ガジェット


今買わないほうが良い5つのApple製品

 
Appleは今年中にMacやiPadなどの新モデルをリリースすると噂されており、今は購入を控えたほうが良い製品が存在するようです。米メディアMacRumorsは、5つの「今買わないほうが良い製品」をまとめています。
10月のイベントはない?
当初、Appleは10月に追加のイベントを開催し、新たなMac、iPadモデルを発表するとみられていましたが、最近の情報では発表はプレスリリース経由で行なわれるとの見方が濃厚となっています。
 
MacRumorsの「今買わないほうが良い製品」のリストは、下記のとおりとなっています。
 
iPad Pro
iPad Proが最後にアップデートされたのは2021年4月で、2022年末までにアップデートが登場すると予想されています。新モデルにデザイン上の大きな変化はないとみられていますが、待つ価値のあるいくつかの機能があるとのことです。
 
11インチと12.9インチのiPad Proの両モデルがリフレッシュされる見通しですが、噂によれば12.9インチモデルのみミニLEDディスプレイを搭載するとされています。
 
新iPad Proは、6月に新型MacBook Airに導入されたM2チップを採用し、スピードとパフォーマンスに改善をもたらすと予想されています。また、ワイヤレス充電に対応するとの噂もあり、Appleは背面にMagSafe充電可能な大きなガラスのAppleロゴを追加するとみられています。
 
また新iPad Proモデルでは、iPhoneやAirPodsを充電できる双方向ワイヤレス充電が採用される可能性も指摘されています。
 
廉価iPad
Appleは以前から300ドル未満の価格帯で廉価なベーシックなiPadを提供していますが、今年はこの安価なiPadにこれまで上位モデルに限られていた機能がトリクルダウンで搭載されるとみられています。
 
Appleは低価格iPadに長年採用されてきた飽きのこない旧デザインを刷新し、フラットエッジで丸みを帯びた角を特徴とする、よりモダンな外観の10.5インチディスプレイを導入する予定です。このデザインは、すでにiPad mini、iPad Air、iPad Proに採用されています。
 
フラットエッジのデザインは、通常ベゼルフリーですが、現在の廉価iPadはTouch IDを搭載したホームボタンを採用し、上下のベゼルが維持されるとの噂があります。Touch IDが採用されるとしても、iPad miniやiPad Airに採用されたのと同じ電源ボタンベースのTouch IDが選ばれる可能性もあります。
 
次世代廉価iPadではLightningではなくUSB-Cが採用される見通しで、カメラも改良され、より高速なチップが搭載されるとみられていますが、ヘッドホンジャックがなくなる可能性も指摘されています。
 
14インチと16インチのMacBook Pro
昨年10月に登場したM1 ProとM1 Max MacBook Proですが、年内に新しいM2 ProとM2 Maxのモデルが発表される可能性があります。MacBook Proの新モデルは、早ければ今秋の発売が予定されているとのことですが、Appleが抱える供給面での制約から、時期が後ろ倒しになるかもしれません。
 
Mac mini
2020年以降、Mac miniのリフレッシュは行われていませんが、Appleはまだデスクトップマシンを廃止するつもりはないようです。アップデートされたMac miniにはM2およびM2 Proチップが搭載される可能性があります。
 
デザインの変更は期待できず、トップクラスのチップは、Mac ProとMac miniのハイブリッドのようなMac Studioのために確保されることになりそうです。
 
Apple TV
2021年4月に最後にアップデートされたApple TVは、そろそろリフレッシュの時期かもしれません。噂によると、A14チップと4GB RAMを搭載した新モデルが開発中で、2022年末までには発売されるのではないかとのことです。
 
著名アナリストのミンチー・クオ氏は、AppleがApple TVのリフレッシュ時に価格を下げる予定であると今年何度か発言していますが、それが実際に実現するかどうかは不明です。
 
 
Source:MacRumors
Photo:@aaple_lab/Twitter
(lexi) …

続きを読む シェア
0

65W PD 充電器 Type C 急速充電器 2ポート USB-A USB-C Omnia Mix GaN 窒化ガリウム採用 PD対応/PSE技術基準適合/折りたたみ式プラグ MacBook Win...

5星中4.1(23) ¥2,384 65W PD 充電器 Type C 急速充電器 2ポート USB-A USB-C Omnia Mix GaN 窒化ガリウム採用 PD対応/PSE技術基準適合/折りたたみ式プラグ MacBook Windows PC iPad iPhone Galaxy Android スマートフォン ノートPC 各種 その他機器対応 ブラック

続きを読む シェア
0

Apple、MacBookPro14/16インチ向けの再生素材利用スリーブケース発売

 
Apple公式ストアにて、MacBook Pro14/16インチ向けのスリーブケース「Native Union Stow Lite Sleeve for 14/16インチ MacBook Pro」が発売しました。
プラスチックボトルを再利用して作られたスリーブケース
「Native Union Stow Lite Sleeve for 14/16インチ MacBook Pro」は、プラスチックボトルから作られた100%再生ポリエステル(rPET)を採用したスリーブケースです。
 

 
生地は摩耗に強く、内側にはキルティングが張られており、デバイス全体を保護することができます。ファスナー部分は防水仕様となっています。
 

 
本革製のパッチがアクセントになっていることも特徴です。
 
カラーは、Native Union公式HPではブラックとクラフトの2種類が用意されていますが、Apple公式ストアではブラックのみとなっています。Apple公式ストアの価格は、14インチ用、16インチ用ともに税込6,800円です。
 
 
Source:Apple,Native Union(1),(2) via アイアリ
(kotobaya) …

続きを読む シェア
0

9月のApple製品の購入者ガイドが公開〜今買うべき製品買わないほうが良い製品とは?

 
新製品の発表見込みなどを考慮し、Apple Hub(@theapplehub)が製品カテゴリごとにどのApple製品なら今買っても後悔しないか、をまとめています。
Mac
Apple Hubによれば、今買うべきMacモデルは、以下の4つであるとのことです。モデルごとにその理由も説明しています。
 
今買うべき

M1 MacBook Air(2020年11月発売) – いまだにコスト・性能ともに良いパフォーマンスを発揮している
M2 MacBook Air(2022年7月発売) – 美しいノートパソコンでパフォーマンスが素晴らしい
24インチiMac(2021年5月発売) – 新型はしばらくは出ないので買い時
Mac Studio(2022年3月発売) – 驚くほどパワフルなマシンでプロとクリエイター向け

 
逆に今買わざるべきモデルは、以下の3つであるそうです。
 
今買わざるべき

13インチMacBook Pro(2022年6月発売) – MacBook AirもしくはM1 Pro/Max MacBook Proを買ったほうが幸せになれる
Mac Pro(2019年12月発売)- デザインの刷新された新型が今年後半に出る
Pro Display XDR(2019年12月発売) – ミニLEDとProMotion搭載の新型モデルを待ったほうが良い

 

September Mac buyer’s guide pic.twitter.com/Kubl6TByDA
— Apple Hub (@theapplehub) September 21, 2022

iPad
今買うべきiPadモデルは、わずか1つのみだそうです。
 
今買うべき

10.9インチiPad Air(2022年3月発売) – 多くの人にとってパーフェクトなiPad

 
今買わざるべきモデルは、以下の3つであるとのことです。
 
今買わざるべき

11インチiPad Pro(2021年5月発売) – M2チップ搭載の新モデルが来月出る
12.9インチiPad Pro(2021年5月発売) – M2チップ搭載の新モデルが来月出る
10.2インチiPad(2021年9月発売) – デザインの刷新された新モデルが来月出る

 

September iPad buyer’s guide pic.twitter.com/TrIQDT11wK
— Apple Hub (@theapplehub) September 21, 2022

iPhone
iPhoneモデルについては、iPhone SEのみ「ニュートラル」の評価がついており、「クラシックデザインで廉価なモデルが欲しいなら」と記されています。
 
それ以外は、すべて今買うべきとなっています。
 

September iPhone buyer’s guide pic.twitter.com/AAeGgv3SyA
— Apple Hub (@theapplehub) September 21, 2022

Apple Watch
Apple Watchは現行モデルはUltra、Series 8、SEの3モデルとなっていますが、すべて今買い時となっています。
 

September Apple Watch buyer’s guide pic.twitter.com/VSjsDrx38Q
— Apple Hub (@theapplehub) September 21, 2022

AirPods、Apple TV、HomePod
AirPodsは、以下の2つのモデルが今買うべきとなっています。
 
今買うべき

AirPods 3(2021年10月発売) – 多くの人にとって素晴らしい選択肢であり、AirPods Proよりも安い
AirPods Pro 2(2022年9月発売) – 間違いなく買い時!最新モデルにアップデートされたばかり

 
次のモデルのみ、今買うべきではないとのことです。
 
今買わざるべき

AirPods 2(2019年3月発売) – AirPods 3やAirPods Pro 2を買ったほうが幸せになれる

 
Apple TVおよびHomePodですが、Apple TVはHDと4Kの両モデルとも買うべきでないとなっており、HomePod miniはニュートラルとなっています。
 

September AirPods + TV & Home buyer’s guide pic.twitter.com/FFLLiAH1XD
— Apple Hub (@theapplehub) September 21, 2022

 
 
Source:@theapplehub/Twitter [1], [2], [3], [4], [5]
(lexi) …

続きを読む シェア
0

ソフマップでM1 MacBook Air (CTO)が割引価格で販売中

 
ソフマップにおいて、M1 MacBook Airのカスタマイズモデル(CTO)が、Appleオンラインストアよりも約6万円安い価格で販売されています。
 
しかも通常どおり、税込価格の5%分のポイントがつきます。
M1 MacBook Airがお得に買える
ソフマップにおいて割引価格で販売されているのは、以下の3モデルです。
 
M1チップ搭載13インチMacBook AirのCTOモデル(SSD:1TB /メモリ:16GB /JISキーボード /8コアCPUおよび8コアGPU)のスペースグレイとゴールド、販売価格はどちらも税込159,800円となっています。
 
Appleオンラインストアで同様のスペックのものを購入すると、M1 MacBook Aiの場合218,8000円なので、かなりお得に購入することができます。
 
またソフマップでは、M1チップ搭載13インチMacBook ProのCTOモデル(SSD:1TB /メモリ:16GB /JISキーボード /8コアCPUおよび8コアGPU)のスペースグレイも、税込189,800円で販売されています。
 
(iPhone Mania読者の得田さま、情報提供ありがとうございました)
 
 
Source:ソフマップ
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

M2 MacBook ProにTouch Barが戻ってくるのではないかと危惧する声

 
Appleは日本時間8日未明に開催したイベントで、iPhone14 Proシリーズを発表しました。新フラッグシップモデルにはノッチの代わりにDynamic Islandが採用されていますが、同機能にはかのTouch Barを思い起こさせるところがあり、来月にも発表が噂されているM2チップ搭載MacBook ProにTouch Barが戻ってくるかもしれない、と人々は恐怖におののいています。
頼むからTouch Barの再搭載はやめてほしい?
壁紙制作などで知られるBasic Apple Guyは、「【速報】Apple、Dynamic Island搭載の新型M2 MacBook Proを発表!」と画像を添えて投稿しました。説明書きにはM2チップ搭載と記されていますが、最新Macモデルがどのような様相になっているのかをよく見てみると、なんとTouch Barを搭載しています。
 

BREAKING: Apple introduces new M2 MacBook Pro with the Dynamic Island! #AppleEvent pic.twitter.com/Xu9jYDxOi1
— Basic Apple Guy (@BasicAppleGuy) September 8, 2022

 
これに対して、「ここからすぐに立ち去りなさい」と、あるユーザーがGIF動画で返信しています。
 

pic.twitter.com/CbEl2PR3YZ
— Han Brolo (@bxlewi1) September 8, 2022

不人気だったTouch Bar
MacBook ProのTouch Barは、結局ユーザーから完全に理解されることはなく、物理キーのほうが良いとの意見が次第に高まり、最終的に廃止に至りました。
 
iPhone Xで導入されたノッチも賛否両論でしたが、iPhone14 Proで導入されたDynamic Islandは何故か登場と同時にユーザーから愛されています。
 
Basic Apple Guyへの返信で、あるユーザーが「ノッチはだめだけど、Dynamic Islandは最高」と画像を投稿しています。
 

pic.twitter.com/fvCcrnMtJP
— Patel Meet (@mn_google) September 8, 2022

 
 
Source:@BasicAppleGuy/Twitter
(lexi) …

続きを読む シェア
0

新型14インチ/16インチMacBook Proを10月以降量産開始も出荷予定数削減

 
アナリストのミンチー・クオ氏が、新型14インチ/16インチMacBook Proの量産が2022年第4四半期(10月〜12月)に開始されるも、出荷数は当初見込みから20%〜30%削減されるとの予想を伝えました。
製造数、出荷数削減の見込み
新型14インチ/16インチMacBook Proの出荷数が、当初見込みから20%〜30%削減されることにより、2023年上半期(1月〜6月)の両製品の出荷台数は前年同期比マイナスとなる見通しです。
 
出荷数削減の理由の1つにクオ氏は景気後退をあげており、6カ月〜9カ月続く可能性があるとみています。
 
また、新型14インチ/16インチMacBook Proの改良点は、搭載するシステム・オン・チップ(SoC)がM1 Pro/MaxからM2 Pro/Maxになるだけである点も、消費者への訴求力としては弱いと、クオ氏は述べています。
関連サプライヤーに影響も
新型14インチ/16インチMacBook Proの出荷数削減は、これらの製品に用いられるミニLEDバックライトと、味の素ビルドアップフィルム基板(ABF基板:Ajinomoto Build-up Film)のサプライヤーにも影響を与えると、クオ氏は指摘しています。
 

[Analysis] Apple在新14"與16" MacBook Pro量產前砍單20-30%,為高階ABF與Mini-LED的潛在結構性風險 / Apple cuts shipment forecasts for new 14" & 16" MacBook Pro by 20-30% before mass production, and it's a structural risk to the high-end ABF & Mini-LED sectorshttps://t.co/NtT8cM9fcP
— 郭明錤 (Ming-Chi Kuo) (@mingchikuo) September 7, 2022

 
 
Source:郭明錤(Ming-Chi Kuo)/Medium
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729) …

続きを読む シェア
0

9/7に新型iPad ProとMacは発表されない〜ガーマン記者

 
現地時間2022年9月7日(日本時間9月8日)に開催されるAppleの「Far Out.」イベントで発表される製品と発表されない製品を、Bloombergのマーク・ガーマン記者がニュースレター「Power On」において改めて挙げています。
9/7に発表される新製品
同記者によれば、イベントで発表される新しいハードウェア製品は以下の通りです。
 

iPhone14シリーズーiPhone14、iPhone14 Max(iPhone14 Plusとの噂も)、iPhone14 Pro、iPhone14 Pro Max
Apple Watch Series 8
Apple Watch Pro
Apple Watch SE(第2世代)
AirPods Pro(第2世代)

10月のイベントで発表される新製品
ガーマン記者の以前の予想によれば、9月7日には発表されず、10月のイベントで発表される新製品は以下の通りです。
 

M2 iPad Pro
エントリーレベルのiPad Pro(第10世代)
M2 Mac mini、M2 Mac Pro、M2 MacBook Pro(うち少なくとも2モデル)

 
 
Source:Power On
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

M2 MacBook Airの中身が見える回路図テーマの壁紙が公開

 
M2チップ搭載の新型MacBook Airは、そのまったく新しいデザインと優れた性能により、購入者の間で高評価となっています。この度、Basic Apple Guyは、M2 MacBook Airの内部構造をもとにした壁紙を公開しました。
M2 MacBook Airの中身は非常にミニマル
M2 MacBook Airの分解で明らかになりましたが、このマシンの内部構造はそれほど複雑ではありません。ファンレス設計なこともあり、M1 ProやM1 Maxチップ内蔵MacBook Proなどと比較すると、内部レイアウトは非常にミニマルであると言えます。
 
これまでに多くのオリジナル壁紙を公開してきたBasic Apple Guyは、分解画像を参考にM2 MacBook Airの壁紙をデザインしました。テンプレートとして使える写真がなかったため、分解動画のスクリーンショットを集めて、MacBook Airの内部の合成画像を作成する必要があったといいます。
 
Max Techの分解動画とiFixitの分解を徹底的に調査し、壁紙のベースとなる画像が作成されました。
特に大変だったのはロジックボードの描写
M2 MacBook Airのロジックボードは、これまでBasic Apple Guyが手掛けた中で最も困難なプロジェクトであったとのことです。何千、何万という小さなチップを、すべて手作業で作っていったといいます。3個のチップからできているものもあれば、中には50〜60個のチップからできているものもあり、何時間もかけて丹念に作り上げ、配置していったそうです。それぞれのシェーディングや深度効果、塗りつぶしや色の選択など、細かい作業で特に時間がかった、とBasic Apple Guyはブログで述べています。
 
壁紙は、ソース元のBasic Apple Guyのサイトからダウンロードすることができます。壁紙は全部で10種類用意されており、好きなものを自由に選ぶことができます。
 
 
Source:Basic Apple Guy via 9to5Mac
(lexi) …

続きを読む シェア
0

M2 MacBook AirがAmazonアウトレットに登場〜その他の販売中の商品

 
残念ながら一瞬で売り切れになるも、M2搭載MacBook AirがAmazonアウトレットで販売されていました。同商品以外にも多数のApple製品が、Amazonアウトレットで販売中です。
Amazonアウトレットで販売中の商品
Amazonアウトレットで販売されていたM2搭載MacBook Airの本体カラーはスペースグレイで、ストレージ容量が256GBの「中古:良い」商品で、販売価格は税込135,136円でした。
 
同商品のApple Storeでの販売価格は、税込164,800円です。AmazonアウトレットでM2搭載MacBook Airの販売が開始されたことにより、今後の入荷が期待できます。
 
それ以外にも多数のApple製品が、Amazonアウトレットで販売中です。下記の在庫情報は、2022年8月30日午前1時25分時点の情報をもとにしています。
 

品名
価格(税込)
程度/販売台数

M1搭載MacBook Airシルバー、256GB
110,536円
中古商品:良い1台

11インチiPad Pro(第2世代)スペースグレイ、Wi-Fi、256GB
94,020円
中古商品:非常に良い1台

Apple Watch Series 7GPS + Cellularモデル、41mmミッドナイトアルミニウムケースとミッドナイトスポーツバンド
62,032円
中古商品:非常に良い1台

Beats Studio3レジスタンス・ブラックレッド
27,445円
中古商品:良い1台

Apple USB-C Digital AVMultiportアダプタ
7,381円
中古商品:良い1台

Apple EarPods withLightning Connector
1,925円
中古商品:非常に良い1台

Apple AirTagループディープネイビー
3,303円
中古商品:良い1台

 
Amazonアウトレットにおける状態表示について
Amazonアウトレットおよび販売商品のコンディションに関し、Amazonは下記のように説明しています。
 

Amazonアウトレットでは、お客様から返品された商品や、倉庫内で梱包に傷を負った商品のうち、商品の状態が良いもの、食品および飲料については倉庫内で保管され賞味期限が近づいたものを、お手頃な価格で販売しています。
 
非常に良い:梱包に多少の傷・へこみ・汚れがあります。商品に目立った傷はありません。
良い:梱包に多少の傷・へこみ・汚れがあります。商品に傷がありますが、使用の妨げにはなりません。
可:梱包が破損しています。商品に傷がありますが、使用の妨げにはなりません。
 
 
Source:Amazon アウトレット 11インチiPad Pro(第2世代), Apple Watch Series 7, USB-C Digital AV Multiportアダプタ, EarPods, AirTagループ, M1搭載MacBook Air, Beats Studio3
(FT729) …

続きを読む シェア
0

MacBook FoldとiPad FoldのディスプレイもSamsungが供給か

 
韓国メディアThe Elecが、Samsung Displayは10インチ〜20インチの折りたたみディスプレイ用表面保護素材として、超薄型ガラス(UTG:Ultra-Thin Glass)とポリイミド(PI:Polyimide)フィルムの両方について開発を進められていると報じました。
 
同メディアは、開発は、Appleが折りたたみラップトップ(仮称:MacBook Fold)や折りたたみタブレット(仮称:iPad Fold)用ディスプレイに要求する仕様に影響されると述べています。
大型折りたたみディスプレイ用にはPIフィルムにも優位性
Samsung Display製折りたたみディスプレイを搭載するGalaxy Z Fold4やFlip4の表面保護素材には、UTGが用いられています。
 
UTGは視認性が優れるも、耐衝撃性ではPIフィルムよりも劣るとThe Elecは説明しています。
 
折りたたみラップトップの市場規模は現時点で年間10万台に過ぎず、搭載する折りたたみディスプレイの表面保護素材としてどちらが適しているのか、明確な指針はないと同メディアは指摘しています。
 
なお、競合企業であるLG Displayの折りたたみディスプレイの表面保護素材は、現時点でPIフィルムのみとのことです。
20インチMacBook Foldが開発中と噂
The Elecは今後の見通しについて、発売すれば多くの出荷台数が見込まれるApple製の折りたたみデバイス(MacBook FoldやiPad Fold)にどちらの表面保護素材が採用されるかで、市場に大きな影響がおよぶとThe Elecは伝えています。
 
Appleは、ディスプレイサイズが20インチのMacBook Foldを開発していると噂されています。
 
 
Source:The Elec
Photo:Apple Hub/Faccebook
(FT729) …

続きを読む シェア
0

新型MacBook Proに3nmで製造されるSoC間に合う?発売時期は?

 
アナリストのミンチー・クオ氏が、TSMCの3nmプロセスで製造されるシステム・オン・チップ(SoC)の出荷時期見通しおよび、新しい14インチおよび16インチMacBook ProやiPad Proに搭載されるSoCに関する予想を伝えました。
年内発売の新型MacBook Pro用SoC、最新プロセス間に合わず?
クオ氏は、TSMCの3nmプロセスでの半導体製造が2022年9月から開始されたとしても、出荷されるのは約4カ月後の2023年1月になると述べています。
 
そのため、2022年第4四半期(10月〜12月)から新しい14インチおよび16インチMacBook Proの量産を開始する場合、TSMCの最新プロセス「N3」で製造されるSoCの搭載は間に合わないとの以前からの予想を改めて伝えました。
新型MacBook Proの発売が来春ではないかとの意見も
同氏は、M2 ProとM2 MaxはTSMCの5nmプロセス「N5P」で製造されると予想していますが、両SoCともに3nmプロセスで製造され、それを搭載する新しい14インチおよび16インチMacBook Proの発売時期が2023年春になるのではないかと予想する意見もあります。
 

My take:M2 chip in the iPad Pro & Mac mini this FallM2 Pro/Max in new 14/16" MacBook Pros in Spring. https://t.co/vBOsI8h7Tn
— Vadim Yuryev (@VadimYuryev) August 26, 2022

 
 
Source:郭明錤(@mingchikuo)/Twitter
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729) …

続きを読む シェア
0

MacBook Proのセルフ修理は損?Appleに依頼したほうが安上がりか

 
これまでiPhoneを対象としていたセルフサービス・リペア・プログラム(DIY修理プログラム)に、MacBook AirとMacBook Proが先日追加されました。しかし、依然として消費者が自分で修理しやすい環境は整えられていないようです。
「修理する権利」を尊重したプログラム
セルフサービス・リペア・プログラムとは、その名の通り自分自身で工具や部品を公式Webサイトから取り寄せ、損傷箇所を修理できるサービスです。破損パーツを下取りに出せば、Appleによる修理よりも安価なのが特長と言われています。
 
このプログラムに、M1チップを搭載したMacBook AirとMacBook Proも追加されたのは先日のことですが、Apple製品の分解で有名なiFixitによると、お世辞にもユーザーが自身で修理しやすいとは言い難いようです。
527ドル vs 199ドル
iFixitは具体的に、MacBook Proのバッテリー交換が法外なレベルで高価で時間かかかるとし、実質的には「修理しにくくなっている」と指摘しています。
 
というのも、Appleの公式Webサイトでは交換バッテリー単体の注文はできず、代わりにキーボードやスピーカー、バッテリーが装着した「トップケース」と呼ばれるセットを入手しなければなりません。さらに、ケースからその他の部品をすべて取り外してトップケースを交換するには、162ページに及ぶマニュアルの手順を踏む必要があります。
 
しかも14インチMacBook Proのトップケース価格は527ドル(約72,250円)となり、Apple Storeや正規サービスプロバイダに199ドル(約27,280円)で依頼するよりも圧倒的に割高となります。
Appleに頼んだほうが安上がり?
iFixitはこうした状況について、膨大なマニュアルのほか、過剰な部品交換に法外な価格、14日以内にシステム構成も含めて完了しなければいけない制限などを問題視し、「AppleはDIYに耐え難いハードルを設けている」と批判します。「これらには驚かされる。本当にAppleは修理性を向上させたがっているのか」
 
MacBook Pro用のバッテリー交換部品は今後販売されるとのことで、将来的には現状よりもコストが削減されるのは確かです。しかし、これまで多くの識者が指摘しているように、それでもAppleに修理を依頼したほうが総合的に楽なのは間違いないでしょう。
 
 
Source:iFixit,MacRumors
(kihachi) …

続きを読む シェア
0

セルフ修理プログラムがM1チップ搭載MacBookへ拡張〜詳しい価格など

 
Appleの「セルフサービス・リペア・プログラム」にM1 MacBookモデルが含まれるようになりました。部品の価格はどのようになっているのでしょうか?
スクリーン交換は54,000円
米メディア9to5Macが実際に専用Webサイトで交換部品の価格を調べたところ、M1 MacBook Airのスクリーン交換は395ドル(約54,000円)で、元のパーツを下取りに出すと88ドル(約12,000円)のクレジットを受け取ることができるとのことです。同モデルのバッテリーは119ドル(約16,270円)で、既存のバッテリーを返却すると22ドル(約3,000円)のクレジットを受け取ることができます。Appleにバッテリー交換を依頼すると129ドル(約17,640円)かかるため、セルフ修理でAppleよりも安く修理できることになります。
 
selfservicerepair.comで工具や部品を入手できるだけでなく、サイトにはM1 MacBook Air、13インチM1 MacBook Pro、14インチM1 MacBook Pro、16インチM1 MacBook Proの修理マニュアルが掲載されています。これらのマニュアルは驚くほど詳細で、修理の経験者にとっては繰り返しとなるかもしれませんが、電子機器を開けたことがない人でも修理を成功させることができるほど詳細な内容になっているとのことです。
完璧な修理プログラムからはまだほど遠い
Appleのセルフ修理プログラムは大きな前進ですが、完璧なプロジェクトからはまだ程遠く、修理後にデバイスを完全に動作する状態に戻すにはサポートに連絡する必要があり、返却した使用済みバッテリーのクレジットを得るにはサポートリターンに連絡しなければなりません。
 
それでも、セルフ修理プログラムがより多くのデバイスに対応したのは喜ばしいことだ、と9to5Macはコメントしています。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Macのセルフリペアプログラム、部品のアップグレードはできない

 
Appleは現地時間2022年8月23日より、ユーザーが自分でAppleデバイスを修理することができる「セルフサービス・リペア・プログラム」を、M1 MacBook Air(2020)、13インチM1 MacBook Pro(2020)、14インチMacBook Pro(2021)、16インチMacBook Pro(2021)へと拡大しました。
 
しかし自分で行えるのはあくまで「修理」であり、たとえばRAMを増やす、SSDを容量の大きいものに交換するといった「アップグレード」はできないことが、米メディア9to5Macの調べで明らかになりました。
シリアル番号の入力が必須
セルフサービスリペアストアでは、修理が必要なMacのシリアル番号を入力しないと、部品とツールの注文プロセスが進められない仕組みになっています。
 
同メディアがAppleサポートチームに問い合わせたところ、オリジナルと構成を変えると修理がうまくいかないなどの問題が発生する可能性があるため、シリアル番号を確認したうえで、まったく同じ部品を提供できるシステムになっているとの答えが得られたそうです。
 
またオリジナルの構成と異なる部品を注文できたとしても、その注文はApple側の認証プロセスを通過できないため、キャンセルされるとのことです。
実際に試してみた
筆者は今回セルフサービス・リペア・プログラムの対象となったM1 MacBook Air(米国で購入)を所有しているため、セルフサービスリペアストアを試してみました。
 
同ストアで部品を注文するには、まず修理が必要な製品を選択、次にその製品のシリアル番号を入力し、どの部品が必要かを選びます。
 

 
Repair typeでLogic Boardを選択すると、表示されるのは現在搭載されているものとまったく同じボードのみで、CPUやGPUをアップグレードするという選択肢はありませんでした。
 

 
 
Source:9to5Mac,Self Service Repair(Apple)
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

14/16インチ新型MacBook Proが年内量産開始〜最新プロセス間に合わず?

 
アナリストのミンチー・クオ氏が、新しい14インチおよび16インチMacBook Proの量産が2022年第4四半期(10月〜12月)に開始されるとの予想を伝えました。ただし、搭載されるシステム・オン・チップ(SoC)は引き続き、TSMCの5nmプロセス「N5P」で製造される可能性が高いと、同氏は述べています。
M2に続き、M2 Pro/MaxもN5Pで製造か
クオ氏は、2022年第4四半期(10月〜12月)から量産が開始される新しい14インチおよび16インチMacBook Proに搭載されるSoCについて、TSMCの最新プロセス「N3」で製造されるのではなく、「N5P」の可能性が高いと予想しています。
 
その理由として同氏は、TSMCの3nmプロセス「N3」での半導体製造が同社の収益に貢献するのは2023年第1四半期(1月〜3月)と説明していることを引用、2022年第4四半期(10月〜12月)の量産には間に合わない可能性を伝えています。
 
ただし、工商時報に続きDigiTimesもM2 ProおよびM2 Maxが「N3」で製造されると報じており、クオ氏の予想と異なっています。
10月のイベントで新型Macが発表されると噂
TSMCの3nmプロセスでの半導体製造は年内に開始され、最初に出荷される製品がM2 Proになると報じられていました。
 
Appleは2022年10月にイベントを開催し、新型Macを発表すると噂されています。
 

New 14" and 16" MacBook Pro with new processors will enter mass production in 4Q22. Given TSMC's guidance that the 3nm will contribute revenue starting in 1H23, processors of 14" and 16" MacBook Pro models may still adopt the 5nm advanced node.
— 郭明錤 (Ming-Chi Kuo) (@mingchikuo) August 22, 2022

 
 
Source:郭明錤(@mingchikuo)/Twitter, MacRumos
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729) …

続きを読む シェア
0

Apple、米国においてセルフ修理プログラムをM1 MacBookに拡大

 
Appleは現地時間2022年8月22日、米国において、ユーザーが自分でAppleデバイスを修理することができる「セルフサービス・リペア・プログラム」が、M1チップを搭載したMacBook AirとMacBook Proでも利用可能になると発表しました。
8月23日からスタート
米国のユーザーは8月23日から、M1 MacBook AirとM1 MacBook Proを修理するための部品と工具を購入可能となります
 
Appleは4月27日より、米国においてiPhone向けに同プログラムを開始しており、iPhone12シリーズ、iPhone13シリーズ、iPhone SE(第3世代)用のディスプレイ、バッテリー、カメラなどの部品と、修理や交換に必要な工具を提供しています。
 
なおM1 MacBookシリーズの修理に必要な工具は購入も可能ですが、1週間49ドルでレンタルすることもできます。これはiPhoneと同じ金額です。
近く欧州でも展開、対応MacBookも追加
現時点ではセルフサービス・リペア・プログラムが提供されているのは米国のみですが、Appleは欧州を始めとするその他の国々でも近く展開を開始するとしています。
 
また年内にM1 MacBook以外のMacBookも、同プログラムの対象に追加するとのことです。
 
 
Source:Apple via 9to5Mac
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

iPad mini 7やiMac Proはいつ?今後1年間の新製品発表時期を予想

 
YouTubeの人気チャンネル「Max Tech」のVadim Yuryev氏(@VadimYuryev)が、Bloombergのマーク・ガーマン記者の情報などをもとに、2022年10月〜2023年10月までに発表される新型iPadと新型Macの発表時期に関する予想をTwitterに投稿しました。
2023年春にiPad mini(第7世代)が発表と予想
Vadim Yuryev氏(@VadimYuryev)は、2022年10月〜2023年10月の間にiPad mini(第7世代)やiMac Proなど多数の製品が発表されると予想しています。
 

時期
発表が予想される新製品

2022年10月
M2搭載Mac miniM2搭載iPad ProiPad(第10世代)

2022年11月
Appleシリコン搭載Mac Pro

2023年3月
M2 ProおよびM2 Max搭載14インチMacBook ProM2 ProおよびM2 Max搭載16インチMacBook ProM2 Pro搭載Mac miniiPad Air(第6世代)iPad mini(第7世代)

2023年6月
新型iMac Pro15インチMacBook Air

2023年10月
M3搭載MacBook AirM3搭載MacBook Pro

 
iPad(第10世代)とM2搭載iPad Proは、iPhone14シリーズとともに2022年9月に発表されるとの噂もあります。
 
M2 Proの量産は、TSMCの3nmプロセスにて年内に開始されるとみられています。
 
Mシリーズチップの開発サイクルは、Aシリーズチップと異なり18カ月との情報がありました。
 

Apple event Mac & iPad announcement predictions:
October: M2 Mac miniM2 iPad ProiPad 10
November:Mac Pro
March 2023: M2 Pro/M2 Max 14/16” MacBook Pros.M2 Pro Mac miniiPad AiriPad mini
June 2023:iMac Pro15” MacBook Air?
October 2023:M3 MacBook Air and/or M3 MBP
— Vadim Yuryev (@VadimYuryev) August 21, 2022

 
 
Source:Vadim Yuryev(@VadimYuryev)/Twitter
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729) …

続きを読む シェア
0

Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W) (10000mAh 30W出力モバイルバッテリー搭載 65W出力USB充電器)【独自技術Anker GaNP...

¥13,491 Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W) (10000mAh 30W出力モバイルバッテリー搭載 65W出力USB充電器)【独自技術Anker GaNPrime採用 / USB Power Delivery対応 / PSE技術基準適合】USB-C入力対応 / 65W出力 iPhone MacBook Galaxy Android スマートフォン ノートPC 各種 その他機器対応(ブラック)

続きを読む シェア
0

Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W) (10000mAh30W出力モバイルバッテリー搭載 65W出力USB充電器)【独自技術Anker GaNPr...

¥13,491 Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W) (10000mAh30W出力モバイルバッテリー搭載 65W出力USB充電器)【独自技術Anker GaNPrime採用 / USB Power Delivery対応 / PSE技術基準適合】USB-C入力対応 / 65W出力 iPhone MacBook Galaxy Android スマートフォン ノートPC 各種 その他機器対応(ブラック)

続きを読む シェア
0

PCチップメーカーが軒並み不振〜好調なのはAppleのみ

 
主要PCチップメーカーであるIntel、AMD、Nvidiaが、2022年の出荷数予測および売上高予測を軒並み下方修正したと、台湾メディアDigiTimesが有料版記事で伝えています。
PCメーカーが出荷台数と売上高予測を下方修正
3社が出荷数および売上高予測を下方修正したのは、出荷先であるPCメーカーが売上高予測を引き下げたためです。
 
Intelは2022年の売上高目標を約110億ドル下方修正するとともに、PC向けチップの出荷数を2021年との比較で10%減らす見通しです。
 
AMDも2022年通年での出荷数を、前年比14%〜16%減を見込んでいます。当初の予想では7%〜9%減でした。
 
PCメーカーのDell、Acer、HP、Asustek Computerは、いずれも2022年の出荷台数および売上高予測を引き下げました。2023年初めまで、厳しい状況が続くと見られています。
Appleシリコン搭載Macは好調
一方、AppleのM2 MacBook AirとM2 MacBook Proの販売台数は好調に推移しており、2022年のMacBookの総出荷台数は約2,900万台となる見通しで、過去3年のいずれの年の出荷台数をも上回ると、DigiTimesは予想しています。
 
AppleはMac向けチップにおいて、Intel製から自社製Appleシリコンへの移行をほぼ完了しつつあります。現在残っているIntel搭載Macは、ハイエンドのMac ProとローエンドのMac miniのみとなっています。
 
 
Source:DigiTimes via MacRumors
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

Best Back to School Tech 2022!

https://www.youtube.com/watch?v=ErMwWXQxHp0
Thanks to @BestBuy for sponsoring today's video! Check out the tech I showed off on my BestBuy storefront at https://bestbuy.7tiv.net/XxarBG or at the links below. Dell XPS 15 Laptop: https://bestbuy.7tiv.net/P0QADM M2 MacBook Air: https://bestbuy.7tiv.net/7m6DNV
Samsung Galaxy QLED Chromebook 2: https://bestbuy.7tiv.net/QO9GQ9 Logitech MX Master Mouse 3S: https://bestbuy.7tiv.net/x9KmG3 Apple iPad Air 4th Gen: https://bestbuy.7tiv.net/5bdqNo
Apple Pencil 2nd Gen: https://bestbuy.7tiv.net/e40QW6
Samsung Galaxy S22 Smartphone: https://bestbuy.7tiv.net/e40Q71
Samsung Galaxyt S21…

続きを読む シェア
0

MacBook Pro/Airの製造拠点分散へ〜ロックダウンなどのリスク回避の動き

 
DigiTimesが、Appleは中国におけるMacBook ProおよびMacBook Airの製造拠点を分散させることを計画していると報じました。
ロックダウンなどのリスク回避の動き
DigiTimesによれば、中国においてMacBook ProおよびMacBook Airの製造拠点を分散させる目的は、2022年第2四半期(4月〜6月)に生じた新型コロナウイルス感染症蔓延に伴うロックダウンで、同製品の製造に大きな影響が出たことを今後回避するためです。
 
MacBookの組立作業の約60%を担当するQuanta Computerは、これまで上海工場で製造していましたが、その一部を重慶の工場に移管する見通しです。
 
同社は、14インチおよび16インチMacBook Proと、M1搭載MacBook Air(13.3インチMacBook Air)およびM2搭載MacBook Airを製造しています。
 
MacBookの組立作業の残りの約40%を担当するFoxconnは、成都の工場で13インチMacBook Proと、M1搭載MacBook Airを製造しています。
今後、中国Wingtechが新規参入見込み
Appleは2022年後半に、M1搭載MacBook Airの製造委託先を両社から中国Wingtechへと変更するとDigiTimesは伝えています。
 
Wingtechは、2022年にMacBook全体の5%、2023年には10%を担当する見通しです。
 
Appleは最終的に、サプライヤー各社の担当割合が、Quanta Computerが55%、Foxconnが35%、Wingtechが10%になるように計画しているとDigiTimesは述べています。
 
 
Source:DigiTimes
Photo:Apple
(FT729) …

続きを読む シェア
0

MacBook Proの電源アダプタ、出荷時間が長期化

 
96Wと140WのUSB-C電源アダプタの出荷日が、6〜8週間後となっている、と米メディアMacRumorsが伝えています。
お届け日が10月になることも
米国でMacBook Proの電源アダプタの出荷時間が伸びていると報じられていますが、日本のサイトでも状況は同じのようです。
 
96W USB-C電源アダプタ、140W USB-C電源アダプタともに、出荷日は6〜8週間となっているのが確認できます。
 
Appleは先週、6月期も供給不足が続いているものの、9月期には不足が改善される見込みであると述べました。iPhone、iPad、Macなどの出荷見込みは2022年初頭から大きく改善されていますが、M1 Ultraチップを搭載したMac Studioやナノテクスチャーガラスを採用したStudio Displayなど、まだかなり遅れている製品もあるようです。
 
Appleの67W以下のUSB-C電源アダプタは、今のところより入手しやすくなっているとのことです。
 
 
Source:Apple [1], [2] via MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Apple、Studio Displayのサウンド問題を認め、暫定的な対処法を公開

 
Appleが、Studio Displayでオーディオ関連の問題が発生していることを認め、将来のiOSのアップデートで問題を解決すると案内し、暫定的な対処法を案内しています。
音が聞こえなくなる、音質の悪化などの指摘
Appleが2022年3月に発表したStudio Displayについて、音が突然出なくなる、再生速度が速くなる、音質が悪化するなどの問題が発生している、と一部のユーザーがTwitter、Appleのサポートフォーラム、MacRumors読者フォーラムなどで指摘しており、その数はこの数週間で増加している、と米メディアMacRumorsが報じています。
 
以下のツイートに添えられた動画には、音楽の出力先をMacBook ProからStudio Displayに切り替えて数秒後、音楽が止まってしまう様子が収められています。
 

Since yesterday my Studio Display will only play audio for a few seconds and then it stops. Audio playback works fine on the MacBook Pro that’s connected to the display. Not sure if it’s hardware or software related. I’m running the Ventura beta.
Anyone seeing something similar? pic.twitter.com/u4yO1bFubq
— Simon B. Støvring (@simonbs) July 28, 2022

 
Apple、対処方法を案内
MacRumorsは、Appleが正規サービスプロバイダに送付した文書において、オーディオ関連の問題が発生した場合の対処方法として以下の内容を案内しており、ハードウェアの問題ではないと説明し、今後のiOSアップデートで改善すると示唆している、と伝えています。
 

Studio Displayの電源プラグを抜く
接続しているデバイス、アクセサリー類を取り外す
10秒間待つ
Studio Displayを再び電源に接続する

 
ただし、この対処法は暫定的なもので、再び同じ問題に遭遇した、と報告しているユーザーもいます。
Webカメラの画質問題はファームウェアで改善
Studio Displayは、発売直後から内蔵カメラの画質が低いと指摘され、Appleが公開したファームウェアで画質は若干改善されましたが、Bloombergのマーク・ガーマン記者は「本質的な改善にはなっていない」と指摘しています。
 
 
Source:MacRumors
(hato) …

続きを読む シェア
0

MacBook Air(2015)など9つの製品がビンテージ製品リストに追加

 
MacBook Air(2015)など9つの製品が、ビンテージ製品リストに追加されたとMacRumorsが伝えました。
8つのMacと、9.7インチiPad Pro(2016)がビンテージ製品リストに追加
MacBook Air(2015)など9つの製品が、ビンテージ製品リストに追加されました。
 
今回追加されたのは、下記の製品です。
 

MacBook (12インチ、Early 2016)
MacBook Air(13インチ、Early 2015)
MacBook Pro(13インチ, Early 2015)
MacBook Pro(13インチ、2016年、Thunderbolt端子を2つ搭載)
MacBook Pro(13インチ、2016年、Thunderbolt端子を4つ搭載)
MacBook Pro(15インチ、2016年)
iMac(21.5インチ、Late 2015)
iMac(27インチ、Retina 5K、Late 2015)
9.7インチiPad Pro(2016)

 
日本時間2022年8月2日午後0時40分現在、米国のAppleサポートサイトのビンテージ製品リストにこれらの製品が掲載されていますが、日本のリストにはまだ掲載されていません。
ビンテージ製品とは
Appleはビンテージ製品について「Appleが販売店への供給を停止した日から5年以上7年未満の製品」と定義しています。
 
ビンテージ製品になると、Apple Store 直営店を含むAppleのサービスプロバイダからハードウェアの修理サービスを受けることができますが、修理可能かどうかは部品や交換品の在庫状況次第になります。
 
 
Source:Apple ビンテージ製品リスト(米国), ビンテージ製品リスト(日本), MacRumors
Photo:Apple
(FT729) …

続きを読む シェア
0

Popular Posts