ガジェット 2021/12/23

アンダー1万円でノイキャン・低遅延モード・癒やし音源などを備えた、コスパつよっつよワイヤレス


Photo:ヤマダユウス型その多機能っぷり、マルチツールのごとし。Soundcoreといえば、バッテリーなどでおなじみのAnkerが手掛けているオーディオブランド。音質やノイキャン、そしてユーザーに嬉しいコスパにも定評がある愛されブランドです。そんなSoundcoreブランドのワイヤレスイヤホン「SoundcoreLifeP3」が、ギズ屋台に新入荷!お値段8,990円とお値打ちながら、ノイキャンを

ギズモード・ジャパン

関連記事

ソニー、スパイダーマン新作映画とのコラボ製品の予約受付を開始

 
ソニーは1月11日、現在公開中のスパイダーマンの新作映画とコラボした完全ワイヤレスイヤホン等の予約販売を開始したと発表しました。
スパイダーマンの新作映画とコラボ

 
ソニーは1月11日、2022年1月7日に公開したスパイダーマンシリーズの新作映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」とコラボした限定デザイン商品の予約販売を開始したと公式Twitterアカウント(@sony_jpn)で発表しました。2022年3月31日(木)午前10時までの期間限定販売となります。
 

大ヒット上映中の『#スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』 @SpidermanfilmJP のソニーストア限定デザインオーディオ商品の予約販売を開始!最新映画の世界観とハイレゾ音質の高音質であなたのリスニングも次のレベルへ。 https://t.co/T0RP3XnoME pic.twitter.com/W4i6NrRCO6
— Sony (Japan) (@sony_jpn) January 11, 2022

 
ソニーオンラインストアでも注文することが可能で、ワイヤレスイヤホンのWF-1000XM4やワイヤレスヘッドホンのWH-1000XM4、ウォークマンシリーズのNW-A105にスパイダーマンのオリジナルデザインを刻印することが可能です。また、刻印するデザインはそれぞれ2種類から選ぶことができ、スパイダーマンのマスクやシンボルマーク等が準備されています。
 
販売価格(税込)は以下の通りです。なお、My Sony IDにログインすると、10%割引クーポンが適用されます。
 

WF-1000XM4:34,500円
WH-1000XM4:45,500 円
NW-A105:36,700 円

 
 
Source:Sony
(seng) …

続きを読む シェア
0

Apple、Beats Fit Proを1/28に日本で販売開始

 
AppleはBeatsブランドのノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホン「Beats Fit Pro」を1月28日に日本で販売開始します。
Beats Fit Proが日本で販売開始
Beatsブランドの日本公式Twitterアカウント(@BeatsbyDreJP)は1月11日、Beats Fit Proを1月28日に日本で販売開始すると発表しました。
 

お待たせしました。ノイズキャンセリングイヤフォン「Beats Fit Pro」1月28日より日本発売開始。耳にぴったりフィットするウィングチップ。ダイナミックヘッドトラッキングによる空間オーディオ対応。Apple H1チップによる自動デバイス切り替えなど便利な機能を搭載。価格は税込24,800円。
— Beats by Dre Japan (@BeatsbyDreJP) January 10, 2022

 
Beats Fit Proは、空間オーディオに対応した完全ワイヤレスイヤホンで、アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込み機能を備えており、2021年11月に米国で発売されました。
 
また、耳にフィットするウイングが特徴で、IPX4規格の耐水性能や連続6時間再生可能なバッテリー等、スポーツ中にも安心して利用可能なワイヤレスイヤホンとなっています。
 
Apple H1チップを搭載しており、すべてのAppleデバイスとワンタッチでペアリングすることが可能で、スムーズなデバイス切り替えに対応しています。
 
日本での販売価格は24,800円(税込)で、Appleのオンラインストアで販売ページが既に公開されています。なお、記事執筆時点においては購入できない状態となっており、1月28日に注文可能となるものと推察されます。
 
 
Source:Beats by Dre Japan / Twitter, Apple
(seng) …

続きを読む シェア
0

Ankerのポータブルなのに本格スペックなレーザープロジェクター #CES2022

Image:Anker自宅を映画館に。次から次に新製品が登場するホームプロジェクタですが、AnkerがCES2022にあわせて発表したのはポータブルながら本格スペックを実現したレーザープロジェクター「NebulaCosmosLaser4K」です。ポータブルプロジェクターといえば、どうしても画面が暗いのが悩みのタネ。私も個人的にポータブルプロジェクターを体験したことがあるのですが、なんだか暗くてぼや …

続きを読む シェア
0

【レビュー】3つで1万円以下!生活を変えたコスパ最高のガジェット

 
筆者がコストパフォーマンスが良いガジェット3種(スマートウォッチ、スマートスピーカー、ストリーミングメディアプレーヤー)を実際に試したところ、日常生活で便利に感じることが多かったため紹介します。
高コスパガジェット
Amazonのブラックフライデーセール等を利用して、格安でスマートウォッチ、スマートスピーカー、ストリーミングメディアプレーヤーを合計1万円以下で入手し、実際に日常生活で試してみました。
 
なお、筆者はAmazonプライム会員となっており、自宅でWi-Fiが利用できる環境でのレビューとなります。Prime VideoやPrime Musicを利用するためには、Amazonプライムへの加入が必要ですので、ご留意ください。
 
ガジェットの組み合わせは以下の通りです。
 

スマートウォッチ:Xiaomi Mi スマートバンド5
スマートスピーカー:Amazon Echo Dot(第3世代)
ストリーミングメディアプレーヤー:Amazon Fire TV Stick(第3世代)

スマートウォッチ

 
Apple Watch SE(GPSモデル)が仕事や家事で大活躍したため、より気軽に利用できるスマートウォッチを探してXiaomiのMi スマートバンド5をセール価格3,592円(税込)で購入しました。
 
ディスプレイのサイズは1.1インチと小型ながら、日本語表示も可能で、iPhoneへの着信等を振動で通知するため、非常に便利です。
 
以下画像は、LINEのトークを実際に受信した際のディスプレイです(送信者名を加工)。文字はかなり小さいですが、送信者やトークの内容を手元で確認できるため、仕事中にiPhoneを鞄に入れている際等に活用しています。
 

 
通知時にはスマートウォッチ本体が振動するため、重要な連絡の見逃しが激減したことが最大の利点です。また、LINEの内容を確認し、対応が必要な時だけiPhoneを取り出して返信するようになり、通知のたびにiPhoneを取り出して確認していたことと比べ、格段に効率性が向上しました。
 
なお、スポーツモードや心拍数モニタリング機能を搭載していますが、筆者は特に使用しておらず、歩数計のみ参考にしています。
 
Mi スマートバンド5での通話や返信は不可能なため、Apple Watchの機能には及びませんが、価格差を考えると非常にコストパフォーマンスが良いスマートウォッチだと感じています。また、バッテリーのもちが良く、1回の充電で1週間~10日間程度は余裕をもって利用できます。
 
現在、AmazonではMi スマートバンド5は品切れですが、次世代モデルのMi スマートバンド6が5,990円(税込)で販売されています。今後、スマートバンド6がAmazonでのセール対象となることが期待されます。
ストリーミングメディアプレーヤー

 
旧世代のFire TV Stickが壊れてしまったため、Amazonの初売りセールで2,980円で購入しました。
 
テレビに接続することでAmazonのPrime Videoを大画面で楽しむことができます。また、YouTubeやニュース系のアプリ等を利用することができ、子どもにYouTubeを見せる時も、タブレット端末ではなくテレビで見せることができます。
 
プライム会員の場合は、Fire TV Stickを購入することでPrime Videoのメリットを最大限活かすことができそうです。
 
さらに、Bluetoothでワイヤレスイヤホンと接続することができることは、子育て世代には嬉しい機能です。家族が寝た後にテレビでPrime Videoの映画を見る際には、ワイヤレスイヤホンに接続することで、気兼ねなく鑑賞できます。
スマートスピーカー

 
スマートスピーカーは、Amazonのブラックフライデーで1,490円(税込)で投げ売りされていたEcho Dot(第3世代)を購入しました。
 
AI音声アシスタントAlexaを搭載しており、音声での指示で音楽の再生やスマート家電の操作が可能となります。残念ながら、筆者は他のスマート家電を保有していないため、主に音楽やニュースの再生を中心に使用しています。
 
AmazonのPrime Musicや、日経新聞のニュース、BBCの英語ニュース等を聴きながら家事をすることができ、生活のクオリティが上がったように感じています。両手がふさがっている場合でも、声で操作できるため便利です。
 
また、Prime Musicには幼児向け番組の「いないいないばあっ!」等のプレイリストもあり、「いないないばあを流して」等の指示で挿入歌を流せるため、育児中も活用しています。
 
さらにFire TV Stickに接続したテレビの電源オン・オフが可能なため、「テレビ消して」と指示してテレビを消す機能は意外と利用しています。なお、テレビの種類によって操作可能な内容が異なりますので、ご注意ください。
 
今回紹介したガジェットは低価格帯で基本的な機能となっていますが、コストパフォーマンスは非常に良いと感じています。2022年もAmazonプライムデーやタイムセール祭り等が開催されることが予想され、格安価格で購入するチャンスもありそうです。
 
 
Photo:Amazon (1), (2), (3)
(seng) …

続きを読む シェア
0

Youtube

When Tech Companies Lie to Us...

https://www.youtube.com/watch?v=-njHjebtIg4
Tech company lies exist on a spectrum. How far is too far?
(Did you know 1-inch camera sensors are not 1 inch?) DonutMedia video: https://youtu.be/sYd9q120lhE Tech I'm using right now: https://www.amazon.com/shop/MKBHD Intro Track: Jordyn Edmonds https://lnk.to/jordynedmonds
Playlist of MKBHD Intro music: https://goo.gl/B3AWV5 ~
http://twitter.com/MKBHD
http://instagram.com/MKBHD
http://facebook.com/MKBHD YouTube…

続きを読む シェア
0

My Everyday Tech: 2022!

https://www.youtube.com/watch?v=-pTGc7cIBIA
What’s in my bag and on my phones RIGHT NOW.
All links below v Peak Design V2 Everyday 20L: https://amzn.to/3qWv0nc
MacBook Pro 16: https://amzn.to/3HIIwRT
AirPods Max: https://amzn.to/3JPxNHi
Opal C1 webcam: https://opalcamera.com
Canon R5: https://amzn.to/3F8gePb
Canon 15-35 RF: https://amzn.to/3q3b9n1
USB-C cable with display: https://amzn.to/3JQUwTf Trove slim wallet: https://www.trove.cc
iPhone 13 Pro: https://amzn.to/3F4lO5e
Pixel 6 Pro: https://amzn.to/31AC7Ja
TickTick: https://ticktick.com
Osmos game: https://apps.apple.com/us/developer/hemisphere-games/id379323385 Tech I'm using right now: https://www.amazon.com/shop/MKBHD Intro Track: http://youtube.com/20syl
Playlist of MKBHD Intro…

続きを読む シェア
0

2022 Tech I'm Ready For!

https://www.youtube.com/watch?v=zV7y4Oex1DQ
The best tech upcoming in 2022!
Sponsored by Cash App: Download from App Store/Google Play store – Use code MARQUES for $15 and $10 goes to Girls Who Code! Mark Gurman's newsletter: https://www.bloomberg.com/account/newsletters/power-on MKBHD Merch: http://shop.MKBHD.com Tech I'm using right now: https://www.amazon.com/shop/MKBHD Intro Track: http://youtube.com/20syl
Playlist of MKBHD Intro music: https://goo.gl/B3AWV5 ~
http://twitter.com/MKBHD
http://instagram.com/MKBHD
http://facebook.com/MKBHD YouTube…

続きを読む シェア
0

日本のベンチャー企業が針のない血糖値センサーをCESでデモ、賞を獲得

 
2022年中にも発売される可能性がある針のない血糖値測定機能付きスマートウォッチですが、日本企業も開発をおこなっています。
 
ベンチャー企業であるクォンタムオペレーションがCES 2022において、非侵襲血糖センサーのデモをおこない、「CES 2022 Innovation Awards」を受賞しました。
「CES 2022 Innovation Awards」を受賞した日本企業の非侵襲血糖センサー
このデモをおこなったのは日本のベンチャー企業であるクォンタムオペレーションです。
 
クォンタムオペレーションは2017年に設立されたベンチャー企業であり、針のない血糖センサーの研究開発が主な事業内容となっています。
 
クォンタムオペレーションはCES 2022において、開発中の非侵襲血糖センサーのデモをおこないました。
 
この技術によってクォンタムオペレーションは「CES 2022 Innovation Awards」を受賞し、CES 2022で多くの注目を集めたようです。
 
クォンタムオペレーションが開発中の非侵襲血糖センサーを搭載したスマートウォッチのデモは、YouTube上でも公開されています。
 

 
盛り上がりを見せる針のない血糖センサー
クォンタムオペレーションの針のない血糖値測定機能付きスマートウォッチの発売時期は不明です。
 
しかしながら海外には、2022年末から2023年にかけて発売が予定されているスマートウォッチや、2022年末に発売が予定されている通常の腕時計に取り付け可能な製品が存在しています。
 
さらに、交換が必要な部品を排して痛みがないだけでなくコスト面でも患者に優しい製品も開発中です。
 
AppleもApple Watch Series 8で血糖値センサーを採用するという情報があります。
 
血糖値の測定に痛みが伴う時代はもうすぐ終わるのかもしれません。
 
 
Source: クォンタムオペレーション via Gizchina
(ハウザー) …

続きを読む シェア
0

Popular Posts