ガジェット


Apple、iPhone13で電話ノイズキャンセリングが使えないことを認める

 
iPhone13シリーズで、これまでのモデルでは使えていた「電話ノイズキャンセリング」機能が使えない件について、これはバグではなく、Appleが敢えて取り除いていたことが判明しました。
iPhone12シリーズまでは使えていた
iPhone12シリーズまでは、「アクセシビリティ」の設定で、通話しているときに周囲のノイズを軽減する「電話ノイズキャンセリング」機能を有効・無効にすることが可能でした。
 
しかしiPhone13シリーズでは同機能が使えなくなっており、当初はソフトウェアのバグではないかと考えられていました。
バグではなく故意に削除されていたことが判明
しかし米メディア9to5Macの読者であるスティーブ氏がTwitterでApple Supportに問い合わせたところ、バグではなく、同機能は故意に削除されていることが判明したそうです。
 
スティーブ氏の問い合わせに対し「iPhone13モデルの電話ノイズキャンセリング機能は存在しないため、『設定』にはこのオプションがありません」との回答がありました。
 
同氏が答えを明確にするため、iPhone13シリーズは電話のノイズキャンセリング機能をサポートしないのかと重ねて尋ねると、以下のような返信が得られたそうです。
 

そのとおりです。サポートしていません。この件についてフィードバックをいただける場合は、apple.com/Feedbackにお願いします。
 
今回のApple Supportからの返答により、iPhone13シリーズに「電話ノイズキャンセリング」のトグルが存在しないのはバグではないことが明らかになりました。なおAppleが同シリーズでなぜこの機能を取り除いたのか、その理由は不明です。
 
 
Source:9to5Mac
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

iPhone12 miniの一括9,800円セールが今週も開催

 
一部家電量販店で実施されているキャリア版iPhoneの格安セールにおいて、今週もソフトバンク版のiPhone12 miniが、条件を満たす顧客を対象に、返却不要の一括購入価格9,800円で販売されています。また、一部店舗ではau版も引き続きセール対象となっている模様です。なお、iPhone SE(第2世代)やiPhone13 miniのセールも一部で継続しています。
iPhone12 miniが格安販売
ヨドバシカメラ等の一部家電量販店のスマートフォン売り場において、2020年発売のiPhone12 mini(64GB)が、2022年初売りセールと同様に、30歳以下の顧客を対象に一括9,800円で販売されています。また31歳以上の場合でも、2万円前後での一括購入が可能との情報があり、東北や関西など、首都圏以外の店舗でもキャンペーンが実施されています。
 
TwitterユーザーのSkyblue氏(@skyblue_1985jp)は1月15日、ヨドバシカメラで、30歳以下の人限定でソフトバンク版のiPhone12 mini(64GB)が一括9,800円で販売されているとの画像を投稿しました。また、128GBモデルは15,000円程度となっており、au版も30歳以下のMNP契約を対象に64GBモデルが9,800円で販売されているとの情報があります。
 

ヨドバシアキバ、iPhone12 mini、13mini、SE2の安売りやってるよぉ(*´∀`*)
みんなヨドバシアキバにきちゃいなよ pic.twitter.com/Esrz7cREtc
— Skyblue (@skyblue_1985jp) January 15, 2022

 
なお、Twitterにおいては、関東を中心に展開するノジマにおいても、au版iPhone12 miniの64GBモデルが、30歳以下ユーザーのMNPでの契約を条件に、9,800円で販売されているとの投稿も行われています。
 
家電量販店等におけるキャリア版iPhoneの大規模セールはiPhone SE(第2世代)を中心に2021年夏頃から実施され、ドコモでは新規契約もiPhone SE(第2世代)一括10円の対象になったり、128GBモデルの販売価格が9,790円に変更されたりする等、週によってセール内容が変動しています。
 
2021年12月には、残価設定型の契約において最新版のiPhone13 miniもセール対象となり、現在も一部の家電量販店でセールが継続されています。
 
2022年1月の初売りにおいて、キャリア版iPhone12 miniの64GBが一括9,800円で販売され、先週もセールが継続実施されました。
いつまで続くか不透明
キャリア版iPhone12 miniの格安セールは、家電量販店のオンラインショップ等では行われておらず、実店舗のみで開催されており、いつまで続くかは不透明な状況です。また、既に一部店舗では在庫切れの状態となっています。購入を検討される場合は、お近くの店舗にセールの実施有無や在庫を早めにご確認ください。
 
 
Source:Skyblue / Twitter
(seng)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

iPhone12 mini SIMロック解除済み未使用品が49,800円〜じゃんぱら

 
じゃんぱらが、最安への挑戦と題し、iPhone12 miniの64GBモデルSIMロック解除済み未使用品を、税込49,800円で販売しています。
iPhone12 miniの64GBモデル未使用品各色が税込49,800円
じゃんぱらが販売中のiPhone12 miniの64GBモデルSIMロック解除済み未使用品には、初期不良保証3カ月が付帯します。
 
2022年1月13日午後11時50分時点での在庫数は、下記の通りです。
 

本体カラー
販売キャリア(SIMロック解除済み)
在庫数

ブルー
ソフトバンク
114台

au
26台

グリーン
ソフトバンク
12台

au
2台

ホワイト
ソフトバンク
42台

au
38台

ブラック
ソフトバンク
27台

au
68台

(PRODUCT)RED
ソフトバンク
55台

au
3台

NTTドコモ
3台

 
なお、パープルの在庫数は0です。
 
商品に関する質問は、じゃんぱらにお問い合わせ下さい。
 
 
Source:じゃんぱら
(FT729) …

続きを読む シェア
0

ディーフ、アラミド繊維製のApple Watch S7、AirPods3ケースを発表

 
ディーフ(Deff)は、薄くて軽いアラミド繊維製ケース「DURO」シリーズのApple Watch Series 7用とAirPods(第3世代)用ケースを1月下旬に発売すると発表しました。
薄くて軽く高強度のアラミド繊維製
ディーフの「DURO」シリーズは、高い強度を持ちながら非常に軽い、アラミド繊維(米デュポンのケブラー)で作ったケースです。
 
Apple Watch Series 7用ケース「DURO for Apple Watch Series 7」、AirPods(第3世代)用ケース「DURO for AirPods(第3世代)」ともに、Deffのダイレクトストア、Amazon.co.jp、楽天市場の公式ストアで販売されます。
 
1月13日から予約受付を開始しており、1月下旬から順次出荷予定です。
 
iPhone Maniaでは、DUROシリーズのiPhone13 Pro用ケースやiPhone12 Pro Max用ケースを装着してのレビュー記事を掲載しています。
1円玉より軽いApple Watch Series 7用ケース
「DURO for Apple Watch Series 7」は、約0.6ミリと非常に薄く、41ミリモデル用が0.6グラム、45ミリモデル用が0.8グラムと、軽いのが特徴です。
 

 
3D真空成形仕上げにより、操作部を除くApple Watch Series 7の本体ギリギリまでカバーし、一体感のある形状です。
 

 
通常のアラミド繊維よりもきめ細かな織り目の1Kシートを2層構造で使用し、表側には複数の特殊加工によるマットブラック、装着時には見えませんが裏面にはアクセントとして赤いケブラーを使っています。
 

 
データ通信、通話、ワイヤレス充電、Apple Pay、モバイルSuicaなどの使用にも影響しません。ディーフの画面保護フィルム「Shock Proof TPU Film for Apple Watch Series 7」と併用が可能です。
 

 
ディーフダイレクトストアでの予約販売価格(税込、以下同じ)は、4,979円です。
薄く、軽くてもAirPodsをしっかり保護
「DURO for AirPods(第3世代)」は、厚さ約0.6ミリ、重さ約5グラムと薄型軽量で、ケースを装着していないように感じられるのが特徴です。
 

 
表面は、複数の特殊コーティングを施したマット仕上げのブラックです。
 
AirPods(第3世代)の充電ケースにしっかりフィットする設計のため、装着に両面テープや接着剤は不要です。ケースを装着したまま、AirPods(第3世代)をワイヤレス充電できます。
 

 
方向の異なるアラミド繊維を2層構成とし、操作部とコネクター部分を除いてAirPods(第3世代)充電ケースをフルカバーする3D真空成形仕上げでしっかり保護します。
 

 
取り外しは、Lightningケーブルを差し込んで押し上げるようにすることが推奨されています。
 

 
ディーフダイレクトストアでの予約販売価格は、4,979円です。
 
 
Source:ディーフ 報道発表(1), (2)
(hato) …

続きを読む シェア
0

iPhone13 Pro、DXOMARKのバッテリーテストで高評価を獲得

 
カメラを始めスマートフォンのさまざまな要素のベンチマークをおこなっているDXOMARKが、iPhone13 Proのバッテリーに関する評価結果を公開しました。
 
総合スコアは76ポイントと、Samsung Galaxy S21 Ultraを上回る高い評価を得ています。
iPhone12 Pro Maxを上回るバッテリー持続時間を記録したiPhone13 Pro
DXOMARKによると、iPhone13 Proは通常の使用環境において2日間以上のバッテリー持続時間を記録したとのことです。
 
これは前世代のハイエンドモデルに当たるiPhone12 Pro Max(3,687mAh)よりも長いバッテリー持続時間であり、バッテリー容量が小さい(3,095mAh)にも関わらず同等以上のスタミナを誇っています。
 
DXOMARKによると、iPhone13 Proは特に音楽や動画再生時の消費電力が低かったといいます。
 
また、76ポイントというiPhone13 Proのスコアは、5,000mAhの大容量バッテリーを内蔵するGalaxy S21 Ultra(70ポイント)よりも高いスコアでした。
 
より大きなバッテリーを内蔵するiPhone13 Pro Maxのスコアはさらに高く、DXOMARKのスコアは89ポイントでランキングの3位に入っています。
充電時間とカメラ使用時の消費電力が弱点
一方、iPhone13 Proのバッテリーの弱点は充電時間とカメラ使用時の消費電力にあるといいます。
 
充電時間に関しては、ケーブル接続時の供給電力が20W、ワイヤレス充電時の供給電力が15Wと他社のスマートフォンよりも低く、フル充電までに長い時間を要します。
 
また、カメラ使用時のバッテリー持続時間が他のスマートフォンよりも短いのも弱点で、Galaxy S21 UltraやiPhone13 Pro Maxに劣る結果となりました。
 
ただ、総合的にはバッテリー容量が小さいにもかかわらず良好なテスト結果となっており、iPhone12 Pro Maxに迫るスコアを獲得したことから、iPhoneシリーズのバッテリー効率の良さがiPhone13世代でさらに向上したといえるでしょう。
 
 
Source: DXOMARK via Gizmochina
(ハウザー)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

Galaxy S22シリーズの包装に、リサイクル素材を採用

 
韓国メディアET Newsが、SamsungはGalaxy S22シリーズの包装にリサイクル素材を採用すると報じました。
包装用素材の環境対応進む
Galaxy S22シリーズの包装には、再生ポリエステル(PET:Poly Ethylene Terephthalate)が採用されるようです。
 
SamsungはGalaxy S22シリーズの年間出荷目標台数を3,200万台に設定しているため、それに必要な30万平方メートル以上の包装用フィルムが再生ポリエステルで置き換えられるとET Newsは伝えています。
各社が既に、電源アダプタ同梱を終了
スマートフォンベンダー各社は、環境保護につとめています。
 
AppleはiPhone13シリーズで外箱のラッピングを廃止したほか、iPhone12シリーズでは電源アダプタの同梱を終了していました。
 
SamsungやXiaomi、Googleも2021年に、Appleと同様に電源アダプタの同梱を終了しています。
 
 
Source:ET News
Photo:LetsGoDigital
(FT729) …

続きを読む シェア
0

iPhone SE 2が32,400円など、Amazonの整備済み品〜1/10

 
Amazon整備済み品販売ページにて、iPhone SE(第2世代)やiPhone12 miniなど多数の整備済みiPhoneが販売されています。
現在販売中のiPhone整備済み製品
2022年1月10日午後5時30分時点で、Amazon整備済み品として販売されているiPhoneは下記の通りです。
 

モデル
価格(税込)
販売台数

iPhone SE 32GB SIMフリーローズゴールド
20,000円〜
2台

iPhone8 64GB SIMフリースペースグレー
28,890円〜
2台

iPhone SE(第2世代)64GB SIMフリー(PRODUCT)RED
32,400円〜
6台

iPhone X 64GB SIMフリースペースグレー
48,094円
13台

iPhone XR 128GB SIMフリーブラック
52,890円
3台

iPhone XS 256GB SIMフリーゴールド
54,290円
1台

iPhone12 mini 64GB SIMフリー(PRODUCT)RED
60,900円〜
5台

iPhone11 64GB SIMフリーホワイト
64,800円
1台

iPhone XS Max 256GB SIMフリースペースグレー
77,000円〜
3台

iPhone12 64GB SIMフリーホワイト
90,900円
7台

iPhone11 Pro 256GB SIMフリーゴールド
91,490円
1台

iPhone12 Pro 256GB SIMフリーグラファイト
116,390円
2台

iPhone11 Pro Max 512GB SIMフリーゴールド
121,800円
1台

iPhone12 Pro Max 128GB SIMフリーゴールド
121,990円
1台

 
Appleが価格改定を行い値下げした場合、Amazon整備済み品の販売価格のほうがApple Storeの販売価格より高くなることがあります。購入を検討される方はご注意ください。
iPhone整備済み品の状態

 
Amazonが販売するiPhone整備済み品には、下記のような説明が記載されています。
 
この商品はAmazon認定出品者(Apple認定業者とは異なります)による検査、テスト、クリーニングが済んだ再生品、中古品、展示品、開封品です。商品から30cm離れて見ると、表面的なキズ・損傷はほぼ確認できません。
 
バッテリーは新品の80%を超える容量で提供されます。付属品は純正品ではない場合がありますが、互換性があり問題なく機能します。商品は一般的な箱でのご提供となる場合があります。
 
ご満足いただけない場合は、購入から180日の保証期間内であればAmazon認定出品者より交換または返金が受けられます。
 
 
Source:Amazon
Photo:Apple
(FT729) …

続きを読む シェア
0

iPhone13 mini / 12 miniのサプライヤーの売上高が対前年比で減少

 
台湾メディア経済日報が、iPhone13 miniの組立作業を受注しているPegatronの2021年の売上高が、対前年比で9.7%減少したと報じました。
miniモデルの販売低迷が影響か
Pegatronの2021年第1四半期(1月〜3月)の売上高は、AppleからのiPhone12 mini組立作業における受注金額が値下げされたことなどで、6年半ぶりの低水準になりました。  
2021年第4四半期(10月〜12月)の売上高は、対前期比40%増でしたが、2020年第4四半期(10月〜12月)と比較すると、1.2%減でした。  
半導体不足が緩和されつつあることで、Pegatronの売上高は今後数カ月で改善される見通しです。
iPhone14シリーズでの受注金額増加に期待感
同社はiPhone14シリーズにおいて、6.7インチディスプレイを搭載するベースモデル「iPhone14 Max」の組立作業を担う見通しです。  
また、PegatronはApple初の拡張現実(AR)/仮想現実(VR)ヘッドセットのサプライヤーになるとみられており、Apple向け売り上げが増加すると期待されています。
 
 
Source:経済日報
(FT729)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

イオシス、中古iPhone12 miniの販売価格を引き下げ

 
中古スマートフォンを取り扱うイオシスは1月7日、未使用品の中古iPhone12 miniの販売価格を引き下げたと発表しました。
中古iPhone12 miniを値下げ
イオシスは1月7日(金)、公式Twitterアカウント(@iosys_official)において、未使用品の中古iPhone12 mini(64GB)を54,800円(税込)に値下げしたと投稿しました。
 
イオシスの販売ページでは、SIMロック解除済のキャリア版iPhone12 mini(64GB)が54,800円(税込)で販売されています。
 

☆お値下げ入りました☆iPhone12 mini 64GBSIMロック解除済み未使用品 税込54,800円現役余裕どころでは無い超高性能ミニiPhoneが遂にここまで来ました!!商品ページhttps://t.co/U6RTeWON4z在庫は潤沢ですが全色満遍なくというわけではないのでお気をつけを〜♪#イオシス #iPhone12mini pic.twitter.com/GKUeG3FVL1
— イオシス公式 (@iosys_official) January 7, 2022

 
2022年1月の初売りから、一部家電量販店においてau版やソフトバンク版のiPhone12 mini(64GB)が一括購入価格9,800円で販売されており、中古市場でiPhone12 miniの流通量が増加している可能性もありそうです。
 
 
Source:イオシス / Twitter
(seng) …

続きを読む シェア
0

家電量販店のiPhone12 miniセール、返却不要で一括9,800円~

 
一部家電量販店で実施されているキャリア版iPhoneの格安セールにおいて、今週末もau版やソフトバンク版のiPhone12 miniが条件を満たす顧客を対象に、返却不要の一括購入価格9,800円で販売されています。また、iPhone SE(第2世代)やiPhone13 miniのセールも一部で継続している模様です。
iPhone12 miniが格安販売
一部家電量販店のスマートフォン売り場において、2020年発売のiPhone12 mini(64GB)が、先週の初売りセールと同様に30歳以下の顧客を対象に一括9,800円で販売されています。また31歳以上の場合でも、2万円前後での一括購入が可能との情報があり、東京以外の店舗でもキャンペーンが実施されています。
 
TwitterユーザーのTakeru氏(@takeru0204)は1月8日、ヨドバシカメラで、30歳以下の人限定でau版のiPhone12 mini(64GB)が一括9,800円で特価販売されているとの画像を投稿しました。また、128GBモデルは15,000円程度となっており、auではMNPでの契約が対象となっている模様です。
 

量販店のiPhone/Pixelのセールの仕組みがわかった。・基本3万円引き・契約(MNP)すれば+2万円引き・30才以下とかなら+1万円引き掲示なくてもセールしてたりする。土曜朝のヨドバシあたり狙い目ぽ。 pic.twitter.com/Tyi4jOr2Nc
— Takeru (@takeru0204) January 8, 2022

 
また、ヨドバシカメラにおいては、ソフトバンク版iPhone12 mini(64GB)も30歳以下でのMNPや新規契約を条件に、一括9,800円で販売されているとの情報があります。
 
家電量販店等におけるキャリア版iPhoneの大規模セールはiPhone SE(第2世代)を中心に2021年夏頃から実施され、ドコモでは新規契約もiPhone SE(第2世代)一括10円の対象になったり、128GBモデルの販売価格が9,790円に変更されたりする等、週によってセール内容が変動しています。
 
2021年12月には、残価設定型の契約において最新版のiPhone13 miniもセール対象となり、現在も一部の家電量販店でセールが継続されています。
 
2022年1月の初売りにおいて、キャリア版iPhone12 miniの64GBが一括9,800円で販売され、大きな話題となりました。
いつまで続くか不透明
キャリア版iPhone12 miniの格安セールは、家電量販店のオンラインショップ等では行われておらず、実店舗のみで開催されていると推察され、いつまで続くかは不透明な状況です。また、既に一部店舗では在庫切れの状態となっています。購入を検討される場合は、お近くの店舗にセールの実施有無や在庫を早めにご確認ください。
 
 
Source:Takeru / Twitter
(seng)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

フォーカルポイント、厚さ約17ミリ・20W出力の超薄型USB-C壁掛け充電器を発売

 
フォーカルポイントは1月7日より、Twelve Southの超薄型USB-C壁掛け充電器「PlugBug Slim」を販売開始しました。
厚さ約17ミリの超薄型USB-C壁掛け充電器
「PlugBug Slim」は、USB-C1ポートを搭載した、厚さ約17ミリの超薄型USB-C壁掛け充電器です。
 

 
その薄さに加えて、ケーブルの差し込み口が底面に搭載されているため、従来のようなケーブルを側面から差し込むタイプと比較して空間を有効利用できます。
 

 
充電用プラグは折り畳むことができるため、外出時などの持ち運びにも適しています。
最大20Wの出力で急速充電が可能
最大出力は20Wで、iPhoneやiPadなどをフルスピードで充電可能です。MagSafe充電器と組み合わせた場合は、iPhone12シリーズやiPhone13シリーズを最大15Wで急速充電できます。
各種安全機能を搭載、日本国内のPSE認証も取得済
安全機能としては、過電流保護機能、過電圧保護機能、短絡保護機能を搭載しており、日本国内のPSE認証も取得済みです。
通常価格は税込3,278円、フォーカルポイント・ダイレクト本店では期間限定で10%オフ
「PlugBug Slim」は、フォーカルポイント・ダイレクトの本店、Amazon店、楽天市場店、Yahoo!店で販売されています。価格は税込3,278円です。
 
また、フォーカルポイント・ダイレクト本店では、1月18日午後11時59分まで「全品10%OFFお年玉クーポン」を配布しており、通常価格から10%オフで購入可能です。クーポンコードは「focal2022」で、購入時に買い物カゴページでクーポンコードを入力する必要があります。
 

 
 
Source:フォーカルポイント(1), (2)
(kotobaya) …

続きを読む シェア
0

Apple、(PRODUCT)RED収益のコロナ対策への寄付を12月31日まで延長

 
Appleは、2022年12月31日まで(PRODUCT)RED収益の50%をサハラ砂漠以南の地域でのコロナ対策への寄付に充てる、と発表しました。
HIV/AIDSプログラムを維持するためコロナ対策に寄付
Appleとの(PRODUCT)REDデバイスとアクセサリー販売のコラボ15周年を讃え、(RED)は記念動画を公開しました。これまでに約2億7,000万ドル(約313億4,100万円)をHIV/AIDS撲滅のため集めることに成功したとのことです。
 

 
同ページ上で、現在から2022年12月31日まで、(PRODUCT)RED収益の半分が、HIV/AIDSプログラムを維持するために、コロナによって最も脅かされているサハラ以南のアフリカの保健システムの支援に充てられる、と同時に発表されています。
Appleは昨年末まで全額をコロナ対策に寄付
Appleは2021年12月30日まで、(PRODUCT)RED製品の販売による収益の全額をコロナ対策に寄付する取り組みを行っていました。
 
同プログラムが最初に発表されたのは2020年4月のことで、その後プログラムは同年9月30日まで延長され、2020年12月にはさらに2021年6月30日まで延長されていました。
iPhone、ケース、アクセサリーなどが(PRODUCT)REDに対応
 
(PRODUCT)REDは、iPhone13、iPhone12、iPhone SE(第2世代)、iPhone11に対応しており、ケースはiPhone13 Pro Max、iPhone13 Pro、iPhone13 mini、iPhone12 miniのシリコンケース/レザーケースが購入可能となっています。
 
他にもApple Watch Series 7のアルミニウムケースとスポーツバンド、スポーツループ、ブレイデッドソロループ、iPod touch、Beats Solo3 Wirelessヘッドホンなども(PRODUCT)REDに対応しています。
 
 
Source:(RED), Apple via AppleInsider
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Amazon、整備済み品のiPhone XS等が割引価格で販売

 
Amazonにおいて、一部の整備済み品のiPhoneが割引価格で販売されています。なお、iPhone XSはAmazon 初売りの対象となっている模様です。
整備済み品iPhoneがセール
Amazonでは、「Amazon整備済み品」として、Amazonが認定した出品者が検査やクリーニング済の中古のiPhoneが販売されています。記事執筆時点において、Amazon整備済み品のiPhone12 ProやiPhone XR、iPhone XSの一部モデルが割引価格となっています。なお、iPhone XSは「Amazon 初売り」の対象となっていると推察されます。
 
iPhone12 Pro
 
整備済み品のiPhone12 Pro(128GB)のうち、グラファイトおよびパシフィックブルーが、参考価格や過去価格から4%~5%割引の109,500円(税込)で販売されています。従来は、グラファイトおよびパシフィックブルーは他色のゴールドやシルバーに比べ、割高な価格設定となっていましたが、このたびの割引により、同一の価格となっています。
 

 
iPhone XS
 
整備済み品のiPhone XS(64GB・シルバー)は、1月6日までの期間限定で5%割引の46,455円(税込)で販売されています。セール終了期間の表示から、Amazon初売りの対象となっているものと思われます。
 

 
iPhone XR
 
整備済み品のiPhone XRのうち、ホワイトの128GBモデルが割引価格となっており、5%割引の47,000円(税込)で販売されています。
 

 
 
Source:Amazon
(seng) …

続きを読む シェア
0

Apple、1月27日に2022年度第1四半期の業績を発表〜商戦期の販売状況を公開

 
Appleは、2021年10月〜12月の業績を現地時間2022年1月27日に発表すると予告しています。同社にとって最も重要な、ホリデーシーズンの業績が明らかになります。
ホリデーシーズンの業績が明らかに
Appleは現地時間1月4日、2022年度第1四半期の業績を1月27日午後2時(日本時間では28日午前7時)に発表するとの予告を投資家向けWebページに掲載しました。
 
Appleの会計年度は10月に始まるので、2022年度第1四半期は2021年10月〜12月です。世界的半導体不足の中で迎えた、ホリデーシーズンの業績が明らかになります。
 
Appleはコロナ禍と半導体不足による影響から、前回の業績発表において2022年度第1四半期の業績見通しを公開していませんが、ティム・クック最高経営責任者(CEO)は好調な業績への期待を語っていました。
 
なお、1年前の2021年度第1四半期(2020年10月〜12月)の業績は、iPhone12シリーズやサービス部門の好調により、四半期として過去最高を記録しています。
iPhone13シリーズ、新型MacBook Proなどの販売状況にも言及か
業績発表当日は、Appleの投資家向けWebページに資料が掲載されるほか、ティム・クックCEOとルカ・マエストリ最高財務責任者(CFO)による業績説明の音声がストリーミング配信され、誰でも聴くことができます。
 
Appleは現在、iPhoneなどの販売台数を発表していませんが、2021年秋に発売されたiPhone13シリーズ、iPadシリーズ、M1 ProとM1 Maxを搭載した新型MacBook Proなどの新製品の販売動向についても言及があるとみられます。
 
 
Source:Apple via MacRumors
(hato) …

続きを読む シェア
0

ガラスザムライ 日本品質 iPhone12 mini 用 ガラスフィルム 強化ガラス 保護フィルム アイフォン12 mini 用 独自技術Oシェイプ 硬度10H らくらくクリップ付き OVER’s 2...

ガラスザムライ 日本品質 iPhone12 mini 用 ガラスフィルム 強化ガラス 保護フィルム アイフォン12 mini 用 独自技術Oシェイプ 硬度10H らくらくクリップ付き OVER’s 281-k 5星中4.5(54) ¥760 (2022-01-04 16:42 GMT +09:00 時点 – 追加情報商品価格と取扱状況は記載された日時の時点で正確で、また常に変動します。Amazon のサイトに表示された価格と取扱状況の情報は、この商品が購入されたその時のものが適用されます。)

続きを読む シェア
0

【レビュー】「MOFT Smart Desk Mat」で快適デスク環境を構築しよう

 
角度調節と多彩なアクセサリーで自分好みの快適なデスク環境を実現できる「MOFT Smart Desk Mat」を約2週間使っての印象をご紹介します。クラウドファンディングサイトMakuakeでの応援購入で、すでに目標の3,200%以上の支援を獲得しています。記事には、レビュー用にご提供いただいたサンプル品を使用しています。
 
※クラウドファンディングは、製品・サービスの購入ではなく”投資”であるため、プロジェクトの進行が遅れてお礼のリターン(製品やサービス)が予定通り届かない場合や、目標額に到達しないなどの理由で開発自体が中止となることもあります。また海外プロジェクトの無線機では、日本国内での利用に必要な技適マークを取得していないケースがあります。これらのリスクを理解した上でご利用ください。
目標額の3,200%の支援を獲得
「MOFT Smart Desk Mat」は、スタイリッシュなデザインと高い機能性で人気の、ガジェットアクセサリーメーカーMOFTによる、多機能なデスクマットです。
 
Makuakeでのクラウドファンディング期間は2022年1月21日までですが、目標額の500,000円をプロジェクト開始早々に達成し、本稿執筆時点では目標の3,200%を超える1,600万円以上の応援購入を獲得しています。
 

 
なおMOFTは、これまでもクラウドファンディングで高い支持を集めた製品を一般販売し、人気製品となっています。
角度調整&アクセサリーで機能拡張できるデスクマット
「MOFT Smart Desk Mat」の特徴は、角度調整できるデスクマットに、多様なアクセサリーを組み合わせることで、フレキシブルな使い方が実現できることです。
 
「MOFT Smart Desk Mat」には、ナイトブラック、オックスフォードブルー、シエナブラウンの3色が用意されています。
 

 
今回はレビュー用に、「MOFT Smart Desk Mat」の全機能が利用できるオックスフォードブルーのセットをご提供いただきました。
 

 
「MOFT Smart Desk Mat」の表面素材はヴィーガンレザー(ポリウレタン素材)で、柔らかく滑らかな手触りです。
 

 
オックスフォードブルーは落ち着いた色合いで、インテリアに馴染みやすいと感じました。先日レビューした、iPad mini(第6世代)用スタンドのオックスフォードブルーと比べると、デスクマットのほうが若干濃いめのカラーとなっています。
 

 
本体サイズは幅が504ミリ、奥行きが300ミリで、重量は1.5キロです。
用途に合わせた4つの角度で使える
「MOFT Smart Desk Mat」の特徴のひとつは、角度調整によりさまざまな用途に活用できることです。角度調整には、2枚重ねになったマットの間にあるプレートを使います。
 

 
25度は、ノートパソコンを乗せてキーボードに高さと角度がつけられるほか、iPadを置いての手書き入力にも便利ですし、紙への手書きにも便利です。なお、この角度で設置する場合は奥行きがプラス6センチ必要となります。
 

 
スタンドを立てた45度や60度は、iPadを高めの位置に固定してBluetoothキーボードと組み合わせた操作や動画視聴や電子書籍閲覧が快適です。
 

 
「MOFT Smart Desk Mat」を逆さに立てると、奥行き20センチほどの空間に設置できる多機能なボードとして活用できます。
 

 
多彩なアクセサリーで機能的に
マットには厚さ0.5ミリのマンガン板金プレートが内蔵されており、磁力でさまざまなアクセサリーを取り付けて、多様な活用が可能です。
 
従来型のデスクマットとして、紙にペンで手書きする際も、適度な沈み込みがあるので文字が書きやすく、角度をつけた状態でも安定して手書きができます。最近では減ったとはいえ時々ある紙への押印もできます。
 

 
「MOFT Smart Desk Mat」に付属する「クッション」は、ソフトな素材でタイピングの時に手首を優しく支えてくれます。
 
クッションは「MOFT Smart Desk Mat」の背面に磁力で取り付けられるので、デスクを離れて「MOFT Smart Desk Mat」を膝に乗せて使う時にも便利です。
 

 
 
「タブレットホルダー」は、iPadなどのタブレットを好みの位置に固定して使うのに便利です。背面にMOFT製のスタンドを取り付けたiPad mini(第6世代)も、10.5インチのiPad Air(第3世代)も、縦向きにも横向きにも置くことができ、タッチ操作やApple Pencilでの操作をしてもぐらつかず。安定して使えます。
 

 
「MagSafe充電器」は、USB-C端子に付属の電源コードをつなぐと、MagSafe対応のiPhoneをしっかり固定しながら充電できます(最大出力は10W)。必要な時には軽い力で取り外せます。重量級のiPhone12 Pro Maxも安定して取り付けることができました。MagSafe非対応のスマートフォンも「マグシール」を使って固定できます。
 

 
「ケーブルホルダー」は、デスク周りが散らかった印象になる原因であるケーブルを取り回すことができます。デスクマットと同色で一体感があるのでスッキリ感が増します。
 

 
ケーブルホルダーは、デスクマットの背面にも固定できて便利なので、単体でも購入できるように販売してほしいと思いました。
 
追加オプションの「Apple Watchホルダー」を使うと、Apple Watchを固定できます。Apple Watchホルダーに充電機能はありませんが、Apple Watchの純正充電器を磁力で吸着できるので、筆者はこの状態で充電して使っていました。
 

 
「メモホルダー」は手書きのメモ用紙を挟んでおくのはもちろん、磁力がしっかりしているので、筆者は仕事の合間に食べる袋入りのタブレット菓子を挟んでおくのに活用しています。
 

 
「ブックホルダー」は、厚めの本もページを固定しておけるので、書籍を参照したい時や学習時に便利です。
 

 
NFCタグを2つ内蔵、アイデア次第で可能性は無限大
「MOFT Smart Desk Mat」には、NFCタグが2つ内蔵されています。
 

 
iPhone7以降のiPhoneなら、「ショートカット」アプリでオートメーションを設定しておけば、NFCタグを読み込んだ際に一連の動作を操作を自動化することができます。
 

 
筆者の場合は「さあ仕事を始めるぞ」という時のために、iPhoneの「集中モード」をオンにして通知を仕事関係のアプリに絞り込み、iPhoneからバックグラウンドノイズを流し、IKEAのスマートLED電球を最大輝度の白色に切り替える設定をしておき、一瞬で仕事モードに入るようにしています。
 

 
もう一方のNFCタグは、仕事モードからリラックスモードに戻るためのスイッチとして使っています。
実際に使って、特に便利だった使い方2つ
筆者が「MOFT Smart Desk Mat」を約2週間使ってみて、特に便利だと感じた使い方を2つご紹介します。
 
使い方1:25度の角度でMacBook Proを設置、ビデオ通話にも最適
ひとつは、25度の角度でMacBook Pro(14インチ)を設置し、iPhoneやApple Watchを充電しながら使う、という使い方でした。
 

 
ディスプレイが適度な高さになるので自然と姿勢が良くなり、ディスプレイ上部のカメラがちょうど顔の位置にくるのでビデオ会議にも適しています。
 
腕をクッションに置いてのタイピングは、最初は少々戸惑いましたが、慣れると心地よく感じられるようになりました。
 

 
使い方2:MacBook Proの横にiPad、Sidecarで活用
もうひとつ便利に感じたのは、タブレットホルダーを使ってiPad miniとMacBook Proのディスプレイと高さを揃えて、Sidecar機能でiPadをサブディスプレイとして使う用途でした。
 

 
iPad mini(第6世代)の背面には、MOFTのタブレットスタンドを装着しているので、デスクマットの表面から数ミリ離れますが、安定して使用できています。
 
Apple Pencil(第2世代)は、磁力で「MOFT Smart Desk Mat」に吸着させておくこともできます。
 

 
Sidecarとして使わない時や、iPad miniを縦にした状態でも、MacBook Proのディスプレイから視線移動が少ないので、Macで作業しながらチャットを横目で確認したり、環境映像として動画を流しっぱなしにする、といった使い方も便利でした。
 
早割購入できる応援購入は1月21日まで!
「MOFT Smart Desk Mat」は、2022年1月21日まで、クラウドファンディングサイトMakuakeでの応援購入を受け付けており、期日までに支払いが完了すれば2022年3月末までの配送が予定されています。
 
本稿執筆時点では、「MOFT Smart Desk Mat」とクッションのセットが、一般販売予定価格から16%オフの9,480円(税込、以下同じ)から購入可能です。
 
タブレットホルダー、ケーブルホルダー(3個)、MagSafe充電器、マグシールが加わる「デジタルキット」は14,500円、ブックホルダー(2個)とメモホルダー(2個)が加わる「ペーパーキット」は11,800円、上記のアクセサリーが使える「フルキット」は17,180円から購入可能です。
 
このほか、Apple Watchユーザーなら、上記のセットに含まれないApple Watchホルダー(990円)もお勧めです。なお、Apple Watchホルダーのカラーはブラックのみです。
 
2022年は「MOFT Smart Desk Mat」でスッキリした快適なデスク環境を構築してみてはいかがでしょうか。
Makuakeでは新年キャンペーンも実施中
なお、Makuakeでは1月1日から1月5日までの期間、8,000円以上の応援購入を申し込んで専用フォームから応募すると、2021年に人気を集めた商品が抽選で合計2022名に当たるキャンペーンも実施しています。
 

 
 
参照:Makuake
(hato) …

続きを読む シェア
0

日本で2021年にスマホトップ10、1位はiPhone SE(第2世代)

 
2021年のスマートフォン実売ランキングのトップ10を、BCNが公開しています。トップはiPhone SE(第2世代)が獲得しました。トップ10には、iPhoneシリーズが5モデルがランクインしています。
POSデータによる実売台数ランキング
全国の家電量販店やネットショップのPOSデータを集計して公開しているBCNが、2021年1月1日から12月12日の期間に売れたスマートフォンの実売台数ランキング(シリーズ別)を公開しました。
 
1位はiPhone SE(第2世代)で、2020年の2位(1位はiPhone11)から順位を上げています。BCNは、iPhone SE(第2世代)が年間首位に立った要因として、一部家電量販店で実施されている大幅な安売りセールが要因と分析しています。
 
iPhoneシリーズは、2位にiPhone12、3位にiPhone12 mini、4位にiPhone12 Pro、6位にiPhone13の5モデルがトップ10入りしています。
 
トップ10は以下のとおりで、iPhoneシリーズ以外ではシャープのAQUOS sense5Gが5位にランクインしているのが最高位です。
 

iPhone SE(第2世代)
iPhone12
iPhone12 mini
iPhone12 Pro
AQUOS sense5G(シャープ)
iPhone13
Galaxy A21(Samsung)
BASIO4(京セラ)
AQUOS sense3 basic(シャープ)
Reno3 A(OPPO)

 
2021年末にはiPhone13 miniも格安セール対象に
家電量販店での格安セールでは、8月頃から目立つようになったiPhone SE(第2世代)に続いて、iPhone12 miniでも実施されています。
 
2021年12月には、最新モデルiPhone13 miniも一部の家電量販店で格安セールの対象になっていることが確認されています。
数年間のサポートが期待できるiPhone SE(第2世代)
首位に立ったiPhone SE(第2世代)は2020年4月に発売されたモデルで、Touch ID内蔵のホームボタンを搭載する、新品で購入できる唯一のモデルです。
 
カメラはシングルカメラですが人物の背景をぼかしたポートレート撮影が可能です。ワイヤレス充電やApple Pay、eSIMにも対応し、IP67等級の耐水性能、防塵性能を備えています。
 
2022年に公開されるiOS16では、A9プロセッサ搭載のiPhone6s、iPhone SE(第1世代)がサポート対象外になると予想されていますが、A13 Bionicプロセッサを搭載したiPhone SE(第2世代)は、向こう数年間はサポートされるとみられます。
 
 
Source:BCN
Photo:Apple
(hato)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

家電量販店、iPhone12 miniを一括9,800円で販売!

 
一部家電量販店で実施されているキャリア版iPhoneの格安セールにおいて、au版やソフトバンク版のiPhone12 miniが条件を満たす顧客を対象に一括9,800円で販売されています。また、iPhone SE(第2世代)やiPhone13 miniのセールも一部で継続している模様です。
iPhone12 miniが格安販売
一部家電量販店のスマートフォン売り場において、2020年発売のiPhone12 mini(64GB)が、30歳以下の顧客を対象に一括9,800円で販売されています。また31歳以上の場合でも、2万円前後での一括購入が可能との情報があり、東京以外の店舗でもキャンペーンが実施されています。
 
TwitterユーザーのSkyblue氏(@skyblue_1985jp)は1月1日、ヨドバシカメラ秋葉原店で、30歳以下の人限定でau版とソフトバンク版のiPhone12 mini(64GB)が。一括9,800円で特価販売されているとツイートしました。また、128GBモデルは15,000円程度となっており、auではMNP限定、ソフトバンクではMNPおよび新規契約が対象となっている模様です。
 

【速報】ヨドバシアキバ、auとソフトバンク、MNPでiPhone12 mini 64GBが一括9,800円の特価!
30歳までだお pic.twitter.com/G6JvkliZr9
— Skyblue (@skyblue_1985jp) December 31, 2021

 
また、TwitterユーザーのPC人間氏(@pcningen)は、ビックカメラグループでもiPhone12 mini(64GB)が一括9,800円で販売されているとツイートしました。投稿された画像から、au版と推察されます。
 

ビックカメラグループ 1/1〜1/4iPhone 12 mini 64GBMNP一括9800円 端末のみ31800円※30歳以下限定
64だけどかなり良くない? pic.twitter.com/VBrKDjbcL6
— PC人間 (@pcningen) December 31, 2021

 
家電量販店等におけるキャリア版iPhoneの大規模セールはiPhone SE(第2世代)を中心に2021年夏頃から実施され、ドコモでは新規契約もiPhone SE(第2世代)一括10円の対象になったり、128GBモデルの販売価格が9,790円に変更されたりする等、週によってセール内容が変動しています。
 
2021年12月には、最新版のiPhone13 miniもセール対象となり、現在も一部の家電量販店でセールが継続されています。
いつまで続くか不透明
キャリア版iPhone12 miniの格安セールは、家電量販店のオンラインショップ等では行われておらず、実店舗のみで開催されていると推察されます。年始期間限定の可能性もあり、いつまで続くかは不透明な状況です。購入を検討される場合は、お近くの店舗にセールの実施有無や在庫を早めにご確認ください。
 
 
Source:Skyblue / Twitter , PC人間 / Twitter
(seng)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

Apple、2日間限定の「初売り」開始!限定版AirTag狙いなら購入方法に注意

 
Appleは、1月2日と3日の2日間限定の「初売り」を開始しました。対象製品の購入で最大24,000円相当のApple Gift Cardがもらえるほか、iPhone SE(第2世代)やiPhone12を購入すると先着で限定デザインのAirTagがもらえます。オンラインストアのほか、日本国内10店舗のApple Storeでも初売りが実施されます。
オンラインで販売開始、直営店は午前10時開店
2022年のAppleの「初売り」は、2021年に続いて、1月2日と3日の2日間にわたって開催されます。1月1日午後8時頃から実施されていたメンテナンスが終了し、オンラインストアと「Apple Store」アプリでは製品の購入が可能になっています。
 

 
なお、年末年始のApple Storeは特別営業時間となっており、1月2日は午前10時から午後8時までと、通常より1時間早いのでご注意ください(Apple 川崎のみ、通常どおり午後9時まで営業)。1月3日は全店通常通りの営業時間です。
最大24,000円のApple Gift Card
以下の対象製品を購入すると、最大24,000円相当の新しいApple Gift Cardがもらえます。新しいApple Gift Cardは、Appleオンラインストアや直営店での製品購入のほか、アプリなどのコンテンツ購入にも利用できます。
 

iPhone12、iPhone12 mini、iPhone SE(第2世代):6,000円分(+限定デザインのAirTag)
11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro: 12,000円分
MacBook Air、MacBook Pro(13インチ、M1)、Mac mini:12,000円分
27インチiMac:24,000円分
Apple Watch Series 3、Apple Watch SE:6,000円分
AirPods(第2世代)、AirPods(第3世代):3,000円分
AirPods Pro:6,000円分
AirPods Max:9,000円分
Apple TV HD、Apple TV 4K:6,000円分
Beats Studio3 Wireless、Solo3 Wireless、Powerbeats Pro:6,000円分
Beats Flex、Studio Buds:3,000円分
MagSafeデュアル充電パッド、Smart Folio Keyboard、AirTag(4個入り)、Apple Pencil(第2世代):3,000円分
iPad Pro用Magic Keyboard:6,000円分

 
iPhoneの購入でもらえる限定版のAirTagには注意点も
iPhone SE(第2世代)、iPhone12、iPhone12 miniを購入すると、Apple Gift Cardに加えて、干支の「虎」が刻印されたスペシャルエディションのAirTagが、先着20,000個限定でもらえます。限定数に達し次第、提供が終了します。
 

 
なお、「Apple Store」アプリで購入した場合、AirTagのプレゼントは対象外となり、Apple Gift Cardのみ提供となります。購入を予定されている方はご注意ください。
 
 
Source:Apple 初売り, キャンペーン詳細
(hato) …

続きを読む シェア
0

Appleオンラインストアが「初売り」前にメンテ入り。対象製品購入で特典

 
Appleのオンラインストアが、1月2日午前0時からの「初売り」を前にメンテナンスモードに入りました。2022年の「初売り」では、対象製品の購入で新しいApple Gift Cardがもらえるほか、対象のiPhoneを購入すると先着で限定デザインのAirTagがもらえます。
初売りを前にメンテナンスモード入り
1月2日0時にスタートする、Appleの「初売り」を前に、1月1日午後8時頃から、「Apple Store」アプリならびにAppleのオンラインストアでは「少しだけお待ちください」と表示され、製品購入などができないメンテナンスモードに入っています。
 
この後、1月2日0時になるとアクセスが可能になり「初売り」対象製品を含む買い物が可能になるとみられます。
 
初売りは、Appleのオンラインストア、「Apple Store」アプリ、Apple Storeの実店舗、または電話での購入が対象となります。
対象製品の購入で新しいApple Gift Cardがもらえる
2022年のAppleの「初売り」では、対象製品を購入すると、2021年11月に日本でも販売が開始された新しいApple Gift Cardが最大24,000円相当もらえます。
 

 
Apple Store店舗での購入の場合はステッカー付きの物理カードがもらえます。オンラインで購入の場合は、Eメールでコードが届きます。
 
Appleは、新しいApple Gift Cardの使い方を案内した動画も公開しています。
対象iPhone購入でもらえるAirTagは購入方法に注意
2022年の「初売り」では、iPhone SE(第2世代)、iPhone12、iPhone12 miniのいずれかのモデルを購入した先着20,000名限定で、Apple Gift Card 6,000円分に加えて、今年の干支である「虎」がデザインされたスペシャルエディションのAirTagがもらえます。
 

 
市販品では入手できない特別デザインのAirTagですが、「Apple Store」アプリで購入した場合はAirTagのプレゼント対象外となるので、購入を検討されている方はご注意ください。
 

 
 
Source:Apple 初売り, キャンペーン詳細
(hato) …

続きを読む シェア
0

iPhone12 mini、SE 2、XSの未使用/中古などを販売〜イオシスが初売り

 
イオシスが2022年1月3日から新春初売りセールを実施し、iPhone12 miniとiPhone SE(第2世代)の未使用品、iPhone XSの中古品を販売すると告知しました。
新春初売りセール対象商品
イオシスの新春初売りセールは、2022年1月3日〜1月16日まで行われます。
 
主なセール対象商品は、下記の通りです。
 

商品名
価格(税込)
程度/保証

iPhone12 mini 128GBSIMロック解除済み
64,800円
未使用/6カ月保証

iPhone SE(第2世代) 64GBSIMロック解除済み
32,022円
未使用/6カ月保証

iPhoneXS 64GBSIMロック解除済み
33,800円
中古/3カ月保証

OPPO A73 64GB楽天版
12,022円
未使用/6カ月保証

Galaxy Tab S5e64GB
32,022円
中古/3カ月保証

MediaPad T1 1016GB
3,999円
未使用/6カ月保証

 

みなさんあけましておめでとうございます
1/3 11時より新春初売りセールがありますのでチラシ置いときますね
本年もイオシスをよろしくお願いします#akiba #イオシス #中央通店 pic.twitter.com/712h4SQH8z
— イオシス アキバ中央通店 (@iosys_chuou) December 31, 2021

 
 
Source:イオシス アキバ中央通店/Twitter
(FT729) …

続きを読む シェア
0

【2021年】iPhone Maniaでよく読まれた年間記事ランキング Top10

 
12月31日を迎え、2021年も最終日となりました。そこで、2021年1月1日~同12月30日の間にiPhone Maniaで掲載した記事のなかから、特に人気を集めた記事をランキング形式でご紹介します! 今年はどんな記事が注目を集めていたのでしょうか。
 
2021年 年間ランキングTop10
10位!【レポ】iPhoneで楽天モバイルを使ってみた~良いところ・悪いところ
10位は、3月25日公開の「【レポ】iPhoneで楽天モバイルを使ってみた~良いところ・悪いところ」でした。
 
今年3月に掲載したiPhone+楽天モバイルを試してみた記事です。3月時点では、楽天モバイルではiPhoneは正式に取り扱いがなく、自己責任のもと利用は可能としていましたが、動作保証端末ではありませんでした。その後正式にiPhoneシリーズの取り扱いが始まり、本稿執筆現在はiPhone12シリーズ、iPhone13シリーズを正式にサポートしています。
 
うまく運用すると月額料金を0円に抑えることができる楽天モバイルの活用方法記事ではほかにも、家族の回線も基本料無料にするため奮闘した話や、iPhoneと楽天モバイル、IIJmioの組み合わせでそれぞれの弱点をカバーする話、また楽天モバイルとdonedoneを組み合わせて月額0円で運用した話などをお届けしています。
 
9位!Apple、2022年「初売り」内容を発表!iPhone購入で限定版のAirTagも
9位は、12月27日公開の「Apple、2022年「初売り」内容を発表!iPhone購入で限定版のAirTagも」でした。
 
Appleは先日、2022年の初売り内容を発表しました。対象製品を購入すると最大24,000円相当のApple Gift Cardがもらえるほか、対象のiPhoneを購入すると限定デザインの「AirTag」がプレゼントされます。
 
初売り期間は2021年同様に1月2日、3日の2日間で、Appleオンラインストア、Apple Storeアプリ、Apple Store店頭、電話での購入がキャンペーン対象となります。
 
またAppleはきょう31日、新しくなったApple Gift Cardの使い方を紹介した動画を公開しています。
 
8位!【レポ】ドコモのデータプランからahamoに移行完了~前準備と後設定が大変だった話
8位は、4月25日公開の「【レポ】ドコモのデータプランからahamoに移行完了~前準備と後設定が大変だった話」でした。
 
今年4月に提供開始されたNTTドコモのahamoに移行したレポート記事です。オンライン申し込み手続き自体は問題なく行えたものの、ドコモのデータプランからahamoへの切り替えには前準備と後設定が必要で、骨が折れたと筆者は振り返っていました。
 
データプラン契約から音声契約回線に直接変更することはできず、ドコモショップへの来店が必要なのでした。
 
7位!【レポ】毎年iPhone買い替えしなくてもOK。バッテリー交換で延命してきました

 
7位は、12月29日公開の「【レポ】毎年iPhone買い替えしなくてもOK。バッテリー交換で延命してきました」でした。
 
毎年発売される新型iPhoneシリーズですが、ここ数年は前機種と比べてわかりやすい大きな変化がありません。iPhone最新機種はスペックにもよりますが、安価なモデルでも7万~8万円、ハイスペックモデルでは十数万円と毎年買い替えるには高い価格帯となっています。
 
数年ごとに買い替える方でも、買い替えを検討するきっかけはバッテリー持ちの悪化ではないでしょうか。この記事では、Apple公式の修理方法となる「Apple認定サービスプロバイダ」で、筆者が2年間利用したiPhone11 Pro Maxのバッテリー交換をしてみたレポートをお届けしています。
 
6位!家電量販店のiPhone13 mini格安セールが拡大!
6位は、12月25日公開の「家電量販店のiPhone13 mini格安セールが拡大!」でした。
 
iPhone Maniaが定期的に調査、記事配信している家電量販店でのiPhone12、iPhone13シリーズのセール情報ですが、12月25日時点の調査では、ドコモ版iPhone13 miniに加え、au版、ソフトバンク版のiPhone13 miniもセール対象となっていました。
 
またiPhone SE(第2世代)、iPhone12 miniのセールも一部家電量販店で引き続き実施されています。
 
5位!Appleが「i」で始まる製品名をやめてしまった理由

 
5位は、6月27日公開の「Appleが「i」で始まる製品名をやめてしまった理由」でした。
 
Apple製品では、iPhone、iMac、iPod、iPadなど製品名が「i」で始まるものが多かったのですが、近年は「i」で始まる名称の製品を発売していません。海外メディアがその理由を考察した記事が注目を集めました。
 
製品名に「i」がつくApple製品は、1998年のiMacが始まりです。「i」にはインターネットの意味があり、当時、一般的に普及途上だったインターネットを簡単に使えるという製品特徴をうまく表した製品名でした。
 
4位!【レポ】iPhone13が回線契約なしで半額って本当?試しに買ってみた
4位は、9月25日公開の「【レポ】iPhone13が回線契約なしで半額って本当?試しに買ってみた」でした。
 
大手携帯キャリアが提供する端末購入サポートプログラムを活用し、回線契約がなくても端末代金の負担をおよそ半額にできるのか、実際に今年秋発売のiPhone13 Proを購入して試してみたレポート記事です。
 
各社の端末購入サポートプログラムは、一定期間後に端末をキャリア側に返すことを条件として、端末代金負担額が実質半額程度になるプログラムを提供しています。各社の制度に違いはありますが、共通しているのは「回線契約がなくても利用できる」と案内されていることです。
 
例えばahamoユーザーがソフトバンクから端末だけを購入する、楽天モバイルユーザーがドコモから端末だけを購入する、といったことができます。
 
3位!Amazonが週13万点の売れ残りや返品を廃棄して炎上〜MacBookやiPadも
3位は、6月22日公開の「Amazonが週13万点の売れ残りや返品を廃棄して炎上〜MacBookやiPadも」でした。
 
通販大手のAmazonは、1週間に13万点に上る売れ残りや返品された製品を廃棄したことが、海外メディアの報道で明らかになりました。数百万個の新品・未使用の商品を廃棄したことがわかっており、これらの商品は慈善団体や非営利団体に寄付されるのではなく、イギリス国内の廃棄物リサイクル業者に送られていたとみられています。
 
同メディアはAmazonの元従業員にインタビューを行い、廃棄商品の半分は未開封で包装されたままだったとのことで、残りの半分は返品された製品で状態が良いものだった、としています。
 
2位!意外と多くのiPhoneユーザーがAndroidに乗り換えていることが明らかに
2位は、6月6日公開の「意外と多くのiPhoneユーザーがAndroidに乗り換えていることが明らかに」でした。
 
人気ゲーム「フォートナイト」を運営するEpicと、Appleとの間で起きた裁判に関連してAppleが提示した資料から、2019年から2020年にかけての各四半期において、最大で26%のiPhoneユーザーがAndroidに乗り換えたことが明らかになりました。
 
最大の26%のユーザーが乗り換えたのは、2020年第1四半期(1月~3月)と、同第2四半期(4月~6月)ですが、これは新型iPhone登場前にiOSからAndroidに乗り換える人が多いことを示しています。
 
1位!購入後数時間でiPhone13 Proの背面ガラスを粉々にしてしまった人が現れる

 
1位は、9月25日公開の「購入後数時間でiPhone13 Proの背面ガラスを粉々にしてしまった人が現れる」でした。
 
毎年新型iPhoneが発売されるたび、地面への落下などでディスプレイ、背面ガラスを割ってしまった…というユーザーが現れますが、9月に発売されたばかりのiPhone13シリーズで、購入後数時間で背面ガラスを粉々にしてしまったというTwitterユーザーの投稿が話題を集めました。
 
 
iPhone Maniaでは、2022年も引き続き最新情報を分かりやすく、より早くお伝えしていきます。来年もiPhone Maniaをどうぞよろしくお願いいたします。
それではよいお年を!
 
 
(asm) …

続きを読む シェア
0

SNSでヨドバシカメラの福袋到着が報告される、気になる中身は?

 
Twitterにおいて、ヨドバシカメラが抽選で販売した「2022年 夢のお年玉箱」を受領したとの投稿が確認されました。
Apple製品は何が入っていたのか
ヨドバシカメラの「2022年 夢のお年玉箱」では、Apple製品のSIMフリー版iPhoneや、Apple Watch、iPad Airが対象となっており、12月28日から購入者に順次発送されていました。
 
SIMフリー版iPhone
 
Twitterユーザーのドナ氏(@dfd_19340609)は12月29日、ヨドバシカメラの「SIMフリースマホ iPhoneの夢(税込98,000円)」には、iPhone12 Pro(128GBモデル)が入っていたと投稿しました。
 
SIMフリー版iPhone12 Proは、iPhone13 Proの販売開始を受けて2021年9月にApple Storeでの販売が終了しています。なお従来は税込117,480円で販売されていました。
 

ヨドバシの福袋iPhoneの夢届いた!iPhone12Pro 128GBのパシフィックブルーでした!他のツイートもこの色だったけど色固定なのかな? pic.twitter.com/AdVxmiyiUO
— ドナ (@dfd_19340609) December 29, 2021

 
Apple Watch
 
eisaku/えーさく氏(@eisaku)は、「アップルウォッチの夢(税込30,000円)」には、Apple Watch Series 6(44mm)が入っていたと喜びのツイートを投稿しています。
 
Apple Watch Series 6は2021年10月にApple Storeでの販売を終了しており、ビックカメラ等の一部家電量販店等では5万円前後で販売されています。
 

ヨドバシ福袋Apple WatchはSeries 6 Aluminum Caseの44mmだったので当たりですなー。ビッカメで在庫まだあって50380円のモデルが3万だったのでだいぶ得した! pic.twitter.com/tWfQ3oXv0X
— eisaku/えーさく (@eisaku) December 28, 2021

 
iPad Air
 
「iPad Airの夢(税込50,000円)」については、アキラ氏(@akira_puyoque)がWi-Fi版iPad Air(第4世代)の64GBモデルが入っていたと投稿しました。2020年10月に発売されたiPad Air(第4世代)は、Apple Storeでは69,080円(税込)で販売されています。
 

ヨドバシの夢のお年玉箱届いた当選したiPad Airの夢はWi-Fi版 64GB Sky Blueでした!ちなみに最終的な倍率は1585倍だったみたい。俺死ぬんじゃね pic.twitter.com/rvYkbHeFdf
— アキラ (@akira_puyoque) December 29, 2021

 
 
Source:ドナ / Twitter, eisaku / Twitter, アキラ / Twitter
(seng) …

続きを読む シェア
0

iPhoneを垂直に立てられる「MOFT O」が磁気強化してリニューアル

 
MOFT Japanは、MagSafeの磁力で吸着しiPhoneを垂直に立てられるスマホスタンド&グリップ「MOFT O」の磁力を強化したバージョンの販売を開始しました。新年キャンペーンとして、対象製品が最大30%オフになるキャンペーンも実施しています。
磁力を従来モデルの2.4倍に強化してリニューアル
「MOFT O」は2021年6月に販売が開始された、iPhone13/iPhone12シリーズに搭載されたMagSafe機構の磁力を使って装着でき、垂直を含む縦横4つの角度で使えるスタンドのほか、指を通してグリップとしても使用可能なスタンド&グリップです。
 

 
垂直に立てることで、ビデオ通話や動画配信などの際に顔を正面から撮影できるメリットがあります。
 

 
MOFT Japanは、従来モデルよりもマグネット部分を厚くすることで磁力を2.4倍に強化したリニューアルモデルの販売を開始しています。公式ストアで2021年12月28日以降に販売される製品は、リニューアル版に切り替わっています。
 
MagSafeに非対応のスマートフォンには、別売の「マグシール」を貼り付けることで「MOFT O」などの磁気装着式のアクセサリーを活用可能になります。
 
本体表面の素材はソフトヴィーガンレザーで、直径60ミリ、厚さは6.4ミリです。ジェットブラック、サンセットオレンジ、ハローイエロー、ワンダーラストブルーの4色展開です。
 
販売価格(税込、以下同じ)は3,480円で、マグシール付きは3,880円です。
 

 
垂直スタンド使用時の安定感改善に期待
筆者が2021年7月に「MOFT O」をiPhone12 Pro Maxに装着してレビューした際、垂直に立てて使う際の安定感不足を指摘しました。
 
iPhone12 Pro MaxとiPhone13 Proでは、MagSafe機構部分と本体底面の距離が異なるので単純比較はできませんが、iPhone13 Proに磁力の強いMOFT製MagSafeケースを装着した状態で「MOFT O」を使ってみたところ安定感が向上していました。
 
「MOFT O」の磁力強化は、「MOFT O」の特長である垂直スタンド使用時のほか、指を通してグリップとして使う際の安定感向上につながることが期待できそうです。
対象製品最大30%オフのセールも実施、1月7日まで
MOFT Japan公式オンラインストアでは「MOFT新年キャンペーン」として、2021年12月28日から2022年1月7日までの期間、以下の対象製品が最大30%オフでセール販売されています。
 

 

MOFT iPhone12/13専用スマホスタンド(MagSafe対応):10%オフ(3,180円→2,860円)
MOFT X スマホスタンド(粘着式):10%オフ(2,980円→2,680円)
MOFT Z スタンディングデスク&スタンド:10%オフ(6,980円→6,280円)
ワーケーションセット(スマホ用、9.7インチ〜13インチのタブレット用、ノートパソコン用のセット):30%オフ(11,540円→8,080円)

 

 
 
Source:MOFT Japan 製品情報, PR Times
(hato) …

続きを読む シェア
0

2021年に製造中止となった5つのAppleハードウェア製品

 
今年も多くの新型Appleハードウェアが新たに販売開始となりましたが、その一方で製造中止となった製品も存在します。2021年に販売が終了した製品にはどのようなものがあるのでしょうか?
HomePod
フルサイズのHomePodの製造中止がAppleにより発表されたのは、2021年3月のことです。より小さく廉価なHomePod miniにさらに注力するためというのが、その理由とされています。しかしながら、HomePodのソフトウェア・アップデート、サービス、サポートは今後も継続される見通しです。
 
2018年2月の発売当初、音質が評価されましたが、他社競合製品と比べて値が張ったこともあり、売上は低迷状態にあったといわれています。
iMac Pro

 
HomePodが製造中止となった同じ月、iMac Proも販売終了となりました。多くの“Pro”のiMacユーザーは27インチiMacを買い求め、より高いパフォーマンスを求めるユーザーはMac Proを購入するだろうとの憶測のもと、製造が中止されたようです。
 
iMac Proは2017年12月にリリースされ、その製品寿命のうちに一度も主要なハードウェア・アップデートを受けることはありませんでした。
 
iMac Proは製造中止となりましたが、AppleはM1 Pro/M1 Maxチップ搭載のハイエンド27インチiMacを発売すると噂されています。
スペースグレイのMagicアクセサリー

 
iMac Proが製造中止となった数カ月後、AppleはスペースグレイのMagic Keyboard、Magic Trackpad、Magic Mouse 2の販売を終了しました。なおAppleは、シルバーのアクセサリーの販売は継続しています。
21.5インチiMac
2021年10月、Appleは教育機関向けのローエンド設定で販売が継続されていた最後の21.5インチiMacモデルの製造を中止しました。
 

 
これにより、Intelチップ搭載Macは、27インチiMac、ハイエンドMac mini、Mac Proの3モデルのみとなりました。
iPhone XR

 
2021年9月のiPhone13シリーズのローンチ直後、iPhone XRが製造中止となり、iPhoneラインナップは、iPhone13モデル、iPhone12とiPhone12 mini、iPhone11、iPhone SE(第2世代)へと再編成されました。
 
2018年に導入されたiPhone XRは、6.1インチのLCD、Face ID、A12 Bionicチップを搭載し、背面にはシングルカメラを備えていました。
 
その他に製造中止となった製品には、iPhone12 Pro、iPhone12 Pro Max、Apple Watch Series 6、iPad mini(第5世代)、iPad(第8世代)、Apple TV 4K(第1世代)が挙げられます。Appleは、初代Powerbeats、Beats Solo Pro、Beats EPヘッドホンの販売も終了しています。
 
 
Source:MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Vivo S12 Pro、SCHOTT Xensation αガラスをスマホ初採用

 
中国ブランドVivoの最新フラッグシップ機S12 Proに、独SCHOTT製のXensation(センセーション)α(アルファ)カバーガラスがスマホとして初採用されています。iPhone12シリーズで初めて採用されたCeramic Shield(セラミックシールド)よりも強度があるともいわれています。
Ceramic Shieldに匹敵するかそれ以上の強度
SCHOTT製のXensationカバーガラスは、X70シリーズ、X60 Proシリーズ、NEXシリーズ、S9シリーズなど、多くのVivoデバイスに採用されてきましたが、最新フラッグシップ機のS12 Proに、最新世代のカバーガラスXensation αがスマホ初採用となりました。
 
SCHOTTは、Xensation αは他のリチウムアルミノケイ酸塩(LAS)系プレミアムカバーグラスと比較して、最大2倍の高さからの落下にも割れることなく耐えることができるとしていますが、昨年iPhone12で発売されたカバーウィンドウ素材「Ceramic Shield」は、厳密にはガラスではなく、ガラスセラミックです。
 
SCHOTTの担当者によれば、「Xensation αの特性は、ガラスセラミックの性能に匹敵するか、それ以上であると確信している」とのことです。
 
 
Source:SCHOTT, Display Supply Chain Consultants via Printed Electronics Now
Photo:Vivo
(lexi) …

続きを読む シェア
0

【レポ】毎年iPhone買い替えしなくてもOK。バッテリー交換で延命してきました

 
毎年秋に発表・発売される新型iPhoneシリーズ。正直なところ、ここ数年は前機種と比べてわかりやすい大きな変化がなく、端末価格を考えて毎年の買い替えはせずに2年ごと、4年ごと…という方も多いのではないでしょうか。
 
筆者は昨年秋にiPhone12 Proを購入し、それまで使っていたiPhone11 Pro Maxは家族にお下がりに。ただ、2年利用した端末のためバッテリー持ちが悪くなっていました。今年秋のiPhone13シリーズに買い替えるか検討しましたが、Apple公式修理のバッテリー交換で”延命”することにしました。
バッテリー交換の目安は「バッテリー残量80%未満」
iPhoneのバッテリー持ちが悪くなったと感じたときに、端末買い換えを検討する方が多いと思います。iOS機能でバッテリー状態を確認できるようになりましたが、体感で1日持たなくなると不便を感じました。
 
バッテリーの状態機能で確認時に80%を下回っている場合は、”バッテリーが著しく劣化している”としてメッセージが表示されます。80%を切ったらバッテリー交換を検討する、ぐらいの認識で良いと思います。
 

 
バッテリー交換するiPhone11 Pro Maxは約2年間、毎日利用してバッテリー容量は87%でした。
 

 
Appleは今年11月、iPhone用修理部品・ツールをユーザーに提供すると発表しましたが、提供開始は2022年初頭にアメリカからとなり、同年のうちにその他の国・地域に拡大予定としています。
 
本稿執筆時点でバッテリー状況を改善するには、Apple公式修理または認定サービスプロバイダでバッテリー交換、あるいは非公式の街のスマホ修理店での交換などが選択肢に挙がります。街の修理店では安価で交換できる一方、非公式店でパーツ交換した端末はApple保証対象外となる可能性があります。
 
Apple公式修理のバッテリー交換は、Appleの保証期間内であれば交換料は0円、保証外でも5,940円~8,140円で交換できます(料金は端末により変動、2021年12月時点)。
 

 
Apple公式修理は郵送またはApple Storeへの持ち込み修理となりますが、即日交換できることを前提として考えていたため、今回は来店当日に即日修理できるApple認定サービスプロバイダを探しました。
全国に多数あるApple認定サービスプロバイダで予約
Apple認定サービスプロバイダは全国に多数あり、大手家電量販店内に併設されているところも多いです。認定サービスプロバイダで修理依頼する場合は、iPhoneのバッテリー交換のページから「持ち込み修理」を選択します。
 

 
ログイン中のApple IDに紐付けているAppleデバイス一覧が表示されます。そのなかに交換対象があれば選択、表示されない場合は設定アプリから端末固有のシリアル番号を確認して入力します。
 

 
AppleサポートのアプリやWebサイトから店舗一覧を確認し、現在地から近い順、予約可能日時が近い順で絞り込みます。筆者は関西在住ですが、午前に確認したところ、昼一で予約できる店舗もありました。
 

 
日付を選ぶと予約可能な時間帯が表示されるので、希望する来店時刻を選択するとその場で予約が完了します。
 

 

 
即日対応の持ち込み修理でも、事前にiOSを最新バージョンにアップデートし、データバックアップを取っておきましょう。また「iPhoneを探す」機能を一時的にオフにする必要があるほか、Apple PayのSuicaを設定している場合も、一時的に解除するなどの対応が必要になります。
 
修理予約情報はAppleサポートアプリからいつでも確認できます。
 

修理当日。充分に説明を受けて交換を依頼~約1時間で完了
予約当日、バッテリー交換する端末を持参して現地へ。Apple製品の修理サービスについての確認事項を提示されました。
 
修理をする機種名、修理内容を記載するほか、Apple IDとパスワードを覚えているか、「探す」機能のオフ、データのバックアップは可能か…など13項目の同意事項がありました。
 

 
同意事項を提出し、端末を預けて正式に修理を依頼。バッテリー交換は約1時間後に訪れた際にはすでに完了しており、データ消去もなくそのままの状態で戻ってきました。バッテリー状況を確認すると100%と表示されています。
 

保証外の交換は税込8,140円。本体買い替えよりは安く済む
今回筆者がバッテリー交換したiPhoneは、購入から約2年が経過しており、AppleCare+に加入していなかったため保証外扱いとして、税込8,140円の交換料金(2021年8月時点)となりました。バッテリー交換のみでこの料金は高く感じそうですが、iPhone本体を買い替えする予算を考えると安く済ませられたと思います。
 
毎年新機種が発売されますが、最新機種は毎年買い替えるには安くはない価格帯です。今の端末に満足していてバッテリー持ちだけ不満を感じている方は、バッテリー交換もひとつの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。
 
なお、即日修理が難しい場合は郵送修理になりますが、メイン利用しているiPhoneをバッテリー交換に出す場合は手元にiPhoneがない期間が発生してしまいます。郵送修理での空白期間にレンタルiPhoneを活用したレポート記事もあわせてご覧ください。
 
 
Source:Apple iPhoneのバッテリー交換
(asm) …

続きを読む シェア
0

iPhone13シリーズの販売が中国で好調〜2022年第1四半期の生産台数増加見通し

 
Investor’s Business Dailyが、みずほ証券のアナリストからの情報として、2021年第4四半期(10月〜12月)と、2022年第1四半期(1月〜3月)のiPhoneの生産台数予測を報じました。
2022年第1四半期(1月〜3月)にiPhoneの生産台数が増加
みずほ証券のアナリスト、中根康夫氏は、2021年第4四半期(10月〜12月)のiPhoneの生産台数は9,000万台の前年同期比4%減、2022年第1四半期(1月〜3月)は一転して前年同期比20%増の6,600万台になると予測していると、Investor’s Business Dailyが伝えています。
 
中根氏は、2022年通年でのiPhoneの生産台数は2億5,900万台と、2021年の販売台数予測である2億3,700万台から9%増になるとしています。
中国ではiPhone12シリーズも好調に売れている
2021年第4四半期(10月〜12月)は半導体不足の影響によるサプライチェーンの混乱がまだ収束していないことが生産台数の減少にも繋がっているようですが、2022年第1四半期(1月〜3月)には生産台数の増加が期待できそうです。
 
中国メディアIT之家は、中国ではiPhone13シリーズに加え、iPhone12シリーズも好調に売れていると記しています。
 
 
Source:Investor’s Business Daily via IT之家
Photo:Apple
(FT729)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

総務省、キャリア各社に5G基地局の整備を加速するよう要請

 
総務省は12月28日、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルのキャリア各社に対し、5G基地局の整備を加速するよう要請しました。
キャリア各社に5G基地局の整備を要請
総務省は12月28日、キャリア各社に対して総合通信基盤局長名での文書を発出し、5G基地局の整備を加速するよう要請しました。
 
各都道府県での5G基地局の開設数や、人口カバー率等の年度計画を作成し、2022年3月11日までに提出するよう求めています。また、5G基地局の整備状況を6カ月に1度報告するようキャリア各社に要請しています。
 
iOS端末においては、iPhone12シリーズやiPhone13シリーズが5Gに対応しており、2022年に発売されるとみられているiPhone SE(第3世代)も5Gに対応すると噂されています。
 
5G対応端末の普及が進む一方で、2021年6月には日本の5G通信対応エリアがアジア太平洋地域で最下位との調査結果が発表されました。なお、5G通信の速度は主要30カ国に近い水準に到達しているとの分析もあり、対応エリアの拡大が喫緊の課題となっています。
 
金子総務大臣は12月28日の閣議後の記者会見において、要請の背景について「国民の皆様が早期に5Gの恩恵を実感できるよう、(キャリア各社に)5G整備を積極的に実施して頂くため」と説明しています。
 

 
 
Source:総務省, 総務省(PDF)
(seng) …

続きを読む シェア
0

「虎」デザインのBeats Studio Buds、中華圏の旧正月を祝って限定発売

 
Appleは中華圏の旧正月に合わせた、限定デザインのBeats Studio Budsを発売すると発表しました。2022年の干支である「虎」をモチーフとした、赤とゴールドのデザインが特徴です。
「虎」をデザインしたBeats Studio Buds
Appleは、中華圏の旧正月(2022年は2月1日)を祝って、Beatsブランドの完全ワイヤレスイヤホンBeats Studio Budsの限定バージョンを2022年1月1日に発売すると発表しました。
 
Beats Studio Budsのレッドの充電ケースに、ゴールドで虎を模した縞模様が入っています。本稿執筆時点で、具合的な販売地域や価格は発表されていません。
 
Beats Studio Budsは、AirPods Proと同様にアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みや空間オーディオに対応しています。2021年8月には日本でも販売が開始されており、日本での販売価格は17,800円(税込)です。
 

この投稿をInstagramで見る

Beats by Dre(@beatsbydre)がシェアした投稿

 
日本の初売り、iPhone購入で「虎」のAirTagプレゼント
Appleは、日本で1月2日と3日に「初売り」を実施すると発表しています。
 

 
Appleの初売りでは、対象製品を購入すると最大24,000円相当のApple Gift Cardがもらえるほか、iPhone12、iPhone12 mini、iPhone SE(第2世代)を購入すると限定デザインのAirTagが1個、プレゼントされます。
 
Beats Studio Budsを購入した場合は3,000円のApple Gift Cardがもらえます。
 
 
Source:Beats/Instagram via 9to5Mac
(hato) …

続きを読む シェア
0

Popular Posts