ガジェット


スマートスピーカーをホームシアターのサウンドシステムとして活用する方法

Image:Amazon手持ちのガジェット、最大限使おうぜ!ホームシアターって憧れる、どことなくお金持ちの象徴な気がする…。と、思っていましたがやろうと思えばできるのです。シアター専用ルームは確かにお金持ちの特権でしょうが、ガジェット好きなら手持ちの装備でいけるかも。スマートスピーカーをサウンドシステムとして活用できるモデル、その方法をまとめました。まずは、ホームシアター機能のあるのは、Amazo …

続きを読む シェア
0

ゴーグルとセットでロボットみたい。アプリや頭の動きで表情を変えるスピーカー内蔵LEDマスク #CES2022

Image:Qudi仮面ライダーエグゼイド?「CES2022」にて、スキー用ゴーグルと口元を覆うマスクに199個のLEDが仕込まれ、ロボットのような表情や可能を表したり、テキストも表示できる「QudiMask」が出品されていました。スピーカー搭載でハッキリ話すことができ、アプリを使って表情およびさまざまなアニメーションを表示させられます。アプリにある表情は、笑顔、ラヴ、ビックリ、混乱、怒り、そして …

続きを読む シェア
0

FFファンはこれでプレイしてみては? パナソニックのゲーミングネックスピーカー

Image:パナソニックロゴドンたまんね~~~!音にこだわるゲーマーから「ゲーム空間への新感覚没入体験」「従来のゲーミングヘッドセットの課題を解決できる」と好評を得ているパナソニックの肩掛け型ゲーミングスピーカー「SC-GN01」。なんと3月25日から、拡張パッケージ「ファイナルファンタジーXIV:暁月のフィナーレ」の発売を記念して「SC-GN01ファイナルファンタジーXIVエディション(品番:S …

続きを読む シェア
0

【レビュー】3つで1万円以下!生活を変えたコスパ最高のガジェット

 
筆者がコストパフォーマンスが良いガジェット3種(スマートウォッチ、スマートスピーカー、ストリーミングメディアプレーヤー)を実際に試したところ、日常生活で便利に感じることが多かったため紹介します。
高コスパガジェット
Amazonのブラックフライデーセール等を利用して、格安でスマートウォッチ、スマートスピーカー、ストリーミングメディアプレーヤーを合計1万円以下で入手し、実際に日常生活で試してみました。
 
なお、筆者はAmazonプライム会員となっており、自宅でWi-Fiが利用できる環境でのレビューとなります。Prime VideoやPrime Musicを利用するためには、Amazonプライムへの加入が必要ですので、ご留意ください。
 
ガジェットの組み合わせは以下の通りです。
 

スマートウォッチ:Xiaomi Mi スマートバンド5
スマートスピーカー:Amazon Echo Dot(第3世代)
ストリーミングメディアプレーヤー:Amazon Fire TV Stick(第3世代)

スマートウォッチ

 
Apple Watch SE(GPSモデル)が仕事や家事で大活躍したため、より気軽に利用できるスマートウォッチを探してXiaomiのMi スマートバンド5をセール価格3,592円(税込)で購入しました。
 
ディスプレイのサイズは1.1インチと小型ながら、日本語表示も可能で、iPhoneへの着信等を振動で通知するため、非常に便利です。
 
以下画像は、LINEのトークを実際に受信した際のディスプレイです(送信者名を加工)。文字はかなり小さいですが、送信者やトークの内容を手元で確認できるため、仕事中にiPhoneを鞄に入れている際等に活用しています。
 

 
通知時にはスマートウォッチ本体が振動するため、重要な連絡の見逃しが激減したことが最大の利点です。また、LINEの内容を確認し、対応が必要な時だけiPhoneを取り出して返信するようになり、通知のたびにiPhoneを取り出して確認していたことと比べ、格段に効率性が向上しました。
 
なお、スポーツモードや心拍数モニタリング機能を搭載していますが、筆者は特に使用しておらず、歩数計のみ参考にしています。
 
Mi スマートバンド5での通話や返信は不可能なため、Apple Watchの機能には及びませんが、価格差を考えると非常にコストパフォーマンスが良いスマートウォッチだと感じています。また、バッテリーのもちが良く、1回の充電で1週間~10日間程度は余裕をもって利用できます。
 
現在、AmazonではMi スマートバンド5は品切れですが、次世代モデルのMi スマートバンド6が5,990円(税込)で販売されています。今後、スマートバンド6がAmazonでのセール対象となることが期待されます。
ストリーミングメディアプレーヤー

 
旧世代のFire TV Stickが壊れてしまったため、Amazonの初売りセールで2,980円で購入しました。
 
テレビに接続することでAmazonのPrime Videoを大画面で楽しむことができます。また、YouTubeやニュース系のアプリ等を利用することができ、子どもにYouTubeを見せる時も、タブレット端末ではなくテレビで見せることができます。
 
プライム会員の場合は、Fire TV Stickを購入することでPrime Videoのメリットを最大限活かすことができそうです。
 
さらに、Bluetoothでワイヤレスイヤホンと接続することができることは、子育て世代には嬉しい機能です。家族が寝た後にテレビでPrime Videoの映画を見る際には、ワイヤレスイヤホンに接続することで、気兼ねなく鑑賞できます。
スマートスピーカー

 
スマートスピーカーは、Amazonのブラックフライデーで1,490円(税込)で投げ売りされていたEcho Dot(第3世代)を購入しました。
 
AI音声アシスタントAlexaを搭載しており、音声での指示で音楽の再生やスマート家電の操作が可能となります。残念ながら、筆者は他のスマート家電を保有していないため、主に音楽やニュースの再生を中心に使用しています。
 
AmazonのPrime Musicや、日経新聞のニュース、BBCの英語ニュース等を聴きながら家事をすることができ、生活のクオリティが上がったように感じています。両手がふさがっている場合でも、声で操作できるため便利です。
 
また、Prime Musicには幼児向け番組の「いないいないばあっ!」等のプレイリストもあり、「いないないばあを流して」等の指示で挿入歌を流せるため、育児中も活用しています。
 
さらにFire TV Stickに接続したテレビの電源オン・オフが可能なため、「テレビ消して」と指示してテレビを消す機能は意外と利用しています。なお、テレビの種類によって操作可能な内容が異なりますので、ご注意ください。
 
今回紹介したガジェットは低価格帯で基本的な機能となっていますが、コストパフォーマンスは非常に良いと感じています。2022年もAmazonプライムデーやタイムセール祭り等が開催されることが予想され、格安価格で購入するチャンスもありそうです。
 
 
Photo:Amazon (1), (2), (3)
(seng) …

続きを読む シェア
0

手軽に音質をグレードアップ。MagSafeでiPhoneにピタッとくっつくBluetoothスピーカー

Image:ScoscheiPhoneに直接ペタリ、のスピーカー。AppleはiPhoneの新しいバージョンが出るたびにどんどん進化させています。カメラからスクリーン、そしてソフトウェアも。でもひとつだけ残念なのは、スピーカー。いいヘッドホンを使うことでその辺は解決できるといえばできるのですが、スピーカーをiPhoneに直接くっつけて解決する道も出てきました。北米大手メーカーScosche社の「B …

続きを読む シェア
0

iPad Air(第5世代)はどうなる?A16搭載など海外メディアが予想

 
9to5Macが、iPad Air(第5世代)がiPad Air(第4世代)と比べてどのように進化するか予想しています。
iPad Air(第5世代)の改良点は
iPad Air(第5世代)は液晶ディスプレイではなく有機ELディスプレイを搭載すると噂されていましたが、その後、この計画は中止されたようです。
 
9to5Macは、iPad Air(第5世代)に関する改良点を下記のように予想しています。
 

搭載されるシステム・オン・チップ(SoC)はA16
5Gに対応
フロントカメラの画素数が、700万画素から1,200万画素に進化
センターフレーム(Center Stage)に対応
リアカメラのフラッシュが、クアッドLED True Toneフラッシュにアップグレード
1080pの動画撮影において、対応するフレームレートが増える
リアカメラが、2眼になる
スピーカーの数が、2つから4つに増加
販売価格はiPad Air(第4世代)と同じ

 
iPad Air(第5世代)はいつ発表される?
9to5MacはiPad Air(第5世代)の登場時期を2022年秋と予想していますが、Macworldは2022年春と予想していました。
 
また、iPad Air(第5世代)が搭載するSoCについてもMacworldはA15 Bionicと伝えており、9to5Macの予想と異なっています。
 
 
Source:9to5Mac via MacDailyNews
Photo:Matt Talks Tech/YouTube
(FT729) …

続きを読む シェア
0

AirPods Pro(第2世代)が今年後半に発売〜サプライヤーが出荷を準備

 
第2世代のAirPods Proの発売が、2022年下半期に迫っている、と報じられています。台湾メディアDigiTimesの情報です。
サプライヤーが出荷に向けて準備
AirPods Pro(第2世代)には、新たなデザインが採用され、より改善された音質、ロスレスオーディオの再生などの新機能の搭載が見込まれています。
 
AirPods Pro(第2世代)は今年後半の発売が予定されており、すでにサプライヤー各社が出荷に向けて準備を進めているとのことです。
ミンチー・クオ氏がスペックについて予測
未発売のApple製品について精度の高い予測を発表してきたアナリストのミンチー・クオ氏によれば、次世代AirPods Proはケースデザインが刷新され、「探す」に対応した音が出るものになるとのことです。
 
米メディアMacRumorsは、底面にスピーカー穴、側面にストラップ取り付け穴のあるAirPodsケースの画像を以前公開しています。
 
クオ氏の予測では、AirPods Pro(第2世代)の発売時期は2022年第4四半期(10月〜12月)であるとのことですが、このタイムラインは今回の情報とも一致します。
 
 
Source:DigiTimes via MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Ankerから2K対応ビデオバー。顔が明るく見えるようにLEDライトがついたよ #ces2022

Anker(アンカー)がCESで発表した、在宅勤務でのweb会議にはうれしい機能を搭載した一体型ビデオバー「AnkerWork B600 Video Bar」。解像度は2K30フレーム/秒、明るさ調整のできる散光LEDライト、スピーカー内蔵と、オールインワンなWebカメラとなっています。 …

続きを読む シェア
0

iPhone14 Proの新色、Apple Watch S8に48ミリケース追加?

 
リーカーのLeaksApplePro氏がiDrop Newsにおいて、iPhone14 Pro、Apple Watch Series 8、M2チップ搭載MacBook Air、その他の新製品に関する予想を伝えました。
iPhone14 Pro
iPhone14 ProについてLeaksApplePro氏は、本体カラーとしてローズゴールドが検討されていると述べています。このローズゴールドは、iPhone8のものよりも鮮やかなもののようです。
 
iPhone14シリーズのリアカメラについて同氏は、iPhone14とiPhone14 Maxのリアカメラは2眼でLiDARスキャナは非搭載、iPhone14 Proシリーズのリアカメラは広角カメラが4,800万画素になるのではなく、3つのカメラの画素数をあわせると4,800万画素になると説明しています。
 
その情報が正しければ、例えば、広角が2,400万画素で、超広角と望遠が1,200万画素ということになりそうです。
 
また、iPhone14およびiPhone14 Maxは引き続きノッチを採用しますが、iPhone14 Proシリーズはノッチを採用するかパンチホールになるかは決定していないとLeaksApplePro氏は伝えています。
 
同氏は、2022年4月か5月にiPhone14シリーズの製造試験があるので、その時期になれば明らかになると記しています。
Apple Watch Series 8
Apple Watch Series 8の改良点に関してLeaksApplePro氏が入手している情報は、スピーカーが大きくなり、より高速なプロセッサが搭載されるというものです。
 
Apple Watch Series 8のケース径は3種類になると噂されていますが、同氏によれば、48ミリ径が追加されるようです。
M2チップ搭載MacBook Air
M2チップ搭載MacBook Airの販売価格は、約1,200ドル〜(約135,000円〜)とLeaksApplePro氏は予想しています。
 
M2チップ搭載MacBook Air発売後は、M1チップ搭載MacBook Airを899ドル(約10万円)で併売するか、M2チップ搭載MacBook Airを999ドル〜(約115,000円〜)に設定し、M1チップ搭載MacBook Airを廃番にするか、2つの可能性があるとLeaksApplePro氏は述べています。
その他の製品
LeaksApplePro氏によれば、AppleはApple Pencil(第3世代)の開発に取り組んでいるようですが、新型iPad Proと一緒に発表されるかは不明とのことです。
 
Apple Pencil(第3世代)の改良点として、「探す」に対応する可能性があるようです。
 
LeaksApplePro氏はiPod touchについて、小変更の可能性はあるが、デザインを刷新した新型が登場することはないと伝えています。
 
 
Source:iDrop News
(FT729) …

続きを読む シェア
0

ファーウェイ、HarmonyOSで動作するスマートグラスを発表!

Huaweiは、マイクとスピーカーを備えるタイプのスマートグラス、华为智能眼镜(直訳するとHUAWEI スマートグラス)を発表しました。スマートグラスとしては初めてHarmonyOSを搭載しています。Android Communityが伝えました。HUAWEI スマートグラスはマ… smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。 Source

続きを読む シェア
0

AirPods Pro(第2世代)、ALAC、「探す」対応の音が出る充電ケース採用?

 
アナリストのミンチー・クオ氏が投資家向け情報として、AirPods Pro(第2世代)はロスレスオーディオ圧縮 (ALAC:Apple Lossless Audio Codec)に対応、充電ケースは「探す」に対応した音が出るものを採用すると伝えていることが明らかになりました。
スピーカーホールのある充電ケースのリーク情報があったが
AirPods Pro(第2世代)の充電ケースが「探す」に対応することで、AirPodsのイヤーピースを見つけ出すことができるのと同様に、充電ケースを見失った際にも見つけやすくなるとMacRumorsは述べています。
 
同メディアはAirPods Pro(第2世代)用充電ケースについて、以前報告したリーク画像に写る充電ケースにはスピーカーホールらしきものがあるとし、クオ氏の予想と一致すると伝えています。
ロスレスオーディオ圧縮に対応する通信方式を採用か
AirPods Pro(第2世代)をロスレスオーディオ圧縮に対応させようとする場合、Bluetooth通信帯域幅の問題が生じますが、Appleはそれを回避するための新しい通信方式などの代替策を提供する可能性があるとMacRumorsは予想しています。
 
クオ氏によれば、AirPods Pro(第2世代)の発売予想時期は2022年第4四半期(10月〜12月)とのことです。
 
 
Source:MacRumors
(FT729) …

続きを読む シェア
0

Xiaomi 12 Proの分解動画が公開〜冷却機構や指紋認証センサーを確認

 
YouTubeチャンネル「微机分WekiHome」が、Xiaomi 12 Proの分解動画を公開しました。
Xiaomi 12 Proの分解動画
微机分WekiHomeが早くも、Xiaomi 12 Proを分解し、ベイパーチャンバーやディスプレイ内指紋認証センサー、イメージセンサーなどを解説しました。
 
ロジックボード
Xiaomi 12 Proのロジックボードは、筐体内上部に搭載されています。
 

 
イメージセンサー
カメラのイメージセンサーは、ソニー「IMX707」、Samsung「JN1」、OmniVision「OV32B40」です。
 

 
搭載された各種チップ
ロジックボードに搭載されたシステム・オン・チップやメモリチップには、それぞれヒートシンクが装着されています。
 

 
SK HynixのROMを搭載
搭載されているROMはSK Hynix製UFS 3.1フラッシュストレージ、RAMも同社製LPDDR5です。
 

 
スピーカー
Xiaomi 12 Proには、上下左右に4つのスピーカーが装着されています。
 

 
4,600mAhのバッテリー
バッテリー容量は、4,600mAhです。
 

 
ディスプレイ内指紋認証センサー
ディスプレイパネルの裏面には、ディスプレイ内指紋認証センサーが搭載されています。
 

 
大型のベイパーチャンバーを搭載
Xiaomi 12 Proは2,900平方ミリメートルのベイパーチャンバーを搭載し、放熱性能を高めています。
 

 
本体の温度を測定
ベイパーチャンバーを搭載したことで、ゲームをプレイした際の本体の温度は、ディスプレイ側が40.3度、背面パネル側も40.3度に保たれています。
 

 

 
 
Source:微机分WekiHome/YouTube, GizmoChina
(FT729) …

続きを読む シェア
0

AirPodsから聞こえる音が小さい時の対処方法8つ

 
AirPodsやAirPods Proで再生される音量が以前より小さく感じる場合に、手軽にできる改善策を海外メディアiDropNewsがまとめているのでご紹介します。
簡単な設定変更でAirPodsの問題を解決
AirPodsやAirPods Proを使っていて、ボリュームが小さく聴こえる場合は、いくつかの設定を確認したり、AirPodsを調整するだけで改善することがあります。
 
ただし、Appleは長時間にわたって大音量で音楽などを聴き続けると聴覚に影響が出る可能性があると注意していますので、聴覚に影響の出ない範囲でお試しください。
 

Siriで音量を確認する
低電力モードがオフであることを確認する
「ヘッドフォン通知」をオフにする
片方のAirPodsだけ大きな音にする
AirPodsを掃除する
AirPodsの登録を解除する
AirPodsをリセット(初期化)する
AirPodsとiPhoneを再調整する

 
1. Siriで音量を確認する
AirPodsから聴こえる音が小さいと思ったら、まずはSiriに現在の音量を尋ねてみましょう。最大音量の何パーセントで再生されているかを教えてくれます。
 
もし、大きな音量で再生しているはずなのに音量が小さく感じられる場合は、次以降の解決策をお試しください。
 

 
2. 低電力モードがオフであることを確認する
iPhoneのバッテリー消費を抑える低電力モードですが、iPhoneの低電力モードがオンになると、AirPodsの音量も抑えられます。
 
iPhoneをもうすぐ充電できるなど、バッテリー消費を気にしなくて良いなら、「設定」アプリの「バッテリー」メニューを開くか、コントロールセンターの電池のアイコンから低電力モードをオフにできます。
 

 
3. 「ヘッドフォン通知」をオフにする
「ヘッドフォン通知」は、最近7日の音量と時間の組み合わせにより、聴覚への影響を防ぐために音量を下げるよう注意が表示され、次にAirPodsと接続した際に音量が自動で抑えられます。
 
聴覚の保護のためには「ヘッドフォン通知」をオンにしておくことを推奨しますが、以下の方法でオフにすることもできます。
 

「設定」アプリの「サウンドと触覚」を開きます
「ヘッドフォンの安全性」を開きます
「ヘッドフォン通知」をオフにします
「大きな音を抑える」がオンになっていたら、こちらもオフにします

 

 
4. 片方のAirPodsだけ大きな音にする
左右どちらか片方だけ、大きな音で聴きたい場合は、以下の手順で設定できます。
 

「設定」アプリの「アクセシビリティ」メニューを開きます
「オーディオ/ビジュアル」メニューを開きます
「バランス」の丸印を左右にドラッグすると、片方の音量が大きくなります

 

 
5. AirPodsを掃除する
耳に入れて使用する性質上、AirPodsには汚れがつくのは避けられません。もし、AirPodsやAirPods Proの音がこもって聴こえるなら、AirPodsを掃除することで改善される可能性があります。
 
Appleは、AirPodsシリーズのお手入れ方法を公開しており、本体の掃除には、糸くずの出ない柔らかくて乾いた布を、マイクやスピーカーのメッシュ部分は乾いた綿棒を使うことを推奨しています。
 
AirPods Proのイヤーチップについては、水ですすいで乾いた布で拭き取り、完全に乾いてから使用するよう案内しています。
 
Appleは2020年3月に製品のお手入れ方法を改訂し、条件によっては消毒用アルコールなどを使用できると案内しています。Appleは、70%イソプロピルアルコール含有ワイプ、75%エチルアルコール含有ワイプ(アルコール入りウェットティッシュなど)を外表面の拭き取りに使うことは可能と説明していますが、メッシュ部分などの開口部に使わないよう注意を促しています。
 

 
6. AirPodsの登録を解除する
音量を含めたAirPodsシリーズの問題の多くは、いったん登録を解除して再接続することで解決します。
 
登録解除/再接続は、以下の手順で簡単にできます。
 
登録解除方法

「設定」アプリの「Bluetooth」メニューを開きます
接続されているAirPodsの名前の横にある「i」ボタンをタップします
画面を一番下までスクロールして「このデバイスの登録を解除」をタップします
確認画面が表示されるので「デバイスの登録を解除」をタップします

 

 
再接続方法

AirPodsを充電ケースに入れてフタを閉め、iPhoneの近くでフタを開けます
「お使いのAirPodsではありません」とポップアップが表示されたら「接続」をタップします
画面の指示に沿って、充電ケース背面の設定ボタンを押し続けると再接続できます

 

 
7. AirPodsをリセット(初期化)する
登録解除/再接続でも問題が解決しない場合は、AirPodsを工場出荷状態に初期化してみましょう。この手順を試す前に、AirPodsと充電ケースのバッテリー残量が十分にあることを確認しておくことをお勧めします。
 

上記「6」の手順でAirPodsの登録を解除します
AirPodsを充電ケースに入れ、フタを開けた状態で、AirPodsの充電ケース背面の設定ボタンを、充電状態を示すランプがオレンジに続いて白く点滅するまで(約15秒間)長押しします。
AirPodsを再接続します。

 

 
8. AirPodsとiPhoneを再調整する
AirPodsとiPhoneの音量などの設定が一致していない可能性も考えられます。以下の手順でAirPodsとiPhoneを再調整して、設定を揃えてみましょう。
 

AirPodsを装着し、音楽を再生します
iPhoneの音量ボタンを使って、音量を最小まで下げます
「設定」アプリまたはコントロールセンターからBluetooth接続をオフにします。AirPodsは耳に装着したままにしてください
音楽をiPhoneのスピーカーで再生し、再びiPhoneの音量ボタンを使って音量を最小まで下げます
「設定」アプリまたはコントロールセンターから、Bluetooth接続をオンに戻します。AirPodsが自動で再接続されなければ、手動で再接続します
音楽を再生し、好みの音量に調節します

 
 
Source:iDropNews, Apple (1), (2)
Photo:Apple
(hato) …

続きを読む シェア
0

Galaxy S22の本体カラー・ホワイトのモックアップを撮影した動画が投稿

 
リーカーのIce universe氏(@UniverseIce)がTwitterに、Galaxy S22の本体カラー・ホワイトのモックアップを撮影した動画を投稿しました。
ホワイトのモックアップの各部を撮影
Ice universe氏(@UniverseIce)が投稿した動画は、Galaxy S22のディスプレイ、背面、底面の外部接続端子とスピーカーホール、側面のボタン配置などが確認できます。
 

I really like S22 white! Very small. so cute.(Dummy phone) pic.twitter.com/HRZzKa746h
— Ice universe (@UniverseIce) December 28, 2021

Galaxy S21より小さくなると噂
Galaxy S22に関してこれまで金属製モックアップが、Galaxy S22 Ultraについては実機画像が報告されていました。
 
Galaxy S22は、Galaxy S21より小さくなると噂されています。
 

iPhone 13 Pro vs S22 pic.twitter.com/oRnrxgtgwG
— Ice universe (@UniverseIce) December 28, 2021

 
 
Source:Ice universe(@UniverseIce)/Twitter
(FT729) …

続きを読む シェア
0

Amazon Alexa、購入者の15%~25%は2週間で使うのをやめている

 
アメリカでは4世帯に1世帯がAlexa対応デバイスを所持しているほど普及しているAmazonのAIアシスタントですが、すぐに使うのをやめる人も多いようです。
 
Amazonの内部文書によると、15%から25%のAlexaデバイスユーザーは使い始めて2週間で使うのをやめています。
15%~25%のユーザーがAlexaの使用を2週間でやめている
BloombergがAmazonの内部文書に基づいて伝えたところによると、アメリカの家庭の25%が少なくとも1台のAlexaデバイスを所有しているといいます。
 
この割合はAmazon Prime会員に限ると27%に上昇するそうです。
 
一方で、新たにAlexa対応デバイスを購入した人の15%~25%は使い始めてからわずか2週間で使うのをやめており、購入したすべての人がAlexaを気に入って使い続けているわけではないようです。
 
また、Amazonは昨年、スマートスピーカー市場は成長期を過ぎたと結論づけており、実際2021年第3四半期(7月~9月)に出荷されたAmazonのスマートスピーカーは前年同期比で10万台減でした。
 
上記のデータによると、AppleのHomePod miniは2021年第3四半期に2番目に売れたスマートスピーカーとなっています。
スマートディスプレイの方が利用頻度が高い
Bloombergはさらに、スマートディスプレイの方がスマートスピーカーよりもユーザーの利用頻度が高いということも伝えています。
 
スマートディスプレイ型Alexaデバイスを持つユーザーの74%は毎週使っているのに対し、スマートスピーカーのEchoシリーズユーザーは66%、Echo dotユーザーに限ると56%しか毎週使っていません。
 
またAmazonによると、Alexaユーザーは新しくデバイスを使い始めてから3時間以内に、今後使うであろう全機能の半分を発見しているとのことです。
 
ほとんどのユーザーは、音楽の再生、タイマーの設定、照明制御の3つの目的でしかAlexaを使っていません。
 
 
Source: Bloomberg via The Verge
(ハウザー) …

続きを読む シェア
0

防水&バッテリー内蔵スピーカー「Anker Soundcore 3」の新色が良すぎる! しかも限定10%オフいそげ!

Image:AnkerJapan/Twitter年末年始、環境づくりが捗るわー!時間ができたら何したい?僕は自室のお掃除とサウンド環境のリニューアルですね!スピーカーを見直したいし、なんなら自室だけじゃなくて、色んな部屋でいい音聞きたい。そんな僕らの音響リニュ衝動を後押ししてくれるちょうどいいスピーカーが安くなっているってんだから、これは乗るしかない。Ankerの人気ポータブルスピーカー「Anke …

続きを読む シェア
0

Google Home Mini、正式に販売終了〜4年の歴史に幕

Google Home Mini
 
スマートスピーカー“中興の祖”とも言うべき、Google Home Miniの販売が正式に終了しました。
スマートスピーカー市場の潮流を作ったモデル
2017年にGoogle Pixel 2/XL、Google Home Maxとともに発売された、小型スマートスピーカーGoogle Home Miniが公式オンラインストアで在庫切れとなり、入手できなくなっていることが分かりました。
 
6,600円(税込:米国では50ドル)と比較的安価で入手できるほか、発売当初よりYouTubeやSpotifyの加入者向けキャンペーンで割引販売やプレゼント特典となることが多かったため、スマートスピーカー市場の興隆に一躍買ったのは間違いありません。
 
2019年に日本国内で行われた調査(MMD研究所調べ)でも、Google Home Miniを所有しているユーザーは33.1%と、トップのAmazon Echo(35.6%)に肉薄する所持率でした。
 
2020年にAppleが高価なHomePodの販売を終了し、安価で小型なHomePod miniへの注力を決定したことを思えば、コストパフォーマンスで勝負したGoogle Home Miniがいかにスマートスピーカー市場で強い影響力を持っていたかが分かるというものでしょう。
AppleもHomePod miniで巻き返しへ
2017年から4年以上発売されてきたGoogle Home Miniですが、現在は実質的な後継機種のGoogle Nest Miniがその座を引き継いでいます。Nestモデルはスピーカーやマイクの音質向上、近接センサーと、同じエントリーモデルながらHome Miniから大きく進化しています。
 
ちなみに、HomePodでは苦戦したAppleも、HomePod miniに一本化したことで、2021年第3四半期(7月〜9月)にはNest Miniに次いで売れたモデルとなったことが分かっています。
 
 
Source:9to5Google
(kihachi) …

続きを読む シェア
0

Apple、スマートスピーカー市場でシェアがほぼ倍増~HomePod miniの効果

 
2021年第3四半期(7月~9月)のスマートスピーカー市場のシェアが発表され、Appleが前年同期比でシェアをほぼ倍増させました。
 
HomePod miniの発売による効果とみられます。
Appleのスマートスピーカー市場におけるシェアがほぼ倍増
調査会社のStrategy Analyticsによると、2021年第3四半期のAppleのスマートスピーカー市場におけるシェアは10.2%でした。
 

 
Appleは出荷台数を前年同期の210万台から400万台に増やし、シェアをほぼ倍増させています。
 
これは昨年10月に発表されたHomePod miniによる効果とみられ、HomePodが製造中止となり1モデルのみの販売になったにもかかわらず、シェアランキング4位に入りました。
 
HomePod miniはGoogle Nest Miniに次いで2番目に売れたスマートスピーカーであり、第4世代Amazon Echo Dotの出荷台数を上回ったとのことです。
 
AppleはHomePod miniの新しいカラーバリエーションを2021年11月2日に発売しました。
Appleがスマートスピーカー機能付きApple TVやスマートディスプレイを計画中?
スマートスピーカー市場首位のAmazonが2021年第3四半期に26.4%のシェアを持っているのに比べると、Appleのシェアはまだまだ低いといわざるを得ません。
 
この状況を挽回すべく、Appleはマイクとスピーカーを内蔵したスマートスピーカー機能付きApple TVや、タッチディスプレイを備えたスマートディスプレイを計画しているという噂もあります。
 
ただ、この市場全体が部品不足と物流の問題を抱えており、スマートスピーカー市場の成長が新型コロナウイルス流行前の水準に戻るのは2023年以降になりそうだとStrategy Analyticsは考えています。
 
 
Source: Strategy Analytics via AppleInsider
(ハウザー) …

続きを読む シェア
0

Appleはスマートホームのポータルとして巨大iPadを作るべき〜ガーマン氏

 
スマートホーム市場で遅れを取っているAppleは、Amazonを見習って巨大なiPadのようなスマートディスプレイを発売すべき、とBloombergの名物記者マーク・ガーマン氏がコメントしています。
壁掛けと専用スタンドで使用できる
「家族の中心にAlexa」がキャッチコピーのAmazon Echo Show 15(エコーショー15)は、新登場の15.6インチフルHDスマートディスプレイです。
 
家族全員がエンターテイメントを楽しんだり、大事な用事を共有・整理したりできる、カスタマイズ可能なスマートディスプレイです。縦向き・横向きのどちらにも対応します。壁に取り付けるか、専用スタンド(別売り)に取り付けて使用できます。
 

 
日本では現在、デバイスは後日発売予定となっていますが、すでに実機をテストしたBloombergのガーマン氏は、Appleも同様の製品を発売すべき、と自身のニュースレターPower Onの中で述べています。
新たなデバイス領域となるか?
ガーマン氏いわく、Echo Show 15は大型ディスプレイを搭載しており、天気のチェック、スマート家電のコントロール、セキュリティ映像の確認、毎朝のメモやリストの閲覧など、魅力的なデバイスであるとのことです。
 
もしAppleが同様のテバイスを手掛けた場合、App Storeを持っているため、ソフトウェア面でAmazonに対して優位に立つことができ、ハイエンドのカメラシステムや高速なプロセッサを搭載することも問題ないと思われる、と同氏はコメントしています。
 
さらに、Appleは、デバイスを据え置きで使用するために最適化する新しいソフトウェアレイヤー(ホームモードと呼ぼう)を作成することもできるであろうとのことです。
 
Appleはスマートスピーカー市場のわずか5%を占めているに過ぎませんが、新たなスマートホームデバイスを打ち出した場合、挽回もあり得るのでしょうか?今後の動向に注目です。
 
 
Source:Bloomberg
Photo:Amazon
(lexi) …

続きを読む シェア
0

【Amazonタイムセール中!】4,996円オフで買い時! Ankerの5in1ドックや1,290円のロジクールのスピーカーなど

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているタイムセール。本日2021年12月20日は、4,996円オフ(20%オフ)のAnkerの5in1ドックや1,290円のロジクールのスピーカーなど、今すぐ欲しい人気のアイテムがお得に多数登場しています。 …

続きを読む シェア
0

我々にとって、ガジェットはギフトです。Anker が人気&限定ギフトセットを販売開始

Image:アンカー・ジャパン実用的だし、ギフトで貰えたら嬉しいに決まってます。友人、恋人、家族など、大事な人に送るギフト。悩みますよね…。食べ物がいいかな?実用品がいいかな?残る物がいいかな?とか色々考えちゃうと思うんですが、僕ならそうですね…Ankerとかアリだと思うんです。そんなAnkerの製品を包んで贈れちゃうのが「Ankerギフトサービス」。充電器やスピーカー、ケーブル、プロジェクターな …

続きを読む シェア
0

CTスキャンで見るAirPodsの進化〜第1世代、Pro、第3世代

 
AirPods(第1世代)、AirPods Pro、AirPods(第3世代)のCTスキャン写真をもとに、イヤホンの進化を解説したWebページがScan of the Monthにより公開されました。
第1世代AirPodsのマイクはわずか2.1ミリ×1.2ミリの大きさ
AirPods(第1世代)は、2016年10月に発売が予定されていましたが、実際には2カ月遅れとなりました。CTスキャンを見ると、なぜ製造が難航したのかがわかるとのことです。
 
スピーカーの後ろの部分には、リジッドフレックスの電子部品が詰め込まれていますが、その構造は、折り紙職人も顔負けのもの、との評価です。組み立ての際には、フレキシブル基板にしわを寄せないように折り目をつけることが重要であり、高度な技術が要求されるそうです。
 
ステムベースに内蔵されたマイクは、わずか2.1ミリ×1.2ミリの大きさで、装着者の口元に向かってわずかに回転しています。
 

Proではイヤホンの内部が完全に再設計
AirPods Proにアクティブノイズキャンセリングやその他いくつかの新機能をさらに小さなフォームファクタに詰め込むため、Appleはイヤホンの内部を完全に再設計しました。バッテリーはステムからヘッドに移動し、電子機器クラスタもヘッドに残されています。非常に高密度なPCBは、電子機器を単一のコンポーネントに集中させることで、組み立ての簡素化が可能となりました。
 
Proでは、下向きのマイクが廃止され、2つのステムベースのマイクが採用されました。第1世代のマイクに比べて3.4ミリ×2.4ミリと大幅に大型化しています。
 

1枚のPCBAにほとんどの部品が収納
第3世代のAirPodsは、Pro仕様ではありませんが、見た目はProにそっくりです。
 
第1世代のAirPodsとは、電子機器と電池の位置が完全に入れ替わり、電子機器はステムに、電池はヘッドに取り付けられています。1枚のPCBAにほとんどの部品が収められており、あとは分散配置されたいくつかのセンサーを残すのみとなっています。
 

 
 
Source:Scan of the Month via MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

【取材】Apple純正部品でiPhone修理、独立系修理プロバイダ認定企業に聞いた

 
Appleの純正部品を使ったiPhone修理ができる「独立系修理プロバイダ」としての認定取得を発表したアドバンサポート(本社所在地:栃木県大田原市)に、Appleの認証を受けるに至った経緯、対応可能な修理サービス、今後の展開などについて詳しくお話をお聞きしました。
日本では2021年3月末に発表、Appleの独立系修理プロバイダ
Appleは2019年8月、Appleの純正部品や修理マニュアルなどを独立系の修理業者に提供する独立系修理プロバイダプログラムの開始を発表しました。
 
2021年3月末にAppleは、同プログラムを日本を含む世界200以上の国・地域に拡大し、認定を希望する事業者の受付を開始すると発表しています。
 
独立系修理プロバイダとしての認定を受けるのに費用はかかりませんが、専任のApple認定技術者を置く必要があり、認定を維持するには毎年更新する必要があります。
 
認定を受けると、正規プロバイダと同価格でAppleの純正部品や修理用ツールを購入し、正規プロバイダと同じ内容のトレーニング、マニュアル、診断プロセスが利用可能となります。
日本初?Appleの認定取得を発表したアドバンサポートに詳しく聞いた
2021年11月末、Appleの独立系修理プロバイダとして認定を受けたと、パソコンの販売・修理などを行うアドバンサポートが発表しました。
 
筆者が確認できた範囲では、Appleの独立系修理プロバイダ認定取得をプレスリリース発表したのは、同社が日本初とみられます。
 
ハードルが高そうにも思える、Appleの認定取得に至った経緯などについて、メールで取材し、詳しくお話をお聞きしました。
創業時から多かったiPhone修理の相談

貴社のWebサイトを拝見すると、主な事業内容はPCの販売や修理、サポートとのことですが、Appleの独立系修理プロバイダの認定を受けようとお考えになったきっかけをお聞かせいただけますか?

アメリカでAppleの独立系修理が開始された報道を見てから、ずっと日本での展開を心待ちにしていました。
 

 

WebサイトのFAQページに「申し訳ございません。。iPhoneおよびiPadの修理は行っておりません」と記載がありますが、iPhoneの修理についてのご相談は多かったのでしょうか?

創業時からiPhone修理の相談は多かったです(編集部註:株式会社アドバンサポートの設立は2014年10月)。
 
過去に画面割れ修理等を、純正パネルのリペア品やサードパーティー製の部品を使って行っていた時期もありますが、社外バッテリーを入れると色々問題があることが分かってからは、iPhone修理をお断りしていました。
 

 

Appleの認定を取得する上で、大変だったことは何でしたか?

4月に申請して以降、忘れた頃にAppleからメールが届くので、メールを見逃さないように注意するのが大変でした。
iPhoneの画面割れやバッテリー交換などに対応、今後はMac修理も

独立系修理プロバイダとして、修理対応可能な製品や修理内容をお聞かせいただけますか?また、現在は未対応でも、今後対応予定の修理サービスがあれば、あわせてお聞かせください。

iPhoneの画面割れ、バッテリー交換に対応可能です。また、機種により異なりますが、カメラ交換、スピーカー交換なども対応できる場合があります。
 
今後は、Macの修理にも対応予定です。
 

 
12月中の修理サービス開始に向けて、手探りで準備中

iPhoneの修理サービスを開始する予定時期など、見通しをお聞かせいただけますか?

実際に独立系修理プロバイダとしてのサービス開始は、12月中を予定しております。現在、必要な機材等の手配などを行っているところで、Appleにオーダーした純正部品の一部は今週(編集部註:12月第1週)入荷する見込みです。
 
4月の申請から、全て手探りで進行しているので、時間がかかります。
 
修理希望の場合、まずはメールか電話でご連絡を

iPhoneなどの修理をお願いしたい場合の流れをお聞かせいただけますか?

まだ修理サービス開始前なので予定となりますが、まずはメールか電話でお問い合わせをいただき、ご来店いただいて診断し、お見積もりのうえで製品をお預かりし、修理完了後に引き渡しという流れになる予定です。
 

修理サービスは、本社所在地の栃木県大田原市で実施されているのでしょうか?(少し気の早い質問ですが)今後、対応店舗を拡大する計画などはありますか?

修理サービスは、本社所在地の栃木県大田原市で実施しています。お客様に満足していただけるようなサービスを行うことができるのであれば、対応店舗を拡大したいと思います。
 

AppleのWebサイトには「独自の保証を提供しているプロバイダもあります」と記載がありますが、貴社では、修理した製品に対して、独自の保証などは提供されるのでしょうか?

サービス開始時点では、独自の保証はありません。
Apple純正部品を使用し、安心のiPhone修理を

よろしければ、iPhone Maniaの読者に対して、メッセージがありましたらお願いいたします!

今まで街のiPhone修理業者では、独自のツールや手法で作業を行っていたと思いますが、独立系修理プロバイダではApple推奨のツールや機材を使い適切な手順で作業を行うことにより、安定した品質の提供が可能となります。
 
交換部品は、Apple純正部品をAppleから直接取り寄せて使用します。自信を持って安心なiPhone修理サービスのご案内ができる事を嬉しく思います。
 

iPhone修理サービス提供準備でお忙しい中、取材にご協力いただきありがとうございました!

取材後記:出発点は「安心できるiPhone修理を」との想い
アドバンサポート代表取締役の直井さんには、突然のメールで多くの質問をお送りしたにもかかわらず、わずか1時間半ほどで回答という、大変スピーディーな対応をいただきました。この場をお借りして重ねて御礼申し上げます。
 
Appleの認定を取得しようと考えたきっかけが、利用者からの相談が多いiPhone修理に、安心できるパーツを使ってしっかりと対応したいから、との回答がとても印象的でした。
 
損傷しがちなiPhoneの画面や、使用とともに劣化が避けられないバッテリーを、Apple純正パーツで、Appleの推奨する方法で修理してもらえるのは安心感があります。今後はMacの修理にも対応するとのことで、地域のiPhone&Macユーザーには心強い存在となりそうです。
 
また、反響によっては対応店舗の拡大も検討するとのことなので、将来の展開も楽しみにしたいところです。
 
アドバンサポートに修理を希望される方は、まずはメールか電話でのお問い合わせをお願いします。連絡先や所在地は、同社のWebサイトでご確認ください。
 
 
 
取材協力:アドバンサポート
参照:アドバンサポートのプレスリリース, Apple
(hato) …

続きを読む シェア
0

簡単すぎるパスワード、デフォルトに設定するのを禁止 イギリス政府が法案提出

イギリス政府がIoT業界に一石を投じる法案を提出し、世界の注目を集めています。この法案はスマートテレビ、スマートスピーカー、カメラなどインターネットに接続可能の端末を、安易なデフォルトパスワード設定で出荷することを禁じる法案です。サイバーセキュリティの向上が目的。 …

続きを読む シェア
0

Anker公式ストアが楽天スーパーセールに参加、最大30%割引に

 
Ankerは12月4日から開催されている楽天スーパーセールにおいて、多数の製品の割引クーポンを配布しています。クーポンを適用することで、ワイヤレスイヤホンやモバイルバッテリー、ロボット掃除機等を最大30%割引で購入可能です。
Anker製品の割引クーポンを配布

 
Ankerは12月4日(土)午後8時から12月11日(土)午前1時59分までの期間限定で、公式ストア「アンカー・ダイレクト楽天市場店」において、一部製品が最大30%割引となるクーポンを配布しています。
 
2021年1月に発売されたノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」や、USB急速充電器「Anker PowerPort III Nano 20W」等が割引価格で提供されます。
 
クーポンを適用することで、Soundcore Liberty Air 2 Proは20%割引の10,384円(税込)、PowerPort III Nano 20Wは10%割引の1,791円(税込)で購入することが可能です。
 
その他にも、モバイルバッテリーや電源タップ、ポータブルスピーカー、モバイルプロジェクター、ロボット掃除機等、幅広い製品の10%~30%割引クーポンが配布されています。
 
詳細はAnkerの楽天スーパーセール特設ページにてご確認ください。
 

アンカー・ダイレクト楽天市場店の特設ページ

 
 
Source:Anker
(seng) …

続きを読む シェア
0

DOSS SoundBox Pro Bluetooth スピーカー ワイヤレス ポータブルスピーカー デュアルドライバ パッシブラジエーター搭載 20W出力 小型スピーカー EXTRA BASSテクノ...

 (10057) ¥4,999 DOSS SoundBox Pro Bluetooth スピーカー ワイヤレス ポータブルスピーカー デュアルドライバ パッシブラジエーター搭載 20W出力 小型スピーカー EXTRA BASSテクノロジー 強化された低音 ステレオ IPX5防水 イルミネーション機能 20時間再生 Aux-in TFカード対応 お風呂 アオトドア適用 ぶるーとぅーすすぴーかー

続きを読む シェア
0

Popular Posts