ガジェット


「相手の感度特性を踏まえて触覚を共有できる技術」を世界で初めて開発 ドコモ等

 
NTTドコモ、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 Embodied Media Project、国立大学法人名古屋工業大学大学院工学研究科Haptics Labは1月25日、モノに触れた時の触覚を、相手の感じ方に合わせて共有する技術「FEEL TECH」を開発したと発表しました。
 
相手の触覚に対する感度特性を踏まえた、触覚共有技術の開発は世界初とのことです。
「FEEL TECH」の仕組み
「FEEL TECH」は、触覚を把握する機器(センシングデバイス)、再現する駆動機器(アクチュエーションデバイス)、触覚の感度に対する個人差を加味した共有を行う「人間拡張基盤」(2022年1月にドコモが開発)の3つから構成されています。
 
具体的には、センシングデバイスでモノを触った時の振動を計測し、アクチュエーションデバイスを用いて同じ振動を再現することで触覚の共有が可能となっています。アクチュエーションデバイスの振動で再現する触覚は、視覚となる映像と合わせた形で共有されます。
 
さらに、人間拡張基盤を用いて共有相手の触覚に対する感度特性を事前に取得し、取得した感度特性を踏まえた振動にすることで、その触覚をより共有しやすくなっています。
 
触覚を記録しておくことも可能
「人間拡張基盤」は個人の触覚を記録しておき、時間を超えて相手に共有することもできます。
 
本技術を利用することで、映像や音、言葉などでは表現できない職人の触覚も共有できるようになるため、医療や伝統工芸などの感覚が重視される分野への活用が期待されています。また、ECサイト利用時は洋服などの商品の手触りまでわかるようになるため、3DやARだけでは味わえない、よりリッチな購買体験なども可能になります。
 
 
Source:NTTドコモ/慶應義塾大学/国立大学法人名古屋工業大学
(kotobaya) …

続きを読む シェア
0

スムージーを作ってそのまま持ち出せたら洗い物が減っていいよね

Image:レコルト着せ替えもできるよ。レコルトの「ソロブレンダーシエル」は、スムージーやスープを作れる一人用のブレンダーです。でもそれだけじゃないんですよ。Image:レコルトスムージーやスープを作ったら、そのままボトルを取り外してタンブラーとして使えるんです!ボトル部分は二重構造になっていて、保冷効果が長持ち。ボトルは台紙が入れられるので、気分によってアレンジ可能。オリジナルのマイボトルにでき …

続きを読む シェア
0

ソニー、Xperia 1 Ⅳ/5 ⅣとLinkBuds S購入で20,000円還元

 
ソニーは、30歳以下のユーザーを対象に、Xperia 1 IVもしくはXperia 5 IVとLinkBuds Sを購入することで、20,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施します。
対象者全員に20,000円キャッシュバック
キャンペーンは、キャリア版またはSIMフリー版のXperia 1 IVもしくはXperia 5 IVと、ソニーのワイヤレスイヤホンLinkBuds Sを購入し、応募することで、全員に20,000円がキャッシュバックされるというものです。
 
ただし、2023年3月31日の時点で30歳以下の方限定のキャンペーンとなっています。
 
 
キャンペーン概要
購入期間
2023年1月27日午前0時〜2023年3月31日午後11時59分
応募期間
2023年1月27日午前0時〜2023年4月7日午前10時
参加条件
期間中にXperia 5 IVもしくはXperia 1 IVとLinkBuds Sを購入の上、キャンペーンサイトへアクセスして応募すること(30歳以下の方限定)
特典
20,000円キャッシュバック
特典付与時期
2023年4月下旬以降
 
なお、キャンペーンの応募にあたっては、XpriaやLinkBuds Sの購入証明書(レシートや領収証等)、XperiaのIMEI、LinkBuds Sのシリアルナンバーなどが必要となります。詳しくは、キャンペーンページをご覧ください。
 
キャンペーンページ
 
 
Source:ソニー
(te7373) …

続きを読む シェア
0

マレーシア初のApple Store、開店は2023年10月〜12月か?

 Appleがマレーシアにおいて、同国初のApple Storeを開店するために求人を行っていると、Bloombergが報じています。
11の職種で求人
Appleマレーシアの求人ページを見ると、「Apple Retail」としてストアマネージャー、ストアリーダー、テクニカルスペシャリストなど、11の職種で求人が行われています。
 
これらの求人はApple製品を販売するサードパーティーの店舗ではなく、Apple Store向けの求人だと思われます。
東南アジアでApple Storeがあるのはシンガポールとタイのみ
東南アジアで最初にApple Storeがオープンしたのはシンガポールでした。現在、東南アジアでApple Storeがあるのはシンガポール(3店舗)とタイ(2店舗)のみです。
 
マレーシアにApple Storeが出店するとの噂は以前からありましたが、実現していません。Appleはインドなどと同様、公式オンラインストアをマレーシアでも運営していますが、直営店は持っていません。
 
Appleの求人には地名が記されていないため、Apple Store第1号店の場所は不明ですが、首都クアラルンプールとみるのが妥当でしょう。
The Exchange TRX内ならオープンは2023年10月以降に
「ハローマレーシア」は2021年4月、経済誌エッジ・マレーシアからの情報として、Apple Storeのマレーシア1号店が、2022年にクアラルンプールの国際金融地区Tun Razak Exchange(TRX)内の複合開発施設The Exchange TRXにオープンすると報じています。当時の記事では、The Exchange TRXのオープン予定は「2022年」とされていました。
 
しかし2022年12月のlendleaseのプレスリリースによると、The Exchange TRXのオープン予定は2023年第4四半期(10月〜12月)とのことなので(新型コロナウイルスの影響で延期された可能性あり)、Apple StoreがThe Exchange TRXに入店するのであれば、オープンは2023年10月以降ということになります。
生産拠点としても注目されるマレーシア
マレーシアはAppleの生産拠点としても近年注目を集めています。
 
同国では、一部のMac Studioの組み立てが行われていることがわかっています。以前は、M2/M2 Pro Mac miniの発表とともに販売中止となったM1 Mac miniの一部も、マレーシアで生産されていました。
 
 
Source:Apple Malaysia via Bloomberg,lendlease,ハローマレーシア
Photo:lendlease
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

スマホを偏光顕微鏡にできる「microHunter X100P」を使ってみた

スマホで手軽にミクロの世界を観察してみませんか? 小学校や中学校で一度は触ったことがある顕微鏡。大人になるとなかなかを使う機会も無いですよね。今回ご紹介する「microHunter」シリーズは、スマホのカメラを手軽に顕微鏡にできるお手軽サイエンスアイテム。今回は、偏光顕微鏡モデルを試してみたので、その使用感をお届けします。 …

続きを読む シェア
0

「情報セキュリティ10大脅威2023」公開 フィッシング、ランサムウェア被害がトップ

 
情報処理推進機構(IPA)は1月25日、「情報セキュリティ10大脅威 2023」を公開しました。個人の脅威1位は「フィッシングによる個人情報等の詐取」、組織の脅威1位は「ランサムウェアによる被害」でした。
「情報セキュリティ10大脅威 2023」について
「情報セキュリティ10大脅威 2023」は、2022年に発生した、社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティにおける事案トップ10です。
 
ランキングは、IPAが脅威候補を選出し、情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者など約200名のメンバーからなる「10大脅威選考会」が脅威候補に対して審議・投票を行い、決定しています。
個人の脅威1位は「フィッシングによる個人情報等の詐取」
個人における10大脅威のトップ3は、1位「フィッシングによる個人情報等の詐取」、2位「ネット上の誹謗・中傷・デマ」、3位「メールやSMS等を使った脅迫・詐欺の手口による金銭要求」でした。
 
順位
個人の脅威
昨年順位
1位
フィッシングによる個人情報等の詐取
1位
2位
ネット上の誹謗・中傷・デマ
2位
3位
メールやSMS等を使った脅迫・詐欺の手口による金銭要求
3位
4位
クレジットカード情報の不正利用
4位
5位
スマホ決済の不正利用
5位
6位
不正アプリによるスマートフォン利用者への被害
6位
7位
偽警告によるインターネット詐欺
7位
8位
インターネット上のサービスからの個人情報の窃取
8位
9位
インターネット上のサービスへの不正ログイン
10位
10位
ワンクリック請求等の不当請求による金銭被害
圏外
 
1位から9位は昨年とほぼ同じ結果ですが、10位には新たに「ワンクリック請求等の不当請求による金銭被害」がランクインしました。
組織の脅威1位は「ランサムウェアによる被害」
組織における10大脅威のトップ3は、1位「ランサムウェアによる被害」、2位「サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃」、3位「標的型攻撃による機密情報の窃取」でした。
 
順位
組織の脅威
昨年順位
1位
ランサムウェアによる被害
1位
2位
サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
3位
3位
標的型攻撃による機密情報の窃取
2位
4位
内部不正による情報漏えい
5位
5位
テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
4位
6位
修正プログラムの公開前を狙う攻撃(ゼロデイ攻撃)
7位
7位
ビジネスメール詐欺による金銭被害
8位
8位
脆弱性対策情報の公開に伴う悪用増加
6位
9位
不注意による情報漏えい等の被害
10位
10位
犯罪のビジネス化(アンダーグラウンドサービス)
圏外
 
個人の場合と同じく、9位までは大きな変動はありませんでしたが、10位には昨年圏外だった「犯罪のビジネス化(アンダーグラウンドサービス)」がランクインしました。
 
 
Source:情報処理推進機構
Photo:photo AC-続サラ
(kotobaya) …

続きを読む シェア
0

36インチPro Display 7K発売に向けた布石!?新型Mac miniの仕様

 M2 Pro搭載Mac miniと新型MacBook Proは、8Kディスプレイに対応しています。
 
両モデルが8Kディスプレイに対応したのは、世界開発者会議(WWDC23)で発表されるとの噂がある、Pro Display XDR後継品の36インチPro Display 7Kの利用を前提にしているのかもしれません。
WWDC23で36インチPro Display 7K発表?
Appleは36インチPro Display 7Kを開発中で、新型Mac ProとともにWWDC23で発表するとの噂があります。
 
8Kに対応するM2 Pro搭載Mac miniと新型MacBook Proでは、(噂通り発売されれば)36インチPro Display 7Kも利用可能になると予想されます。
 
もしもM2 Pro搭載Mac miniが36インチPro Display 7Kに対応するのであれば、上位機種であるMac StudioのAppleシリコンがM2 MaxとM2 Ultraに刷新され、同ディスプレイに対応することも考えられます。
8K出力を利用するための仕様
新型Mac miniのM2 Pro搭載モデルや新型MacBook Proで、8Kおよび4K/240Hz対応の外部ディスプレイを利用するには、Ultra High Speed 48Gbps HDMIケーブルを使用する必要があると、9to5Macは説明しています。
 
また、ディスプレイ側のHDMI端子はHDMI 2.1に対応している必要があるようです。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple(米国)
(FT729) …

続きを読む シェア
0

買ってよかった、無印良品の「ミニマルな家電」3選

ROOMIE2022年11月29日掲載の記事より転載生活雑貨から家電まで、多くの便利アイテムが揃う無印良品。これまでROOMIEではさまざまなアイテムを紹介してきましたが、今回はROOMIEライターが買ってよかったと思う「無印良品のミニマルな家電」を3つピックアップしてみました。とにかく静かなサーキュレーター「サーキュレーター(低騒音ファン)」は、とにかく音が静かなことが特徴!大きさは、だいたい直 …

続きを読む シェア
0

大手携帯キャリア、1月24日からの大雪に伴う支援措置を発表

 
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルが、1月24日からの大雪に伴う支援措置を発表しました。
NTTドコモ
ドコモは、鳥取県八頭郡智頭町に住所を持つユーザーを対象に、以下の支援措置を実施します(対象地域は本稿執筆時点のもの)。
 
付属品の無償提供
携帯電話機購入時における特別割引の実施
一部手数料の無料化
故障修理代金の無料化・一部減額など
「ケータイ補償サービス」/「smartあんしん補償」の対応
ケータイデータ復旧サービスの無料化
代替機賠償金・代替機貸出料の無料化
受付手続きの緩和
「ドコモ光」基本料金などを無料化
「ドコモ光」などに関する一部機器の無償提供
「ドコモ光」の解約金の免除および基本使用料の日割り対応
「ひかりTV for docomo」基本料金などの返還
料金支払い期限の延長
失効したdポイントの返還
「ドコモでんき」の基本料金の無料化
「ISPぷらら」/「ぷらら光」の基本料金などの無料化
「ISPぷらら」/「ぷらら光」の移転に関わる工事費および移転手数料の無料化
「ISPぷらら」/「ぷらら光」の違約金の免除および基本使用料の日割り対応
「ひかりTV」の基本料金などの無料化
「BUSINESSぷらら」の基本料金などの減免
「BUSINESSぷらら」の前払金の返還(解約時)
「ISPぷらら」/「ぷらら光」/「ひかりTV」/「BUSINESSぷらら」の支払期限の延長
 
詳細は、NTTドコモ公式HPをご確認ください。
KDDI
KDDIは、災害救助法が適用された地域に住所を持つユーザーを対象に、以下の支援措置を実施します。
 
au one net (フレッツ光)、au HOME、with HOME の基本料金などの減免
利用料金の支払期限の延長(au、povo、UQ mobile、au one netを契約している場合)
一部手数料の減免
受付手続きの緩和
携帯電話修理費用の軽減
携帯電話購入時の特別割引実施
付属品の無償提供
PC・スマホなどのデータ復旧サービスの支援措置
au エネルギー&ライフが提供するでんきサービスの基本料金減額
au エネルギー&ライフが提供するでんきサービスの利用料金の支払期限の延長
携帯電話の貸し出し
 
詳細は、KDDI公式HP(PDF)をご確認ください。
ソフトバンク
ソフトバンクは、災害救助法が適用された地域に住所を持つユーザーを対象に、以下の支援措置を実施します。
 
スマートフォン・携帯電話:料金支払期限の延長、故障・修理費用の減免
インターネット・固定電話:料金支払期限の延長、月額基本料金の減免、故障に伴う機器交換の無償化
ソフトバンクでんき:料金支払期限の延長、不使用月の電気料金免除、基本料金の減免
 
詳細は、ソフトバンク公式HPをご確認ください。
楽天モバイル
楽天モバイルは、災害救助法が適用された地域に住所を持つユーザーを対象に、以下の支援措置を実施します。
 
MVNOサービスにおけるデータチャージ購入金額分を後日返金対応(楽天モバイルの「組み合わせプラン(ドコモ回線/au回線)」を利用している場合)
MVNOサービスにおけるSIMカード再発行手数料を後日返金対応
受付手続きの緩和
料金支払い期限の延長
 
詳細は、楽天モバイル公式HPをご確認ください。
 
 
Source:NTTドコモ,KDDI/沖縄セルラー(PDF),ソフトバンク,楽天モバイル
(kotobaya) …

続きを読む シェア
0

AppleのQ1 2023業績、iPhone14 Pro出荷遅延が打撃か

 
2022年ホリデイシーズンはiPhone売上が低迷、Appleの2023年度第1四半期(2022年10月〜12月)の業績はあまり期待できないと、業界アナリストが予測しています。
2月2日に業績発表
Appleは太平洋時間2月2日午後1時30分(日本時間2月3日午前6時30分)に、同社2022年10月〜12月期の業績を発表します。
 
投資銀行UBSは、ホリデイシーズンを含む同四半期中に、Appleは当初のウォール街の予想である8,000万台を若干下回る、7,900万台のiPhoneを出荷したと見積もっています。ただしこの数字は、「最も弱気」な予想である7,400万台は大幅に上回っています。
原因はiPhone14 Proシリーズの出荷遅延
UBSは顧客向けメモにおいて、iPhoneの出荷台数が伸び悩んだ理由を「新型コロナウイルス感染症蔓延に端を発するロックダウンによる、iPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxの出荷までの日数が延びたこと」と記しています。影響が最も大きかったのは11月で、iPhone14 Proシリーズが手元に届くまでの日数は米国で34日、中国で36日に及びました。
 
日本でもiPhone Maniaが追跡調査した結果では、2022年11月2日時点でAppleオンラインストアでのiPhone14 Proシリーズのお届け予定日は、注文から「3週〜4週」でした。その後11月9日時点で「4週〜5週」、11月17日からは「5週〜6週」と延び続け、ようやく「4週〜5週」へと1週間短縮されたのは12月12日の調査時でした。
 
これはFoxconnの鄭州工場でのロックダウンから始まった一連のトラブルが原因であり、Appleは同問題を受けて、鄭州工場でほぼ全数を組み立てていたiPhone14 Proシリーズの出荷が遅れることをプレスリリースで発表するという、異例の事態となっています。
2022年10月〜12月期売上高予測は1,203億ドル
結果として2022年10月〜12月期のiPhone14 Proシリーズの出荷台数は当初の予想を下回る結果となりましたが、だからといってiPhone14シリーズの売上増にはつながりませんでした。
 
UBSの調べでは、同期間中に米国で販売されたiPhoneの約56%はiPhone14 Proモデルだったため、販売平均価格(ASP)はほとんど落ち込まなかったとのことです。
 
UBSは2022年10月〜12月期のAppleの売上高を1,203億ドル(約15兆6,773億円)、1株当たり利益を1.93ドルと見積もっており、これはウォール街の売上高1,229億ドル、1株当たり利益1.96ドルよりも低い数字です。
2023年iPhone出荷台数は前年比3%減と予測
なお2023年通年のiPhone出荷台数については、2022年と比べて3%減少の2億3,200万台になるというのがUBSの予想で、この数字はウォール街の2億3,800万台よりも少なくなっています。
 
UBSは主に先進国においてiPhone出荷台数減少が見られるものの、インドなどの新興国での伸びも鈍化すると見ています。
 
 
Source:AppleInsider
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

macOS Venturaを未対応の旧Macで動作させるツールの最新バージョンが公開

 
今年初め、ある開発者グループが、サポート対象外のMacにmacOS Venturaをインストールするためのツール「OpenCore Legacy Patcher(OCLP)」を開発しました。このツールは、これまでベータ版ソフトウェアでしたが、OpenCore Legacy Patche 6.0が正式にリリースされたことで、このツールを試したいユーザーなら誰でも利用できるようになりました。
OpenCore Legacy Patche 6.0がリリース
OpenCore Legacy Patcheは、Appleの正式なサポートなしに古いMac上で、macOS Big SurやmacOS Montereyを実行できるツールです。このツールは、Apple以外のPCでmacOSを実行するための方法としてよく知られているHackintoshに使用されているのと同じOpenCoreのブートローダをベースとしています。
 macOS Venturaの最初のベータ版がリリースされてから2カ月後、OCLPの開発者は、このツールを使うことでmacOS Venturaが実行できている古いMacのデモを行いました。しかし、OCLPをmacOS Venturaに対応させることは、容易なことではありませんでした。これは、AppleがmacOS 13からレガシードライバーのほとんどを削除しており、macOS Venturaでは、第7世代以前のIntel CPUを搭載したMacを一切サポートしなくなったためだと開発者は説明しています。
 
このような制限があるにも関わらず、OCLPの最新バージョンでは、Appleによって製造中止となったMacを甦らせることに成功しています。
 
OCLPでmacOS Venturaを実行できるMacモデルは、以下の通りです。
 
2008年-2016年 MacBook
2009年-2017年 MacBook Air
2008年-2016年 MacBook Pro
2009年-2017年 Mac mini
2007年-2017年 iMac
2008年-2013年 Mac Pro
 
このプロジェクトはAppleに許可されているものではなく、活発に開発が行われている段階のため、期待通りに動作しないことがあります。
 
 
Source:GitHub via 9to5Mac
Photo:9to5Mac
(m7000) …

続きを読む シェア
0

Apple Watch UltraのマイクロLEDモデルが大幅値上げ確実か〜専門家

 2025年に発売されるApple Watch UltraのマイクロLEDディスプレイ搭載モデルは、ディスプレイの部品単価が現行モデルが搭載する有機EL(OLED)ディスプレイの5倍以上と高価なため、799ドル(日本では税込124,800円)を上回る新価格帯のモデルになるとの予想を、ディスプレイ業界情報に精通したDSCCが伝えました。
税込124,800円を上回る価格帯が新たに設定?
DSCCのレポートには、2025年モデルのApple Watch Ultra用マイクロLEDディスプレイの量産は、2024年に開始されると記されています。
 
DSCCによれば、Apple Watch Ultra用マイクロLEDディスプレイの仕入れ価格は現行モデル用OLEDディスプレイの5倍以上と高価なことから、Appleは(現行モデルの販売価格である)税込124,800円を上回る価格帯を設定すると、DSCCは予想しています。
 
このことは、OLEDディスプレイ搭載Apple Watch Ultraと、マイクロLEDディスプレイ搭載Apple Watch Ultraが併売されることを意味していると考えられます。
マイクロLEDディスプレイのサプライヤー
Appleが内製化を進めているとの報道があったマイクロLEDディスプレイですが、DSCCは「そうした計画は無い」と述べています。
 マイクロLEDディスプレイのサプライヤーについてDSCCが入手している情報では、マイクロLEDチップは当初はOsramが独占供給しその後、Epistarも供給開始するとDSCCは伝えており、有力視されていたEpistarが製造初期から参入することは無さそうです。
 
また、LG Displayが新設する工場で2024年下半期(7月〜12月)から製造するバックプレーンは、(iPhone14などが採用する)多結晶低温ポリシリコン(LTPS:Low Temperature Polycrystalline Silicon)か、(iPhone14 Proなどが採用する)低温多結晶酸化物(LTPO:Low Temperature Polycrystalline Oxide)のいずれかになるというのがDSCCの予想です。
 
S8などをAppleに供給するTSMCも関与する見込みで、ディスプレイドライバICの製造を担当する見込みです。
 
こうして製造される2025年モデルのApple Watch Ultra用マイクロLEDディスプレイの大きさは2.1インチで、解像度は325ppi程度になると、DSCCは伝えています。
 
 
Source:DSCC
Photo:Apple(米国)
(FT729) …

続きを読む シェア
0

Galaxy Z Fold 4を使って3ヶ月、微妙に感じたところ

Photo:はらいさん気になる部分、ありました。これまでずっとiPhoneをメインに使ってきた筆者がGalaxyZFold4で折りたたみスマホに初めて触れたのは昨年の10月のこと。そこから約3ヶ月の間、実際に使ってみました。この記事では、折りたたみスマホのここがちょっと微妙かも、気になったかもと感じた部分について述べたいと思います。片手で開けないこちらは微妙というよりは、個人的にずっと慣れないこと …

続きを読む シェア
0

Apple、バレンタインデーに向けた特設ページ「バレンタインデーのギフト」を公開

 Apple公式サイトにおいて、バレンタインデーの贈り物に適したApple製品を紹介する特設ページ「バレンタインデーのギフト」が公開されました。
2023年はApple製品向けのアクセサリーを中心に紹介
Appleは、毎年2月14日のバレンタインデーの時期前になると、バレンタインデーの贈り物に適した自社製品を紹介する特設ページを公開しています。
 
 
2023年の特設ページ「バレンタインデーのギフト」では「ギフトと一緒に贈りたくなるアクセサリ。」と題して、iPhoneやiPad、Apple Watch、AirTag向けのアクセサリーが中心に紹介されています。
 
 
バレンタインデーのイメージカラーといえばチョコレートのブラウンやハートの赤などが連想されますが、同ページでもピンクや赤色の製品が掲載されています。
 
ちなみに、昨年の特設ページではiPhoneシリーズやiPadシリーズなどのデバイスも複数紹介されていましたが、今年はAirPodsシリーズやApple TVなどの一部デバイスのみとなっています。
 
 
Source:Apple
(kotobaya) …

続きを読む シェア
0

M2 Pro搭載Mac miniを分解!筐体小型化できなかった理由判明か

 Apple製品に関する情報を発信しているルーク・ミアーニ氏が、512GB SSDを搭載したM2 Pro搭載Mac miniを分解し、Intelプロセッサ搭載Mac mini、M1搭載Mac miniなどと比較、ロジックボードの大きさや仕様を報告しました。
 
M2 Pro搭載Mac mini用のヒートシンクと冷却ファンはこれまでよりも大きくなっているため、噂されていた筐体の小型化ができなかったのかもしれません。同氏は、SSDの読み込み/書き込み速度を計測、いずれも約3GB/sと述べています。
大きくなったヒートシンクと冷却ファン
ミアーニ氏は最初に、M2 Pro搭載Mac miniのヒートシンクが長く、冷却ファンが大きくなっていることを報告しています。
 
 
 
かつて、M1Xとも噂されたM1 Pro搭載Mac miniは筐体が小さくなると噂されていました。
 
今回、M2 Proを搭載したことで、Appleシリコンとはいえども発熱が増え大型のヒートシンクと冷却ファンを採用する必要が生じたのが、小型化できなかった理由かもしれません。
SSDと読み込み/書き込み速度
M2 Pro搭載Mac miniのロジックボードには、SSDチップを搭載するためのパターンが表面と裏面に4カ所ずつあります(下記画像左上)。
 
 
搭載されるSSDチップは、8TBモデルのみ1TB品、それ以外は256GB品で、今回分解に用いた512GBモデルの場合は256GBチップがロジックボードの表面と裏面に1つずつ搭載されています。
 
 
同氏はSSDの性能も確認、読み込みと書き込み速度はともに約3GB/sでした。
 

I don't think this is correct. The board likely has a second chip on the other side for 8 total pads. Read/write speeds are in the 3gb/s range https://t.co/yr1yJwAFxD pic.twitter.com/39mqqqI4sq
— Luke Miani (@LukeMiani) January 24, 2023

 
 
 
Source:Luke Miani/YouTube
(FT729) …

続きを読む シェア
0

Galaxy Z Fold4でワクワクさせられたところ

Photo:はらいさんワクワク感溢れる新しいカタチのスマートフォン。人生で初めて折りたたみスマホに触れて思ったのは、スマートフォンに対して久々にワクワクさせられたということ。この記事では3ヶ月ほどGalaxyZFold4を使って感じた、普通のスマートフォンとは違った良さやワクワクさせられた部分について述べたいと思います。デュアルプレビューがめちゃく楽しいGalaxyZFold4の中でもお気に入りの …

続きを読む シェア
0

330円のLEDテープライトで部屋を大幅アップデートしてみた

Photo:小暮ひさのりいいじゃんこれで。って結論に達したので聞いてください。USBから電源が取れるタイプのテープライト、最近よく見かけるようになってきたなー…。って思ってたら、いつの間にかダイソーにまで進出していました。そして、手軽にデスクや棚を光らせたいなら、これがベストかもしれません。カラーは4色、330円で1メートルPhoto:小暮ひさのりラインナップは「White」「WarmWhite」 …

続きを読む シェア
0

Apple、「テッド・ラッソ」の俳優が出演するプライバシー機能を紹介する動画を公開

 
Appleは1月28日の「データプライバシーデー」を記念して、Apple TV+の人気ドラマ「テッド・ラッソ」の俳優、ニック・モハメッドが出演するiPhoneのプライバシー機能について学ぶショートフィルムを公開しました。Appleによるとモハメッドには、米カリフォルニア州ロサンゼルスにあるApple Store「Apple Tower Theatre」で実際にスペシャリストとして働いているフォンさんが同行しているとのことです。
iPhoneのプライバシー機能について学ぶ動画を公開
動画では主に、メールプライバシー保護、インテリジェントトラッキング防止、アプリのトラッキングの透明性などのプライバシー機能に焦点が当てられています。
 
Today at Appleの新しいセッションが開催
データプライバシーデーである1月28日には、Today at Appleの新しいセッション「iPhoneでプライバシーを保護しよう」が、世界中のApple Storeで開催されます。この無料セッションは、Appleのプライバシー機能とデータを保護する方法についてユーザーが理解を深めるためのもので、現在、Appleの「Today at Apple」のWebページから参加登録が可能です。セッションは30分間で、パスワードやメールプライバシー保護、位置情報サービスなどの機能について詳しく知ることができます。
 
Appleのユーザープライバシー責任者であるエリック・ノイエンシュワンダー氏は、「Appleでは、ユーザーが個人データを管理できるようなデバイス、機能、サービスの設計に注力しています」と述べています。
 
また、「長年にわたり、私たちはオペレーティングシステムに強力なプライバシー制御機能を統合してきました。このフィルムと新しいToday at Appleセッションでは、ユーザーの皆様に、私たちが提供する機能のいくつかをどのように活用できるかをご紹介し、私たちがいかにプライバシーを中心に活動しているかをご理解いただけると思います」としています。
 
 
Source:Apple(1),(2) via MacRumors
Photo:Apple
(m7000) …

続きを読む シェア
0

マクドナルドのモバイルオーダー・マックデリバリーでd払いを使うとdポイント+5倍

 
NTTドコモは、2月1日より「マクドナルド モバイルオーダー・マックデリバリーサービスでdポイント+5倍キャンペーン」を実施すると発表しました。
マクドナルドのモバイルオーダー・マックデリバリーでd払いを利用すると+5倍のdポイント還元
「マクドナルド モバイルオーダー・マックデリバリーサービスでdポイント+5倍キャンペーン」は専用サイトからエントリーした上で、マクドナルドの「モバイルオーダー」または「マックデリバリーサービス」においてd払いを利用した人を対象に、もれなく通常の+5倍のdポイントを還元するキャンペーンです。期間は2月1日午前5時から2月21日午後11時59分までです。
 
進呈ポイントの上限は1,000pt、ポイント付与時期は2022年3月末頃となっています。
マクドナルドのモバイルオーダー、マックデリバリーサービスについて
マクドナルドの「モバイルオーダー」は注文から支払いまでを事前にアプリで行えるサービスで、基本的に全国のマクドナルドで利用可能です。
 
「マックデリバリーサービス」はマクドナルドの従業員が商品を自宅までお届けしてくれるサービスで、こちらはマックデリバリー対応店舗でのみ利用できます。オーダー受付時間は午前7時から午後10時50分です(店舗によって一部受付時間が異なる場合あり)。
 
 
Source:NTTドコモ,マクドナルド(1),(2)
(kotobaya) …

続きを読む シェア
0

Apple Watchを使った、心房細動に伴う塞栓症予防を評価する研究開始

 Apple Watchで利用可能な心電図アプリを用いて、心房細動に伴う血栓形成と塞栓を予防することが可能かを確認する研究「Heartlineスタディ」を、AppleとJohnson & Johnsonが共同で開始しました。
心房細動の早期発見と早期治療の効果を評価
この研究では、心房細動の早期発見が、心原性脳梗塞、動脈塞栓症などの原因となる血栓形成を予防することに繋がることを確認します。
 
この研究の中でApple Watch(心電図アプリ)は、被験者の日々の心電図モニタリング目的で使われます。
 
被験者は65歳以上の方が選ばれ、心電図モニタリングをもとにした心房細動発見までの時間、発見後の治療、治療後の経過などを評価し、早期発見と早期治療が塞栓症の予防に繋がることを確認するのが「Heartlineスタディ」の目的と、MyHealthyAppleは説明しています。
 
医療の分野で関係深める両社
AppleとJohnson & Johnsonは、Apple Watchの心電図アプリを使用した脳卒中リスクを評価する研究も開始していました。
 両社の動向から、ウェルネス領域から進展し、治療領域におけるApple Watchの有用性確認を行っていると推察されます。
 
 
Source:MyHealthyApple,国立循環器病研究センター,e-ヘルスネット/厚生労働省
(FT729) …

続きを読む シェア
0

騒音を抑え小さな音を増幅する電子聴覚保護イヤホン「Stealth28」シリーズが終了間近!

狩猟ハンター向けに開発された技術を搭載した「Stealth28」シリーズは85dBを超える大きな音を圧縮し小さな音は5倍のデシベルまで増幅できます。「Stealth28HT」では増幅レベルが5段階で調節可能。「Stealth28HTBT」ではスマホとBluetooth接続して音声を聞けて、騒音を遮断するモードでWeb会議が快適になります。 …

続きを読む シェア
0

ドコモ、認定リユース品にiPhone12シリーズを追加〜1月31日から

 
NTTドコモ(以下ドコモ)、は1月31日より「docomo Certified(ドコモ認定リユース品)」の取り扱いモデルに、iPhone12シリーズを追加すると発表しました。
iPhone12シリーズのランクA+、ランクA、ランクBを追加
今回、「docomo Certified(ドコモ認定リユース品)」に追加されるのは、iPhone12 Pro、iPhone12 Pro Max、iPhone12およびiPhone12 miniのランクA+・ランクA・ランクB品です。
 
ただし、本稿執筆時点において、各モデルの販売価格は発表されていません。
 
iPhone12シリーズが追加されたことにより、1月31日から「docomo Certified(ドコモ認定リユース品)」のラインナップは以下の通りとなります。
 
 
docomo Certified(ドコモ認定リユース品)とは?
「docomo Certified(ドコモ認定リユース品)」の端末は、基本性能チェック済み、電池残量は80%以上で、外装のクリーニングが実施されています。
 
また、30日間の保証も付いており、ケータイ補償サービスも加入可能です。
 
端末はディスプレイの割れや欠けがないものの、軽微な傷や汚れはあり、その状態によって以下のようにA+、A、Bの3ランクに分けられています。
 
ランクA+ : 目立つ傷や汚れがなく、非常にきれいな状態のもの
ランクA : 目立つ傷や汚れが少なく、きれいな状態のもの
ランクB : 細かな傷や汚れがあり使用感があるが、比較的状態が良好なもの
 
なお、ドコモはオンライン専用プランahamoのサイトで「docomo Certified(ドコモ認定リユース品)」iPhone SE(第2世代)や、iPhone XRの販売を開始しています。
 
 
Source:ドコモオンラインショップ
Photo:Apple
(te7373) …

続きを読む シェア
0

大手企業のマジで無価値なメタバース・NFT12選

Screenshot:Gucciなんでそうなる。メタバースという世界はいつの日か、スマホ同等に社会にとって重要なものになる!と信じてやまないのは、Metaのマーク・ザッカーバーグCEO。一方、他のテック企業のみなさんはどこか乗り気ではないようで、ザッカーバーグ氏のビジョンを冷笑するような発言もチラホラ。とはいえ、一時期爆上がりしていた仮想通貨とNFT市場の盛り上がりを横目に、仮想世界への参入がマス …

続きを読む シェア
0

Popular Posts