント
1. AppleがiOS17.2.1を準備していることが明らかになった。
2. iMessageアプリがホーム画面から消えてしまうバグの解決を図ったものとみられる。
3. Appleは3桁のiOSのセキュリティアップデートを2009年から公開している。

ソーシャルメディアでバグが報告
米メディアMacRumorsは、これまでにもiOS17.0.3、iOS17.1.1、iOS17.1.2アップデートの存在を言い当ててきたことで知られていますが、今度はiOS17.2.1が近くリリースされるとの予想を発表しています。
 
iOS17.2の正式版が先週公開されたばかりですが、ソーシャルメディア上でiMessageアプリがホーム画面でのアプリ位置の変更時に消失するバグが報告されていました。iOS17.2.1ではこの不具合の修正が行われるとみられています。
 

New bug spotted, iOS 17.2#Apple #iOS17 #iPhone #Samsung pic.twitter.com/kFedgVgCWf
— akhimohammed (@akhimohammed1) December 18, 2023

Appleのセキュリティアップデートの歴史は古い
iOS17.1.1など、数字が3つ含まれるセキュリティアップデートは最近になって登場したかのような印象を受けますが、Appleは3桁のiOSのセキュリティアップデートを2009年から公開しています。
 
例えばiOS3.0.1では、「悪意を持って作成されたSMSメッセージを受信すると、サービスが突然中断したり任意のコードが実行されるおそれがある」バグが修正されています。
 
 
(lexi) …

続きを読む シェア
0

AirPodsモーションデータ活用!Safariで新展開

 
Appleデバイスで動作するスマートインソールの開発を行う人物が、AirPodsのモーションデータがSafariで使用できるようになったと動画を投稿しています。どのような用途が考えられるのでしょうか。
 

■3行で分かる、この記事のポイント
1. AirPodsのモーションデータがSafariで使用可能になったと動画が投稿された。
2. 投稿したのはApple TV上で動作するスマートインソールなどの開発を行っている人物。
3. 廉価なVRヘッドセットなどに応用できる可能性がある。

かなり詳細なトラッキングが可能
Ukaton(@ConcreteSciFi)という人物は、Apple TV上で動作するスマートインソールなどの開発を行っています。スマートインソールとは、靴の中敷き型のウェアラブルデバイスで、様々なセンサーを埋め込んで足裏の圧力分布や下半身の動作を分析することができます。
 
同氏はSafariのブラウザ機能拡張をアップデートし、AirPodsのモーションデータをブラウザで使用できるようになったと投稿しています。
 

Updated our Safari Web Extension so now you can get AirPods Pro motion data in the browser
Works on Safari for iOS and Mac
Works with AirPods Pro, AirPods (3rd gen), AirPods Max, and Beats Fit Pro https://t.co/qE8JndAcpZ pic.twitter.com/PLHHR3HrEH
— Ukaton (@ConcreteSciFi) December 14, 2023

 
機能はiOSとMacのSafariで動作するとのことで、AirPods Pro、AirPods(第3世代)、AirPods Max、Beats Fit Proでも使用可能とのことです。
AirPodsモーションデータのトラッキングで何が作れる?
投稿には多くのコメントが寄せられていますが、廉価なVRヘッドセットに応用できるのはないかとの意見が最も興味深いと言えます。
 
AirPodsのモーションデータを併用することで、ゴーグル自体にセンサーを埋め込む必要がなくなり、価格を抑えることが可能となるからです。
 
個人的には何かしらのフィットネス系のPWA(プログレッシブウェブアプリ)に応用できるではないかと見ています。
 
 
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Beeper Miniの挑戦、iMessageの壁を破れるか?

 
Appleの純正メッセンジャーアプリiMessageでは、iPhone同士でのみ「青い吹き出し」が出るようになっており、これがお互いの存在確認の方法にもなっています。この青い吹き出しをAndroid端末からメッセージを送ったときでも表示させることに躍起になっている「Beeper Mini」というアプリが最近話題になっていますが、またこのアプリの動作に問題が起こっているようです。
 

■3行で分かる、この記事のポイント
1. iMessageにAndroidから「青い吹き出し」を表示させることに躍起になっている「Beeper Mini」
2. またiMessageとうまく連動しなくなったと報告されている。
3. iOS/Android間で安全にコミュケーションを取る方法はすでに多く存在している。

Appleがメッセージが届かないよう細工している?
一時は問題解決に至ったとみられたiMessageとBeerper miniの問題がどうやら再発しているようです。
 
アプリ開発元のBeeperは、「AppleはBeerper Miniユーザーのおおよそ5%ほどにしかiMessageのメッセージが届かないように細工を行っているようだ」とAppleを非難しています。
iOS/Android間でスムーズに動作するアプリは作れないのか?
Beeperは続けて、「安全で暗号化されたチャットを望んでいるAndroidユーザーや自社の顧客に対して、Appleがペナルティを課しているのは非常に腹立たしいことだ」とも述べていますが、あるユーザーが、「確かにiOSとAndroidの間で安全で暗号化されたやり取りができるアプリなんて聞いたことないよね」と、スクリーンショットを共有しています。
 

Man, if only there was some kind of way to have secure and encrypted chats between iOS and AndroidWouldn't that be coolShame no one has made something like that beforeAt least nothing I can think of pic.twitter.com/qICTucnpE2
— Max Rovensky (@MaxRovensky) December 14, 2023

 
画像はApp StoreのSNSカテゴリのランキングのようで、iOSとAndroidの間で安全にコミュケーションを行える人気アプリがずらりと並んでいます。
 
確かに、BeeperのiMessageへのこだわりはあまり意味をなさないと言えるかもしれません。人気アプリWhatsAppなどもエンドツーエンド暗号化を使用しており、iOS/Android間で何の隔たりもなく、安全なメッセージのやり取りがすでに可能です。
 
これらの悶着を通してiMessageがさらにオープン化に向かうのかは少し興味があるところですが、今のところ欧州連合(EU)の規制でも反競争的との評価は受けていないため、iMessageはあくまでもiPhoneのためのメッセージアプリであり続けるのではないかと推測されます。
 
 
Photo:Beeper
(lexi) …

続きを読む シェア
0

iOS 17.2を入れると、古いiPhoneも充電速度がアップするかも

Image:Framesira/Shutterstock.com突然のアップグレード!!になるかはわかりませんけど、ちょっとソワソワする話が聞こえてきました。現在開発中のiOS17.2では、iPhone13やiPhone14シリーズでも、次世代ワイヤレス充電規格「Qi2」のサポートするらしいのです。「Qi2」って何?AppleのMagSafe充電器Image:Appleではこの「Qi2ってなんぞや …

続きを読む シェア
0

iOS 17のちっちゃい通知音、まもなく変更できそう

Image:PixieMe/Shutterstock.comちょっと気づきにくいよね。まもなく一般公開予定のiOS17.2ではApple(アップル)の純正日記アプリ『ジャーナル』が使えるようになったり、AppleVisionPro向けに空間ビデオが撮影できるようになることが予想されていますが、通知音についても変更できそうです。iOS17の通知音は静かすぎて聞こえづらい?9to5macによると、現在 …

続きを読む シェア
0

期待していい? iOS 18はここ数年で最大のアップデート

Image:Wachiwit/Shutterstock.comApple事情通で知られるBloombergのMarkGurman氏が、Appleの次期モバイルOSであるiOS18について語っています。いわく、ここ数年で最大のアップデートになると。2024年リリース予定のiOS18つい最近、同じくGurman氏の情報で開発が一時停されたと報じられたiOS18。が、そんな足踏みはなんのその。iOS18 …

続きを読む シェア
0

iOS17.2のApp Store、トップナビでさらに快適に

 
AppleはiOS17.2のベータ2を開発者向けにリリースしましたが、App Storeのナビゲーションに変更が加えられているのが明らかになりました。トップに新たにカテゴリタブが設置されており、そこからアプリを探すことができるようになっています。
 

■3行で分かる、この記事のポイント
1. iOS17.2ベータ2では、App Storeのナビゲーションに変更が加えられている。
2. 新たにカテゴリタブが設置され、そこからアプリを探すことができるようになっている。
3. Apple Arcade向けに以前提供されていたものだそう。

以前はなかったナビゲーションバーが追加
iOS17.2ベータ2では、App Storeの「App」セクションにこれまでになかったトップナビゲーションバーが追加されていることがわかりました。カテゴリは、同セクション下部にある「カテゴリ」を反映しており、エンターテインメント、教育、写真/ビデオ、ミュージック、ナビゲーションなどが表示されています。
 

New in iOS 17.2: The AppStore now has a tab bar on top of the "Apps" and "Games" sections with different categories of apps.
Spotted by @Johnthenormal pic.twitter.com/AuWqGYmCls
— Aaron (@aaronp613) November 10, 2023

 
また、「ゲーム」セクションにも、パズル、カジュアル、レース、インディーズ、シミュレーション、カジノ、アドベンチャーなど、同様のカテゴリが上部に表示されるようになっています。
機能はApple Arcadeで過去に提供
このようなトップナビゲーションバーは、Apple Arcade向けに以前提供されていたものだそうで、これが今回App Storeの他のセクションにも拡大された模様です。
 
iOS17.2は12月に正式版がリリースされる見通しです。
 
 
Source:MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

iOS17、非公開アプリがiPhoneで動作!すでにサイドローディングに対応か

 
iOS17以降のiPhoneでは、App Storeで公開されていないアプリの情報をAirDropで共有するとアプリをインストールできることから、「サイドローディング」が可能になっているようだ、とアプリ開発者が報告しています。欧州や日本で、App Store以外からのアプリ入手方法の提供を義務付ける流れに対応したものと考えられます。
 

■3行で分かる、この記事のポイント
1. 公開されていないアプリをiPhoneにインストールできたと開発者が報告。
2. iOS17以降で、非公開のアプリをインストール可能となっている模様。
3. 欧州で義務化されるサイドローディングへの対応とみられる。

 
App Storeにないアプリをインストール可能
正式版が公開されたばかりのiOS17.1と、先日開発者向けベータが公開されたiOS17.2、iOS17.0.3で、IPA(iOS向けアプリパッケージ)ファイルをAirDropで送信すると、アプリがインストールされることを確認した、iOSが公式にサイドローディングを可能にしたのは初めてではないか?と、アプリ開発者のDYLAN( @DylanMcD8 )氏がX(旧Twitter)に投稿しました。
 

Oh wow, on iOS 17.1 and 17.2 you can AirDrop an IPA to your iPhone and it will INSTALL!
I think this is the first time iOS has ever officially allowed sideloading? pic.twitter.com/Zn8344hRp1
— 🅳🆈🅻🅽 (@DylanMcD8) October 29, 2023

 
DYRAN氏は、過去に開発し、App Storeでもベータ版テスト用のTestflightでも公開していない複数のアプリでも試したところ、正常に動作したと報告しています。
iOS16では非対応。iOS17限定で対応
iOS16.6をインストールしたiPhoneでは、AirDropでIPAファイルを送信してもインストールされないことから、このサイドローディングへの対応はiOS17以降に限られるようだ、とDYRAN氏は推測しています。
 
なお同氏は、自身が署名し、同氏の開発者アカウントに紐づけられたデバイスだからアプリが実行できたのかもしれず、サイドローディングは限られた条件下でのみ実現する可能性があると述べつつも、デバイスにIPAをインストールできるのは大きな前進だ、とコメントしています。
 

No luck on iOS 16.6. So seems to be iOS 17+. pic.twitter.com/ptCMpSBUZ3
— 🅳🆈🅻🅽 (@DylanMcD8) October 29, 2023

 
欧州でのサイドローディング義務化に対応か
欧州では、App Store以外でのアプリ公開(サイドローディング)への対応を義務付けるデジタル市場法(DMA)の施行により、Appleは2024年3月にはサイドローディングに対応する必要があります。
 
iOS16.2で、iPhoneの位置情報によって機能を制限する仕組みを忍ばせたのは、欧州でのサイドローディングに対応するためと推測されています。
 
なおAppleは、2023年6月の世界開発者会議(WWDC23)では、サイドローディングへの対応について言及していません。
 
日本でも、AppleのApp StoreやGoogleのPlay Store以外のアプリストアを認めることを義務付ける制度変更が検討されています。Appleはこの案に対し「日本の社会及び国民を脅かす」と強い言葉で反対を表明しています。
 
 
Source:DYLAN( @DylanMcD8 )/X
(hato) …

続きを読む シェア
0

iOS 17.0.3へのアプデ方法。アツアツのiPhoneが直るらしい

Image:小暮ひさのりやったぜ!iPhone15Proシリーズで報告されている「iPhoneがなんだか熱々になっちゃう問題」。チップのせい?チタンのボディ構造のせい?なんて色々勘ぐられていましたが、Appleによればソフトウェアの不具合。そして本日、その修正を含んだiOS17.0.3がリリースされました!アップデートは「設定」アプリからImage:小暮ひさのりアップデートのインストールはおなじみ …

続きを読む シェア
0

Popular Posts