ガジェット 2022/09/4

小型で軽量、精度はプロ級!三拍子揃った3Dスキャナー「Revopoint MINI」


「Revopoint MINI」は、2014年に中国で設立された3Dカメラとモジュールの開発・製造を専門とするRevopoint社が開発を手掛けた最新モデル。非常にコンパクト&軽量でありながら、従来はサイズが大きい業務用モデルに搭載されていたブルーライト技術の導入に成功。点群距離0.05mm、フレーム精度は0.02mmまでのモデルを出力可能です。

ギズモード・ジャパン

Youtube

AirPods Pro 2 Review: 1 Underrated Thing!

https://www.youtube.com/watch?v=f3DfJxvkN-8
AirPods Pro take computational audio to the limits, which makes them hard to review, but great to listen to The water bottle: http://shop.MKBHD.com Get a dbrand grip case for your Apple AirPods Pro at https://dbrand.com/airpods Grab yourself an Apple AirPods Pro 2 at https://geni.us/dCEfCC
Check out Bose's new QuietComfort II Earbuds at https://geni.us/R0ft
Check out the Sony WF-1000XM4 at https://geni.us/pQzAB
Tech I'm using right…

続きを読む シェア
0

Apple Watch Ultraをダイビングシミュレーション装置でテスト

 
YouTuberが、Apple Watch Ultra専用アプリ「Depth(深度)」アプリをダイビングシミュレーターで試しています。どのような結果が得られたのでしょうか。
アプリは水深を正確に表示
技術評論家でYouTuberのDC Rainmakerは、ダイビング機器用に設計された水中試験室を使用して、Depthアプリの動作を実演する動画を公開しました。
 
動画では、シミュレートされたダイバーが潜降するにつれ、Depthアプリが大きくなる水圧にスムーズに対応している様子が確認できます。アプリの水深表示が正確に調整されていくのがわかります。
 
Depthアプリは最大水深40メートルを想定していますが、Apple Watch Ultraは100メートルの防水機能を備えており、アプリよりも高い水圧に耐えることができます。
 
DCはDepthアプリが40メートル以下に降下したときに何が起こるのかも調べています。画面は明るい黄色に変わり、「40メートル超」と表示され、より浅い水深に戻るまで表示されなくなります。
 
また、ダイビング終了後にダイビングの長さ、水温、最大水深を表示する「ダイブサマリー」のデモも行なわれています。
 

 
 
Source:MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Popular Posts