スピーカー


65W PD 充電器 Type C2ポート 急速充電器 USB-C Omnia Duo GaN 窒化ガリウム採用 PD対応/PSE技術基準適合/折りたたみ式プラグ MacBook Windows PC...

5星中4.4(45) ¥2,980 65W PD 充電器 Type C2ポート 急速充電器 USB-C Omnia Duo GaN 窒化ガリウム採用 PD対応/PSE技術基準適合/折りたたみ式プラグ MacBook Windows PC iPad iPhone Galaxy Android スマートフォン ノートPC 各種 その他機器対応 ブラック

続きを読む シェア
0

ユーザーの要望に応えてMacBook Proを作るとこうなる?

 
M2チップ搭載の新型MacBook Proのレビューを公開した米メディアThe Vergeは、「USB-Aコネクタがない」と苦言を呈しましたが、これに対して元Apple最高デザイン責任者ジョナサン・アイブ氏のパロディアカウント(@JonyIveParody)が、「2010年の発想」と批判しました。同氏は、ユーザーの要望に応えてMacBook Proを作った場合、このようなモデルになるとコンセプト画像を公開しました。
コンピュータ本体の厚みは5センチほどに?
The Vergeの新型MacBook Proのレビューを受け、アイブ氏のパロディアカウントᴺᴼᵀ Jony Ive氏は、「顧客がMacBook Proをデザインしたらこうなる」と画像を共有しました。旧型パソコンにしか見られないような、SCSIポートなど懐かしい接続端子が並んでいます。
 

If customers designed the MacBook Pro (2023 edition): #Apple pic.twitter.com/vGcm1C0gXI
January 24, 2023

 
The Vergeの評価として、「完璧!」とのコメントが付けられているのがさらに煽り感を増幅しています。
 
ᴺᴼᵀ Jony Ive氏は、「The VergeにピッタリのiPhone」と、USB-AがLightning端子の代わりに取り付けられたデバイスのコンセプト画像も投稿しています。
 

The perfect iPhone for The Verge pic.twitter.com/BTT0A7CctV
— ᴺᴼᵀ Jony Ive (@JonyIveParody) January 23, 2023

 
 
Source:@JonyIveParody/Twitter
(lexi) …

続きを読む シェア
0

macOS Venturaを未対応の旧Macで動作させるツールの最新バージョンが公開

 
今年初め、ある開発者グループが、サポート対象外のMacにmacOS Venturaをインストールするためのツール「OpenCore Legacy Patcher(OCLP)」を開発しました。このツールは、これまでベータ版ソフトウェアでしたが、OpenCore Legacy Patche 6.0が正式にリリースされたことで、このツールを試したいユーザーなら誰でも利用できるようになりました。
OpenCore Legacy Patche 6.0がリリース
OpenCore Legacy Patcheは、Appleの正式なサポートなしに古いMac上で、macOS Big SurやmacOS Montereyを実行できるツールです。このツールは、Apple以外のPCでmacOSを実行するための方法としてよく知られているHackintoshに使用されているのと同じOpenCoreのブートローダをベースとしています。
 macOS Venturaの最初のベータ版がリリースされてから2カ月後、OCLPの開発者は、このツールを使うことでmacOS Venturaが実行できている古いMacのデモを行いました。しかし、OCLPをmacOS Venturaに対応させることは、容易なことではありませんでした。これは、AppleがmacOS 13からレガシードライバーのほとんどを削除しており、macOS Venturaでは、第7世代以前のIntel CPUを搭載したMacを一切サポートしなくなったためだと開発者は説明しています。
 
このような制限があるにも関わらず、OCLPの最新バージョンでは、Appleによって製造中止となったMacを甦らせることに成功しています。
 
OCLPでmacOS Venturaを実行できるMacモデルは、以下の通りです。
 
2008年-2016年 MacBook
2009年-2017年 MacBook Air
2008年-2016年 MacBook Pro
2009年-2017年 Mac mini
2007年-2017年 iMac
2008年-2013年 Mac Pro
 
このプロジェクトはAppleに許可されているものではなく、活発に開発が行われている段階のため、期待通りに動作しないことがあります。
 
 
Source:GitHub via 9to5Mac
Photo:9to5Mac
(m7000) …

続きを読む シェア
0

M2 Pro Mac Mini Review: Game Changer!

https://www.youtube.com/watch?v=cneoANZKBGk
This tiny computer out-benchmarks the base Mac Pro… and the price went down. M2 Max MacBook Pro Review: https://youtu.be/tmGDx9hVWwo MKBHD Merch: http://shop.MKBHD.com The wallpaper: https://twitter.com/basicappleguy?s=11&t=5xfvrkCjZW9Px7nXnrrhGg Check out the Apple Mac Mini M2 Pro: https://geni.us/aiasD
Check out the Apple Mac Mini M2: https://geni.us/yov81M8 Tech I'm using right now: https://www.amazon.com/shop/MKBHD Playlist of MKBHD Intro music: https://goo.gl/B3AWV5 Computer provided by Apple for review. ~
http://twitter.com/MKBHD
http://instagram.com/MKBHD
http://facebook.com/MKBHD YouTube…

続きを読む シェア
0

MacBook Pro(2025)が採用?タッチスクリーン一体型OLEDが発表

 
Appleは、2025年モデルのMacBook Proにタッチスクリーン内蔵有機EL(OLED)ディスプレイの搭載を計画していると噂されています。
 
同製品への採用も考えられる、リフレッシュレート120Hzのタッチスクリーン内蔵OLEDディスプレイをSamsung Displayが開発しました。
ディスプレイサイズとリフレッシュレートが現行MacBook Proと共通
Samsung Displayが開発したのは、ラップトップ向けでリフレッシュレートが120Hzのタッチスクリーン内蔵16インチOLEDディスプレイです。
 
同社は、このサイズのタッチスクリーン内蔵OLEDディスプレイは世界初と発表しています。
 
Appleは2025年モデルのMacBook Proに、タッチスクリーン内蔵OLEDディスプレイの搭載を計画しているとの噂があります。
 iPhone14 Proシリーズ用OLEDディスプレイを供給中のSamsung Displayが開発した今回のディスプレイは、リフレッシュレートが120Hzと現行MacBook Proと同等であり、2025年モデルのMacBook Proに搭載するのに最適な製品と考えられます。
 
Samsung Displayは、ラップトップ向けタッチパネル内蔵アクティブマトリクス方式OLEDディスプレイ(OCTA:On-Cell Touch AMOLED)のラインナップ拡充を計画しています。
Galaxy Book 3 Ultraに搭載か
今回発表したタッチスクリーン内蔵16インチOLEDディスプレイは、Galaxy Bookに搭載されて発売されるとSamsung Displayは述べています。
 
SamMobileは、同機種はGalaxy Book 3 Ultraになると予想しています。
 
 
Source:SamMobile
Photo:Apple(米国)
(FT729)
 
 

あわせて読みたいiPhone14シリーズ 関連特集
【速攻予約】iPhone14を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

MacBook Pro、M2以外にもココが変わった

Image:Apple1年後輝き出す端末。Apple(アップル)は先日最新チップのM2Pro/Maxを搭載したMacBookProを発表しました。チップだけが変わった印象の強いMacBookProですが、地味に中身も進化。特に注目なのが、Wi-Fi6E対応と8K対応のHDMI。この2点の個人的注目ポイントをチェックしていきましょう。Wi-Fi6Eに対応するとどうすごいの?Wi-Fi6Eは2021年 …

続きを読む シェア
0

M2 Max MacBook Pro Review: Back to Bumps!

https://www.youtube.com/watch?v=tmGDx9hVWwo
It's an (impressive) bump instead of a quantum leap.
MKBHD Merch: http://shop.MKBHD.com
Get a dbrand skin for your MacBook Pro at https://dbrand.com/shop/macbooks Tech I'm using right now: https://www.amazon.com/shop/MKBHD Intro Track: http://youtube.com/20syl
Playlist of MKBHD Intro music: https://goo.gl/B3AWV5 Laptop provided by Apple for review. ~
http://twitter.com/MKBHD
http://instagram.com/MKBHD
http://facebook.com/MKBHD YouTube…

続きを読む シェア
0

M2 Max搭載MacBook Proのベンチマークスコアが判明

 
Appleが先日発表した、M2 Max搭載MacBook ProのGeekbenchによるベンチマークスコアが判明しました。2021年に発売されたM1 Maxを大きく上回っています。
M2 Pro Mac miniに続きM2 Max MacBook Proのスコア
先日のM2 Pro搭載Mac miniのベンチマークスコアに続いて、M2 Max搭載MacBook Proのベンチマークスコアが、GeekbenchのWebサイトに複数掲載されています。
 Appleによる製品発表後の、1月20日に実施されたベンチマークスコアが少なくとも7件確認できたとiMoreが報じています。
 
2022年12月に、開発中とみられるM2 Max搭載MacBook Proのベンチマークスコアが発見され話題になりましたが、ほぼ同等の結果となっています。
 
掲載されたベンチマークスコアは、以下のように幅があります。このスコアについてiMoreは、製造初期に出荷された新型チップはベンチマークスコアに多少の揺らぎが生じることを考慮に入れる必要がある、とコメントしています。
 
シングルコア:1,772〜2,030
マルチコア:13,757〜15,373
 
 
M2シリーズのベンチマークスコア
M2、M2 Pro、M2 Maxのスコアを比較すると以下のとおりです。
 

M2
M2 Pro
M2 Max
シングルコア
1,961
1,952
2,030
マルチコア
9,003
15,013
15,333
 
M1 Maxを大きく上回る
2021年のM1 Max搭載MacBook Proのベンチマークスコアはシングルコアが1745、マルチコアが12,191なので、M2 Maxではマルチコアのスコアが大きく伸びていることが分かります。
 
なお、上述のM2 Pro搭載Mac miniのベンチマークスコアでも、M1 Maxを上回っていることも確認されています。
M2 ProとM2 Maxのスコア差が小さい理由
M2 ProとM2 Maxは、価格や総合的な処理能力が異なるのにベンチマークスコアに大きな違いが見られません。M2 ProもM2 Maxと同じ12コアCPUを選べば、スコアは近い数値となります。
 
ただし、M2 Maxにはより多くのGPUを搭載しており、ユニファイドメモリ帯域幅も大きくなっているため、総合的な動作速度ではM2 MaxがM2 Proを上回っています。M1 MaxとM1 Proを搭載したMacBook Proを比較しても同様の傾向がみられました。
 
 
Source:iMore
(hato) …

続きを読む シェア
0

新型MacBook Proの価格が最も安い国、高い国は? Nukeniが発表

 Apple製品等の国際的な価格を調査しているNukeniが、2023年1月17日に発表された新型MacBook Proの各国の販売価格をまとめています。
世界各国の新型MacBook Pro 14インチと16インチのエントリーモデルの価格比較
Nukeniは、2023年1月17日に発表された新型MacBook Proの14インチと16インチのエントリーモデルの発売価格を調査、公開しました。調査対象国は、Appleがオンラインで直販を行っている計37カ国です。
 
新型MacBook Proの価格が最も安い国、高い国は?
 
新型MacBook Pro 14インチの最安国はモデルによっても違い、「10×16 Core, 16GB RAM, 512GB SSD」と「12×19 Core, 16GB RAM, 1TB SSD」がアメリカ、「12×30 Core, 32GB RAM, 1TB SSD」はマレーシアでした。最も高い国はいずれのモデルもブラジルです。
 
 
新型MacBook Pro 16インチの最安国もモデルによって異なり、「12×19 Core, 16GB RAM, 512GB SSD」と「12×19 Core, 16GB RAM, 1TB SSD」がカナダ、「12×38 Core, 32GB RAM, 1TB SSD」はマレーシアでした。最も高い国は14インチモデルと同じく、いずれのモデルもブラジルでした。
 
 
なお、価格は2023年1月19日午前8時の為替レートで通貨換算したものです。また、アメリカとカナダに関しては購入場所によって税率が異なるため、最も税率が低い場所で購入した場合と最も税率が高い場所で購入した場合の2つの価格が掲示されています。
 
新型MacBook Proの値上げ率が最も大きかった国、小さかった国は?
 
2021 MacBook Proと2023 新型MacBook Proのエントリーモデルの価格推移についてです。
 
値上げ率が大きかった国トップ3は、14インチモデル・16インチモデルともに1位がトルコ、2位がスウェーデン、3位が日本でした。トルコに関しては2倍以上の値上げとなっています。
 
反対に、値上げ率が最も小さかった国トップ3は、14インチモデルが1位ブラジル、2位メキシコ、3位シンガポール、16インチモデルが1位メキシコ、2位ブラジル、3位シンガポールでした。
 
 
 
Source:Nukeni
(kotobaya) …

続きを読む シェア
0

【新旧比較】M2搭載MacBook Proは買い?M1、Intelモデルと比べた

 
Appleが2023年1月17日に発表、予約受付を開始したM2 Pro、M2 Max搭載MacBook Pro(14インチ/16インチ)(以下2023年モデル)は、日本では同2月3日に発売されます。
 
この記事では、M1 Pro/M1 Max搭載MacBook Pro(同2021年モデル)、Intel製チップ搭載MacBook Pro(同2019年モデル)との違いをまとめました。
 ▼本体・デザイン:M2モデルはM1モデルから変わらず、Intelモデルは細かな違い▼チップ性能:Intelベースで比較すると数倍以上高速なパフォーマンス▼スペック:Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.3対応、バッテリー駆動時間は最大22時間に▼価格:標準構成は14インチ、16インチともに約5万円高い設定
 
本体・デザイン:M2モデルはM1モデルから変わらず、Intelモデルは細かな違い
外観を比較すると、2023年モデルは2021年モデルから変わっていません。画面上部は2019年モデルと異なり、スリムになったノッチ(切り欠き)となっています。
 
 
本体サイズと重量で比較すると、16インチは2023年モデルと2021年モデルで高さ、幅、奥行きは変わらず、重さは0.5キロ前後増加しています。2019年モデルと比べると高さ、幅、奥行きともに0.2センチ~0.6センチほど大きくなりました。
 
14インチも2023年モデル、2021年モデルともに高さ、幅、奥行きはまったく同じで、重さはM2 ProはM1 Pro/Maxと同じ1.6キロ、M2 Maxは微増の1.63キロとなっています。
 
16インチMacBook Pro

M2 Pro/Max(2023年)
M1 Pro/Max(2021年)
Intel(2019年)
高さ
1.68cm
1.68cm
1.62cm

35.57cm
35.57cm
35.79cm
奥行き
24.81cm
24.81cm
24.59cm
重量
M2 Pro:2.15kgM2 Max:2.16kg
2.1kg
2.0kg
 
14インチMacBook Pro

M2 Pro/Max(2023年)
M1 Pro/Max(2021年)
高さ
1.55cm
1.55cm

31.26cm
31.26cm
奥行き
22.12cm
22.12cm
重量
M2 Pro:1.6kgM2 Max:1.63kg
1.6kg
 
チップ性能:Intelベースで比較するとM2 Pro/Maxは数倍以上高速なパフォーマンス
搭載チップは、2023年モデルがM2 Pro/Max、2021年モデルがM1 Pro/Max、2019年モデルがIntel製チップです。対応するユニファイドメモリはM1 Pro、M2 Proが最大32GB、Intelチップ、M1 Maxが最大64GB、M2 Maxが最大96GBとなっています。
 
チップ名
プロセッサCPUコア数(高性能+高効率)
グラフィックスGPUコア数
メモリ
Intel
2.6GHz 6コアIntel Core i72.3GHz 8コアIntel Core i92.4GHz 8コアIntel Core i9Turbo Boost使用時最大5.0GHz
Intel UHD Graphics 630(標準構成)AMD Radeon Pro 5300M(4GB GDDR6メモリ搭載)AMD Radeon Pro 5500M(4GB GDDR6メモリ搭載)AMD Radeon Pro 5500M(8GB GDDR6メモリ搭載)AMD Radeon Pro 5600M(8GB HBM2メモリ搭載)
16GB32GB64GB
M1 Pro
8コア(6+2)10コア(8+2)
最大16コア
16GB32GB
M2 Pro
10コア(6+4)12コア(8+4)
最大19コア
16GB32GB
M1 Max
10コア(8+2)
最大32コア
16GB32GB64GB
M2 Max
12コア(8+4)
最大38コア
16GB32GB64GB96GB
 
M2 Pro/M2 MaxとIntelベースのMacBook Proのパフォーマンス比較では、Intelを基準にした場合、14インチモデルで10倍以上、16インチモデルでも5倍以上の高速なパフォーマンスを実現しています。
 
14インチモデルの例では、ビデオ編集がIntel比でM2 Proが9.6倍、M2 Maxが15.7倍、コードのコンパイルではM2 Pro/Maxともに4.4倍、写真編集はM2 Proが2.9倍、M2 Maxが3倍と、大幅にパフォーマンスがアップしています。
 
スペック:Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.3対応、バッテリー駆動時間は最大22時間に
主なスペックを比較すると、2023年モデルと2021年モデルの違いは搭載チップがパワーアップしたほか、バッテリー駆動時間は最大21時間から1時間のびて22時間に、Wi-FiはWi-Fi 6対応からWi-Fi 6E対応に、Bluetoothも5.0対応から5.3対応になりました。ポート数は変わらずThunderbolt 4ポートが3つ、HDMIポート、SDXCカードスロットを搭載しています。
 
M2 Pro/M2 Max搭載MacBook Pro(2023年)

 
M1 Pro/M1 Max搭載MacBook Pro(2021年)

 
Intel搭載MacBook Pro(2019年)

 
2023年モデル、2021年モデルと2019年モデルはその他にも違いがあり、ディスプレイでは画面上部のノッチがスリムになったことによりディスプレイサイズは16インチから16.2インチに拡大。Retinaから、より高精細なLiquid Retina XDRになり、最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートに対応したProMotionテクノロジーが採用されました。
 
またAirPodsシリーズの空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキングは、Intelチップ搭載の2019年モデルは非対応です。
 

M2 Pro/Max(2023年)
M1 Pro/Max(2021年)
Intel(2019年)
ディスプレイ
16インチモデル:16.2インチミニLEDバックライトディスプレイ3,456 x 2,23414インチモデル:14.2インチミニLEDバックライトディスプレイ3,024 x 1,964共通:Liquid Retina XDRXDR輝度:1,000ニトの持続輝度(フルスクリーン)、1,600ニトのピーク輝度(HDR)SDR輝度:最大500ニト広色域(P3)True ToneProMotion
16インチモデル:16.2インチミニLEDバックライトディスプレイ3,456 x 2,23414インチモデル:14.2インチミニLEDバックライトディスプレイ3,024 x 1,964共通:Liquid Retina XDRXDR輝度:1,000ニトの持続輝度(フルスクリーン)、1,600ニトのピーク輝度(HDR)SDR輝度:最大500ニト広色域(P3)True ToneProMotion
16インチLEDバックライトディスプレイRetina3,072 x 1,920500ニトー広色域(P3)True Toneー
カメラ
1080p FaceTime HDコンピュテーショナルビデオを活用した先進的な画像信号プロセッサ
1080p FaceTime HDコンピュテーショナルビデオを活用した先進的な画像信号プロセッサ
720p FaceTime HDー
オーディオ
6スピーカー内蔵スピーカーでのドルビーアトモスの音楽、ビデオ再生時の空間オーディオ対応AirPodsシリーズ使用時の空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキング対応スタジオ品質の3マイクアレイハイインピーダンスヘッドホン対応のヘッドホンジャックマルチチャンネルオーディオ出力に対応するHDMIポート
6スピーカー内蔵スピーカーでのドルビーアトモスの音楽、ビデオ再生時の空間オーディオ対応AirPodsシリーズ使用時の空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキング対応スタジオ品質の3マイクアレイハイインピーダンスヘッドホン対応のヘッドホンジャック
6スピーカードルビーアトモス再生ースタジオ品質の3マイクアレイヘッドホンジャックー
ワイヤレス
Wi-Fi 6E(802.11ax)Bluetooth 5.3
Wi-Fi 6(802.11ax)Bluetooth 5.0
Wi-Fi(802.11ac)Bluetooth 5.0
ポート
Thunderbolt 4 x 3HDMIポートSDXCカードスロット
Thunderbolt 4 x 3HDMIポートSDXCカードスロット
Thunderbolt 3 x 4ーー
バッテリー駆動時間
ワイヤレスインターネット:最大15時間Apple TVアプリの動画再生:最大22時間
ワイヤレスインターネット:最大14時間Apple TVアプリの動画再生:最大21時間
ワイヤレスインターネット:最大11時間Apple TVアプリの動画再生:最大11時間
 
価格:標準構成は14インチ、16インチともに約5万円高い設定
Apple Storeでの販売価格を2021年モデルと2023年モデルで比較してみると、標準構成は2023年モデルのほうが14インチ、16インチともに約5万円高くなっています。最上位構成では14インチモデルが約26.2万円、16インチモデルは約26.7万円高くなっており、100万円の大台に迫る価格になりました。
 
いずれも税込
M2 Pro/Max(2023年)
M1 Pro/Max(2021年)
Intel(2019年)
標準構成
14インチ:M2 Pro:288,800円~M2 Max:448,800円~16インチ:M2 Pro:348,800円~M2 Max:498,800円~
14インチ:239,800円~16インチ:299,800円~
273,680円~
最上位構成
14インチ:935,600円16インチ:972,600円
14インチ:673,800円16インチ:705,800円

 
 
Source:Apple MacBook Pro 技術仕様 2023年モデル, 2021年モデル (1), (2), 2019年モデル (1), (2)
(asm) …

続きを読む シェア
0

M3 Pro/Max搭載MacBook Proが1年後に製造開始?大幅性能増?クオ氏

 
TSMCの5nmプロセスで製造されるM2 ProおよびM2 Maxを搭載する新型MacBook Proが発表されたばかりですが、次期MacBook Pro用のAppleシリコン、M3 ProおよびM3 Maxの製造がTSMCの3nmプロセスで2024年上半期(1月〜6月)に開始されるとの予想を、アナリストのミンチー・クオ氏が伝えました。
早くも15カ月後に性能大幅アップの新型が登場!?
クオ氏によれば、M3 ProおよびM3 MaxはTSMCの改良型3nmプロセス「N3P」か「N3S」で製造されるとのことです。
 M2 ProおよびM2 Maxは、TSMCの5nmプロセスで製造されているようですので、それらと比べて微細化による大幅な性能増が期待できます。
 
クオ氏の予想が的中した場合、次期MacBook Proは2024年第3四半期(7月〜9月)にも発売されることが予想されます。
A17 Bionicで3nmプロセスに移行開始と噂
iPhone15 Proシリーズ用A17 BionicとM3は、TSMCの改良型3nmプロセス(第1世代)である「N3E」で製造されると噂されています。
 
M3 ProおよびM3 Maxがそれよりも新しい「N3P」か「N3S」で製造されるのであれば、SRAMセルの面積は変わらず微細化の効果が小さい課題などが解消されることが期待されます。
 
 

(1/2)I expect the next new MacBook Pro models, which will adopt M3 Pro/M3 Max processors made by 3nm (likely TSMC's N3P or N3S), will go to mass production in 1H24. https://t.co/8JR4LOHFVs
January 17, 2023

 
 
Source:郭明錤(@mingchikuo)/Twitter
Photo:Apple(米国)
(FT729) …

続きを読む シェア
0

新型MacBook Pro用公式壁紙が公開〜各デバイス向けに最適化

 壁紙職人のAR7氏(@AR72014)が、新型MacBook Proに搭載された公式壁紙をもとに、それらをiPhoneやiPadなどの画面サイズに合わせてリサイズした合計8種類の壁紙を公開しました。
iPhone向け、新型MacBook Proの壁紙
AR7氏(@AR72014)が公開した壁紙は、iPhone X〜iPhone14 Pro Max向けの解像度が1,290 x 2,796ピクセルのもの、iPad向けの解像度が3,120 x 3,120ピクセルのもの、デスクトップ向けの解像度が5,120 x 2,880ピクセルのもの、その他のiPhone向けの解像度が1,242 x 2,208ピクセルのものの4種類です。
 
さらに、新型MacBook Proの本体カラー「シルバー」に用いられたグリーン基調の壁紙と、本体カラー「スペースグレイ」に用いられたパープル基調の壁紙があるため、4種類の解像度とあわせて、AR7氏(@AR72014)は全部で8種類の壁紙を制作公開しています。
 
これらの壁紙は、AR7氏(@AR72014)のツイートに記されたリンク先のGoogle Driveからダウンロード可能です。
 

#Apple #wallpaper #MacBookProM2
New MacBookPro M2 #wallpapers

1) https://t.co/lkbJOdPu0U
2) https://t.co/vfs3nBODwT
By @AR72014 pic.twitter.com/9UpfIjmym8
— AR7 (@AR72014) January 17, 2023

 
 AR7(@AR72014)/Twitter
(FT729) …

続きを読む シェア
0

M2 Pro/M2 Max搭載MacBook Pro、電源ケーブルが本体同色に

 Appleが発表したM2 ProとM2 Maxを搭載した14インチと16インチのMacBook Proは、本体色と同色のUSB-C – MagSafe 3ケーブルが同梱されるようになりました。
M1 Pro/M1 Max時代はシルバーのみ
Appleが現地時間1月17日に発表した、M2 ProとM2 Max搭載の14インチと16インチのMacBook Proには、本体色と同色のUSB-C – MagSafe 3ケーブルが付属します。スペースグレイの本体を選んだ場合、スペースグレイのケーブルが付属します。
 2021年に発売されたM1 ProとM1 Max搭載のMacBook Proには、本体色をスペースグレイとシルバーのどちらを選んだ場合でも、シルバーのUSB-C – MagSafe 3ケーブルが付属していました。
M2 MacBook Airでは本体色と同色のケーブルが同梱
2021年4月に発表されたM1搭載iMacでは、7色の本体色に合わせた電源ケーブルやMagic Keyboard、Magic Mouseが付属しています。
 2022年6月に発表されたM2搭載MacBook Airには、4色の本体色に合わせたカラーのUSB-C – MagSafe 3ケーブルが付属します。
 
なお、4色(シルバー、スターライト、スペースグレイ、ミッドナイト)のUSB-C – MagSafe 3ケーブルは単体購入もでき、価格は6,580円(税込)です。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple (1), (2)
(hato) …

続きを読む シェア
0

新型MacBook Pro、16インチの最上位構成の価格は100万円に迫る

 Appleが発表した次世代高性能AppleシリコンのM2 ProとM2 Maxを搭載した、14インチと16インチMacBook ProとMac miniの最上位構成のスペックと価格をまとめました。各モデルとも、予約受付はすでに開始されており、日本では2月3日から販売が開始されます。
14インチMacBook Proの最上位構成
14インチMacBook Proの最上位構成モデル(ソフトウェアは除く本体価格)のスペックは以下のとおりで、価格(税込、以下同じ)は896,800円です。96ワットのUSB-C電源アダプタが付属します。
 
12コアCPU、38コアGPU、16コアNeural Engine搭載Apple M2 Max
96GBユニファイドメモリ
8TB SSDストレージ
 
AppleCare+ for 14インチMacBook Pro(M2)の料金は38,800円で、合計すると935,600円です。
 
 
16インチMacBook Proの最上位構成
16インチMacBook Proの最上位モデルのスペックは以下のとおりで、価格は918,800円です。140ワットのUSB-C電源アダプタが付属します。
 
12コアCPU、38コアGPU、16コアNeural Engine搭載Apple M2 Max
96GBユニファイドメモリ
8TB SSDストレージ
 
AppleCare+ for 16インチMacBook Pro(M2)の料金は53,800円で、合計すると972,600円と、100万円の大台に迫る価格となっています。
 
 
Mac miniの最上位構成
Mac miniの最上位構成は以下のスペックで、価格は632,800円です。
 
12コアCPU、19コアGPU、16コアNeural Engine搭載Apple M2 Proチップ
32GBユニファイドメモリ
8TB SSDストレージ
10ギガビットEthernet
 
AppleCare+ for Mac miniの料金は15,400円で、合計すると648,200円です。
 
 
最大24回の金利0%分割払いが可能
Appleのオンラインストアで購入する場合、ペイデイあと払いプランApple専用、もしくはオリコを利用すると、最大24回まで、金利0%での分割払いが可能です。
 
なお、学生・教職員ストアではオリコの分割払いは利用できますが、ペイデイの分割払いは利用できません。
 
 
Source:Apple MacBook Pro, Mac mini, 分割払い
(hato) …

続きを読む シェア
0

PD 充電器 AOHI 120w usb c 充電器 4ポート 充電器 type-c 急速充電器 【 PSE技術基準適合 / GaN III 窒化ガリウム採用 / PD 3.0/PPS/QC3.0 】...

5星中4.2(60) ¥9,990 PD 充電器 AOHI 120w usb c 充電器 4ポート 充電器 type-c 急速充電器 【 PSE技術基準適合 / GaN III 窒化ガリウム採用 / PD 3.0/PPS/QC3.0 】 2USB-Cポート&2USB-Aポート タイプc 充電器 USB 充電器 MacBook PD対応Windows PC iPad iPhone Galaxy Android スマートフォン ノートPC 各種 その他機器対応(ブラック)

続きを読む シェア
0

新型Mac Proと7Kディスプレイ、15インチMacBook Airが3月発表か

 
Appleが3月に開催するイベントで発表する新製品は、Appleシリコンを搭載する新型Mac Pro、新しい外部ディスプレイ、15インチMacBook Airの3機種になるとの予想を、YouTubeチャンネル「Max Tech」のVadim Yuryev氏(@VadimYuryev)が伝えました。
 
同氏は、M2 ProとM2 Maxを搭載する新型MacBook ProとM2搭載Mac miniが、今月中に発表されると予想しています。
3月のイベントで新型Mac Proと15インチMacBook Airを発表か
M2 ProとM2 Maxを搭載する新型MacBook ProとM2搭載Mac miniが今月中に発表された場合、2023年3月開催のイベントで発表される製品は、Appleシリコンを搭載する新型Mac Pro、新しい外部ディスプレイ、15インチMacBook Airの3機種になりそうです。
 
新型Mac ProはM2 Extremeを搭載するとみられていましたが、最上位構成でもM2 Ultraになりメモリ増設もできないと噂されています。
 
同モデルと一緒に発表される可能性が高い新しいPro Displayは、解像度が7Kに向上することが期待されています。
 15インチMacBook Airに搭載されるAppleシリコンは、13インチモデルと同じM2に加え、M2 Proも用意されるとの情報(予想)もありました。
 
M2 ProもしくはM2 Maxを搭載する新型MacBook Proらしきモデル番号「A2779」が海外認証機関に登録されていたことで、同製品は今晩にでも発表されると複数の海外メディアが報じています。
6月の世界開発者会議ではヘッドセットと対応OSが話題の中心に?
Vadim Yuryev氏(@VadimYuryev)の予想が的中した場合、6月の世界開発者会議で発表される新製品は、新しいジャンルの拡張現実(AR)/仮想現実(VR)ヘッドセット、Reality ProもしくはReality Oneと、対応するOSであるxrOSもしくはrealityOSになると予想されます。
 
Vadim Yuryev氏(@VadimYuryev)は、年内に新型iMacが発売されることはないと考えています。
 

My take on the March Event:Mac ProNew Display15" MacBook Air https://t.co/VXrX7dS3xu
— Vadim Yuryev (@VadimYuryev) January 16, 2023

 

MBP this monthiMacs next year I think
— Vadim Yuryev (@VadimYuryev) January 16, 2023

 
 
Source:Vadim Yuryev(@VadimYuryev)/Twitter
Photo:Apple(米国)
(FT729) …

続きを読む シェア
0

新型MacBook Proが発表へ?来週月曜日にレビュー記事解禁、その後発売か

 Appleは新型MacBook Proを明日(日本時間では早ければ今晩)発表し、金曜日頃にプレスミーティングを開催、レビュー記事は来週月曜日に解禁されるとの予想を、Bloombergのマーク・ガーマン記者が伝えました。
macOS Ventura 13.3と共に発表されると予想していたが
YouTubeチャンネル「Max Tech」のVadim Yuryev氏(@VadimYuryev)やリーカーのジョン・プロッサー氏の発信から大幅に遅れましたが、M2 ProおよびM2 Max搭載MacBook Proが明日(日本時間では早ければ今晩)発表されるとの噂を、ガーマン記者も追認しました。
来週月曜日にレビュー記事解禁、発売日も直後か
新型MacBook Proのレビュー記事解禁日が来週月曜日だとすれば、発売日も来週中と予想されます。
 
その場合、今週金曜日に予約受付が開始されるかもしれません。
 
ただし、2023年1月17日午前4時30分時点で、M1 ProとM1 Maxを搭載するMacBook Proの在庫がApple Storeで品薄になっているということはありませんので、予約開始日と発売日まで、発表から間があくことも考えられます。
 

The new MacBook Pros are imminent (Apple does have an announcement tomorrow – with press briefings later this week and embargoes lifting next Monday). The new Macs arriving early this year first reported here in October https://t.co/P34OdoMRgZ https://t.co/9JlQ0ueBO1
— Mark Gurman (@markgurman) January 16, 2023

 
同記者は当初、新型MacBook Proが2022年末までに発表、その後、2023年2月〜3月頃にmacOS Ventura 13.3正式版とともに発表されると、時期を修正していました。
 新型MacBook Proが今回発表された場合、ガーマン記者の予想的中率がまた下がることになります。
 
 Mark Gurman(@markgurman)/Twitter
Photo:Apple(米国)
(FT729) …

続きを読む シェア
0

新型MacBook Proが海外認証機関に登録〜早ければ今晩発表か

 M2 ProおよびM2 Max搭載モデルらしき、モデル番号「A2779」のMacBook Proが、カナダの認証機関であるイノベーション・科学経済開発省(ISED:Innovation、Science and Economic Development Canada)の無線機器リスト(REL:Radio Equipment List)に掲載されました。
 
同製品は、今晩発表されるとの噂があります。
本日午後10時〜明朝午前3時の間にプレスリリースで発表か
RELの認証製品リストに掲載されたのは、モデル番号「A2779」のMacBook Proで、認証取得日が2023年1月11日となっています。
 
この件を報告したWade Penner氏(@wadepenner)は、モデル番号「A2779」のMacBook ProはM2 ProもしくはM2 Maxを搭載、Wi-Fi 6Eに対応すると予想しています。
 
リーカーのジョン・プロッサー氏は、Appleが今晩にでも新製品か新サービスを発表する可能性を示唆していました。
 

New Apple MacBook Pro model A2779 seen in Industry Canada Radio Equipment List database. Approved on January 11, 2023. Likely the new M2 Max or M2 Pro. Device will support WiFi 6E / 6GHz band. pic.twitter.com/KmSo1aGp7G
January 16, 2023

 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple(米国)
(FT729) …

続きを読む シェア
0

M2 Pro/Max搭載MacBook ProかM2搭載Mac miniが今週発表?

 Apple製品の情報を発信しているVadim Yuryev氏(@VadimYuryev)や、リーク情報まとめサイトAppleTrackが、新型MacBook Proか新型Mac miniがまもなく発表されるとの予想を伝えました。
新型MacBook Proと新型Mac miniが月内に発表か
YouTubeチャンネル「Max Tech」のVadim Yuryev氏(@VadimYuryev)氏は、M2 ProとM2 Maxを搭載する新型MacBook ProとM2搭載Mac miniが、今月中に発表されるとの情報を入手したと述べています。
 
両製品ともにこれまで、2023年3月のイベントで発表されると予想されていました。
今週中に発表されるとの予想も
また、AppleTrackは公式Twitterアカウントにて、「今週中に、M2 ProとM2 Maxを搭載する新型MacBook ProかM2搭載Mac miniが発表されるとの噂がある」と述べています。
 

There are rumblings that new Apple products will be dropping THIS WEEK
Could it be the new M2 MacBook Pro or Mac mini pic.twitter.com/IrCb8xcHQh
— AppleTrack (@appltrack) January 16, 2023

 
 
Source:Max Tech/YouTube,AppleTrack(@appltrack)/Twitter
(FT729) …

続きを読む シェア
0

MacBook Proの2025年モデルにタッチスクリーン搭載との報道〜方針転換?

 
Bloombergが、Appleはこれまでの方針を変更し、タッチスクリーンを搭載するMacの発売を計画していると報じました。同メディアは、タッチスクリーン搭載Macの第1弾として、2025年にMacBook Proが発売されると予想しています。
2025年に有機ELディスプレイとタッチスクリーンを搭載か
Bloombergの報道通りであれば、タッチスクリーン搭載Macに否定的な見解を示してきたAppleが方針を転換することになります。
 
2025年に発売される可能性が高いタッチスクリーン搭載MacBook Proでは、iPhoneやiPadのようなタッチ入力およびジェスチャー操作が可能になり、順次、他のMacにも拡大される可能性があると、Bloombergは述べています。
 2025年モデルのMacBook Proは有機EL(OLED)ディスプレイを搭載する可能性が高いと予想されていますが、ミニLEDバックライト搭載液晶ディスプレイよりも薄型化が可能なOLEDディスプレイとタッチセンサーユニットを組み合わせることで、現行モデル並みの厚さに仕上がるしれません。
macOSに加えiPadOSも動作することはない模様
今回の報道に対し、リーカーなどからmacOSに加えiPadOSの動作を期待する声があがっていますが、タッチスクリーン搭載MacBook Proで動作する最初のOSはmacOSになりiPadOSと統合されることはないと、Bloombergは記しています。
 

Well apparently now Apple is testing a Mac with touch display, will they combine both products? https://t.co/hjCZyVFTl9
— Majin Bu (@MajinBuOfficial) January 11, 2023

 
また、Patently Appleはタッチスクリーン搭載Macについて、Appleは2010年に関連特許を取得していたと報告しています。
 
 
 
Source:Bloomberg via Patently Apple
Photo:Apple(米国)
(FT729) …

続きを読む シェア
0

UGREEN Nexode 充電器 100W 4ポート 新生代GaN技術 PD充電器 USB-C充電器 Type-c 4台同時充電(USB-C*3とUSB-A*1) MacBook Pro/Air D...

5星中4.3(598) ¥6,078 UGREEN Nexode 充電器 100W 4ポート 新生代GaN技術 PD充電器 USB-C充電器 Type-c 4台同時充電(USB-C*3とUSB-A*1) MacBook Pro/Air Dell XPS iPad Mini/Pro iPhone14/13/12/11 Android Galaxy S10/S10+ ノートPC/タブレット/携帯電話 PPS規格対応 PSE技術基準適合 折り畳み式プラグ

続きを読む シェア
0

M2 Pro/MaxとM3発売時期を予想〜UltraをMacBook Proも搭載か

 
Twitterに、M2 ProとM2 MaxおよびM3搭載製品の発売時期と、Mx Ultraが将来的にMacBook Proに搭載されるとの予想が投稿されました。
M3搭載製品が2023年下半期(7月〜12月)に発売?
この予想を投稿したのはBob氏(@appleakation)というTwitterユーザーで、昨年3月から未発表のApple製品情報を発信しています。
 
同氏の予想では、M3搭載製品が2023年下半期(7月〜12月)に発売、その前にM2 ProとM2 Max搭載製品が発売されるとのことです。
 
Wccftechは同氏のツイートを引用し、M2 ProとM2 Maxは次期MacBook Proに搭載されて発売、2023年10月に新製品発表イベントが開催され、TSMCの3nmプロセスで製造されるM3を搭載する製品が発表・発売されるとの予想を伝えています。
Ultraチップが将来的にMacBook Proにも?
Bob氏(@appleakation)はまた、現在はMac Studioが搭載しているM1 UltraのようなMx UltraがMacBook Proにも搭載されるようになると述べています。
 
ただし、M2 UltraなのかM3 Ultraなのかについての言及はありません。
 
現時点で、このTwitterユーザーの予想的中率は不明です。
 

M3 coming second half of 2023
— Bob (@appleakation) December 9, 2022

 

Apple planning ultra chip in a future MacBook Pro
— Bob (@appleakation) January 4, 2023

 
 
Source:Wccftech
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729) …

続きを読む シェア
0

MacBook Pro(未開封)やユーズドApple製品が販売中〜秋葉館が初売り開催

 秋葉館が本日(2023年1月3日)から初売り年始セールを開催、M1 Pro搭載MacBook Proの未開封品や、各種Apple製品のユーズド品をで販売中です。
iPad、MacBook Pro、Airのユーズド品を値下げ販売
秋葉館が1月9日午後8時まで開催中の初売り年始セールで販売している主な商品は、下記の通りです。
 
品名
販売価格(税込)
商品の程度
16インチMacBook Pro10コアCPUと16コアGPUのM1 Proスペースグレイ/512GB SSD/8GBメモリ
269,800円
未開封品
13インチMacBook Pro(Early 2015)第5世代Core i5(DualCore)/2.7GHzシルバー/256GB SSD/8GBメモリ
29,800円
中古C:訳あり
21.5インチiMac Late 2015第5世代Core i5(QuadCore)/2.8GHz2.5SSD 1TB/8GBメモリ
34,800円
中古C:訳あり
21.5インチiMac Late 2015第5世代Core i5(QuadCore)/2.8GHz2.5SSD 1TB/8GBメモリ
32,800円
中古C:訳あり
21.5インチiMac Late 2015第5世代Core i5(QuadCore)/2.8GHz2.5SSD 1TB/8GBメモリ
29,800円
中古C:訳あり
iPad Pro(9.7インチ)スペースグレイ 256GB
27,990円
中古C:訳あり
iPad(第6世代)スペースグレイ 32GB
24,990円
中古B:良品
iPad Air(第2世代) Wi-Fiスペースグレイ 32GB
14,980円
中古B:良品
 
秋葉館が販売中のユーズド品は、商品ごとに程度と状態、仕様が異なる場合があります。詳しくは、各商品ページにてご確認下さい。
 
同店ではApple製品以外に、Apple製品に対応する周辺機器なども販売中です。
 
商品に関する質問は、秋葉館にお問い合わせ下さい。
 
 
Source:初売り/秋葉館
(FT729) …

続きを読む シェア
0

Appleの「初売り」スタート!最大32,000円のギフトカードやAirTag提供

 
1月2日午前0時、Appleの「初売り」がスタートしました。対象製品の購入で最大32,000円分のAppleギフトカードがもらえるほか、対象のiPhoneを購入すると先着で特別デザインのAirTagももらえます。
2日間限定、Appleの「初売り」がスタート
Appleオンラインストアでは、1月1日午後8時頃からのメンテナンスが終了し、1月2日の午前0時にAppleの「初売り」が開始されました。
 
Appleの「初売り」は1月2日と3日の2日間、開催されます。iPhone、Mac、Apple Watch、AirPods、Beats製品などの対象製品を購入すると、最大で32,000円分のAppleギフトカードがもらえます。
 
App Store & iTunesカードと、製品購入用のApple Storeギフトカードを統合し、2021年11月に日本でも販売が開始されたAppleギフトカードは、App Storeでのアプリ購入やApple Musicの料金支払い、Apple ブックでの書籍購入といったデジタルコンテンツのほか、Apple製品購入時の支払いにも利用できます。
直営店は1月2日午前10時開店
Appleの「初売り」は、Appleオンラインストア、「Apple Store」アプリ、直営店のApple Store、電話(0120-993-993)での購入が対象です。
 
直営店のApple Store(10店舗)は、1月2日午前10時に開店します。Apple 川崎以外の店舗は閉店時間が午後8時で、通常より1時間早くなっているので、店舗をご利用の方はご注意ください。Apple 川崎は、通常と同じ午後9時までの営業です。
iPhoneの購入でAirTagがもらうには購入方法に注意!
iPhone12、iPhone13、iPhone13 mini、iPhone SE(第3世代)を購入すると、干支のウサギがデザインされた特別仕様のAirTagがもらえます。
 
 
AirTagは先着30,000個限定で、初売り期間中であっても在庫がなくなりしだい終了となります。
 「Apple Store」アプリで購入した場合は、AirTagのプレゼント対象外となるのでご注意ください(ギフトカードはもらえます)。
対象製品と特典はこちら
Appleの「初売り」の対象製品と、Appleギフトカードでの還元額は以下のとおりです。
 
なお、Appleの「初売り」期間中、楽天リーベイツ経由で購入すると楽天ポイントが最大5%(事前登録している場合は6%)還元されるキャンペーンも開始しています。
 
iPhone
iPhone13、iPhone13 mini、iPhone12、iPhone SE:8,000円分のAppleギフトカード+スペシャルエディションのAirTag
 
iPad
iPad Air、 iPad mini: 8,000円分
iPad(第9世代):4,400円分
 
Mac
M1 MacBook Air、 M2 MacBook Air、 Mac mini:16,000円分
13インチMacBook Pro、 24インチiMac: 24,000円分
14インチMacBook Pro、16インチMacBook Pro:32,000円分
 
Apple Watch
Apple Watch SE:8,000円分
 
AirPods
AirPods(第2世代)、 Lightning充電ケース付きAirPods(第3世代):4,000円分
AirPods Pro(第2世代):8,000円分
AirPods Max: 12,000円分
 
Beats
Beats(Studio3 Wireless、 Solo3 Wireless、 Powerbeats Pro、 Fit Pro、 Studio Buds):8,000円分
Beats Flex:4,000円分
 
アクセサリ
MagSafeデュアル充電パッド、 Apple Pencil(第2世代)、 Smart Keyboard Folio:4,000円分
iPad Pro・iPad Air用Magic Keyboard:8,000円分
 
 
Source:Apple
(hato) …

続きを読む シェア
0

C smartオンラインストア、Mac各製品を5,500円引きのキャンペーン

 
Apple Premium Reseller(正式認定販売店)であるC smart(シースマート)のオンラインストア「C smart Online Store」で、MacBook AirやMacBook Pro、CTOモデルのMacが5,500円割引となるMac割引キャンペーンが実施されています。
最新のM2 MacBook Airも5,500円引き
C smart Online StoreのMac割引キャンペーンは、2023年1月1日0時から開始されており、1月3日の午後11時50分まで実施されています。
 
対象となるのは以下の製品です。
 
MacBook Air(M1モデル、M2モデル)
MacBook Air(13インチ、14インチ、15インチ)
Mac CTO(カスタマイズ)モデル
 
いずれも、在庫がなくなり次第セールが終了となります。
Macのカスタマイズ購入が可能、店頭サポートも
C smart Online Storeでは、iMacやMac miniも含むMac各製品のカスタマイズ購入が可能です。
 
 
「あなたのそばの、Appleの専門家」をテーマに掲げるC smartは関東、中部、東北、関西、四国、沖縄にも店舗を構えており、各種サポートサービスも受けることができます。
Appleのサブスク最大3カ月無料キャンペーンも
C smartは、特設Webページから登録すると、Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloud+(50GB)が最大3カ月間無料となるキャンペーンも実施しています。
 
過去にApple Musicに登録していても、最大2カ月間、無料で利用できます。
 

Appleの人気サービスが今だけ3ヶ月無料
C smartではAppleの人気サブスクリプションが無料でお試しいただけるキャンペーンを実施中#AppleMusic #AppleTV+ #AppleArcade #iCloudをお試しいただけるこの機会をお見逃しなくhttps://t.co/nDo7G9WyM9
— C smart (@Csmart_2013) November 23, 2022

 
 
Source:C smart
(hato) …

続きを読む シェア
0

M2 MacBook Airに「悩まずにさっさと買ったほうがいいものもある」と教えられた話

Image:はらいさんもっと早く買うべきでした。M2チップ搭載MacBookAirが発売されてから早5ヶ月。発表からずっと買おうか迷っていた筆者も購入したのですが、それは発売から3ヶ月経ってからのこと。結果として分かったのは、悩んでいた時間が非常に勿体なかったということ。発売直後はMacBookAirとは思えない価格にポチる勇気がなかったM2MacBookAirが正式発表されたのは今年のWWDC2 …

続きを読む シェア
0

Popular Posts