ガジェット


macOS Big Sur 11.7.1とSafari 16.1がリリース

 
Appleが2022年10月25日、macOS Big Sur 11.7.1と、macOS Big SurおよびmacOS Monterey向けのSafari 16.1をリリースしました。
macOS Big Sur 11.7.1のリリースノート
macOS Big Sur 11.7.1のリリースノートには、アップデート内容として下記のように記されています。
 
このアップデートには重要なセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。
Safari 16.1のリリースノート
macOS Big SurおよびmacOS Monterey向けのSafari 16.1のリリースノートには、アップデート内容として下記のように記されています。
 
Safari 16.1には、セキュリティの改善、問題の修正およびパスキーへの対応が含まれます。
 
Appleは本日、macOS Venturaや、iOS16.1、iPadOS16.1、watchOS9.1、tvOS16.1もリリースしています。
 
 
Source:Apple
(FT729) …

続きを読む シェア
0

iPad(第10世代)とM2搭載iPad Proの純正壁紙が掲載、ダウンロード可能

 iPad(第10世代)とM2搭載iPad Proに採用されている純正壁紙を9to5Macが掲載、同メディアの掲載ページからダウンロード可能です。
iPad(第10世代)に採用されている純正壁紙
iPad(第10世代)に採用されている純正壁紙は、「サークル:円」をモチーフにしたものです。
 
この壁紙は、本体カラーであるシルバー、ブルー、ピンク、イエローを基調としたものです。
 
壁紙はいずれも通常版とダーク版の2種類、合計8枚が掲載されています。
 
M2搭載iPad Proに採用されている純正壁紙
一方、M2搭載iPad Proに採用されている純正壁紙の名称は、「レンズ」です。
 
2種類の「レンズ」壁紙はいずれも背景がブラックで、ブルーとピンクを基調としたレンズの紋様が、ピンク、パープル、ブルーの3色で描かれています。
 
こちらの壁紙はいずれも通常版とダーク版の2種類、合計4枚が掲載されています。
 
 
 
Source:9to5Mac
(FT729) …

続きを読む シェア
0

M2 Pro/Max搭載MacBook Proのメモリ帯域幅が拡大?LPDDR5X搭載か

 
MacRumorsが、M2 ProおよびM2 Maxを搭載するMacBook ProのメモリはSamsung製のLPDDR5Xになることで、メモリ帯域幅が大幅に拡大するとの予想を伝えました。
帯域幅が最大33%向上、消費電力が最大20%削減
M1 ProおよびM1 Maxを搭載する現行モデルのMacBook Proのメモリは、Samsung製のLPDDR5で、帯域幅がM1 Proは最大200GB/s、M1 Maxは最大400GB/sとMacRumorsは説明しています。
 
MacRumorsは、ForumメンバーでMac StudioとStudio Displayの事前予想を的中させたAmethyst氏の情報として、「MacRumorsが、M2 ProおよびM2 Maxを搭載するMacBook ProのメモリはSamsung製のLPDDR5Xになることで、メモリ帯域幅が大幅に拡大する」との予想を紹介しています。
 
同氏の予想では、M2 Proの帯域幅は最大300GB/s、M2 Maxのそれは最大600GB/sへと、最大33%拡大される見通しです。
 
また、メモリ帯域幅が拡大しながらも、消費電力は最大20%削減されるとAmethyst氏は述べています。
新型MacBook Proの発表時期に関する噂
M2 ProおよびM2 Maxを搭載するMacBook Proの発表時期についてMacworldは、現地時間2022年10月25日にプレスリリースで発表される可能性があると伝えています。
 
また、Bloombergのマーク・ガーマン記者は、数カ月以内に発表されると予想していました。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729) …

続きを読む シェア
0

優れた防水性能の次世代スリングバッグ「Modern Pack 16L」がまもなく終了!

「Modern Pack 16L」は、コンパクトながら13インチまでのPCを収納できる大容量スリングバッグ。超軽量かつ強度に優れたハイテク素材「X-PAC」を全面に採用し、防水性能にも優れます。メインコンパートメントには2通りのアクセス方法があり、PC専用の独立ポケットでリモートワークにも便利です。 …

続きを読む シェア
0

もうiPhoneに任せる。Safariのタブを整理してもらう方法

Photo:マエノケンタかつてはSafariのタブの個数は上限が決められていました。たとえば昔、iOS8では上限が8枚でした。現在は通常モードで500個、プライベートモードで500個と、合計で1000個まで。タブグループ機能が追加されてからは、1グループ増やすと500個ずつ増えますし、実質無限になりました。そうなってくると、タブ検索の機能を使っても目当てのタブが出てこない状態になってしましまいます …

続きを読む シェア
0

watchOS9.1公開、最新Apple Watchのバッテリー節約など新機能

 
AppleはwatchOS9.1の正式版を公開しました。最新モデルのApple Watchでワークアウト中のバッテリー消費を抑えられるほか、充電中でなくてもApple Musicの音楽をApple Watchにダウンロード可能になる、などの新機能が追加されています。
iOS16.1などと同時に公開
Appleは10月25日、Apple Watch向けOSのアップデートwatchOS9.1を公開しました。
 
今秋発売されたApple Watch Ultra、Apple Watch Series 8、Apple Watch SE(第2世代)でワークアウト中のバッテリー消費を抑える新機能や、Apple Watchが充電器に接続されていなくてもApple Musicの音楽をダウンロード可能になるほか、スマートホーム接続規格Matterへの対応、不具合の修正が含まれています。
 
Appleは同時に、iOS16.1、iPadOS16.1、macOS Ventura 13.0などの正式版も公開しています。
watchOS9.1のリリースノート
このアップデートにはApple Watch用の改善が含まれます。
 
Apple Watch Series 8、Apple Watch SE(第2世代)、およびApple Watch Ultraでの心拍数とGPSの測定頻度を下げる機能により、屋外ウォーキング、ランニング、およびハイキングのワークアウト中にバッテリー駆動時間を節約可能
Apple Watchが充電器に接続されていないときにWi-Fiまたはモバイル通信を使用してミュージックをダウンロード可能
新しいスマートホーム接続規格、Matterに対応し、さまざまなホームアクセサリをエコシステム間で連携させることが可能
 
このアップデートには、Apple Watchのバグ修正も含まれます。
 
屋外ランニング中の平均ペースの音声フィードバックが正しくない場合がある問題
天気Appに表示される降水確率の予測がiPhoneの現在地の予測と一致しない場合がある問題
1時間ごとの天気のコンプリケーションで、午後の時間帯に時刻が午前と表示される場合がある問題
一部のユーザで機能的筋力トレーニングワークアウト中に表示される時間が進まない場合がある問題
複数の通知を受信したときに、VoiceOverで通知を読み上げる前にApp名が読み上げられない場合がある問題
 
Appleソフトウェアアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222
 
 
Source:Apple
(hato) …

続きを読む シェア
0

iPadOS16.1公開!ステージマネージャなど新機能多数

 
Appleは10月25日、iPadシリーズ向けの新世代OS、iPadOS16.1を公開しました。iPhone向けのiOS16から約1カ月遅れでの公開となりました。M1/M2搭載モデル向けの「ステージマネージャ」など多くの新機能が利用可能となっています。
iOS16から約1カ月遅れでiPadOS16.1が公開
Appleは10月25日、先日予告していたとおり、iPadOS16.1を公開しました。iOS16から、およそ1カ月遅れての公開となりました。
 
iPadOS16.1のリリースノートは以下のとおりです。
 
iCloud共有写真ライブラリ
個々のライブラリで写真とビデオを最大5人とシームレスに共有可能
ライブラリの設定時または参加時に、開始日や写真に写っている人をもとにして共有ライブラリに追加する写真を簡単に選択可能
ライブラリのフィルタ機能により、共有ライブラリ、個人用ライブラリ、または両方のライブラリの表示を素早く切り替えることが可能
編集や許可の共有により、参加者全員が写真の追加、編集、お気に入りへの追加、キャプションの追加、削除の操作が可能
“カメラ”で共有設定を切り替えることで、撮影した写真をそのまま共有ライブラリに追加するか、Bluetoothでほかの参加者が近くにいることが検出されたときに自動で共有する設定を有効にするかを選択可能
 メッセージ
送信後15分以内はメッセージの編集が可能で、受信者は編集の記録を見ることが可能
メッセージの送信後2分間は送信を取り消すことが可能
メッセージを未開封にする機能により、チャットをあとで見つけやすくすることが可能
“メッセージ”でSharePlayを使用して、友達とメッセージをやり取りしながら映画、ミュージック、ゲームなどを一緒に楽しむことが可能
共同制作機能では、“メッセージ”を使ってファイルの共同作業への参加を簡単に依頼することができ、共有プロジェクトで編集が加えられたときにスレッドでアクティビティの更新情報を取得することが可能
 メール
より正確で完全な結果を返すように検索機能が改善され、入力し始めた瞬間から検索候補を表示
メッセージの送信後10秒以内であれば“送信を取り消す”で送信をキャンセルすることが可能
“あとで送信”機能で、指定した日時にメールを送信することが可能
“リマインダー”機能でメールを読み直したり、返信を忘れないようにするためのリマインダーを受け取る日時を設定可能
 Safariとパスキー
共有タブグループで、複数のタブをほかの人と共有することができ、タブグループの更新は共同制作をしながら即時に確認可能
タブグループのスタートページは、タブグループごとに異なる背景画像やお気に入りをカスタマイズすることが可能
タブグループごとによく閲覧するWebサイトを固定することが可能
トルコ語、タイ語、ベトナム語、ポーランド語、インドネシア語、オランダ語をSafariのWebページ翻訳機能に追加
パスワードの代わりに、より簡単で安全にサインインできるパスキーに対応
パスキーはiCloudキーチェーンによりAppleデバイス間でエンドツーエンドで同期され、お使いのすべてのAppleデバイスで使用可能
 ステージマネージャ
マルチタスクを行うためのまったく新しい方法(iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、iPad Pro 11インチ(第1世代以降)、およびiPad Air(第5世代)で使用可能)
ウインドウの重ね合わせやサイズ変更が可能になり、Appの配置を調整して、理想的なワークスペースを構築することが可能
画面の左端に並んでいる“最近使ったApp”では、App間を素早く切り替えることが可能
Appをグループ化してAppのセットを作成すると、そのグループに素早く戻ることが可能
 新しいディスプレイモード
リファレンスモードにより、Liquid Retina XDRディスプレイを搭載した12.9インチiPad Proで一般的な色基準のリファレンスカラーとビデオフォーマットのリファレンスカラーを表示でき、Sidecarを使ってAppleシリコン搭載Macのリファレンス用ディスプレイとしても使用可能
新しく追加されたディスプレイのサイズ調整設定でディスプレイのピクセル密度を増やすと、App内でより多くのものを表示可能(iPad Pro 11インチ(第1世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第5世代以降)、および iPad Air(第5世代)で使用可能)
 天気
iPadの天気Appが大きなディスプレイに合わせて最適化され、臨場感あふれるアニメーション、詳細なマップ、タップできる予報モジュールなどに対応
天気マップでは、降水量、空気質、気温に切り替えることができ、地図を場所表示の横に並べるか、またはフルスクリーンで表示することが可能
モジュールをタップして、1時間ごとの気温や今後10日間の降水量といった詳しいデータを表示可能
空気質では、色分けした空気質、レベル、カテゴリーを表示し、マップ上に表示した空気質に関連する健康上の推奨事項や汚染物質の内訳などを確認することが可能
背景のアニメーションは、太陽の位置、雲の状態、降水量を数千種類ものアニメーションで表示することが可能
重大な気象警報の通知により、現在地付近で重大な気象警報が発表されたときに通知を受信することが可能
 Game Center
ゲーム内ダッシュボードのアクティビティで、このゲームでの友達の達成項目や、すべてのゲームについて友達がプレイしているゲームやその達成項目をまとめて表示することが可能
Game Centerのプロファイルで、自分がプレイしているすべてのゲームの達成項目やLeaderboardのアクティビティのハイライトを表示することが可能
“連絡先”との統合により、友達のGame Centerでのプロフィールが表示され、友達がプレイしているゲームやその達成項目を見ることが可能
 テキスト認識表示
テキスト認識表示により写真の中のテキストが操作可能なテキストになり、“写真”、スクリーンショット、クイックルック、Safari、および“カメラ”を使ったライブプレビューでコピー&ペースト、“調べる”、翻訳の機能を使用可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびiPad Pro 11インチのすべてのモデルで使用可能)
テキスト認識表示がビデオに対応し、一時停止したビデオフレーム内のテキストをコピー、翻訳、“調べる”、共有などの機能を使用可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
クイックアクションにより検出された写真とビデオ内のデータをシングルタップでフライトや配送の追跡、外国語の翻訳、通貨の変換などが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
 画像を調べる
画像の被写体だけを背景から抜き出して、メールやメッセージなどのAppにコピー&ペーストすることが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびiPad Pro 11インチのすべてのモデルで使用可能)
“画像を調べる”で写真に写っている鳥、昆虫、蜘蛛、彫像を認識可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
 Siri
ショートカットの設定が簡単になり、何も設定しなくてもAppをダウンロードするだけでSiriからショートカットを使用可能
メッセージ送信前にSiriから確認を求められることなく送信可能にする新しい設定
“Hey Siri、何ができるの?”と尋ねることにより、iPadOSやAppでSiriができることを調べることが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
“Hey Siri、通話を終了”と頼んで電話やFaceTimeでの通話を終了するオプション(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
絵文字に対応し、iPadでメッセージを送信するときに声を使って絵文字を挿入することが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
 音声入力
音声入力機能が全面的に新しくなり、音声入力をキーボードまたやApple Pencilと一緒に使用してテキストの入力や編集を行うことが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
話す通りに読点、句点、疑問符を自動的に挿入する機能を装備
絵文字に対応し、音声入力中に声を使って絵文字を挿入することが可能(iPad(第8世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、およびすべてのモデルのiPad Pro 11インチで使用可能)
 マップ
運転経路に15か所までの複数の経由地を追加することに対応
サンフランシスコベイエリア、ロンドン、ニューヨークなどでは、交通機関の運賃により移動にかかる費用を確認可能
 ホーム
ホームAppが再設計され、スマートホーム用アクセサリのナビゲーション、整理、表示、コントロールを簡単に実行可能
ホームタブで、アクセサリ、部屋、シーンのすべてを1つのタブに統合し、家全体を一目で見渡すことが可能
照明、空調、セキュリティ、スピーカーとテレビ、水回りのカテゴリーで、部屋ごとに整理されたすべての関連アクセサリに素早くアクセスでき、より詳細なステータス情報を表示
最大4つまでのカメラ映像をホームタブの中央部に表示し、スクロールしてその他のカメラ映像を表示可能
アクセサリタイルのデザインを一新。カテゴリに合わせたカラーでより視覚的にわかりやすいアイコンを採用し、より正確なアクセサリの操作を実現
新しいスマートホーム接続規格、Matterに対応し、さまざまなホームアクセサリをエコシステム間で連携させることが可能
 ファミリー共有
子供用アカウント設定の改善により、年齢に応じたメディア制限など、適切なペアレンタルコントロールが適用された状態で子供用アカウントを簡単に作成可能
クイックスタートを使って、子供用に新しいiOSまたはiPadOSデバイスを親/保護者が選択したペアレンタルコントロールが適用された状態で簡単に設定可能
子供からのスクリーンタイムのリクエストが“メッセージ”に表示されるようになり、承認や拒否をより簡単に実行可能
ファミリーチェックリストでは、子供のペアレンタルコントロール設定のアップデート、位置情報共有のオン、またはiCloud+のサブスクリプションをみんなと共有することを気づかせるようなヒントや提案を表示
 デスクトップクラスのApp
ツールバーがカスタマイズ可能になり、Appで最もよく使う機能を追加することが可能
メニューに“閉じる”、“保存”、“複製”などのコンテキストが追加され、PagesやNumbersなどのAppで書類やファイルを簡単に編集可能
メール、メッセージ、リマインダー、Swift Playgroundsなど、システム全体のAppで検索と置換が可能
“カレンダー”の空き時間状況表示により、“カレンダー”で会議の予定を作成するときに、招待された参加者の空き時間を表示可能
 個人情報安全性チェック
“設定”の新規項目の個人情報安全性チェックでは、同居する人や親密なパートナーからの暴力行為にあっている人が相手に許可したアクセス権を素早くリセットすることが可能
“緊急リセット”により、“探す”経由での位置情報共有の無効化、Appのプライバシー権限のリセットなど、すべての人とAppのアクセスをリセットするアクションを素早く実行可能
共有とアクセスを管理することで、情報にアクセスできるAppや人を確認し、カスタマイズすることが可能
 アクセシビリティ
“拡大鏡”の“ドアの検出”機能によりドアを見つけ、ドア周辺の標識やシンボルを読み取り、ドアを開けるための手順を提供
バディコントローラで、複数のゲームコントローラからの入力を1つにまとめて、認知機能に不自由のある方がゲームをプレイする際に、介助者や友達のサポートを受けることが可能
VoiceOverが、バングラ語(インド)、ブルガリア語、カタロニア語、ウクライナ語、ベトナム語を含む20以上の新しい言語と地域で利用可能
 
このリリースには、以下の機能と改善も含まれています:
“メモ”に“水彩”、“モノライン”、“万年筆”が新しく追加
AirPods Pro(第2世代)では、“探す”や“正確な場所を見つける”がMagSafe対応充電ケースに対応し、AirPods(第3世代)、AirPods Pro(第1世代)、AirPods Maxでも利用可能な、より正確で没入感のあるリスニング体験を提供する空間オーディオにも対応
FaceTimeのHandoff機能により、iPadからiPhoneやMacに、またはiPhoneやMacからiPadにシームレスにFaceTime通話を引き継ぐことが可能
ミー文字では、ステッカーポーズ、ヘアスタイル、帽子類、鼻、リップカラーのバリエーションがアップデート
翻訳Appでカメラを使って身の回りのテキストを翻訳することが可能
“写真”の重複検出機能により、重複した写真を識別し、ライブラリを素早く整理することが可能
“リマインダー”でリストをピンで固定して、よく使うリストに素早く移動することが可能
ホーム画面上での検索により、ホーム画面下部から直接Spotlightにアクセスでき、Appを開いたり、連絡先を探したり、Webで情報を入手したりすることが簡単に実行可能
“緊急セキュリティ対応”では、重要なセキュリティの改善をより迅速にデバイスに適用するために、通常のソフトウェアアップデートとソフトウェアアップデートの間に自動的に適用
 
このリリースにはその他の機能と改善も含まれます。詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://www.apple.com/jp/ipados/ipados-16/features/
 
一部の機能は、地域やiPadの機種によっては使用できない場合があります。Appleソフトウェアアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222
 
 
Source:Apple
(hato) …

続きを読む シェア
0

iOS16.1正式版公開。iCloud共有写真ライブラリなど新機能追加

 Appleは10月25日、iOS16.1の正式版を公開しました。iCloud共有写真ライブラリ、iPhone14 ProのDynamic Islandにサードパーティー製アプリのライブアクティビティが表示可能になるなどの新機能が追加されています。
iOS16.1リリースノート
Appleが公開したiOS16.1のリリースノートは以下のとおりです。
 
iCloud共有写真ライブラリ
個々のライブラリで写真とビデオを最大5人とシームレスに共有可能
ライブラリの設定時または参加時に、開始日や写真に写っている人をもとにして共有ライブラリに追加する写真を簡単に選択可能
ライブラリのフィルタ機能により、共有ライブラリ、個人用ライブラリ、または両方のライブラリの表示を素早く切り替えることが可能
編集や許可の共有により、参加者全員が写真の追加、編集、お気に入りへの追加、キャプションの追加、削除の操作が可能
“カメラ”で共有設定を切り替えることで、撮影した写真をそのまま共有ライブラリに追加するか、Bluetoothでほかの参加者が近くにいることが検出されたときに自動で共有する設定を有効にするかを選択可能
 ライブアクティビティ
他社製AppのライブアクティビティをiPhone 14 ProモデルのDynamic Islandやロック画面に表示可能
 ウォレット
メッセージやWhatsAppなどのメッセージ用Appを使って車やホテルの部屋などのキーをウォレットで安全に共有可能
 ホーム
新しいスマートホーム接続規格、Matterに対応し、さまざまなホームアクセサリをエコシステム間で連携させることが可能
 ブック
読書を始めるとリーダーコントロールが自動的に非表示に
 
このアップデートにはiPhone用のバグ修正も含まれます:
削除済みのチャットが“メッセージ”のチャットリストに表示されることがある問題
簡易アクセスの使用時にDynamic Islandのコンテンツが表示されない問題
VPN Appの使用中にCarPlayを接続できないことがある問題
VoiceOverを使って日本語キーボードで入力しているときに音声フィードバックが途切れることがある問題
 
一部の機能は、地域やAppleデバイスによっては使用できない場合があります。Appleソフトウェアアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222
 
 
Source:Apple
(hato) …

続きを読む シェア
0

Apple、AnkerのMagSafe対応キューブ型充電器を販売開始

 Appleが、AnkerのMagSafe充電器「Anker 3-in-1 Cube with MagSafe」の販売を開始しています。iPhoneを最大出力15ワットでワイヤレス充電できるほか、Apple Watchへの高速充電にも対応しています。
コンパクトなキューブ型デザインのワイヤレス充電器
Appleが販売を開始した「Anker 3-in-1 Cube with MagSafe」は、iPhone、Apple Watch、AirPodsなど3つのデバイスを同時にワイヤレス充電できる充電器です。
 
 
高さ、幅、奥行きがいずれも6センチと掌サイズのキューブ型デザインが特徴的です。重量は438グラムです。
 
 
iPhone、Apple Watchの高速ワイヤレス充電に対応
「Made for MagSafe」認証を取得しており、iPhone12、iPhone13、iPhone14の各シリーズに最大出力15ワットの高速ワイヤレス充電ができます。
 
iPhoneは縦向きにも横向きにも置くことができ、iPhoneを設置する角度も調節可能です。
 
 
「Made for Apple Watch」認証も取得しており、Apple Watch Series 7以降のApple Watchへの高速充電にも対応しています。
 
 
価格は21,800円
「Anker 3-in-1 Cube with MagSafe」本体に、長さ1.5メートルのUSB-C – USB-Cケーブル、出力30ワットの充電器が付属します。
 
 
「Anker 3-in-1 Cube with MagSafe」の日本のApple Storeでの販売価格は21,800円(税込)です。
 
本稿執筆時点で、Appleオンラインストアでは在庫ありと案内されています。
米Ankerは販売を開始
「Anker 3-in-1 Cube with MagSafe」は、本稿執筆時点においてAnker Japanでの販売は開始されていませんが、米Ankerでは149.99ドル(本稿執筆時点の為替レートで約22,320円)で販売が開始されています。
 
なお、アメリカのApple Storeでの販売価格は149.95ドルと、ほぼ同額です。
 
いずれ、Anker Japanも販売が開始すると見込まれます。
 
 
Source:Apple Japan, Apple(US), Anker(US) via AAPL.ch
(hato) …

続きを読む シェア
0

Google Pixel Watchの充電器でPixel Budsが充電可能と報告

 
Google Pixel Watchの充電器で、Google Pixel Budsが充電できるようです。
サポート文書に未記載も、充電できたと報告
Google Pixel Watchの充電には専用充電器が必要で、Qi方式ワイヤレス充電には対応していません。
 
ただし、Google Pixel Watchの充電器を使用し、Qi方式ワイヤレス充電に対応するGoogle Pixel BudsとGoogle Pixel Buds Proは充電できるようです。
 
これはGoogleの互換性リストに掲載された充電方法ではありませんが、検証したユーザーからの情報として、複数回試してもGoogle Pixel Budsは問題なく充電されたと報告しています。
 

Around 10 mins later pic.twitter.com/Otlh9TKKpR
— Damien Wilde (@iamdamienwilde) October 24, 2022

 
 
Source:9to5Google
(FT729) …

続きを読む シェア
0

プラスチック筐体のiPadの開発中止〜目標価格はキーボード同梱で78,800円以下?

 
Appleはプラスチック製筐体のiPadを開発しており、プラスチック製キーボードを同梱して500ドル以下(78,800円以下)で発売することを計画していたが、この計画は中止されたとMacRumorsが伝えました。
教育市場向けデバイスとして検討されていた模様
MacRumorsはBloombergのマーク・ガーマン記者からの情報として、Appleは500ドル以下の、プラスチック製筐体のiPadとプラスチック製キーボードのセットを発売する計画があったと伝えています。
 
このセットは主に教育市場向けとして検討されたもので、Chromebookの対抗商品を想定していたようです。
 
500ドル相当のiPadとして海外では、iPad miniが499ドル〜で販売されています。同モデルの日本での販売価格は、税込78,800円〜です。
 
また、iPadの最安モデルはiPad(第9世代)で、海外での販売価格は329ドル〜、日本での販売価格は税込49,800円〜です。
現行モデルにキーボードを組み合わせた価格と比較
iPad(第9世代)用Smart Keyboardは税込24,800円〜ですので、本体とあわせた合計価格は税込74,600円です。
 
Appleが開発していたプラスチック製筐体のiPadとプラスチック製キーボードがどのようなものだったのかは不明ですが、Magic Keyboard Folio(税込38,300円〜)やMagic Keyboard(税込44,800円〜)相当のキーボードでなかったのならば、500ドル以下(78,800円以下)の価格はそれほど魅力的とは思えません。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple
(FT729) …

続きを読む シェア
0

【レビュー】「和」カラー、スタンド&グリップ内蔵!ディーフのハイブリッドケース

 
Deff(ディーフ)のケース「Etanze(エタンゼ)」のiPhone14 Pro用モデルをレビューします。表面硬度9Hの化学強化ガラスに「和」をテーマとした日本の伝統色を配したハイブリッドケースです。記事には、レビュー用に提供いただいたサンプルを使用しています。
日本の伝統色をまとった、MILスペック準拠のケース
Deffの「Etanze」は、背面に表面硬度9Hを誇る強化ガラス、側面には衝撃吸収性に優れた熱可塑性ポリウレタン(TPU)を採用したハイブリッドケースのシリーズです。落下の衝撃からiPhoneを保護する耐衝撃性能は、米軍のMIL規格(MIL-STD-810G)に準拠しています。
 

 
2022年9月に発売されたiPhone14シリーズ用モデルでは、ガラスならではの質感を活かし、日本の伝統色をまとったシリーズへとリニューアルしています。
 
「Etanze」には紫を帯びた上品な青色である「金青(こんじょう)」、白みを帯びた青色の「白群(びゃくぐん)」、混じり気のない完全な白である「純白(じゅんぱく)」の3色です。
 

 
背面のカラーは、強化ガラスの内側にプリントされています。
回転式スタンドパーツの内側には柔らかいシート
パッケージには、ケース本体と、使用方法が記されたシートが入っています。
 

 
ケースの重量を筆者所有のスケールで測ったところ、46グラムでした。
 

 
ケース中央の回転式スタンドパーツは、内側からテープで仮止めされており、iPhoneに装着するときはテープを外して使います。
 

 
回転式スタンドパーツの、iPhoneに触れる内側にはスポンジのような柔らかい素材のシートが貼られています。
 

 
iPhone14 Proに「金青」を装着
iPhone14 Proのブラックに、「Etanze」の「金青」を装着してみます。
 
背面の回転式スタンドパーツは、特に向きにこだわらなくても装着できますが、小さな切り欠きがある側から引き起こして使うので、最初は切り欠きのある側が下にくるように装着するとわかりやすいです。
 

 
ケースに、iPhoneを上から押し込むと簡単に装着できます。
 

 
背面は、艶のある質感です。回転式スタンドパーツが約2ミリ飛び出しています。背面カメラは高くなったフレームが取り囲んで保護しています。
 

 
ガラスフィルムを貼った状態のスクリーンを取り囲むように周囲が高くなっています。
 

 
側面のボタンは押しやすく、サウンドオン/オフスイッチは爪で操作できます。
 

 
底面は、Lightningポートとスピーカー部分がくり抜かれています。
 

 
便利な回転式スタンドパーツ
ケース背面の回転式スタンドパーツは、引き起こして使います。
 

 
起こしたスタンドパーツを溝にはめ込んで、回転させられます。
 

 
動画視聴などに便利なスタンドとして使えます。
 

 
横方向だけでなく、縦方向のスタンドとしても使えます。
 

 
回転式スタンドパーツとケースの間に指を挟んで、グリップとして使えます。電車での移動中など、立ってiPhoneを使うときの安定感がアップします。
 

 
使用しない時は、ケース側に押し当てると固定されます。
3色をiPhone14 Pro(スペースブラック)に装着してみた
3色の「Etanze」を、iPhone14 Proのスペースブラックに装着してみました。
 
「金青」は、背面が深みのあるブルーで、落ち着いた印象です。側面は明るめのグレーです。
 

 
「白群」は、背面が優しい雰囲気の淡い青みがかった白、側面はホワイトです。
 

 
「純白」は、背面も側面もホワイトです。背面はまさにピュアホワイトという感じの白です。
 

 
各色とも、背面の強化ガラスの内側にプリントされていて、色落ちの心配はなさそうです。強化ガラスの表面には防汚コーティングが施されており、指紋なども軽く拭き取るとすぐに取れます。
ワイヤレス充電には制限も
ディーフは、「Etanze」を装着したまま、同社の「WIRELESS CHARGING TRAY」でワイヤレス充電が可能(ただし、充電時間が若干長くなる場合がある)と案内しています。
 

 
パッケージの裏面に記載がありますが、MagSafeでのワイヤレス充電には対応していません。
 

 
筆者が試してみたところ、MagSafe充電器では背面の回転式スタンドパーツが干渉してしまい充電できませんでした。
 
筆者手持ちのワイヤレス充電器では、MagSafe充電器など、充電できる範囲が絞られた充電器では充電できず、充電可能範囲が比較的広いワイヤレス充電器では充電できました。
 
ただし、背面の回転式スタンドパーツがあるためワイヤレス充電中の安定感にはやや欠けるので、傾きのない場所に設置するなどの注意が必要と思われます。
iPhone14シリーズ各モデルに対応、3,980円で販売中
「Etanze」は、iPhone14シリーズ各モデルに対応しています(ただし、iPhone14 PlusとiPhone14 Pro Maxは「白群」と「純白」の2色展開)。また、iPhone14用はiPhone13にも使用可能です。
 
Deffダイレクトショップでの販売価格は3,980円(税込)で、楽天市場、Amazon.co.jpでも購入可能です。
 
 
参照:Deff
(hato) …

続きを読む シェア
0

Apple Watch SEに似た「OPPO Watch SE」が中国で発売

 
OPPOが、新しいスマートウォッチ「OPPO Watch SE」を中国で発売しました。OPPO Watch SEは、Apple Watch SEに似ているとMySmartPriceが指摘しています。
OPPO Watch SEの仕様と販売価格
OPPOが2022年10月20日、OPPO Watch 3およびOPPO Watch 3 Proに加え、OPPO Watch SEを中国で発売しました。
 
OPPO Watch SEの販売価格は999元(約20,500円)で、本体カラーはグレーとパープルの2種類が用意されます。
 
OPPO Watch SEの主な仕様は、下記の通りです。
 

項目
OPPO Watch SE

ディスプレイ
1.75インチ、有機ELディスプレイ解像度:372 x 430ピクセル常時点灯機能搭載

SoC
Snapdragon 4100+およびApollo 4sコプロセッサ

OS
ColorOS for Watch

RAM
1GB

ストレージ容量
8GB

バッテリー容量
400mAh

駆動時間
3日間(フルスマートモード)10日間(ライトスマートモード)

通信
eSIM、Wi-Fi、Bluetooth、NFC

ヘルスケア
心拍数測定、血中酸素飽和度測定睡眠トラッキング、ストレス測定

 

 

 

 
 
Source:MyDrivers via GizmoChina,MySmartPrice
(FT729) …

続きを読む シェア
0

iPad、第10世代にして究極に使えるタブレットとなる。これは買いでしょう!!

触ってみて初めてわかる使いやすさ。痒いところにすべて手が届いてしまった成熟感。正直に言って、僕は親兄弟も含めた家族全員にこれを薦めたい欲望にウズウズしています(母親はもうiPad3台持っているけどまだ薦めたい)。
すでに予約して到着を待っている方、おめでとうございます。そしてまだ買ってないけど、気になっている方も検討の余地ありだと思いますよ。最初は買う気がなかった僕でも魅了されるぐらいなので、個人 …

続きを読む シェア
0

Windows 11でAndroidアプリが動く!? インストール&起動方法はこちら

AmazonアプリストアがWindows11で使える。Image:Windowsプレビュー版ですが…使ってみませんか?試験段階の状態ですが、AndroidアプリがWindows11で使えるようになりました!今はまだ、「プレビュー版」という位置付けで、Googleのアプリストアではなく、Amazonのアプリストアからしか使えません。Androidアプリなのに(!)。ですが、誰でも使えて、さほど面倒な …

続きを読む シェア
0

アプリから遠心力で淹れるSpinnのコーヒーって美味しいの?

ベッドにいながらアプリ操作だけで淹れられる利便性と、豆の挽き具合もカスタマイズできる本格性が合体した、ニュータイプのコーヒーメーカー「Spinn」。まだ北米でしか買えませんが、米GizmodoのBrent Rose記者が2カ月ほど使って詳細レビューしてますので、コーヒー好きは以下、ご覧ください! …

続きを読む シェア
0

ジェット・スーツで浮かんで『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』のホバーボードを再現してみた

背中と両腕にジェット・パックを装備して空中を高速移動する、Gravity Industries(グラヴィティー・インダストリーズ)のジェット・スーツ。マーティーが初めて時間旅行をした10月21日「バック・トゥ・ザ・フューチャーの日」を記念し、未来を舞台にした2作目を再現。ホバーボードを履いて空を飛びました。 …

続きを読む シェア
0

【Amazonタイムセール中!】これからの季節におすすめのグッズがお買い得。ヘインズのロンTが30%オフ、クノールのカップスープが22%オフなど

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。 Amazon(アマゾン)で毎日開催されているタイムセール。本日2022年10月24日は、ヘインズのロンTが30%オフやクノールのカップスープが22%オフなど、今すぐ欲しい人気のアイテムがお得に多数登場しています。 …

続きを読む シェア
0

針を刺さずにグルコースモニタリングできちゃう「K’Watch Glucose」、精度良好との試験結果

Image:PKvitality点が線になれば、よりわかりやすく。針を刺さずに持続グルコースモニタリング(CGM)できるスマートウォッチとして、フランスのPKvitality社が開発中の「K’WatchGlucose(ケーウォッチグルコース)」が注目を集めています。血糖値を測れるスマートウォッチといえば、去年のCESでお披露目されたクォンタムオペレーションの試作品も記憶に新しいところ。どちらも「針 …

続きを読む シェア
0

Dynamic Islandが「島」になる、iPhone14 Pro専用壁紙が公開

 
iPhone14 Proシリーズでノッチの代わりに新たに採用された、正面ディスプレイ上部のTrueDepthカメラを収めるDynamic Islandですが、その名の通りDynamic Islandが実際に「島(アイランド)」になる専用壁紙が公開されています。
Dynamic Islandが「アイランド」に
Apple製品のサードパーティー壁紙制作で知られるBasic Apple Guyは、Dynamic Islandが島になるiPhone14 Pro専用壁紙を公開しました。
 
今回の壁紙は、iPhone14 Proシリーズの発表直後にミーム化したデザイナーのアンドレアス・ストーム氏(@avstorm)のツイートがもとになっているとのことです。
 

Vacation is booked. Dynamic Island we are coming pic.twitter.com/ah45z5tRpH
— Andreas Storm (@avstorm) September 9, 2022

 
壁紙は、ソース元のBasic Apple GuyのWebサイトからダウンロード可能となっています。
 
 
Source:Basic Apple Guy
(lexi)
 
 

あわせて読みたいiPhone14シリーズ 関連特集
【速攻予約】iPhone14を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

Google、ARデバイスのプロトタイプのテストを北米で開始〜実環境でのテスト

 
9to5Googleが、Googleは拡張現実(AR)デバイスのプロトタイプを用いた実環境でのテストプログラムを、米国に加えてカナダにも拡大すると伝えました。
2022年11月からカナダでも開始予定
2022年8月に米国で開始されたGoogleのARデバイスのプロトタイプのテストプログラムが、11月からカナダにも拡大されます。
 
テスターが利用可能な項目は、翻訳やナビゲーション機能です。ナビゲーション機能の場合、実際の風景に目的地までの道順が重ねて表示されます。
 
ARデバイスのプロトタイプのテストプログラムでは、データ解析とデバッグのためにユーザーが見ている風景が画像データとして保存されますが、その際はLEDインジケーターで通知されます。
 
また、プライバシー保護のため、学校などの公共の施設や集会および抗議活動などの場所ではテストを行わないようにしています。
翻訳機能を搭載したGlass Enterpriseもテスト中
Googleは、翻訳機能を搭載したGlass Enterpriseのテストも行っていると、9to5Googleは伝えています。
 
 
Source:9to5Google,NTTコミュニケーションズ
(FT729) …

続きを読む シェア
0

iPodの父ことトニー・ファデル氏がiPodの生誕21周年を祝福

 
2001年に初代iPodが発売されてから今年の10月23日で21年となりましたが、iPodの父として知られるトニー・ファデル氏が祝福のコメントを投稿しています。
Appleの製品ラインナップから姿消したiPod
iPod touchの生産終了が発表され、またたく間に売り切れになったのは今年5月のことです。
 
iPodがAppleの製品ラインナップから姿を消した後でもiPodを懐かしむ声がいろいろなところから聞かれており、iPod shuffle風のApple WatchコントローラーやiPod touchのiPhone壁紙が話題になりました。
生みの親が生誕21周年を祝福
iPodの開発に深く関わったファデル氏は、iPodの生誕21周年を祝福するツイートを投稿しました。「お酒が飲める年齢になったんだね!?乾杯しよう…」とコメントが添えられています。
 

Happy 21st birthday iPod!!!
You’re now legal drinking age! I’ll toast to that… pic.twitter.com/HJz6Vwdk2z
— Tony Fadell (@tfadell) October 23, 2022

 
米メディア9to5Macも、iPodの生誕21周年を祝福し、初代iPodのテレビ広告動画を投稿しています。
 

On this day in 2001, Apple introduced the iPod.
This was its first commercial. pic.twitter.com/cmTGiu3eHO
— 9to5Mac (@9to5mac) October 23, 2022

 
 
Source:@tfadell/Twitter
(lexi) …

続きを読む シェア
0

iPhone14/14 Pro、Apple Storeとキャリアの在庫~10/24

 
Apple Store(オンラインストア)と携帯キャリアで販売されている、iPhone14シリーズ、iPhone14 Proシリーズの在庫状況をお伝えします。
 
この記事は、2022年10月24日午後5時10分時点での、各モデル/ストレージ容量ごとの在庫状況をもとにしています。
ソフトバンクとNTTドコモが在庫減少
2022年10月24日午後5時10分時点で、Appleオンラインストアのお届け予定日は、iPhone14とiPhone14 Plusは全モデルが1〜2営業日、iPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxは全モデルが2週〜3週です。
 
ソフトバンクでは、iPhone14の「在庫あり」モデルがほぼ半数にまで減少しています。
 
auでは、iPhone14とiPhone14 Plusも全モデルが「在庫あり」で、iPhone14 Proも多くのモデルが「在庫あり」モです。iPhone14 Pro Maxは、2モデルが「在庫あり」で、変わりません。
 
NTTドコモでは、iPhone14 Plusの512GBと、iPhone14 Proの全モデルが「予約可能」(在庫なし)になりました。
 
楽天モバイルは、iPhone14の全モデルが「在庫あり」です。iPhone14 Plusは2モデルを除き、「在庫あり」のままです。
 
Apple Storeおよび携帯キャリアごとの在庫状況は、下記からご確認ください。
 
▼Apple Store
▼ソフトバンク
▼au
▼NTTドコモ
▼楽天モバイル
 
Apple Storeでのお届け予定日
2022年10月24日午後5時10分時点での、iPhone14シリーズ、iPhone14 Proシリーズの、ストレージ容量ごとのお届け予定日をお伝えします。
 
iPhone14

ブルー
パープル
スターライト
ミッドナイト
(PRODUCT)RED

128GB
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日

256GB
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日

512GB
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日

 
iPhone14 Plus

ブルー
パープル
スターライト
ミッドナイト
(PRODUCT)RED

128GB
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日

256GB
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日

512GB
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日
1〜2営業日

 
iPhone14 Pro

ディープパープル
ゴールド
シルバー
スペースブラック

128GB
2週~3週
2週~3週
2週~3週
2週~3週

256GB
2週~3週
2週~3週
2週~3週
2週~3週

512GB
2週~3週
2週~3週
2週~3週
2週~3週

1TB
2週~3週
2週~3週
2週~3週
2週~3週

 
iPhone14 Pro Max

ディープパープル
ゴールド
シルバー
スペースブラック

128GB
2週~3週
2週~3週
2週~3週
2週~3週

256GB
2週~3週
2週~3週
2週~3週
2週~3週

512GB
2週~3週
2週~3週
2週~3週
2週~3週

1TB
2週~3週
2週~3週
2週~3週
2週~3週

 
ソフトバンクの在庫状況
ソフトバンクにおける、2022年10月24日午後5時10分時点での、iPhone14シリーズ、iPhone14 Proシリーズの、本体カラーとストレージ容量ごとのお届け予定日をお伝えします。
 
iPhone14

ブルー
パープル
スターライト
ミッドナイト
(PRODUCT)RED

128GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

256GB
お問い合わせ
お問い合わせ
在庫あり
在庫あり
在庫あり

512GB
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ

 
iPhone14 Plus

ブルー
パープル
スターライト
ミッドナイト
(PRODUCT)RED

128GB
在庫あり
在庫あり
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ

256GB
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ

512GB
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ

 
iPhone14 Pro

ディープパープル
ゴールド
シルバー
スペースブラック

128GB
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
在庫あり

256GB
在庫あり
お問い合わせ
お問い合わせ
在庫あり

512GB
お問い合わせ
在庫あり
お問い合わせ
お問い合わせ

1TB
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ

 
iPhone14 Pro Max

ディープパープル
ゴールド
シルバー
スペースブラック

128GB
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ

256GB
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ

512GB
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ

1TB
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ

 
auの在庫状況
auにおける、2022年10月24日午後5時10分時点での、iPhone14シリーズ、iPhone14 Proシリーズの、本体カラーとストレージ容量ごとのお届け予定日をお伝えします。
 
iPhone14

ブルー
パープル
スターライト
ミッドナイト
(PRODUCT)RED

128GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

256GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

512GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

 
iPhone14 Plus

ブルー
パープル
スターライト
ミッドナイト
(PRODUCT)RED

128GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

256GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

512GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

 
iPhone14 Pro

ディープパープル
ゴールド
シルバー
スペースブラック

128GB
予約受付中
在庫あり
予約受付中
在庫あり

256GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

512GB
在庫あり
在庫あり
予約受付中
在庫あり

1TB
在庫あり
予約受付中
予約受付中
予約受付中

 
iPhone14 Pro Max

ディープパープル
ゴールド
シルバー
スペースブラック

128GB
予約受付中
予約受付中
予約受付中
在庫あり

256GB
予約受付中
予約受付中
予約受付中
予約受付中

512GB
予約受付中
予約受付中
予約受付中
予約受付中

1TB
在庫あり
予約受付中
予約受付中
予約受付中

 
NTTドコモの在庫状況
NTTドコモにおける、2022年10月24日午後5時10分時点での、iPhone14シリーズ、iPhone14 Proシリーズの、本体カラーとストレージ容量ごとのお届け予定日をお伝えします。
 
iPhone14

ブルー
パープル
スターライト
ミッドナイト
(PRODUCT)RED

128GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

256GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

512GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

 
iPhone14 Plus

ブルー
パープル
スターライト
ミッドナイト
(PRODUCT)RED

128GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

256GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

512GB
予約可能
予約可能
予約可能
予約可能
予約可能

 
iPhone14 Pro

ディープパープル
ゴールド
シルバー
スペースブラック

128GB
予約可能
予約可能
予約可能
予約可能

256GB
予約可能
予約可能
予約可能
予約可能

512GB
予約可能
予約可能
予約可能
予約可能

1TB
予約可能
予約可能
予約可能
予約可能

 
iPhone14 Pro Max

ディープパープル
ゴールド
シルバー
スペースブラック

128GB
予約可能
予約可能
予約可能
予約可能

256GB
予約可能
予約可能
予約可能
予約可能

512GB
予約可能
予約可能
予約可能
予約可能

1TB
予約可能
予約可能
予約可能
予約可能

 
楽天モバイルの在庫状況
楽天モバイルにおける、2022年10月24日午後5時10分時点での、iPhone14シリーズ、iPhone14 Proシリーズの、本体カラーとストレージ容量ごとのお届け予定日をお伝えします。
 
iPhone14

ブルー
パープル
スターライト
ミッドナイト
(PRODUCT)RED

128GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

256GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

512GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

 
iPhone14 Plus

ブルー
パープル
スターライト
ミッドナイト
(PRODUCT)RED

128GB
在庫あり
在庫あり
お届け時期未定
在庫あり
在庫あり

256GB
在庫あり
在庫あり
お届け時期未定
在庫あり
在庫あり

512GB
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり
在庫あり

 
iPhone14 Pro

ディープパープル
ゴールド
シルバー
スペースブラック

128GB
お届け時期未定
お届け時期未定
お届け時期未定
お届け時期未定

256GB
在庫あり
お届け時期未定
お届け時期未定
お届け時期未定

512GB
お届け時期未定
在庫あり
在庫あり
在庫あり

1TB
お届け時期未定
在庫あり
在庫あり
在庫あり

 
iPhone14 Pro Max

ディープパープル
ゴールド
シルバー
スペースブラック

128GB
お届け時期未定
お届け時期未定
お届け時期未定
お届け時期未定

256GB
お届け時期未定
お届け時期未定
お届け時期未定
お届け時期未定

512GB
お届け時期未定
お届け時期未定
お届け時期未定
お届け時期未定

1TB
お届け時期未定
お届け時期未定
お届け時期未定
お届け時期未定

 
 
Photo:au
(FT729)
 
 

あわせて読みたいiPhone14シリーズ 関連特集
【速攻予約】iPhone14を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

文字入力ツール以上の存在。最新のゲーミングキーボードは仕事や趣味でも高みを目指せる

Photo:小原啓樹ゲームで勝てるキーボード、普段使いでも強い説。みなさん、キーボードへのこだわりってありますか?僕はPCでの仕事をかれこれ20年やっているのですが、やっぱり気持ちよく入力できる質の良いキーボードは、仕事も集中できるし、モチベーションもバク上がり。キーボード自体のテクノロジーも年々進化しているため、最新技術や支援機能を取り入れたキーボードを選ぶことで得られる恩恵がハンパないんですよ …

続きを読む シェア
0

Galaxy S22 UltraとiPhone14 Pro Maxのスピーカーを比較

 
Samsung Galaxy S22 UltraとiPhone14 Pro Maxのスピーカー音質を比べる動画が公開されました。多くのユーザーがiPhoneのほうが良いとコメントしています。
Pixel 7 Proとの比較も同時に公開
登録者数100万人超のYouTubeチャンネルを運営するsakitech氏(@sakitechonline)は、Galaxy S22 UltraとiPhone14 Pro Maxのスピーカー音質の比較動画を投稿し、どちらが良いかユーザーに意見を求めました。
 

Samsung Galaxy S22 Ultra vs iPhone 14 Pro Max Speaker Quality Comparison.
Listen to both and drop a comment below, let me know which one sounds superior. pic.twitter.com/8sC5HSzVpz
— sakitech (@sakitechonline) October 23, 2022

 
その結果、ほとんどのユーザーがiPhoneの勝ちとコメントしています。
 
あるユーザーは、S22 UltraとPixel 7 Proのスピーカー音質比較テストも行っています。
 

Iphone is better here. Samsung needs to improve their speakers with S23U. I did a similar test with Pixel 7 pro. https://t.co/qNvxqfiYUC
— Arsh (@TechTurbanator) October 23, 2022

 
 
Source:@sakitechonline/Twitter
(lexi) …

続きを読む シェア
0

mineo、新宿駅で屋外広告と連動したパケットプレゼントキャンペーンを実施

 
格安SIMサービスmineoを運営するオプテージは、本日10月24日より、mineoユーザーを対象に、屋外広告と連動したパケットキャンペーンを実施すると発表しました。
QRコードを読み込むだけで834MBがもらえる
屋外広告のテーマは「月末のギガ死」。月末までにデータ容量を使い切ってしまい、通信速度制限がかかった状態での通信状態を表現しています。
 
キャンペーンは、新宿駅メトロプロムナード内に設置されたmineo広告内のQRコードを読み込むだけで、もれなく834(やさしい)MBがもらえるというものです。1回線につき1回のみの適用となります。
 

現地にいかなくてももらうことが可能
このQRコードは、写真を撮影してSNSなどで共有することも可能なため、現地に行くことが出来ないユーザーでも、Twitterやコミュニティサイト「マイネ王」などでQRコードを見つけることができれば、パケット834MBをもらうことができます。
 
なお、広告設置期間は2022年10月24日〜10月30日、パケット受け取り期間は2022年10月24日〜11月6日となっています。
 
また抽選でAmazonギフト券がもらえる、広告連動のTwitterキャンペーンも実施されています。
 
 
Source:オプテージ
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

Popular Posts