ガジェット 2021/05/15

高音質版Apple Musicを示唆する記述、Android版ベータからも発見


Apple Music
 
MusicのHi-Fi(高音質)サービスを示唆する記述が、 Musicのベータから発見されました。.6の正式版公開と同時期の発表が予想されています。

「ロスレス」と「ハイレゾロスレス」の記述

Android版 Musicの3.6.0ベータから、 Musicの高音質サービスに関する記述が発見された、と9to5Googleが報じています。

 
現在のAndroid版では、音質を優先するか、データ通信量の節約を優先するかの選択が可能ですが、3.6.0ベータでは以下の説明が追加されているそうです。
 

ロスレスオーディオファイルは、オリジナルのすべてのディテールを保持します。オンにすると、より多くのデータを消費します

 

Musicの3.6.0ベータには、高音質サービスとして、最大24-bit/48kHzのALACに対応した「ロスレス」と、最大24-bit/192kHzのALACに対応した「ハイレゾロスレス」に関する以下の記述がみられます。
 

ロスレスオーディオファイルは、デバイス上のスペースをより多く消費します。10GBで保存できる楽曲数の概算は、高音質で3,000曲、ロスレスで1,000曲、ハイレゾロスレスで200曲です

 

ロスレスストリーミングは、より多くのデータ通信量を消費します。3分間の楽曲の場合、高効率で1.5MB、高音質(256kbps)で6MB、ロスレス(24-bit/48kHz)で36MB、ハイレゾロスレス(24-bit/192kHz)で145MBです。ただし、楽曲、ネットワーク状況、接続されたやヘッドホンの性能によっても異なります

 

Dolbyの記述は発見されず

9to5MacがiOS14.6ベータ1で発見した(その後のベータで削除)Dolby AtmosやDolby Audioに関する記述は、Android版Apple Musicの3.6.0ベータからは発見されなかったそうです。
 
9to5Macは、高音質版Apple Musicは.6の正式版公開と同時に発表されるのではないか、と推測しています。

(第3世代)も同時発表?

Musicの高音質サービスは、数週間以内にAirPods(第3世代)と同時に発表される、と音楽情報メディアHits Double Dailyが5月初めに報じています。
 
最近になって、AirPods(第3世代)が5月18日に発表されるとの噂が浮上していますが、リーク情報で知られる人物は5月18日に発表されることはない、と否定しています。
 
 
Source:9to5Google
(hato)

iPhone Mania

Related Posts

関連記事

iPhone SE(第4世代)は14の部品を廉価版に変更し値下げ、2025年発表?

 
iPhone SE(第4世代)はiPhone14をベースに開発、有機EL(OLED)ディスプレイの供給元を中国BOEかTianmaに変更することで部品単価を削減し、外部接続端子はUSB-Cを採用して2025年に発売されるとの情報があると、China Timesが伝えました。
 
China Timesは、搭載されるチップはA15 Bionicの可能性が高いと述べています。

■3行で分かる、この記事のポイント
1. iPhone SE(第4世代)はiPhone14をベースに開発され、OLEDディスプレイの供給元、外部接続端子が異なる。
2. OLEDディスプレイの受注を巡って2社が競っており、Appleに対し安い卸価格を提示する可能性が高い。
3. iPhone14ベースであってもiPhone SE(第3世代)なみの販売価格が実現するかもしれない。

iPhone SE(第4世代)の仕様はどうなる?
China Timesが入手した情報では、iPhone SE(第4世代)はベースとなるiPhone14と比べて下記の点が異なるようです。
 

OLEDディスプレイは、BOEかTianmaが供給
外部接続端子がLightningからUSB-Cに変更
カメラの仕様

 
このうち、カメラについては2眼ではなく1眼になるとの噂があります。また、登場時期を考えれば、外部接続端子はUSB-Cを採用せざるを得ません。
 
China Timesの報道でこれまでと異なるのはOLEDディスプレイの供給元に関することで、BOEとTianmaが受注を競っているようです。
 
BOEは戦略的な価格提示(Samsung DisplayやLG Displayよりも安い)を行うとみられており、それとTianmaが受注を巡って競う状況は、Appleにとって安い卸価格で入手することに繋がります。
SEモデルの販売価格を高く設定することは困難と著名記者が予想
Bloombergのマーク・ガーマン記者は、AppleはAndroidスマートフォンへの対抗上、SEモデルの販売価格を値上げするのは難しく、次期モデルも現行モデルと同程度の販売価格が維持されると予想していました。
 
iPhone SE(第4世代)が搭載するチップがA15 Bionicのままで、OLEDディスプレイを廉価なものに変更すれば、iPhone14ベースであっても販売価格を抑えることが可能になりそうです。
 
 
Source:China Times
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729) …

続きを読む シェア
0

ティム・クックCEO、AppleのAI開発を公式に認める

 
イギリスを訪問したティム・クック最高経営責任者(CEO)が、Appleが人工知能(AI)を積極的に開発していることについて認め、今後も同分野での採用を拡大していくと述べました。具体的な製品やサービスの発表前から、Appleの上層部が最新技術に前向きな見解を示すのは比較的珍しいケースです。

■3行で分かる、この記事のポイント
1. ティム・クックCEOがAIの開発や技術者の雇用について前向きな回答。
2. すでにAppleのAI技術は様々なサービスに採用されている。
3. 独自の対話型AIを開発中との噂も。Siriの性能向上にも期待がかかる。

すでにAI技術は活用されている
世間的には一時のようなブームも落ち着いた気配がありますが、テック企業の開発は止まることなく、日々AIは進化し続けています。
 
大手テック企業の中でも、比較的距離を取っているかのように見えるAppleですら、独自の対話型AIを開発しているとの噂が聞こえてきます。
 
そうした中でティム・クックCEOが、英メディアの取材に対し「(AI)分野で雇用を続けている。投資を拡大する予定だ」と述べ、AI開発に携わる人員を今後積極的に採用していくとの展望を語ったことは、Appleの方向性を改めて明確にしたと言えるでしょう。
 
クックCEOはインタビューの中で、Appleが生成AI技術を積極的に開発していることを認めるとともに、すでに衝突検出機能やiOS17の自動修正(オートコレクト)機能改善などに、同社のAI技術が取り入れられていることを強調しました。
独自の「Apple GPT」を開発中と噂も
具体的に、AIを今後どのような機能とし用いるのかまでは明らかにしなかったものの、最も現実的なのは、音声アシスタント「Siri」への採用でしょう。
 
2023年4月には、AIを今後どのような位置づけにするのか、Apple社内で意見が割れているとの報道もありましたが、Web検索エンジンには進出しないとエディー・キュー副社長が述べていることを思うと、残された領域はSiriくらいしかないのが現状です。
 
なお、7月には独自のAIチャットボット「Apple GPT」を開発しているとの噂をBloombergが報じたほか、Appleで最高デザイン責任者(CDO)を務めたジョナサン・アイブ氏がOpenAIとコラボレーションするとの観測も出ており、数年内にApple周辺から何らかのAIサービスが登場する可能性は高そうです。
 
 
Source:BBC,MacRumors
(kihahci) …

続きを読む シェア
0

【レビュー】iPhone15 ProのUSB-CポートにSD、LAN、テレビも繋いだ

 
9月22日に発売されたiPhone15 Proのホワイトチタニウムが届いたので、iPhone14 Proとの比較や、USB-Cハブ経由でさまざまな機器に接続した様子などをレビューします。
 

■3行で分かる、この記事のポイント
1. iPhone15 Proのホワイトチタニウムをレビュー。
2. チタニウム製の側面フレームはサラサラした手触りで、手に馴染む。
3. USB-CポートにiPhoneやApple Watch、テレビなどをつないでみた。

iPhone15 Pro(ホワイトチタニウム)到着
iPhone15 Pro(ホワイトチタニウム)の外箱には、発表イベントの公式画像と同じモチーフの壁紙が印刷されています。
 

 
iPhone15シリーズの外箱には、UVライトの光で見える、本物であることを証明するホログラムが隠されているそうですが、残念ながら、筆者の自宅にはUVライトがなく、確認することはできません。
 

 
同梱のUSB-Cケーブルは、編み込み式です。
 

 
軽く、サラサラなチタニウム
本体側面フレームにチタニウムを採用したiPhone15 Proの重量は187グラムです(iPhone12 Proと同じ)。iPhone14 Pro(206グラム)より19グラム軽く、iPhone13 Pro(203グラム)より16グラム軽くなっています。
 

 
iPhone14 Proを使ってきた筆者がiPhone15 Proを手にすると、数字以上に軽さを感じられました。
 
側面のチタニウムフレームは、マットで落ち着いた光沢があり、さらっとした手触りです。手に持つとエッジが微妙に丸まっているので、本体を強めに握っても手が痛くなりません。
 

 
iPhone12 Proシリーズ以降のProモデルで採用されていた、光沢のあるステンレスフレームと違い、指紋が目立ちません。iPhone14 Proと比べると、背面カメラレンズの出っ張りが抑えられています。
 

 
Appleが「スマートフォンで最も頑丈」とうたう背面ガラスの表面は、iPhone14 Proと比べると外観の質感はほぼ同じですが、手触りはiPhone15 Proのほうがザラザラした印象です。
 

 
iPhone15 ProとiPhone14 Proを並べると、本体サイズは見た目の印象ではほぼ同じに見えます。
 
しかし、iPhone14 Pro用のApple純正レザーケースをiPhone15 Proに装着すると、ケースが若干オーバーサイズになって安定せず、iPhone15 Proのほうが若干、本体の外寸が小さいことが分かります。
 

 
まだ発展の余地がありそうなアクションボタン
iPhone15 Proを初めて使用する際は、Wi-Fiに接続するとソフトウェアアップデートを促され、iOS17.0.2へのアップデートが実行されました。iOS17.0.2では、他のiPhoneからの直接データ転送時にiPhoneが反応しなくなる問題が修正されています。
 

 
側面のアクションボタンは、初期設定では消音/着信音の切り替えが割り当てられています。短く押すと「長押しで消音」と案内が表示されます。
 

 
長押しすると消音に切り替わり、Dynamic Islandに状況が表示されます。
 

 
アクションボタンに割り当てる機能は、「設定」アプリの「アクションボタン」メニューから変更できます。アプリ起動や、各種ショートカットも割り当てられるので、設定の自由度はかなり高いです。
 

 
やや残念なのは、アクションボタンの操作方法が長押ししかないことです。iPhoneのサイドボタンのように、ダブルクリックやトリプルクリックにも機能を割り当てられたらいいのに、という気がします。
USB-CポートからのiPhoneやApple Watchを充電
iPhone15シリーズ最大のトピックといえば、USB-Cポートの搭載です。
 

 
興味深いのは、iPhone15シリーズのUSB-Cポートから、他のデバイスに電力を供給できることです。
 
ほぼフル充電のiPhone15 Proと、バッテリー残量45%程度のiPhone14 Proをケーブルでつなぐと、iPhone15 ProからiPhone14 Proに電力が供給されました。出力は約5ボルト・約5ワットで、以前のiPhoneに同梱されていたUSB電源アダプタと同程度です。
 

 
Apple純正のApple Watch用USB-Cケーブルを繋ぐと、Apple Watch Series 4(高速充電被対応)も充電できました。この際の出力は約5ボルト・約1ワットでした。
 

 
充電速度は標準的ですが、バッテリーが切れそうなiPhoneやApple Watchの稼働時間を延ばせる、ちょっとしたモバイルバッテリー的に使えるのは何かの時に安心感があると思いました。
USB-Cハブで色々と繋いでみた
iPhone15 ProにUSB-Cハブを介して、SDカード、有線LAN、テレビと接続してみました。
 
SDカードを接続すると、iPhoneの「ファイル」アプリからSDカードにアクセスでき、写真の保存などの操作ができました。
 

 
iPhoneが、USB-Cハブに有線LAN接続を認識すると、Dynamic Islandにケーブルのアイコンが表示され、「設定」アプリに「Ethernet」メニューが表示されます。
 

 
Wi-Fiをオフにして、有線LANでのインターネット接続もできました。
 

 
iPhone15 Proを、USB-Cハブ経由でテレビのHDMI端子に接続すると、iPhoneの画面をミラーリングできます。ミラーリングの選択肢として「Dockコネクタ」が表示されました。
 

 
AirPlay対応テレビやApple TVを持っていなくても、家電量販店などで2,000円〜3,000円程度で買えるアダプターを使えば、iPhoneにある写真や動画をテレビの大画面で観られます。
 
YouTubeやApple TV+などの動画を大画面で楽しむこともできます。
 

 
バッテリーの最大充電を80%に抑え、バッテリー充放電回数もカウント
iPhone15 Proは、初期状態ではバッテリーは「バッテリー充電の最適化」に設定されていますが、「上限80%」を選択すると、充電できる上限が最大容量の80%に抑えられます。
 

 
また、「設定」アプリの「情報」メニューからは、バッテリーの充放電回数カウントが確認可能となっています。Appleは、iPhoneの場合、500カウントでバッテリー交換の目安としています。
 
この機能はiOSの機能で実現できそうな気もしますが、iPhone14シリーズ以前のモデルでは利用できません。
ケースをつけるのがもったいない
iPhone15 Proは、チタニウム合金製のフレームが手に馴染みやすくて美しく、ケースを着けて使うのがもったいなく感じてしまうデザインです(だけど、結局ケースを着けてしまうのですが)。
 

 
USB-Cポートの搭載により、筆者としてはiPad mini(第6世代)やMacBook Pro、モバイルバッテリーと同じUSB-Cケーブルを使えるので、小さなことですが、持ち歩くケーブルが減るのは嬉しいです。
 
アクションボタンにショートカットを組み合わせて、どんな活用ができるか、楽しみながら差出してみたいと思っています。
 
 
(hato) …

続きを読む シェア
0

WEWSTOUN iPhone15 Pro ガラスフィルム 【日本旭硝子製】 iPhone 15 Pro フィルム (2枚) + カメラフィルム (2枚) ガイド枠付き 硬度9H 耐衝撃 飛散防止 高...

5星中4.8(10783) ¥1,499 WEWSTOUN iPhone15 Pro ガラスフィルム 【日本旭硝子製】 iPhone 15 Pro フィルム (2枚) + カメラフィルム (2枚) ガイド枠付き 硬度9H 耐衝撃 飛散防止 高透過率 自動吸着 気泡防止 アイフォン 15 プロ 保護フィルム 6.1インチ

続きを読む シェア
0

AppleのクックCEO、ウィリアム皇太子にお土産のApple製品を渡した可能性

 
英国を訪れているAppleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、ロンドンのバッキンガム宮殿を訪れ、ウィリアム皇太子とも面会を果たしました。面会時の写真がソーシャルメディアに投稿されていますが、バックグラウンドにAppleロゴが入った紙袋が置かれており、クックCEOがApple製品をお土産として献上した可能性が指摘されています。
 

■3行で分かる、この記事のポイント
1. Appleのティム・クックCEOが、ウィリアム皇太子とも面会を果たした。
2. 写真が公開されたが、Appleロゴが入った紙袋が置かれているのに気づいた人がいた。
3. クック氏がApple製品をお土産として献上した可能性が指摘されている。

中身はいったい何?
クックCEOは、プリンス/プリンセス・オブ・ウェールズ(ウィリアム皇太子とキャサリン妃)と面会し、環境やメンタルヘルスについて語り合ったと写真を投稿しています。
 

It was a true honor to meet with the Prince and Princess of Wales. We had a wonderful and wide-ranging discussion about the environment, mental health, and other issues that mean a great deal to all of us. pic.twitter.com/QGVmxo9Qa5
— Tim Cook (@tim_cook) September 29, 2023

 
素敵な写真もさることながら、バックグラウンドにAppleロゴが付いた紙袋があることに気づいた人がいました。
 

Looks like Tim went to the Palace bearing gifts New iPhone 15?! pic.twitter.com/yNiUp2kIgX
— Shaun Jenks (@Shaunjenks) September 29, 2023

 
よく見ると、紙袋は2つあるのがわかります。「iPhone15 Pro MaxとApple Watchに違いない」と予想する人もいますが、確認のしようがないため想像に任せるしかありません。
Appleと皇室の関係は前からあった?
Appleで最高デザイン責任者を務めたジョナサン・アイブ氏は、チャールズ英国王のためにこれまでに幾度もデザインを行ってきており、Appleと英皇室との関係は以前からあった可能性があります。
 
Appleはプレスリリースで28日、同社がいかに英国経済に対して貢献しているかをまとめて公開しています。
 
 
Source:@Shaunjenks/X
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Youtube

iPhone15 Pro Max、落下テストでGalaxy S23 Ultraに惜敗

 
YouTubeチャンネルPhoneBuffが行ったiPhone15 Pro MaxとSamsung Galaxy S23 Ultraの落下比較テストで、iPhoneが惜しくもGalaxyに負けるという結果になったことが明らかになりました。
 

■3行で分かる、この記事のポイント
1. iPhone15 Pro MaxとSamsung Galaxy S23 Ultraの落下比較テストが行われた。
2. iPhoneが惜しくもGalaxyに負けるという結果になった。
3. 4つのテスト中3つでGalaxy S23 UltraがiPhone15 Pro Maxを上回った。

4つのテスト中iPhoneが勝ったのは1つだけ
PhoneBuffが行った落下テストでは、背面を下にしての落下、角を下にしての落下、ディスプレイ面を下にしての落下、そしてボーナスラウンドの鉄の上に落とす落下の4つで構成されています。
 
すべてのテストで比較的接戦となったものの、4つのテスト中3つでGalaxy S23 UltraがiPhone15 Pro Maxを上回りました。
 
最終スコアは、Galaxy S23 Ultraが40満点中39点だったのに対して、iPhone15 Pro Maxは37点にとどまりました。
 

昨年よりも若干スコアが落ちている?
同YouTubeチャンネルは、昨年iPhone14 Pro MaxとGalaxy S22 Ultraの落下比較実験も行っていますが、その結果は両デバイスともに38点で引き分けとなっています。
 
Galaxy S23 Ultraの今年のスコアは39点と、昨年から1ポイント上昇していますが、iPhone15 Pro Maxは37点と1ポイント減らしています。
 
iPhone15 Pro Maxの背面ガラスに少し力を加えただけで割れてしまったという耐久性テストの結果も報告されており、修理のしやすさが向上したことで耐久性が若干犠牲になった可能性が指摘されています。
 
 
Source:9to5Mac
(lexi) …

続きを読む シェア
0

iPhone 15 Pro Review: The Good, The Bad, & The Ugly!

https://www.youtube.com/watch?v=cBpGq-vDr2Y
iPhone 15 Pro and Pro Max are refinements of last year's already refined phones. Get $200 off a Pod Cover with code MKBHD at https://eightsleep.com/mkbhd JerryRigEverything durability test: https://youtu.be/IS0SItAzEXg?si=YBL2JvaDwyiH0dZ_
Dave2D gaming: https://youtu.be/CREM-mFuyyo?si=iL5pv0uM9LjqWUQc The Not boring weather app: https://apps.apple.com/us/app/not-boring-weather/id1531063436 MKBHD Merch: http://shop.MKBHD.com Tech I'm using right now: https://www.amazon.com/shop/MKBHD Intro Track: http://youtube.com/20syl
Playlist of MKBHD Intro music: https://goo.gl/B3AWV5 Phone provided by Apple for review. 0:00…

続きを読む シェア
0

【世界最薄】iPhoneにベストフィットなMagSafe対応モバイルバッテリー出たやん…

提供:Matech Anker、CIOのバッテリー2強に割り込んでくれそうだと期待している日本のメーカー「Matech」から【世界最薄】のMagSafe付きモバイルバッテリーが登場しました。 8.6mmの極薄&軽量で胸ポケットにも余裕で入っちゃうのスゴくない…? 【MATECH MagOn 5000】 https://amzn.to/3tbzzyK 【MATECH GanCell 10000 60W】 https://amzn.to/3LGZULw ———&#821…

続きを読む シェア
0

月刊モノグラフ9月号 - iPhone 15まだ届かない / NOTHINGの新ブランド / ???

ライブで読むお便り・質問はこちらから! https://marshmallow-qa.com/infonumber333?utm_medium=url_text&utm_source=promotion 【配信中にプレゼント当選した方はこちらから】 https://forms.gle/gSDoDLBPqpcE9BFo7 ※当選者は生配信中に発表します 【1年記念、monograph限定SUSTEEプレゼント】 https://forms.gle/4VSEEm1LQnNMsGdD9 公式Twitter&rar…

続きを読む シェア
0

Popular Posts