スマートフォン


ASUS Zenfone 8 【日本正規代理店品】ZS590KS ムーンライトホワイト ZS590KS-WH256S8/A  (8GB / 256GB / Qualcomm Snapdragon 88...

ASUS Zenfone 8 【日本正規代理店品】ZS590KS ムーンライトホワイト ZS590KS-WH256S8/A  (8GB / 256GB / Qualcomm Snapdragon 888 / 5.9インチ / 防水・防塵 (IP65 / IP68) / docomo/au/softbank/Rakuten mobile 回線対応) 5星中4.1(48) ¥68,500 (2022-12-01 05:08 GMT +09:00 時点 – 詳細はこちら商品価格と取扱状況は記載された日時の時点…

続きを読む シェア
0

Galaxy S23用Snapdragon 8 Gen 2、GPUの動作周波数も高い

 Samsungが2023年2月に発表すると噂のGalaxy S23シリーズに搭載されるSnapdragon 8 Gen 2は、CPUだけではなくGPUの動作周波数も高い特別版になりそうです。
GPUの動作周波数が36MHz高い特別版を搭載と予想
Qualcommが発表したSnapdragon 8 Gen 2の超高性能コア(Arm Cortex-X3)の動作周波数は、3.2GHzでした。
 
これに対し、Galaxy S23 Ultraの欧州向けモデルで確認されたGeekbench 5ベンチマークスコアから、同モデルに搭載されているSnapdragon 8 Gen 2の超高性能コアの動作周波数は3.36GHzと高く設定されているのが明らかになっていました。
 
リーカーのIce universe氏によれば、Galaxy S23シリーズ用Snapdragon 8 Gen 2はAdreno 740 GPUの動作周波数も異なり、標準版の680MHzに対し719MHzに設定されるとのことです。
 Galaxy S23シリーズ用Snapdragon 8 Gen 2の型番は「SM8550-AC」で、これまでは「Plus(+)」モデルや「G」モデルに使用された「-AC」が付与されていると複数のリーカーが指摘しています。
 

Samsung’s special edition Snapdragon 8 Gen 2 (we don’t know its official name yet) CPU 3.2GHz→3.36GHz. Surprisingly, the GPU is also increased from 680MHz to 719MHz
— Ice universe (@UniverseIce) November 18, 2022

 

I doubt they'd create another die just to ship it with negligible performance delta. Qualcomm rarely uses -AA revision for anything, as far as I can tell they skipped it with 8550 too, -AB is the first one. "+" versions are usually -AC or higher, 778G recently got up to -AF iirc.
— Kuba Wojciechowski (@Za_Raczke) November 16, 2022

 
 
Source:Notebookcheck
Photo:digit
(FT729) …

続きを読む シェア
0

QualcommのApple Mシリーズ対抗SoCが12コアで発売?コードネームは?

 Qualcommが買収したNuviaのチームが開発中と噂のApple Mシリーズ対抗システム・オン・チップ(SoC)について、リーカーのKuba Wojciechowski氏(@Za_Raczke)が、仕様やコードネームに関する予想を伝えています。
2024年に発売される予定
Qualcommの社長兼最高経営責任者(CEO)であるクリスティアーノ・アモン氏は、買収したNuviaのチームが開発中の新しいSoCを2024年に発売するとの見通しを示していました。
 
Kuba Wojciechowski氏(@Za_Raczke)はこのSoCについて、Nuvia Phoenixの設計に基づくCPUは8つの高性能コアと4つの高効率コアによる合計12コアとなり、Apple M1と同様のメモリおよびキャッシュ構成を採用、外部GPUをサポートすると述べています。
 Apple M2 Proも、8つの高性能コアと4つの高効率コアによる合計12コアになると噂されています。
 
Kuba Wojciechowski氏(@Za_Raczke)によれば、このSoCのコードネームは「Hamoa」で、性能も非常に高いとのことです。
 

I don't have anything else to share at this point but you should definitely keep an eye out for the chip. Hopefully Qualcomm is able to solve the licensing dispute with ARM and non-x86 finally becomes viable for the rest of us.
November 6, 2022

 
 
Source:Kuba Wojciechowski(@Za_Raczke)/Twitter
Photo:Gadget Tendency
(FT729) …

続きを読む シェア
0

ASUS スマートフォン Zenfone 9 【日本正規代理店品】ZF9 (16GB / 256GB / Qualcomm Snapdragon 8+ Gen1 / 5.9型ワイド AMOLED/防水...

ASUS スマートフォン Zenfone 9 【日本正規代理店品】ZF9 (16GB / 256GB / Qualcomm Snapdragon 8+ Gen1 / 5.9型ワイド AMOLED/防水・防塵 (IP65 / IP68) / Android 12 / 5G / ミッドナイトブラック/FeliCa・おサイフケータイ) ZF9-BK16S256/A ¥129,800 (2022-11-03 09:37 GMT +09:00 時点 – 追加情報商品価格と取扱状況は記載された日時の時点で正確で、ま…

続きを読む シェア
0

ASUS スマートフォン Zenfone 9 【日本正規代理店品】ZF9 (8GB / 128GB / Qualcomm Snapdragon 8+ Gen1 / 5.9型ワイド AMOLED/防水・...

ASUS スマートフォン Zenfone 9 【日本正規代理店品】ZF9 (8GB / 128GB / Qualcomm Snapdragon 8+ Gen1 / 5.9型ワイド AMOLED/防水・防塵 (IP65 / IP68) / Android 12 / 5G / スターリーブルー/FeliCa・おサイフケータイ) ZF9-BL8S128/A ¥99,800 (2022-11-03 09:37 GMT +09:00 時点 – 追加情報商品価格と取扱状況は記載された日時の時点で正確で、また常に変動…

続きを読む シェア
0

ASUS スマートフォン Zenfone 9 【日本正規代理店品】ZF9 (8GB / 256GB / Qualcomm Snapdragon 8+ Gen1 / 5.9型ワイド AMOLED/防水・...

ASUS スマートフォン Zenfone 9 【日本正規代理店品】ZF9 (8GB / 256GB / Qualcomm Snapdragon 8+ Gen1 / 5.9型ワイド AMOLED/防水・防塵 (IP65 / IP68) / Android 12 / 5G / ムーンライトホワイト/FeliCa・おサイフケータイ) ZF9-WH8S256/A ¥112,800 (2022-11-03 09:37 GMT +09:00 時点 – 追加情報商品価格と取扱状況は記載された日時の時点で正確で、また常…

続きを読む シェア
0

ASUS ROG Phone 6 【日本正規代理店品】 (12GB / 256GB / Qualcomm Snapdragon 8+ Gen1 (オクタコア) / 6.78型ワイドAMOLEDディスプ...

ASUS ROG Phone 6 【日本正規代理店品】 (12GB / 256GB / Qualcomm Snapdragon 8+ Gen1 (オクタコア) / 6.78型ワイドAMOLEDディスプレイ 165Hz / IPX4 / Android 12 / ファントムブラック) ROG6-BK12R256/A ¥129,800 (2022-10-07 19:37 GMT +09:00 時点 – 追加情報商品価格と取扱状況は記載された日時の時点で正確で、また常に変動します。Amazon のサイトに表示…

続きを読む シェア
0

ASUS ROG Phone 6 Batman Edition 【日本正規代理店品】 (12GB / 256GB / Qualcomm Snapdragon 8+ Gen1 (オクタコア) / 6.7...

ASUS ROG Phone 6 Batman Edition 【日本正規代理店品】 (12GB / 256GB / Qualcomm Snapdragon 8+ Gen1 (オクタコア) / 6.78型ワイドAMOLEDディスプレイ 165Hz / IPX4 / Android 12 / ファントムブラック) ROG6SB-BK12R256/A ¥154,800 (2022-10-06 18:36 GMT +09:00 時点 – 追加情報商品価格と取扱状況は記載された日時の時点で正確で、また常に変動し…

続きを読む シェア
0

ASUS ROG Phone 6 【日本正規代理店品】 (16GB / 512GB / Qualcomm Snapdragon 8+ Gen1 (オクタコア) / 6.78型ワイドAMOLEDディスプ...

ASUS ROG Phone 6 【日本正規代理店品】 (16GB / 512GB / Qualcomm Snapdragon 8+ Gen1 (オクタコア) / 6.78型ワイドAMOLEDディスプレイ 165Hz / IPX4 / Android 12 / ファントムブラック) ROG6-BK16R512/A ¥149,800 (2022-10-05 18:17 GMT +09:00 時点 – 追加情報商品価格と取扱状況は記載された日時の時点で正確で、また常に変動します。Amazon のサイトに表示…

続きを読む シェア
0

ASUS ROG Phone 6 Pro 【日本正規代理店品】 (18GB / 512GB / Qualcomm Snapdragon 8+ Gen1 (オクタコア) / 6.78型ワイドAMOLED...

ASUS ROG Phone 6 Pro 【日本正規代理店品】 (18GB / 512GB / Qualcomm Snapdragon 8+ Gen1 (オクタコア) / 6.78型ワイドAMOLEDディスプレイ 165Hz / IPX4 / Android 12 / ストームホワイト) ROG6P-WH18R512/A ¥169,800 (2022-10-03 16:46 GMT +09:00 時点 – 追加情報商品価格と取扱状況は記載された日時の時点で正確で、また常に変動します。Amazon のサイ…

続きを読む シェア
0

ASUS ROG Phone 6 Pro (18GB / 512GB / Qualcomm Snapdragon 8+ Gen1 (オクタコア) / 6.78型ワイドAMOLEDディスプレイ 165H...

ASUS ROG Phone 6 Pro (18GB / 512GB / Qualcomm Snapdragon 8+ Gen1 (オクタコア) / 6.78型ワイドAMOLEDディスプレイ 165Hz / IPX4 / Android 12 / ストームホワイト) 【日本正規代理店品】 ROG6P-WH18R512/A ¥169,800 (2022-10-01 16:06 GMT +09:00 時点 – 追加情報商品価格と取扱状況は記載された日時の時点で正確で、また常に変動します。Amazon のサイ…

続きを読む シェア
0

A16のベンチマークスコア、A15比でシングルコアが9%、マルチコアが13%増

 
リーカーのIce universe氏(@UniverseIce)が報告した最新のA16のGekbench 5スコアにより、A16のシングルコアとマルチコアはA15から大幅な伸びを記録したことが確認されました。
マルチコアが約13%増
Ice universe氏(@UniverseIce)が報告したA16のGekbench 5ベンチマークスコアは、シングルコアが1,887、マルチコアが5,455で、これまで報告されていたシングルコアが1,879、マルチコアが4,664と比べて特に、マルチコアが大きく伸びています。
 
これを、A15のGeekbench 5スコアと比べると、シングルコアが1,728に対して約9%増、マルチコアが4,790に対して約13%増となります。
 

 

Today's Apple A16 score, the multi-core is crazy, Qualcomm watched it, walked into the bathroom silently, lay on the toilet, and cried like a child . pic.twitter.com/Bw40SCo3jH
— Ice universe (@UniverseIce) September 9, 2022

各モデルの識別子
また、各モデルのモデルナンバーや識別子も報告されています。
 

pic.twitter.com/G9WXfwYFPX
— junjie1475 (@junjie1475) September 9, 2022

 
 
Source:Ice universe(@UniverseIce)/Twitter
Photo:Apple
(FT729)
 
 

あわせて読みたいiPhone14シリーズ 関連特集
【速攻予約】iPhone14を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

 
 

あわせて読みたいiPhone14シリーズ 関連特集
【速攻予約】iPhone14を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

骨伝導 イヤホン Bluetooth Qualcomm 耳掛け式/スポーツ イヤホン 超軽量/AAC 耳が疲れない/防水/ワイヤレスイヤホン 通話/CVC8.0ノイズキャンセリング iOS/Andro...

5星中4.4(5) ¥3,952 骨伝導 イヤホン Bluetooth Qualcomm 耳掛け式/スポーツ イヤホン 超軽量/AAC 耳が疲れない/防水/ワイヤレスイヤホン 通話/CVC8.0ノイズキャンセリング iOS/Android適用 ブラック

続きを読む シェア
0

SD8+Gen1、iPhone13のA15 Bionicを上回るゲーム性能を発揮

 
QualcommのSnapdragon 8+ Gen 1がオンラインゲームの原神でiPhone13シリーズに搭載されたA15 Bionicを上回るゲーム性能を発揮しました。
 
前世代のSnapdragon 8 Gen 1に比べて電力効率も高く、先代の悪評を払拭することができそうです。
A15 Bionicを超える性能を発揮したSnapdragon 8+ Gen 1
TwitterユーザーのGolden Reviewer氏(@Golden_Reviewer)は、Snapdragon 8+ Gen 1を搭載したXiaomi 12S Ultraでオンラインゲームの原神を実行した結果を投稿しました。
 

Xiaomi 12S Ultra is the BEST performing smartphone in my Genshin Impact gaming test, thanks to the much much improved #Snapdragon8PlusGen1 SoC.Happy to see Qualcomm finally back to the game!Full video: https://t.co/25JlzMUDUR via @YouTube pic.twitter.com/vhBy8OS01F
— Golden Reviewer (@Golden_Reviewer) July 14, 2022

 
それによるとXiaomi 12S Ultraの平均フレームレートは57.7fpsで、前世代に当たるSnapdragon 8 Gen 1を搭載したGalaxy S22 Ultraの42.1fpsに対して大幅な性能向上を果たしているようです。
 
AppleのA15 Bionicを搭載したiPhone13 Pro Maxは49.2fps、iPhone SE(第3世代)は54.0fpsと、Snapdragon 8+ Gen 1の性能はこれらを上回っています。
 
なお、iPhone13 Pro Maxよりも第3世代iPhone SEのほうがフレームレートが高いのはディスプレイの解像度の差によるものと考えられます(iPhone13 Pro Maxは1,284 x 2,778ピクセル、第3世代iPhone SEは750 x 1,334ピクセル)。
 
Xiaomi 12S Ultraの解像度は1,440 x 3,200ピクセル、Galaxy S22 Ultraの解像度は1,440 x 3,088ピクセルです。
電力効率も高い
発熱の問題があるといわれた先代に対してSnapdragon 8+ Gen1は電力効率も改善しており、平均フレームレートを平均消費電力で割った電力効率の値はGalaxy S22 Ultraの6.0に対して10.4と大幅に向上しています。
 
温度もGalaxy S22 Ultraの46.5度に対して42.3度と低いです。
 
また、筐体の大きさから放熱性が高く平均フレームレートが高いiPad mini(第6世代)の電力効率(9.5)をも上回っています。
 
Snapdragon 8+ Gen 1では発熱の問題が大きいといわれるSamsungからTSMCに製造を移しており、それが功を奏したのでしょう。
 
Qualcommは次世代のSnapdragon 8 Gen 2もTSMCで製造するといわれています。
 
 
Source: Golden Reviewer/Twitter via Notebookcheck
(【ペンネーム】) …

続きを読む シェア
0

Galaxy S23はSnapdragon 8 Gen 2のみ搭載〜自社SoC無し?

 
アナリストのミンチー・クオ氏が、Galaxy S23シリーズに搭載されるシステム・オン・チップ(SoC)は、Snapdragon 8 Gen 2(コードネーム:SM8550)になる可能性が高いとの予想を、Twitterに投稿しました。
Exynos 2300搭載モデルがラインナップされない?
クオ氏はSnapdragon 8 Gen 2(コードネーム:SM8550)について、Snapdragon 8 Gen 1(コードネーム:SM8450)やSnapdragon 8+ Gen 1(コードネーム:SM8475)と比べて、処理能力と電力効率に優れると述べています。
 
TSMCの4nmプロセスで製造されるSnapdragon 8 Gen 2に対し、Samsungの4nmプロセスで製造されるExynos 2300の優位性が低いことから、同SoCはGalaxy S23シリーズに搭載されないと、クオ氏は予想しています。
 
2023年のAndoroidスマホ市場についてクオ氏は、ハイエンドモデル向けSoCとしてSnapdragon 8 Gen 2が多くのモデルに搭載され、大きなシェアを獲得すると伝えています。
 
その結果、景気後退の影響を受けにくいハイエンドスマホ市場での売上増加により、QualcommとTSMCはその恩恵を受けることが期待されます。
 

(1/3)1. Qualcomm will likely be the sole processor supplier for Samsung Galaxy S23 (vs. 70% shipment proportion for S22) thanks to the next flagship 5G chip SM8550 made by TSMC 4nm.
— 郭明錤 (Ming-Chi Kuo) (@mingchikuo) July 8, 2022

 

(3/3)4. Qualcomm/SM8550 will gain more market share in the high-end Android market in 2023. The economic recession affects the high-end market less, so the market share gain will significantly benefit Qualcomm and TSMC.
— 郭明錤 (Ming-Chi Kuo) (@mingchikuo) July 8, 2022

 
 
Source:郭明錤(@mingchikuo)/Twitter
Photo:EXY aPk/YouTube
(FT729) …

続きを読む シェア
0

Appleの独自5Gモデムチップ開発計画は失敗?クオ氏予想

 
Appleは以前より、社内でiPhone用5Gモデムチップを開発しているといわれていますが、その計画は失敗に終わりそうだと、TF International Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏がTwitterに投稿しました。
来年のiPhone用モデムも100%Qualcomm製に
クオ氏の最新調査によると、Appleの5Gモデムチップ開発は計画通りに進んでおらず、失敗に終わる可能性があるとのことです。
 
そのため2023年後半(7月〜12月)に発売されるiPhone向け5Gチップは、100%Qualcomm製となる見通しだと同氏は述べています。当初Appleは、Qualcomm製5Gチップの比率は20%に抑える計画だったようです。
 

(1/4)[Company Update] Qualcomm (QCOM.O)
My latest survey indicates that Apple's own iPhone 5G modem chip development may have failed, so Qualcomm will remain exclusive supplier for 5G chips of 2H23 new iPhones, with a 100% supply share (vs. company's previous estimate of 20%).
— 郭明錤 (Ming-Chi Kuo) (@mingchikuo) June 28, 2022

Intelのモデム事業部を買収したが…
AppleはそもそもQualcommへの依存度を減らすために、Intel製モデムチップの採用に踏み切りました。しかしIntelによる5Gモデム開発が遅々として進まないことから、最終的にはAppleがIntelのモデム事業を買収するという結末を迎えました。
 
しかしクオ氏によると、Appleの5Gモデム開発は順調に進んでいないようです。
 
クオ氏は、Appleは今後も独自の5Gモデム開発を継続すると見ています。しかしAppleが5Gモデム開発に成功、Qualcommの5Gモデムチップを自社製に置き換える頃には、Qualcommの他の事業が成長し、Appleからの5Gモデム受注を失ってもその他の売上で相殺できるだろうと同氏は述べています。
 

(3/4)2. I believe Apple will continue to develop its own 5G chips, but by the time Apple succeeds and can replace Qualcomm, Qualcomm's other new businesses should have grown enough to significantly offset the negative impacts caused by the order loss of iPhone 5G chips.
— 郭明錤 (Ming-Chi Kuo) (@mingchikuo) June 28, 2022

 
 
Source:Ming-Chi Kuo/Twitter via MacRumors
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

Qualcomm、Snapdragonブランドのスマホを数カ月放置

 
Qualcommは2021年、ハイエンドなスペックを備えた高額なスマートフォン「Smartphone for Snapdragon Insiders」を発売しました。
 
ところがQualcommは数カ月にわたり同スマホのセキュリティアップデートを行っていないことが、Redditユーザーの投稿から明らかになりました。
半年近くセキュリティアップデートされず
Qualcommは昨年、自社のシステム・オン・チップ(Soc)、Snapdragonの名を冠したスマホを発売しました。当時としては豪華なスペックを備え、かつ価格も税込164,880円(アメリカでの価格は1,500ドル)と、高級なスマホです。
 
しかしQualcommは同スマホのセキュリティアップデートを数カ月間行っておらず、放置された状態であることがわかりました。
 
もっとも最近のアップデートが配信されたのが2022年3月ですが、その内容は2022年1月時点のセキュリティパッチでした。つまり実質半年近く放置されていることになります。
4年間は「定期的に」アップデートすると明言
QualcommはSmartphone for Snapdragon Insidersの発売時に公式Twitterで、同スマホはAndroid 11搭載で、発売から4年間は定期的なセキュリティアップデートを受けることができると明言していました。
 

At launch, the smartphone will run stock Android 11 and Qualcomm will provide 4-years of regular security updates.
— Snapdragon (@Snapdragon) July 9, 2021

 
そのツイートが投稿されてから11カ月が経過しましたが、同スマホ向けにはまだAndroid 12は提供されていません。しかしそれよりもセキュリティアップデートが「定期的に」配信されていないのが大きな問題だと、米メディア9to5Googleは指摘しています。
「2〜3カ月ごと」はありえない
この問題について、Qualcommの公式アカウントがRedditスレッドに、次のセキュリティアップデートは2022年6月20日になると投稿しました。
 
これでとりあえず問題解決といいたいところですが、9to5GoogleはQualcommが、6月20日のあとは「2カ月〜3カ月ごと」に定期アップデートを行うと述べている点を取り上げ、Google PixelやSamsung Galaxyに比べると明らかに間隔が広すぎ、「1,500ドルの高額なスマホとしてはありえない」と批判しています。
 
 
Source:Reddit, 9to5Mac
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

Black Shark 4 Pro 5G スマートフォン 携帯電話 8GB 128GB Qualcomm Snapdragon 888 6.67インチ AMOLED LPDDR5+UFS3.1 液体冷...

Black Shark 4 Pro 5G スマートフォン 携帯電話 8GB 128GB Qualcomm Snapdragon 888 6.67インチ AMOLED LPDDR5+UFS3.1 液体冷却システム 144Hリフレッシュレート 120Wハイパーチャージ 4500mAhビッグバッテリー 64MPトリプルカメラ GPS グローバルバージョン JOYUI 12.5 ブラック 米国アダプター搭載 5星中5.0(1) ¥66,999 (2022-06-12 23:06 GMT +09:00 時点 – …

続きを読む シェア
0

QualcommのAppleシリコン対抗チップのコードネームと量産開始時期は?

 
アナリストのミンチー・クオ氏が、QualcommのAppleシリコン対抗チップのコードネームと量産開始時期に関する情報を、Twitterに投稿しました。
2023年夏頃に量産開始と予想
クオ氏はQualcommのAppleシリコン対抗チップについて、コードネームが「Hamoa」で、2023年第3四半期(7月〜9月)に4nmプロセスで量産開始されると伝えています。
 
ただし、Hamoaを普及させようとする場合、IntelやAMDのx86プロセッサから変更するよう、QualcommはPCメーカーと交渉する必要があると同氏は述べています。
 
2023年第3四半期(7月〜9月)には、TSMCの3nmプロセスで製造されるM2 ProおよびM2 Maxが発表されている可能性があります。
 

The code name of Qualcomm's first chip to compete with Apple Silicon is Hamoa, which is made by 4nm (vs. M2's N5P/5nm) and going to mass production in 3Q23. Before challenging Apple, Qualcomm must convince PC brands to use its chip instead of x86 chips.https://t.co/lNoOWIIyOu
— 郭明錤 (Ming-Chi Kuo) (@mingchikuo) June 8, 2022

 
 
Source:郭明錤(@mingchikuo)/Twitter
Photo:Windows Latest
(FT729) …

続きを読む シェア
0

次世代Snapdragon、Exynos、Dimensityに電力消費増加懸念〜何故

 
Androidスマートフォン用システム・オン・チップ(SoC)を製造する各社の次世代製品であるSnapdragon 8 Gen 2、Dimensity 10000、Exynos 2300は半導体製造プロセスが微細化されても電力消費量が増加するとの予想が投稿されました。
3nmプロセスで製造しても消費電力増加か
5日前に投稿された、Snapdragon 8 Gen 2、Dimensity 10000、Exynos 2300における電力効率悪化に関する情報の続報が伝えられました。
 
これらのシステム・オン・チップ(SoC)では、搭載するArm Cortex-X3の電力効率が悪いことが懸念されていましたが、今回投稿された情報では、それらはTSMCとSamsungの次世代プロセスで製造されるにも関わらず消費電力が増加するとのことです。
 
Meecoに投稿された情報には、TSMCとSamsungの何nmプロセスで製造された場合なのか明記されていませんが、TSMCの場合は2022年下半期(7月〜12月)に量産が開始される予定の3nmプロセスかもしれません。
自社設計に切り替えない限り、解決困難?
QualcommはSnapdragonにおいて、Apple AシリーズSoCのような独自設計のものを2024年に導入すると予想されるため、将来的に、Cortex-Xで世代を経る毎に増加する消費電力増加問題は回避できそうですが、他社には現在のところ対応策が無いとWccftechは伝えています。
 

"The Cortex X3, whose power consumption has increased significantly, has succeeded in improving performance by about 10% and improving AI by over 100% compared to the Cortex X2"
Samsung, Qualcomm & Mediatek are all testing the Cortex X3 for their 2023 Flagship processors. pic.twitter.com/kUyot41BD8
— Anthony (@TheGalox_) March 20, 2022

 
 
Source:Meeco via Wccftech
Photo:Oyprice
(FT729) …

続きを読む シェア
0

Snapdragon 8 Gen 1+は 5月初めに発表、搭載スマホは6月に登場か

 
Qualcommはシステム・オン・チップSnapdragon 8 Gen 1 Plus(+とも)を、2022年5月初めに発表、同SoCを搭載するスマートフォンは早ければ6月には登場すると、Onsitegoが伝えています。
Snapdragon 8 Gen 1 Plusは5月に発表か
Samsungが生産を担当するSnapdragon 8 Gen 1の発表からほどなく、Snapdragon 8 Gen 1 Plusが開発中との噂が流れるようになりました。Snapdragon 8 Gen 1が当初より発熱や消費電力の問題を抱えており、Qualcommが早々に見切りをつけたとの説も流れています。
 
リーカーのYogesh Brar氏(@heyitsyogesh)によれば、Samsungに代わり、TSMCが4nmプロセスで製造を担うSnapdragon 8 Gen 1 Plusの準備は着々と進んでおり、5月には正式に発表されるようです。
 

So Qualcomm SM8475 (Snapdragon 8 Gen 1 Plus) will be announced in early May. Will be based on TSMC's 4nm platform with a number of improvements. But that not it, Qualcomm has some other chips as well for the mid & upper mid-range segment..
— Yogesh Brar (@heyitsyogesh) March 24, 2022

複数メーカーが6月に搭載スマホを発売
そしてSnapdragon 8 Gen 1 Plusを搭載したスマホはLenovo、Motorola、OnePlus、Xiaomiなどから、早ければ6月には発売されると、Onsitegoは記しています。
 
Snapdragon 8 Gen 1 Plusについては先日Ice universe氏が、SamsungのGalaxy Z Fold4とGalaxy Z Flip4も搭載するとTwitterに投稿しています。
 
 
Source:Onsitego via GSMArena
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

AR/VR機器の出荷台数、2025年に1億台に~Appleの参入でARが大幅成長

 
先端技術企業各社が注目する仮想現実(VR)と拡張現実(AR)を合わせたXRヘッドセットの出荷台数が、2025年に1億台を突破するという予想が発表されました。
 
特にAppleの参入によりARヘッドセットの成長が著しいとのことです。
4年で約10倍に成長するXRヘッドセット市場
調査会社のCounterpointは、2025年のXRヘッドセットの出荷台数を1億500万台とする予測を発表しました。
 

 
2021年の出荷台数予測は1,100万台であり、4年間で約10倍に成長するという計算になります。
 
特にARヘッドセットの成長が著しく、これはAppleがこの市場に参入するためとのことです。
 
2022年はAppleのARデバイス(2023年発売とも)、Metaの(旧Oculus)新型Quest、ソニー PlayStation VR2の発売が予想されており、XRヘッドセットの出荷台数は3,000万台と前年比約3倍に成長する見込みです。
XRに向けた動きが活発な先端技術企業各社
大きな成長が見込まれることから、先端技術企業各社はXR市場に向けて活発に活動しています。
 
先日はMicrosoftとQualcommがAR向けチップ開発で協業することを発表しました。
 
また、MicrosoftのHoloLens開発チームから40人以上が離脱し、Metaに加わったという報道もあります。
 
ただ、スマートフォンの出荷台数が2021年に14億台と予測されているのに比べると、XRヘッドセットの出荷台数は2025年でも1億台程度とまだまだ少なく、一人一台のレベルで普及する時代は遠そうです。
 
 
Source: Counterpoint, The Wall Street Journal
(ハウザー) …

続きを読む シェア
0

Exynos 2200の動作周波数は1.9GHzで計画も、発熱問題で1.3GHzに

 
発表が延期されたSamsung Exynos 2200についてリーカーのIce universe氏が、同システム・オン・チップ(SoC)の動作周波数は目標に到達しておらず開発に苦慮しているとの情報を、Weiboに投稿しました。
1.29GHzまで動作周波数を落とさないと使い物にならない?
Ice universe氏によれば、Exynos 2200はSamsungの4nmプロセスで製造、RDNA 2アーキテクチャを採用したGPUを搭載し、1.9GHzでの動作を目標に開発が進められたようですが、発熱問題でそれが達成できていないとのことです。
 
同氏は、1.9GHzで動作させるとかなり熱く、1.69GHz動作でも発熱問題が収まらず、1.49GHzに落としても解消しないため、現在は1.29GHz動作にとどまると伝えています。
 
Samsung内部では各部署が協力し、何とか1.49GHz動作を目指した改良が行われているようですが、実現する保証はないとIce universe氏は述べています。
 

Samsungのファウンドリでの発熱問題再び
Exynos 2200のベンチマークスコアはSnapdragon 8 Gen 1よりも低く、期待外れとの評価になっていました。
 
Ice universe氏の情報通りであれば、その原因は動作周波数の低下、そうせざるを得なくなった発熱問題が原因のようです。
 
Samsungのファウンドリで製造したSoCは電力効率が悪いとの話題は以前から出ており、QualcommはSnapdragon 8 Gen 2で製造をTSMCに委託するとの噂も出ています。
 
 
Source:Ice universe/Weibo
Photo:Notebookcheck
(FT729) …

続きを読む シェア
0

BlackBerry、「我々は死んでいない」と投稿~キーボード付き5Gスマホを計画

 
2022年1月4日にBlackBerry OSとBlackBerry 10がインストールされた端末のサポートを終了したBlackBerryですが、スマートフォンの開発自体を終了したわけではないようです。
 
ブログ上に「我々は死んでいない」と投稿し、今後キーボード付きの5G通信対応スマートフォンを市場に投入するとしています。
世間一般に信じられているのと異なり、我々は死んでいない
BlackBerryブランドを有するOnwardMobilityは1月6日に同社のブログを更新し、スマートフォン開発を継続していることを強調しました。
 
これには、2022年1月4日にBlackBerry OSとBlackBerry 10がインストールされた端末のサポートが終了したことを受け、世間からBlackBerryそのものが事業を終了したかのように思われていることを覆す目的があります。
 
同社はアメリカの小説家であるマーク・トウェインが新聞に死亡したという誤報を掲載されたことを引き合いに出し、「世間一般に信じられているのと異なり、我々は死んでいない」と述べました。
 
現在、物理キーボードを備えた非常に安全な5G通信対応エンタープライズ向けスマートフォンを開発中であり、この端末に関する情報を定期的に明らかしていくとのことです。
Android OS搭載のミドルレンジスマートフォン?
今のところこのBlackBerryの新型5G通信対応スマートフォンに関する詳細な情報はありません。
 
BlackBerryのスマートフォンはすでにAndroid OSに移行しており、新型スマートフォンもAndroid OS搭載のものとなるでしょう。
 
また、これまでの端末の傾向からは、Qualcomm製のミドルレンジチップを搭載するとNotebookcheckは予想しています。
 
物理キーボードを搭載したスマートフォンは希有な存在であり、これまでに無いような形態のスマートフォンの登場を期待したいところです。
 
 
Source: OnwardMobility via Notebookcheck
(ハウザー) …

続きを読む シェア
0

Galaxy S22シリーズ3モデルが100ドル値上げ?Tab S8シリーズは?

 
Galaxy S22シリーズ3モデルと、Galaxy Tab S8シリーズの米国における予想販売価格をNotebookcheckが紹介しています。
3モデル全て、約11,550円値上げとの予想
KFC Simp氏(@chunvn8888)が入手した情報によれば、Galaxy S22シリーズはGalaxy S21シリーズからそれぞれ100ドル(約11,550円)値上げされるとのことです。
 
SamMobileの予想では、Galaxy S22シリーズの価格はGalaxy S21シリーズと同程度とみられていました。
 

Originally Sammy wanted to kept the prices same as last year S21 series (799/999/1199) but due to chip shortage, alongside using Qualcomm chipsets widely, they had to increase the price $100 more. Same thing happened to the S21 FE, originally was under 600 but due to chip… https://t.co/3VPl98AaRe
— KFC Simp (@chunvn8888) January 11, 2022

 
Galaxy S22シリーズはストレージ容量が増加するとの情報もありましたが、Galaxy S22とS22+のストレージ容量はGalaxy S21およびS21+と変わらない見通しです。
Galaxy Tab S8シリーズの予想販売価格
KFC Simp氏(@chunvn8888)はGalaxy Tab S8シリーズの販売価格に関し、Galaxy Tab S8が850ドル以下(約98,000円以下)、S8+が900ドル(約104,000円)〜1,000ドル(約115,500円)、S8 Ultraが約1,100ドル〜(約127,000円〜)になると予想しています。
 
 
Source:Notebookcheck
Photo:91mobiles
(FT729) …

続きを読む シェア
0

Appleの5GモデムはTSMCの5nm、RF ICは7nmで製造〜2023年登場

 
台湾メディア工商時報が、Appleが開発中の第1世代5Gモデムと無線周波数集積回路(RF IC)に関する情報を伝えました。
今後、大手キャリアと実地試験を実施予定
工商時報によれば、Appleが開発中の第1世代5GモデムはTSMCの5nmプロセスで、それと組み合わせられるRF ICは7nmプロセスを用いて、2023年に量産が開始されるとのことです。
 
ミリ波とサブ6GHzに対応する5GモデムとRF ICの設計は完了しており、試作とサンプル出荷が始まったと同メディアは伝えています。
 
今後、大手キャリアと協力し、実地試験が行われる予定です。
 
Appleが独自開発する5GモデムとRF ICの量産が始まれば、それに用いる5nmウェハー総数は15万枚、RF IC用7nmウェハー総数は8万枚に達し、TSMCの売上高増加に大きく貢献する見通しです。
 

iPhone14シリーズ用モデムと製造プロセス
サプライチェーン関係者は、2022年に発売されるiPhone14シリーズには、Samsungの4nmプロセスで製造されるQualcommのSnapdragon X65 5GモデムとRF ICが搭載されると述べています。
 
 
Source:工商時報
Photo:SaranByte/YouTube
(FT729) …

続きを読む シェア
0

Popular Posts