ガジェット


Apple Watchの充電もOK! スマホリングと同時に使えるMagSafe充電器の先行販売が終了間近

「MaGdget Charge Ring」は、スマホリングにMagSafe充電機能が加わったアイテム。同時利用がしにくかったこの2つのアイテムが合体したユニークなガジェットとなっています。スマホ充電に加えApple Watchも同時に充電可能。また本体を外せばワイヤレスイヤホン用充電パッドになるなど、1台で複数機器に対応した充電器となっています。 …

続きを読む シェア
0

フリマサービスで出品時の“サイズ”のあれこれは「ギザノコ刃カッター」で解決

Image:ナカバヤシ10月を目前にし、衣替えを徐々に進めなければ……と思っている今日この頃。今年着なかったものは思いきってフリマアプリに出品しようと思っています。そんな中、梱包に役立ってくれそうな「メジャーが付いたギザノコ刃カッター」という新商品を発見。9月上旬に新発売されたこちらは、梱包と開梱に必要な機能を1本にまとめたメジャー内蔵の段ボールカッターなのだとか。これがあれば段ボールのサイズ調整 …

続きを読む シェア
0

「スーパーマリオブラザーズワンダー」や「帰ってきた名探偵ピカチュウ」など話題のゲームが14%オフで事前予約受付中【Amazonセール】

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているタイムセール。 本日2023年9月25日は、スーパーマリオブラザーズ ワンダーが14%オフで事前予約受付中やCrucialの「X6 外付けSSD 4TB」が13%オフなど、人気のゲーム関連アイテムがお得に登場しています。 …

続きを読む シェア
0

iPhone15シリーズ/15 Proシリーズが29日から新たに20カ国で販売開始

 
iPhone15シリーズおよびiPhone15 Proシリーズが、9月29日から新たに20カ国で販売開始されると、MacRumorsが伝えました。
 
Appleは9月22日に、日本を含む40以上の国でiPhone15シリーズおよびiPhone15 Proシリーズを発売していました。

■3行で分かる、この記事のポイント
1. Appleは9月29日より、新たに20カ国で新型iPhoneの販売を開始する。
2. これらの国では、4モデルが全て販売される。
3. 日本のApple Storeでは今後、Apple Storeでの当日ピックアップが可能になると期待される。

マカオやマレーシアなど新たに20カ国で販売開始
Appleが明らかにしていないため、新たに販売が開始される20カ国がどこか全てが確認できているわけではありませんが、マカオ、マレーシア、トルコ、ベトナムなどが含まれているとMacRumorsは述べています。
 
これらの国でも、全てのモデルが同時に発売される見通しです。
 
先行して発売された日本を含む各国では、iPhone15シリーズおよびiPhone15 Proシリーズの予約台数がiPhone14シリーズおよびiPhone14 Proシリーズを上回っていると報告されています。
 
特に、テトラプリズムによる光学倍率5倍の望遠カメラを搭載したiPhone15 Pro Maxが人気を集めていますが、iPhone15 PlusもiPhone14 Plusと異なり健闘していると報告されています。
今後、Apple Store(実店舗)でのピックアップが可能になると予想
日本のApple StoreオンラインストアではiPhone15 Proシリーズのお届け予定日までの待ち時間が1カ月以上ですが、今後、Apple Store(実店舗)でのピックアップが可能になると期待されます。
 
Apple Store(実店舗)でのピックアップが可能になりましたら、本サイトで報告いたします。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple Cycle(@theapplecycle)/X
(FT729) …

続きを読む シェア
0

海外で超高評価の『ミュータント・タートルズ』最新作。半信半疑で見に行ってきたら…

Image:©2023PARAMOUNTPICTURES見て損はありません。9月22日、映画『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』が劇場公開になりました。本国アメリカで公開されるや否や、大好評。あの映画批評サイトRottenTomatoesで96%フレッシュを獲得するなど、日本公開前から大注目されていたんですよね。正直言って私は、そこまで『ミュータント・タートルズ』のファンではない …

続きを読む シェア
0

10月14日・15日開催のAmazonプライム感謝祭にApple製品が登場

 
Amazonは、2023年10月14日午前0時から10月15日午後11時59分まで、プライム会員を対象としたセール「プライム感謝祭」を開催すると発表しました。
 
Amazonはプライム感謝祭でセール対象となる商品の一部をすでに公開しており、Apple製品もプロモーションの対象となっています。

■3行で分かる、この記事のポイント
1. Amazonが10月14日、15日に「プライム感謝祭」を実施。
2. Apple製品もセール対象としてすでに掲載されている。
3. Apple製品とPCアクセサリーのまとめ買いで後者が10%オフになるセールも実施中。

iPad Air(第5世代)やApple Watch Series 8もセール対象に
Amazonはプライム感謝祭のセール対象品として、iPad Air(第5世代)Wi-Fi 64GB、Apple Watch Series 8(45mm、GPS+Celluar)、AirPods(第2世代)、iPad mini(第6世代)を掲載しています。
 
これらはあくまで一部の商品なので、実際にセールが始まればさらに多くのApple製品が追加される可能性があります。
Apple製品とのまとめ買いでPCアクセサリーが10%オフ
またAmazonは2023年10月31日午後11時59分までの期間限定で、対象のApple製品と対象のPCアクセサリーのまとめ買いで、対象のPCアクセサリーが10%オフとなるキャンペーンを実施中です。
 
こちらのキャンペーンについては以下のリンク先を参照してください。
 

Apple人気商品とPCアクセサリのまとめ買いでPCアクセサリが10%OFFキャンペーン

 
 
Source:Amazon
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

Appelのティム・クックCEO、スペインツアーを開始〜レアル・マドリードなどを訪問

 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が、現在スペインの首都マドリードを訪れていることが同氏のソーシャルメディア投稿から明らかになりました。名門サッカークラブであるレアル・マドリードや、現地のレストランやアーティストを訪問しているようです。
 

■3行で分かる、この記事のポイント
1. Appleのティム・クックCEOが、スペインの首都マドリードを訪れている。
2. 名門サッカークラブであるレアル・マドリードや、現地のレストランやアーティストを訪問。
3. クックCEOは昨年末の訪日の際、岸田首相とも面会している。

iPhone15シリーズ発売後の休暇をかねた出張?
クックCEOは、iPhone15シリーズの発売日にニューヨークのApple Storeに姿を見せましたが、その後まもなくスペインへと発っていたことが判明しました。
 
同氏はレアル・マドリードを訪問したり、レストランで食事したりしているようです。
 

What an honor to spend time with the legendary @RealMadrid team and their youth team players. Thank you for the warm welcome to Spain! pic.twitter.com/zwgTLa1eKX
— Tim Cook (@tim_cook) September 23, 2023

 

Amazing meal with the incomparable chef @Dabizdiverxo at Lhardy in the heart of Madrid — with the best cocido madrileño! Thanks, Dabiz, for sharing how you’re using iPhone 15 Pro Max in your creative process! pic.twitter.com/39twnk5U3Y
— Tim Cook (@tim_cook) September 23, 2023

 
他にも、iPad ProとProcreateを使って作品制作を行うアーティストや、パラリンピックで活躍する水泳選手のもとも訪れています。
 

Artist Ignasi Monreal’s iPad Pro and Procreate creations are a mesmerizing blend of traditional and digital artistry. Thanks for sharing your techniques and inspiring us all! pic.twitter.com/sHWGyxMhfW
— Tim Cook (@tim_cook) September 24, 2023

 

What an incredible honor to meet gold medalist @teresa_perales, Spain’s most decorated Paralympian. Teresa, thank you for a great discussion on our accessibilty features and the ways you use Apple Watch to train. We’ll be cheering you on in Paris 2024! pic.twitter.com/DdfEVjWMJS
— Tim Cook (@tim_cook) September 24, 2023

ツアーは定番化しつつある?
クックCEOがある国や都市でさまざまな人々を訪れ、ソーシャルメディア投稿を行うのは今回が初めてではなく、昨年末には日本も訪問しています。
 
訪日の際、同氏は岸田首相とも面会しており、マイナンバーカードのiPhoneへの統合などについても話し合っています。
 
 
Source:@tim_cook/X
(lexi) …

続きを読む シェア
0

iPad mini 7の量産が年内に開始!?iPadの出荷台数増加に貢献と期待

 
Appleは小型iPadの製造を2023年第4四半期(10月〜12月)に開始するため、iPadの出荷台数が増加するとの予想を、サプライヤー事情に詳しい台湾メディアDigiTimesが伝えました。
 
小型iPadとは、iPad mini 7を指していると考えられます。

■3行で分かる、この記事のポイント
1. Appleが、2023年第4四半期(10月〜12月)に小型iPadの量産を開始すると報道された。
2. 小型iPadとは、iPad mini 7のことと考えられる。
3. 早ければ、iPad mini 7が2023年11月に発売される可能性がある。

iPad mini 7の予想スペックは?
iPad mini 7はiPad mini 6と同じデザインを採用、搭載するチップをA16 BionicかM1、もしくはM2に変更すると噂されています。
 
また、デザインはiPad mini 6と共通ながら、iPad(第10世代)にラインナップされているような新しい本体カラーを採用すると期待されています。
 
iPad mini 7についてTF International Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏が、量産は2024年第1四半期(1月〜3月)に開始されると述べていましたが、DigiTimesの報道通りであればそれが3カ月早まることになります。
発表時期は早くても11月以降か
iPad mini 7はiPhone15シリーズと同時に発表されると予想する声がありましたが、実現しませんでした。
 
次の機会として2023年10月にM3搭載24インチiMacと同時に発表されることが考えられますが、Bloombergのマーク・ガーマン記者はiPad Air(第6世代)だけがプレスリリースで発表される可能性があると述べています。
 
そのため、現状ではiPad mini 7の発表時期は早くても11月以降と予想されます。
 
 
Source:DigiTimes via Revegnus(@Tech_Reve)/X
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729) …

続きを読む シェア
0

Apple Watch Series 9とUltra 2を分解〜ダブルタップを発見?

 
デバイスの分解で知られるiFixitは、今年新たに発売されたApple Watch Series 9とApple Watch Ultra 2の分解をさっそく試みています。2つのモデルは新たなジェスチャー「ダブルタップ」が利用できるようになっているのが特徴ですが、iFixitは「ダブルタップを発見した」と、機能を可能にするこれまでになかったパーツを見つけたようです。
 

■3行で分かる、この記事のポイント
1. iFixitがApple Watch Series 9とApple Watch Ultra 2の分解を試みた。
2. Ultra 2のバッテリー容量がわずかに増大しているのが確認。
3. 「ダブルタップ」を可能にする謎のリング状のスポンジが発見された。

Ultra 2はバッテリー容量がわずかに増大
中国の規制当局のデータベースから、Apple Watch Ultra 2のバッテリー容量は564mAhとなり、Apple Watch Ultraの542mAhからわずかに上がったことがわかっていましたが、iFixitの分解により、これが事実であることが確認されました。
 

 
バッテリーには「2.18Wh」と記されており、昨年の「2.09Wh」からわずかに増大しています。
ダブルタップを可能にするパーツとは?
iFixitの分解の結果、Apple Watch Series 9には謎のリング状のスポンジのようなものが含まれているのが明らかになりました。
 

 
どうやら、このリングが「ダブルタップ」を可能にするパーツなようです。iFixitはAppleの新ケース/バンド素材「ファインウーブン」を調査したときに使用したのと同じデジタル顕微鏡を使って、構造がどのようになっているのかも調べています。
 

 
 
Source:iFixit/YouTube via MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Android用USB-CはiPhone15を過熱する可能性あり?中国の専売店が指摘

 
iPhone15がUSB-C対応となり、どこにでも転がっているようなケーブルでもiPhoneを充電できるようになったと思ったのも束の間、一部の専売店でApple製USB-Cケーブルを使用する推奨された、との報告がありました。
 

■3行で分かる、この記事のポイント
1. 広東省のApple専売店が、iPhone15の充電にAndroid用USB-Cケーブルを使用しないよう推奨した。
2. 同店は、インターフェースのピン配列の違いを強調している。
3. Appleから公式見解が出されるべきとの指摘。

複数の専売店がAndroid用USB-Cは危ないと指摘
Gizmochinaは、広東省佛山市のApple専売店が、Android端末用に作られたUSB-CケーブルをiPhone15の充電に使用しないよう勧めた、と伝えています。
 
同店は、インターフェースのピン配列の違いを強調しており、単列9ピンコネクタと単列11ピンコネクタの間のギャップがわずかに小さいため、Androidケーブルを使用すると過熱につながる可能性がある、としています。
 
Gizmochinaによれば、同様の指摘を行っているのは一つの店舗のみではないとのことです。
Apple製ケーブルを買わせるための口実にすぎない?
ユーザーの中には、ただより高価なApple製ケーブルの購入を促しているだけではないか、と冷ややかな目で見る人もいます。
 
Android用ケーブルとApple製ケーブルとの間に実際に違いがあるのかないのか、公式な発表がなされるべき、とGizmochinaは述べています。
 
 
Source:Gizmochina
Photo:Google Inc., Fabián Alexis
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Apple、インドでの生産額を今後5年以内に5倍以上に拡大

 
Appleはインドにおける生産額を、今後5年以内に現在の5倍以上まで増やす計画だと、現地メディアPTIが報じました。PTIはインド政府関係者から得た情報だとしていますが、どの政府機関であるかは明らかにしていません。

■3行で分かる、この記事のポイント
1. Appleはインドにおける生産額を5年以内に5倍以上に増やす計画。
2. 2024年にはインド製AirPodsが登場する見通し。
3. インドはスマートフォンを中心としたエレクトロニクス産業育成に力を入れている。

来年にはインドでAirPodsも生産開始予定
また同じ政府関係者がPTIに語ったところによると、Appleの2022会計年度におけるインドでの生産額は70億ドル(約1兆388億円)を越えており、5年後の目標額は400億ドル(約5兆9,348億円)とのことです。
 
Appleは2017年より、インドでiPhoneの生産を開始しており、2024年には同国においてAirPodsの生産も開始する計画とのことです。
エレクトロニクス産業の育成に力を入れるインド
インドではこれまでiPhoneの旧モデルの生産が中心となっており、最新モデルでも数カ月遅れで生産開始されていましたが、先日発売されたばかりのiPhone15については、発売初日からインド製が中国製とともに店舗に並びました。
 
インドは国をあげてエレクトロニクス産業の育成に力を入れており、2026年までに3,000億ドル(約44兆5,000億円)規模までの拡大を目指していると、インドのチャンドラセカール技能開発・起業促進閣外大臣が、今月初めにBloombergに語っています。
 
そしてその柱となるのが、iPhoneを含むスマートフォンの生産であるとのことです。
 
 
Source:Bloomberg
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

モンベルの「座布団」は片手サイズ。 屋外のランチやピクニックにも活躍するよ

Photo:Bon-MasuROOMIE2022年10月9日掲載の記事より転載やっと秋らしくなってきました。休日は草取りなど庭仕事の予定でしたが、天気が良ければ近くのハイキングコースか河原に出かけちゃいます。秋と言えば紅葉と思われますが、まだそこまでは涼しくない今の時期も良いですね。ウイークデイは、職場近くの公園で屋外ランチでリフレッシュ。そんな使い方がしたいので、とにかく小さく折りたためるパッド …

続きを読む シェア
0

【新作iPhoneケース】Appleの「ファインウーブンケース」ってどうなの?

Photo:ヤマダユウス型手触りは好き。でも価格が…が…。CO2を削減するため、レザー素材の使用をやめたApple。その代替素材として新たに登場したのが「ファインウーブン」なる素材です。直訳すると細かい織り方(finewoven)。早速、MagSafe対応のファインウーブン製iPhoneケースが登場しています。手触りや質感、詳しくチェックしていきましょうか。AppleMagSafe対応iPhone …

続きを読む シェア
0

iPhone 15を買ったらまずはアップデートを! フリーズの可能性あり

Photo:はらいさんこの画面になったら必ず「今すぐアップデート」を選択しましょうフリーズ状態を防ぐために。ついに発売を迎えたiPhone15シリーズですが、本体を手にした方はまずはアップデートを行なってください。アップデート!まずはアップデートを!iPhone15の電源を入れると初期設定をいくつか進めていく流れになりますが、ほかのiPhoneからデータを転送する前に、必ずソフトウェアアップデート …

続きを読む シェア
0

雨の日でも両手が使えるってこんなに便利だったんだ。スマホも濡さずに使えるぞ

雨の日に傘をさすと、片手がふさがりスマホの操作や物を取り出したいときでもなかなかスムーズにいかないですよね。そんなときに大活躍してくれる便利なアイテムを見つけました。リュックの肩ベルトにつけるだけリュックの肩ベルトにつけるだけで、雨天時でも傘を持たずに両手が自由になる、GLIDERの傘ホルダー。生地は耐引裂性・摩耗性を備え、水性・油性の汚れにも強い高機能ファブリック「コーデュラ(R)」を使用してい …

続きを読む シェア
0

iPhone15 Pro Maxの現況と16 Proの詳細計画報告〜ミンチー・クオ氏

 
iPhone15 Pro Maxの現況と、iPhone16 Proシリーズの製造に向けた詳細計画を、TF International Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏が報告しました。
 
クオ氏の今回の報告は、想定以上に人気を集めているテトラプリズム搭載望遠カメラ(以下、高倍率望遠カメラ)を中心とした内容で、iPhone16 ProシリーズではiPhone16 Pro Maxに加えiPhone16 Proにも搭載されることで供給体制が変わる可能性があると考えられています。

■3行で分かる、この記事のポイント
1. iPhone15 Pro Maxの受注台数は、想定以上。
2. 高倍率望遠カメラを搭載していることが、iPhone15 Pro Maxへの人気に繋がっている。
3. 高倍率望遠カメラは、2024年にiPhone16 Pro MaxとiPhone16 Proに搭載される見込み。

iPhone15 Pro Maxの製造台数は高倍率望遠カメラの供給数次第
クオ氏が把握している情報によれば、iPhone15 Pro Maxは予想以上の受注を獲得、その要因となっているのは光学倍率5倍を実現した高倍率望遠カメラへのユーザーからの人気とのことです。
 
iPhone15 Pro Maxの製造台数は高倍率望遠カメラの供給数に依存していることから、歩留まり率の改善が課題となっています。
 
現在、高倍率望遠カメラのサプライヤーであるLargan Precision、Crystal-Optech、Lante Opticsは、今後、供給数を現在の1.5倍にするべく歩留まり率の改善に取り組んでいるとクオ氏は報告しています。
 
ただし、サプライヤーも負担が増えるだけではなく、部品単価が高いことがサプライヤーの売上高増加に寄与していますので、Appleも含め双方に利益があると言えるでしょう。
2024年にiPhone16 Proにも高倍率望遠カメラが搭載
iPhone16 Proシリーズでは、高倍率望遠カメラがiPhone16 Pro Maxに加えiPhone16 Proにも搭載されることから、製造数を更に増やす必要が生じます。
 
しかし、製造難易度が高いことは新規参入を目指すGSEOやCowellにとってハードルが上がることを意味します。
 
Appleは新規サプライヤーを追加して高倍率望遠カメラの供給可能数を増やしたいと考えているようですが、彼らが満足する品質のカメラモジュールを供給できるかはBOEの例が占めすように不明と、クオ氏は述べています。
 
BOEはiPhone15およびiPhone15 PlusへのDynamic Island搭載有機ELディスプレイの供給を目指すも、品質に課題があり未だに供給できていません。
 
 
Source:郭明錤 (Ming-Chi Kuo)/Medium
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729) …

続きを読む シェア
0

19mmの金属面から文字が浮き出る「未来印」

19mmの金属面から文字が浮き出る「未来印」が登場。製作には半世紀以上にわたって蓄積した技術が注ぎ込まれています。文字デザインは最大6文字まででパーソナライズが可能。電子データは電子印鑑としても活用可能です。伝統と最先端技術が融合したこのアイテムは自分を証明する物理的しるしとして機能します。 …

続きを読む シェア
0

左右二輪でどんな悪路も走破 。目の表情も可愛い防犯ロボ

Image:Ascento全地形対応防犯ロボに転生。ロボットの開発はトライ&エラーとアップデートの連続です。ましてやこれまで存在しなかったような機能とデザインを持ったものは、前例がないから大変ですよね。卒業制作から起業へ導いたロボット2020年に取り挙げた2脚ロボット「ASCENTO」。スイス連邦工科大学チューリッヒ校にて、学士号取得を目指す生徒たちが、卒業制作にと2017年から1年を費やしたロボ …

続きを読む シェア
0

スタイリッシュ&サステナブル!カードサイズのチタン合金製「Upholdのトラベルカトラリー」

持続可能な価値観をカタチにした「Upholdのトラベルカトラリー」が登場。耐久性の高いチタン合金製でデザイン性と機能性を兼ね備えたアイテムです。カードサイズで持ち運びに便利。オフィスからアウトドアまで活躍します。環境への配慮をさりげなく示しつつ日常の食事をスタイリッシュに彩ります。 …

続きを読む シェア
0

中国のネットユーザー、Apple Storeの店員の容姿が「侮辱的」と勘違いで猛抗議

 
中国の一部ネットユーザーが、Apple公式サイトにおいて表示されたスペシャリストの髪型が、中国の歴史的な髪型に似ており、侮辱的だと抗議しています。一方で、批判の対象となったAppleのスペシャリストは、アメリカの先住民にルーツを持っており、実際は中国の伝統的な髪型とは関係が無い模様です。
 

■3行で分かる、この記事のポイント
1. 中国のネットユーザーが、Appleが侮辱的だと批判している。
2. Appleのスペシャリストは、歴史的な髪型の「辮髪」と指摘された。
3. しかし実際は、中国のネットユーザーの勘違いと推察される。

歴史的な髪型と勘違い
海外メディアSouth China Morning Postは現地時間9月22日、Appleの公式Webページに表示されるスペシャリストの髪型が、中国の歴史的な髪型に似ており、中国のネットユーザーが「侮辱的」だとAppleを批判していると報じました。
 
X(旧Twitter)ユーザーのWenhao氏(@ThisIsWenhao)は、問題となっているスペシャリストが写っているスクリーンショットを投稿しました。
 

An Apple employee's photo has caused a wave of online nationalism in China over the weekend. Netizens accuse Apple of discrimination for posting an allegedly "ugly" Asian employee's photo on its Chinese website. pic.twitter.com/wQ9fBlLgi4
— Wenhao (@ThisIsWenhao) September 18, 2023

 
 
中国の一部ユーザーは、スペシャリストの三つ編みの髪型が中国清朝時代の辮髪(べんぱつ)に似ていると指摘しています。
 
清朝時代の支配階級だった満州族は、多数派の漢族に対して満州族の伝統的な髪型である辮髪にするよう強制しました。漢族にとっては、辮髪は満州族への服従の象徴であり、侮辱的ととらえらえれることもあるようです。
 
一方で、Appleのスペシャリストとして掲載された男性は、アメリカの先住民族にルーツを持っていると報じられており、中国との関連は無く、一部ネットユーザーの批判は「勘違い」によるものと思われます。
 
中国では、突如として職場へのiPhoneの持込が禁止されましたが、iPhone15の発売日には中国でも多くの人がApple Storeを訪れており、ppleの人気は根強い模様です。
 
Source:South China Morning Post, Wenhao / X
Photo:Wikimedia Commons
(seng) …

続きを読む シェア
0

大画面スマホを扱いやすくする新発想補助アイテム「SYANTO Stand Lite」を使ってみた

これはまさに、アイデアの勝利。大画面スマホを扱いやすくするための補助アイテムにも、いろいろなタイプがありますが、仕組みがシンプルにも関わらず、これほど多機能なものは、今まで見たことがありません。シンプルだからこそスゴい「SYANTO Stand Lite」とは、いったいどんな補助アイテムなのか、お借りできたので、早速レビューしてみます。 …

続きを読む シェア
0

Popular Posts