関連記事

ファーウェイ、「Mate 50 Pro」国際版を発表。5G/衛星通信非対応、EMUI

Huaweiは、先に中国で発表した「HUAWEI Mate 50 Pro」のグローバル版を発表しました。中国版と比較してかなり高価になっているほか、いくつかの機能に差異があります。Mate 50 ProはSoCにSnapdragon 8+ Gen1を採用。一方でHuaweiに課せ… smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

続きを読む シェア
0

iPhone14 PlusはiPhone14 Maxになる予定だった〜公式サイト示唆

 
オランダの情報サイトiCreateが、Apple公式サイトに掲載された画像の情報などから、iPhone14 Plusはもともと、モデル名がiPhone14 Maxになる予定だったと伝えています。
iPhone14 Maxが確実視されていたが
iPhone14シリーズの中でも、6.7インチディスプレイを搭載する廉価モデルの名称はiPhone14 Maxになると、リーク情報的中率の高いリーカーなども自信を示していました。
 
ですが、発表されたモデル名がiPhone14 Plusのはご承知の通りです。
公式サイトに今も残るiPhone14 Maxの痕跡
この点についてiCreateは、Appleも当初はモデル名をiPhone14 Maxにすることを計画していたのではないかと指摘、公式サイトの画像情報などを調べると、その痕跡があると指摘しています。
 

 
また、コンプライアンスに関するページには、iPhone14 Maxの名称とモデル番号A2886が記されていますが、最終的にこのモデル番号はiPhone14 Plusに付与されています。
 

 
iCreateは、Appleが製品発表直前になってモデル名を変更したのは不明としながらも、iPhone14 Pro Maxとの混同を防ぐためではないかと推察しています。
 

 
 
Source:iCreate via MacRumors
(FT729)
 
 

あわせて読みたいiPhone14シリーズ 関連特集
【速攻予約】iPhone14を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

次期「Pixel 7」は価格据え置き。発表前にAmazonが誤投稿

Googleは、10月6日の23時から同社製AndroidスマホのPixel 7シリーズとPixel Watchを販売する予定ですが、Pixel 7の価格が誤って投稿されたようです。Phone Arenaによると、AmazonがPixel 7(無印)のページを誤って投稿していたと… smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

続きを読む シェア
0

噂:vivo X80 Pro+はキャンセル?カメラ大幅強化のvivo X90 Pro+のスペックがリークされる

vivoのハイエンドスマホシリーズであるvivo Xシリーズ。現行のvivo X80ファミリーではこれまで用意されていた最上位の「Pro+」モデルが発表されていませんでしたが、これがキャンセルされたようです。GSMArenaが伝えています。vivo X80シリーズ自体は、無印版お… smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

続きを読む シェア
0

Youtube

AirPods Pro 2 Review: 1 Underrated Thing!

https://www.youtube.com/watch?v=f3DfJxvkN-8
AirPods Pro take computational audio to the limits, which makes them hard to review, but great to listen to The water bottle: http://shop.MKBHD.com Get a dbrand grip case for your Apple AirPods Pro at https://dbrand.com/airpods Grab yourself an Apple AirPods Pro 2 at https://geni.us/dCEfCC
Check out Bose's new QuietComfort II Earbuds at https://geni.us/R0ft
Check out the Sony WF-1000XM4 at https://geni.us/pQzAB
Tech I'm using right…

続きを読む シェア
0

Apple Watch Ultraをダイビングシミュレーション装置でテスト

 
YouTuberが、Apple Watch Ultra専用アプリ「Depth(深度)」アプリをダイビングシミュレーターで試しています。どのような結果が得られたのでしょうか。
アプリは水深を正確に表示
技術評論家でYouTuberのDC Rainmakerは、ダイビング機器用に設計された水中試験室を使用して、Depthアプリの動作を実演する動画を公開しました。
 
動画では、シミュレートされたダイバーが潜降するにつれ、Depthアプリが大きくなる水圧にスムーズに対応している様子が確認できます。アプリの水深表示が正確に調整されていくのがわかります。
 
Depthアプリは最大水深40メートルを想定していますが、Apple Watch Ultraは100メートルの防水機能を備えており、アプリよりも高い水圧に耐えることができます。
 
DCはDepthアプリが40メートル以下に降下したときに何が起こるのかも調べています。画面は明るい黄色に変わり、「40メートル超」と表示され、より浅い水深に戻るまで表示されなくなります。
 
また、ダイビング終了後にダイビングの長さ、水温、最大水深を表示する「ダイブサマリー」のデモも行なわれています。
 

 
 
Source:MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Popular Posts