ガジェット


家電量販店でiPhoneセールが開催、SE2が一括1円、12 miniも2万円台

 
一部家電量販店において、今週もキャリア版のiPhone SE(第2世代)の64GBモデルが一括1円~10円、128GBモデルが4,268円等の激安価格で販売されています。auとソフトバンクはiPhone12 miniを2万円台から販売しています。また、一部店舗においては、iPhone12 miniが残価設定型契約の対象となっており、ドコモはiPhone12 miniを実質負担額23円で提供しています。
iPhone SE(第2世代)がMNPで一括1円~
9月にはiPhone13シリーズが発表され、各キャリア等で9月24日に発売されましたが、家電量販店におけるiPhone SEの格安セールが11月も引き続き実施されています。
 
ヨドバシカメラのNTTドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォン売り場において、iPhone SE(第2世代)のセールが行われているとの情報があります。
 
TwitterユーザーのSkyblue氏(@skyblue_1985jp)は11月19日、ヨドバシカメラ秋葉原店でiPhone SEがMNPを条件に64GBモデルが一括1円~10円、128GBモデルが4,268円で販売中との画像を投稿しました。
 

ヨドバシアキバ、平日含めてる30日間iPhone SE2祭りが3キャリアで続行へ。
Android可哀想 pic.twitter.com/GSvitCDUQ7
— Skyblue (@skyblue_1985jp) November 19, 2021

 
また、東京以外の地域の店舗でも、MNPによる他社からの乗り換え等を対象に、ドコモやソフトバンク、auでiPhone SE(第2世代)の64GBモデルが一括1円~10円で販売されているとの情報もあります。
 
ビックカメラが運営するApple製品専門店のBic Styleは11月19日、公式Twitterアカウントにおいて、長野県のイオンモール松本店でソフトバンク版iPhone SE(64GB)が1円で購入可能と示唆するツイートを行っています。
 

【Bic Style イオンモール松本店】     必見   お子様連れのお客様 
SoftBank #iPhone SE 64GBが、1円!? 月額990円!?※適用条件有
詳しくは、店舗にお問合せ下さいませ。#イオンモール松本#松本市#Apple#ビックカメラ#iPhone#SoftBank#Ymobile
— Bic Style (@BicStyle) November 19, 2021

 
128GBモデルは、ドコモが従来に引き続き一括4,268円で販売しており、ソフトバンクやauも格安価格で販売しているとみられます。
 
なお、iPhone Maniaでは、iPhone SE(第2世代)向けケースのレビュー記事を掲載しています。
 
家電量販店等におけるキャリア版iPhone SEの大規模セールは8月~10月にも実施され、ドコモでは新規契約も一括10円の対象になったり、128GBモデルの販売価格が9,790円に変更されたりする等、週によってセール内容が変動しています。
 
2022年前半に5G対応のiPhone SE(第3世代)が発売されると予測されていることが、iPhone SE(第2世代)格安セールの一因となっていると噂されています。
iPhone12 miniが2万円台で販売

 
一部のヨドバシカメラのauとソフトバンクでは、MNPでの契約を条件に、過去のセールに引き続きiPhone12 mini(64GB)が27,000円程度で販売されています。また、128GBモデルのMNP一括販売価格は3万3,000円程度となっています。
 
さらに、ドコモもiPhone12 miniのセールを実施し、MNPでの一括購入の場合は64GBモデルが3万8,000円程度で販売されているとの情報もあります。
 
Apple StoreでのiPhone12 mini(64GB)の販売価格は69,800円(税込)となっており、キャリア各社の販売価格は格安と言えそうです。
 
また、ヨドバシカメラ以外の家電量販店等においてもキャリア版iPhoneのセールが行われている可能性があります。
 
ドコモは11月2日、iPhone12 miniを残価設定型の24回分割払い「いつでもカエドキプログラム」の対象にすると発表しました。
 
一部店舗では、いつでもカエドキプログラムを活用することで、ドコモ版iPhone12 mini(64GB)が実質負担額23円、128GBモデルが実質負担額2,002円で利用可能となっている模様です。
 
在庫切れの店舗も
iPhone SEの激安セールは、家電量販店のオンラインショップ等では行われておらず、実店舗のみで開催されていると推察されます。8月頃から、一括1円~10円セールでの販売が実施されていますが、いつまで続くかは不透明な状況です。
 
11月20日時点においてはiPhone SE(128GB)や、iPhone12 miniの在庫が一部店舗で確認されているものの、「在庫切れ」の店舗もあり、購入を検討される場合は、お近くの店舗にセールの実施有無や在庫を早めご確認ください。
 
なお、AppleはiPhone13シリーズの発表に伴い、Apple Storeにおける一部のiPhoneの販売価格を見直しており、iPhone SE(第2世代)は若干値上げされています。
 
また、iPhone Maniaでは、iPhone13 miniとiPhone SE(第2世代)の実機比較記事を掲載しています。
 
 
Source:Skyblue/ Twitter, Bic Style / Twitter
(seng)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

Xperia 1、Galaxy S21、iPhone12 miniのユーズド品セール

 
イオシスが2021年11月20日〜11月28日まで、「勤労大感謝祭セール」を実施し、Xperia 1、Galaxy S21、iPhone12 miniなどのユーズド品をセール販売しています。
主なセール販売商品
「勤労大感謝祭セール」でイオシスが販売中の、主な商品は下記の通りです。
 

品名
価格(税込)
程度

iPhone12 mini / 64GBSIMロック解除済み
59,800円
未使用/6カ月保証

iPhone SE(第2世代) / 64GBSIMロック解除済み
32,800円
未使用/6カ月保証

Xperia 1 / 64GB 外装キズ中古 CランクSIMロック解除済み
22,800円
中古/3カ月保証

Xperia 1 / 64GB 通常中古 BランクSIMロック解除済み
26,800円
中古/3カ月保証

Galaxy S21 / 256GBSIMロック解除済み
92,800円
未使用/6カ月保証

 
商品に関する質問は、イオシスにお問い合わせ下さい。
 
 
Source:「勤労大感謝祭セール」/イオシス
(FT729) …

続きを読む シェア
0

ドコモオンラインショップ、iPhone12シリーズとSE2の割引は30歳以下のみに

 
NTTドコモは11月11日、ドコモオンラインショップにおける「5G WELCOME割」と「端末購入割引」の割引額を変更すると発表しました。
 
11月19日以降、iPhone12シリーズとiPhone SE(第2世代)の割引を受けられるのは30歳以下の利用者のみとなり、さらに割引額も減額されます。
5G WELCOME割の変更内容
「5G WELCOME割」は、対象の5Gスマートフォンを購入することで、購入方法に応じて機種代金から割引またはdポイントが進呈されるサービスです。
 
対象機種のうち、割引額が変更されるiPhoneシリーズは、iPhone12、12 mini、12 Pro、12 Pro Maxの4機種です。
 
これらの機種の割引額は11月18日までは一律22,000円割引ですが、11月19日以降は購入時に利用者が30歳以下の場合のみ、20,000ポイントへの進呈となります。
 
また、対象のAndroid機種は11月18日までは22,000円割引ですが、11月19日以降は割引がなくなります。
 

機種名
割引額/進呈ポイント

〜11月18日
11月19日〜

iPhone12 Pro
22,000円割引
購入時、利用者が30歳以下の場合に20,000ポイント進呈

iPhone12 Pro Max

iPhone12

iPhone12 mini

Xperia 5 III SO-53B

AQUOS sense6 SH-54B

Galaxy Z Flip3 5G SC-54B

Galaxy Z Fold3 5G SC-55B

AQUOS R6 SH-51B

Xperia 1 III SO-51B

Xperia 10 III SO-52B

Galaxy A52 5G SC-53B

Galaxy S21 5G SC-51B

Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51B

Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B

AQUOS sense5G SH-53A

arrows NX9 F-52A

Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A

Xperia 5 II SO-52A

Galaxy A51 5G SC-54A

arrows 5G F-51A

端末購入割引の変更内容
「端末購入割引」は、対象機種を購入する際、機種に応じた割引が受けられるサービスです。
 
対象機種のうち、割引額が変更されるiPhoneシリーズはiPhone SE(第2世代)です。同機種の割引額は11月18日までは22,000円割引ですが、11月19日以降は購入時に利用者が30歳以下の場合のみ、20,000ポイントへの進呈となります
 
 
Source:NTTドコモ
(kotobaya) …

続きを読む シェア
0

iPhone12/13シリーズをほぼ裸で持ち歩けるスマホプロテクター

 
クラウドファンディングサイトMakuakeにて、iPhone12/13シリーズ(12 miniは非対応)をほぼ裸で持ち歩けるプロテクター「Arc Pulse」が先行販売されています。応援購入総額は本稿執筆時点で約534万円と、目標金額10万円を遥かに上回っています。
 
※クラウドファンディングは、製品・サービスの購入ではなく”投資”であるため、プロジェクトの進行が遅れてお礼のリターン(製品やサービス)が予定通り届かない場合や、目標額に到達しないなどの理由で開発自体が中止となることもあります。また海外プロジェクトの無線機では、日本国内での利用に必要な技適マークを取得していないケースがあります。これらのリスクを理解した上でご利用ください。
iPhone本来の美しさはそのままに衝撃から守れるプロテクター

 
「Arc Pulse」はわずか2つのパーツを付けることで、iPhone本来の美しいデザインや素材感はそのままに、落下などの衝撃から保護することができるプロテクターです。
 

 
iPhoneの四隅とカメラを重点的に保護できるほか、あらゆる角度からの落下でも本体表面や背面に傷が付くことを防げます。
 

アルミニウム製とチタン製の2種類を用意

 
Arc Pulseは「アルミニウム製」と「チタン製」の2種類が用意されています。
 

 
アルミニウムバージョンは「超々ジュラルミン」と呼ばれるアルミニウム7075が採用されています。同素材は軍用の戦闘機やナイフ、ライフル、また以前は日本海軍の零式艦上戦闘機にも使用されるなど、アルミニウムの中では最も強度が高い素材として知られています。
 

 
チタンバージョンはチタンの中でも最高クラスに強度が高く、航空宇宙や医療分野でも使われる「チタングレード5」が採用されています。
 
いずれも重さは20グラム以下です。
 

対応機種、質感、価格
Arc PulseはiPhone12シリーズ(iPhone12 miniは非対応)と13シリーズに対応しています。アルミニウム素材のみ、iPhone12シリーズ用とiPhone13シリーズ用で質感に違いがあり、12シリーズ用は光沢感のあるテイスト、13シリーズ用はマットなテイストとなっています。
 
本稿執筆時点の価格は、アルミニウムバージョンが税込15,480円〜、チタンバージョンが税込24,780円〜です。
 
 
Source:Merak
(kotobaya) …

続きを読む シェア
0

ahamo、iPhone11を割引価格で販売、機種変更が対象

 
NTTドコモはahamoでの機種変更を対象に、iPhone11の64GBモデルを期間限定の割引価格で提供しています。
iPhone11を割引価格で販売
ahamoは、11月5日(金)から11月30日(火)の期間限定で、機種変更を行うユーザーを対象に、iPhone11(64GBモデル)を55,990円(税込)の割引価格で販売しています。
 
通常の機種変更価格は62,590円(税込)となっており、11月末までの期間限定で6,600円値引きされています。
 
なお、新規契約等でのiPhone11(64GB)の販売価格は通常の49,390円(税込)から変更されていない模様です。
 
また、ahamoは10月29日~31日の限定で、iPhone11の購入と回線申込を条件に、dポイント3,000ポイントを付与するキャンペーンを行っていました。
 
ahamoは、公式Twitterアカウントにおいて、iPhone11(64GB)の機種変更キャンペーンを周知しています。
 

\#iPhone 期間限定価格/
「iPhone 11 64GB」への機種変更が今だけの期間限定価格、55,990円(税込)
期間:11月5日(金)~11月30日(火)
11月末までの期間限定なので、この機会をお見逃しなく
詳しくはこちらhttps://t.co/xKRQGnxCUf
— ahamo(アハモ) (@ahamo_official) November 5, 2021

 
一方、家電量販店においては、11月8日までMNPを対象としたiPhone SE(第2世代)やiPhone12 miniの格安セールが行われており、今週末のセール実施も期待されています。
 
 
Source:ahamo
(seng) …

続きを読む シェア
0

Apple、米国で「Trade In」のデバイス価格を値下げ

 
米国でApple Trade Inのデバイスの下取り価格が下げられたことが明らかになりました。iPhone12 Pro Maxのデバイス価格は、これまでよりも90ドル(約10,160円)低くなっています。
iPhone XとiPhone6sだけ価格は据え置き
Apple Trade Inサイトの現在の下取り価格と、これまでの価格を比較すると、下記のとおりとなります。
 

デバイス
現価格
元価格

iPhone12 Pro Max
700ドル
790ドル

iPhone12 Pro
600ドル
640ドル

iPhone12
450ドル
530ドル

iPhone12 mini
350ドル
400ドル

iPhone SE(第2世代)
160ドル
170ドル

iPhone11 Pro Max
450ドル
500ドル

iPhone11 Pro
400ドル
450ドル

iPhone11
300ドル
340ドル

iPhone XS
220ドル
240ドル

iPhone XR
200ドル
230ドル

iPhone X
200ドル
200ドル

iPhone8 Plus
160ドル
180ドル

iPhone8
100ドル
110ドル

iPhone7 Plus
100ドル
110ドル

iPhone7
40ドル
50ドル

iPhone6s Plus
50ドル
60ドル

iPhone6s
30ドル
30ドル

 
iPhone XとiPhone6sだけ、下取り価格は変わっていないことがわかります。
 
 
Source:MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

IIJmio、iPhone12未使用品とiPhone SE(第2世代)中古の販売開始

 
IIJが2021年11月8日、IIJmioサプライサービスにおいて11月12日より、iPhone12のストレージ容量128GBの未使用品と、iPhone SE(第2世代)64GBの中古美品の取り扱いを開始すると発表しました。
iPhone12の未使用品とiPhone SE(第2世代)中古美品の取り扱い品を追加
IIJmioサプライサービスにおいて、11月12日より取り扱いが開始されるiPhone12のストレージ容量128GBの未使用品と、iPhone SE(第2世代)のストレージ容量64GBの中古美品の価格等詳細は下記の通りです。
 

機種
iPhone 12
iPhone SE(第2世代)

販売開始日
未定
11月12日(金)10:00~

商品状態
未使用品
中古美品

カラー
ブラック、ホワイト、レッドブルー、グリーン、パープル
ブラック、ホワイト、レッド

ストレージ容量
128GB
64GB

販売価格(税込)
1回払い:92,000円24回払い:3,839円/月
1回払い:27,800円24回払い:1,160円/月

端末補償オプション費用(税込)
550円/月
550円/月

 
同社は、現在販売中のiPhone12の未使用品、ストレージ容量64GBに新色のパープルを追加し、2021年11月12日より販売を開始します。
 
今後、iPhone12の未使用品、ストレージ容量64GBのグリーン、iPhone12 miniの未使用品、ストレージ容量64GBのグリーン/パープルについても、順次取り扱いを開始する予定です。
販売中の未使用品および中古品のiPhoneの価格を改定
IIJmioは2021年11月12日より、販売中の未使用品および中古品のiPhoneの価格を改定します。
 

商品状態
端末
ROM
旧価格(税込)
新価格(税込)

中古美品
iPhone8
64GB
1回払い:27,800円24回払い:1,160円/月
1回払い:17,800円24回払い:744円/月

iPhone11
64GB
1回払い:64,350円24回払い:2,684円/月
1回払い:52,800円24回払い:2,255円/月

128GB
1回払い:73,150円24回払い:3,052円/月
1回払い:57,800円24回払い:2,414円/月

未使用品
iPhone SE(第2世代)
64GB
1回払い:48,400円24回払い:2,024円/月
1回払い:39,800円24回払い:1,661円/月

iPhone12 mini
64GB
1回払い:81,400円24回払い:3,393円/月
1回払い:68,800円24回払い:2,871円/月

iPhone12
64GB
1回払い:92,400円24回払い:3,850円/月
1回払い:84,800円24回払い:3,536円/月

 
 
Source:IIJ
Photo:Apple
(FT729) …

続きを読む シェア
0

【レビュー】MOFTのiPhoneケースとスタンド&ウォレットでMagSafeを活用

 
MOFTから発売された、「MagSafe対応ケース&スタンド&ウォレットセット」を、iPhone13 Proに装着して使ってみた印象をレビューします。ケースの装着によりMagSafeの磁力がパワーアップし、iPhoneとスタンドがしっかり固定できるほか、各種MagSafeアクセサリーも安定して固定できます。
MagSafe対応ケースとスタンド&ウォレットのセット
MOFTの「MagSafe対応ケース&スタンド&ウォレットセット」は、MagSafe対応のケースと、2020年末に発売された人気製品「スタンド&ウォレット」のセットで、iPhone13シリーズの発表直後に製品情報が公開され、このほど販売が開始されました。
 

 
iPhone13シリーズ、iPhone12シリーズ(いずれもminiモデルを除く)に対応し、スタンド&ウォレットには8色のカラーバリエーションが用意されています。
 

 
「MagSafe対応ケース&スタンド&ウォレットセット」をiPhone13 Pro(ゴールド)に取り付けて使ってみました。
 
記事には、レビュー用に提供いただいたサンプル品を使用しています。
MagSafeリングが目立ちにくいホワイトのケース
ケースは、クリアタイプのMagSafeケースの背面が白くペイントされ、マグネットの入ったリングが目立ちにくいのが特徴です。表面は一般的なクリアケースと同様、光沢がある質感です。
 

 
カメラ穴部分にMOFTのロゴが入っています。
 

 
内側には、MagSafe用のマグネットが確認できます。
 

 
ケース単体の重量は40グラムでした。
 

 
iPhoneを衝撃からしっかり守る
ケースを装着すると、カメラ周りとAppleロゴ部分からiPhoneの本体カラーが見えます。
 

 
カメラ穴の周囲が盛り上がって、iPhone13 Proの大きなカメラを保護しています。
 

 
ガラスフィルムを装着した状態でも、画面の周囲のフレームが高くなっており、画面が保護されています。
 

 
MOFTによると、1.5メートルからの落下による耐衝撃性テストもクリアしているとのことです。
 
サイドボタンや音量ボタンは、やや押し心地が硬くなりますが問題なく操作できます。サウンドオン/オフスイッチは、指先を入れて操作できます。
 

 
底面のLightningポート、スピーカー部分は開いており、Lightningケーブルもスムーズに抜き差しできます。
 

 
iPhoneにスリムに装着
スタンド&ウォレットは、iPhoneにMagSafeで取り付けて3つの方法で使えるスタンドととしても、カード類を最大3枚収納できるウォレットとしても使える、ヴィーガンレザー製のアクセサリーです。
 
新色のひとつ、ウィンディブルーは、鮮やかでありながら落ち着いた質感があります。
 

 
スタンド&ウォレットシリーズの発売当初からの定番カラー、シエナブラウンは落ち着いたカラーが特徴です。
 

 
iPhone13 Proの背面に、磁力で簡単に取り付けられます。
 

 
厚さは約5ミリとスリムなので、iPhoneの持ちやすさに影響しません。
 

 
3つのモードで使える、最大3枚のカードを収納可能
スタンド部分を引き出して、縦、横にiPhoneを固定できるほか、動画視聴などに便利なフローティングモードの3通りで利用できます。
 

 
ケースの磁力が強いため、どの向きでスタンドとして使っていても、iPhoneを安定して固定できます。筆者が比較できた範囲で、Apple純正のiPhone12 Pro Max用レザーケース、SpigenのMagSafe対応ケース、そしてiPhone13 Pro本体直接と比較して、MOFTのケース装着により、マグネットによる吸着力が強くなっているのを感じました。
 

 
背面のポケットには、カード類を最大3枚収納できます。MOFTは、磁力によりカードの磁気に影響が出る恐れがあると案内します。クレジットカードなど磁気ストライプ付きカードは入れない方が安全です(ICカードには影響しません)。
 

 
先述のとおり、ケースに埋め込まれたマグネットの磁力が強く、スタンド&ウォレットがしっかりと固定されるため、iPhoneを持つときに指を入れて使ってもiPhoneがズレたり落ちることはありませんでした。
 

 
強い磁力で各種MagSafeアクセサリをフル活用
MagSafe対応ケースは、各種のMagSafeアクセサリーと組み合わせて使うことができます。
 
MOFTのユニークなスタンド「MOFT O」も、しっかり固定できます。
 

 
「MOFT O」を垂直スタンドとして使う時、iPhone13 Proをケースなしの状態で使うと軽く触れるだけで倒れてしまいましたが、ケースを装着した状態だと安定感があり、少し触れた程度で倒れてしまうことがなくなりました。
 

 
ベルキンの、MagSafe機構でiPhoneを固定してワイヤレス充電可能な自動車用ホルダーにも安定して取り付けることができました。市街地を走り、段差を乗り越えてもiPhoneはしっかり固定されていました。
 

 
また、MagSafeを使った各種充電スタンドにも、強い磁力でしっかり固定することができます。
 

 
セットでも単品でも購入可能
MOFTの「MagSafe対応ケース&スタンド&ウォレットセット」は、MOFT Japanのオンラインストアで販売されています。価格(税込、以下すべて同じ)は、iPhone12シリーズ用が6,380円、iPhone13シリーズ用が7,480円です。
 

 
「MagSafe対応ケース」と「スタンド&ウォレット」は、それぞれ単体でも販売されています。
 
「MagSafe対応ケース」はiPhone12シリーズ用が3,380円、iPhone13シリーズ用が4,580円です。なお、iPhone12 mini、iPhone13 miniには非対応です。
 
MagSafeの磁力をアップさせたい方、すでに「スタンド&ウォレット」を持っている方は、ケースを単体購入する価値はあると思います。
 

 
「スタンド&ウォレット」単体販売は、本稿執筆時点ではオックスフォードブルー、ナイトブラック、シエナブラウン、アッシュグレー、パープルの5色が購入可能で、価格は3,180円です。
 

 
 
参照:MOFT Japan
(hato)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

iPhoneセールが今月も開催、SEが一括10円、ドコモも12 miniセール実施か

 
一部家電量販店において、今週もキャリア版のiPhone SE(第2世代)の64GBモデルが一括1円~10円、128GBモデルが4,268円等の激安価格で販売されています。auとソフトバンクはiPhone12 miniを2万円台から販売しています。また、一部店舗においては、残価設定型の契約の対象となっており、ドコモもiPhone12 miniの格安販売を開始した模様です。
iPhone SE(第2世代)がMNPで一括1円~
9月にはiPhone13シリーズが発表され、各キャリア等で9月24日に発売されましたが、家電量販店におけるiPhone SEの格安セールが11月も引き続き実施されています。
 
ヨドバシカメラのNTTドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォン売り場において、iPhone SE(第2世代)のセールが行われているとの情報があります。
 
Twitterユーザーのスマホマホ氏(@sumahomaho)は11月5日、ヨドバシカメラ上野店でドコモ版iPhone SEがMNPを条件に64GBモデルが一括10円、128GBモデルが4,268円で販売中との画像を投稿しました。
 

ヨドバシカメラ マルチメディア上野のスマホ情報
iPhone SE2のセールが継続
iPhone 13シリーズの在庫はProが一部容量のみ在庫あり、無印・miniは豊富
Y!mobileのSIM+SIMフリースマホで2万円引きキャンペーン継続(ヨドバシAkibaはおそらく1.1万引き)
※11/5 19:13現在 pic.twitter.com/rINvEIv8cs
— スマホマホ (@sumahomaho) November 5, 2021

 
また、東京以外の地域の店舗でも、MNPによる他社からの乗り換え等を対象に、ドコモやソフトバンク、auでiPhone SE(第2世代)の64GBモデルが一括1円~10円で販売されているとの情報もあります。
 
128GBモデルは、ドコモが従来に引き続き一括4,268円で販売しており、ソフトバンクやauも格安価格で販売しているとみられます。
 
家電量販店等におけるキャリア版iPhone SEの大規模セールは8月や9月にも実施され、ドコモでは新規契約も一括10円の対象になったり、128GBモデルの販売価格が9,790円に変更されたりする等、週によってセール内容が変動しています。
 
なお、2022年前半には5G対応のiPhone SE(第3世代)が発売されると予測されています。
iPhone12 miniが2万円台で販売

 
一部のヨドバシカメラのauとソフトバンクでは、MNPでの契約を条件に、前週に引き続きiPhone12 mini(64GB)が27,000円程度で販売されています。また、128GBモデルのMNP一括販売価格は3万3,000円程度となっています。
 
さらに、今週からドコモもiPhone12 miniのセールを開始しており、MNPでの一括購入の場合は64GBモデルが3万8,000円程度、128GBモデルが4万6,000円程度で販売されているとの情報もあります。
 
Apple StoreでのiPhone12 mini(64GB)の販売価格は69,800円(税込)となっており、キャリア各社の販売価格は格安と言えそうです。
 
また、Twitterユーザーのikmy氏(@yasuikam)は11月6日、ケーズデンキでもiPhone12 miniのセールが行われていたと投稿しており、ヨドバシカメラ以外の家電量販店等においてもキャリア版iPhoneのセールが行われている可能性があります。
 

ケーズデンキ au MNPでiPhone 12 mini 128GBが33,000円(-44K)。64GBに比べて圧倒的に在庫がないそうでラッキーでした #はぁ〜また買っちゃった #処遇はこれから考える
— ikmy (@yasuikam) November 6, 2021

 
ドコモは11月2日、iPhone12 miniを残価設定型の24回分割払い「いつでもカエドキプログラム」の対象にすると発表しました。
 
Twitterユーザーの携帯・家電好きエンジニア氏(@odenkaden_san)は11月6日、ヤマダデンキにおいて「いつでもカエドキプログラム」を利用することでiPhone12 miniが実質負担額23円で購入可能となっていると投稿しています。
 

iPhone 12 miniの投げ売り、横浜のヨドバシの他に、ヤマダでも実施していますね。 https://t.co/Lfl3BwyrxI pic.twitter.com/zvmsdIwPOy
— 携帯・家電好きエンジニア (@odenkaden_san) November 6, 2021

いつまで続くか不透明な状況
iPhone SEの激安セールは、家電量販店のオンラインショップ等では行われておらず、実店舗のみで開催されていると推察されます。8月頃から、一括1円~10円セールでの販売が実施されていますが、いつまで続くかは不透明な状況です。
 
11月6日時点においてはiPhone SE(128GB)や、iPhone12 miniの在庫も一部店舗で確認されており、購入を検討される場合は、お近くの店舗にセールの実施有無や在庫をご確認ください。
 
なお、AppleはiPhone13シリーズの発表に伴い、Apple Storeにおける一部のiPhoneの販売価格を見直しており、iPhone SE(第2世代)は若干値上げされています。
 
また、iPhone Maniaでは、iPhone13 miniとiPhone SE(第2世代)の実機比較記事を掲載しています。
 
 
Source:スマホマホ/ Twitter, ikmy / Twitter, 携帯・家電好きエンジニア / Twitter
(seng)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

楽天モバイル、iPhone12シリーズに使える最大1万2千円引きクーポンを発行

 
楽天モバイル公式楽天市場店で、Apple製品が最大12,000円引きになるクーポンが発行されています。
 
iPhone12シリーズやAirPods、AirTagが対象です。
iPhone12シリーズなどが最大12,000円引きになるクーポン
このクーポンは楽天モバイル公式楽天市場店で発行されているもので、以下の製品に対して適用することができます。
 

iPhone12 Pro/Pro Max: 12,000円引き
iPhone12: 4,000円引き
iPhone12 mini: 6,000円引き
AirPods Pro(ワイヤレス充電ケースつき)、AirPods(ワイヤレス充電ケースつき)、AirPods(充電ケースつき)、AirTag、AirTag(4個入り): 3,000円引き

 
値引き額はいずれも税込で、クーポン使用には楽天モバイル回線の申し込みが必要です。
 
クーポンが使用可能な期間は、2021年11月4日(木)午前10時~2021年11月11日(木)9時59分となっています。
はじめての楽天回線申し込みで5,000円相当分ポイントもプレゼント
また、はじめての楽天回線申し込みであれば、5,000円相当分の楽天ポイントがプレゼントされるキャンペーンもおこなわれており、クーポンと併用することが可能です。
 
こちらは楽天モバイルの正式契約と、Rakuten Linkアプリの使用が条件とされています。
 
 
Source: 楽天モバイル公式楽天市場店
(ハウザー) …

続きを読む シェア
0

【11/4~】ドコモ、iPhone12 / 12 miniの販売価格を値下げ

 
NTTドコモは10月28日、公式オンラインショップでのiPhone12およびiPhone12 miniの販売価格を11月4日から変更すると発表しました。
iPhone12とiPhone12 miniを値下げ
ドコモの公式オンラインショップでは、11月4日からiPhone12とiPhone12 miniが値下げされ、新価格で販売されます。なお、11月2日に購入した場合は、現行価格で支払う必要があるため、注意が必要です。
 
iPhone12
 
ドコモ公式オンラインショップでのiPhone12の新旧販売価格(税込)は以下の通りです。
 

現在の価格(11月3日まで)
新価格(11月4日から)

64GB
101,376円
95,876円

128GB
109,296円
104,346円

256GB
123,552円
117,502円

 
iPhone12 mini
 
iPhone12 miniの価格は以下の通りです。なお、ドコモは発表において、iPhone12 miniの256GBモデルに言及しておらず、256GBモデルは販売価格が変更されない可能性があります。
 

現在の価格(11月3日まで)
新価格(11月4日から)

64GB
87,912円
82,412円

128GB
95,832円
90,882円

 
また、ドコモはiPhone12およびiPhone12 miniを残価設定型の24回分割払い「いつでもカエドキプログラム」の対象とすると発表しています。
Apple Store等でも値下げ
Appleは2021年9月、iPhone13シリーズの発表を受けて、Apple StoreでのiPhone12シリーズの販売価格を変更しています。
 
また、その後auやワイモバイル、楽天モバイル等もiPhone12およびiPhone12 miniを値下げしました。
 
なお、一部の家電量販店は、8月頃からキャリア版iPhone SE(第2世代)等
を対象としたセールを行っており、直近ではMNPでの契約等を条件にauとソフトバンクのキャリア版iPhone12 mini(64GB)が27,600円~27,650円で販売されました。
 
 
Source:NTTドコモ
(seng) …

続きを読む シェア
0

iPhoneシリーズが「技適」不適合?総務省がリストに掲載

 
総務省は10月29日、特定無線設備の技術基準適合(いわゆる「技適」)に適合しない端末として、デュアルSIMに対応したiPhoneシリーズ各モデルを掲載しました。デュアルSIMで緊急通報の発信ができないため、と説明しています。
デュアルSIM対応のiPhoneが「技適」不適合リストに
総務省が、特定無線設備の技術基準に適合したことを証明するマーク、いわゆる「技適マーク」を取得しているものの、基準への不適合が確認された端末として、デュアルSIMに対応したiPhoneシリーズを掲載しました。
 
掲載されたモデルとモデル番号は以下のとおりです。
 

iPhone XS(A2098)
iPhone XS Max(A2102)
iPhone XR(A2106)
iPhone11(A2221)
iPhone11 Pro(A2215)
iPhone11 Pro Max(A2218)
iPhone SE(第2世代)(A2296)
iPhone12 mini(A2398)
iPhone12 Pro Max(A2410)
iPhone12(A2402)
iPhone12 Pro(A2406)
iPhone13 Pro(A2636)
iPhone13 mini(A2626)
iPhone13 Pro Max(A2641)
iPhone13(A2631)

 
9月に各キャリアが発表の問題、総務省は「周辺事例」
総務省はiPhoneシリーズを同リストに掲載した理由を、デュアルSIMを利用する際にデータ通信専用SIMをモバイルデータ通信用回線として設定している場合に、110番や119番などへの発信ができない問題と説明しています。
 

 
国内の携帯キャリア各社は、9月10日にこの問題を発表し、9月25日にはiPhone13シリーズでも問題が発生していると発表しています。
 
ITmediaの取材に対して総務省は、問題は技術基準への不適合そのものではなく周辺事例であり、周知をはかるためと説明しています。
各キャリアとAppleは対処方法を案内
対処方法として、NTTドコモとKDDI(au)は「モバイルデータ通信」用の回線に「音声通話可能なSIM回線」を設定するよう案内しています。
 
ソフトバンクは、SoftBank/Y!mobile/LINEMOの音声通話が利用可能なSIM回線を設定している場合は、電話番号の冒頭に186をつけて発信すると緊急機関への発信が可能になるとしています。
 
また、SoftBank/Y!mobile/LINEMO以外のSIM回線を音声回線に設定している場合は、「モバイルデータ通信」用の回線に音声通話可能なSIM回線を設定するよう説明しています。
 

 
Appleは「日本でデュアル SIM を使って緊急電話をかけられない場合」としてサポート文書を公開しています。
 
 
Source:総務省, ITmedia
(hato)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

iPhone一括セール!SE2が一括1円~、12 mini 128GBもセール対象に

 
一部家電量販店において、今週もキャリア版のiPhone SE(第2世代)の64GBモデルが一括1円~10円、128GBモデルが4,268円等の激安価格で販売されています。auとソフトバンクはiPhone12 miniを2万円台から販売している模様です。
iPhone SE(第2世代)がMNPで一括1円~
9月にはiPhone13シリーズが発表され、各キャリア等で9月24日に発売されましたが、家電量販店におけるiPhone SEの格安セールは10月も引き続き実施されています。
 
ヨドバシカメラのNTTドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォン売り場において、iPhone SE(第2世代)のセールが行われているとの情報があります。
 
Twitterユーザーの景パパ氏(@kpp_tora)は10月30日、ヨドバシカメラ町田店でドコモ版iPhone SEがMNPを条件に64GBモデルが一括10円、128GBモデルが4,268円で販売中との画像を投稿しました。
 

#Iphone ヨドバシ町田 IPhone SE2キャンペーン見てきました。Docomoで回線契約なしで受け付けてもらえましたが、接客が手一杯で後で連絡をくれるそうです。 pic.twitter.com/UWvb8Ymq1f
— 景パパ (@kpp_tora) October 30, 2021

 
また、東京以外の地域の店舗でも、MNPによる他社からの乗り換え等を対象に、ドコモやソフトバンク、auでiPhone SE(第2世代)の64GBモデルが一括1円~10円で販売されているとの情報もあります。
 
128GBモデルは、ドコモが従来に引き続き一括4,268円で販売しており、ソフトバンクやauも格安価格で販売しているとみられます。
 
家電量販店等におけるキャリア版iPhone SEの大規模セールは8月や9月にも実施され、ドコモでは新規契約も一括10円の対象になったり、128GBモデルの販売価格が9,790円に変更されたりする等、週によってセール内容が変動しています。
 
なお、2022年前半には5G対応のiPhone SE(第3世代)が発売されると予測されています。
auとソフトバンクがiPhone12 miniを2万円台で販売

 
一部のヨドバシカメラのauコーナーでは、MNPでの契約を条件に、前週に引き続きiPhone12 mini(64GB)が27,650円で販売されています。
 
ソフトバンクもiPhone12 miniの64GBモデルをMNP等を条件に27,600円で販売している模様です。
 
さらにauとソフトバンクはiPhone12 miniの128GBモデルもセール対象としており、3万3,000円程度で販売されているとの情報があります。
 
Apple StoreでのiPhone12 mini(64GB)の販売価格は69,800円(税込)となっており、auとソフトバンクでの販売価格は格安と言えそうです。
 
また、Twitterユーザーのzip氏(@zip_509)は10月28日、ビックカメラでもiPhone SEやiPhone12 miniのセールが行われていたと投稿しており、ヨドバシカメラ以外の家電量販店等においてもiPhoneのセールが行われている可能性があります。
 

ビックカメラさん土日月じゃないのにiPhoneSEとiPhone12miniセールやってる pic.twitter.com/9GZMMg2Yjs
— zip (@zip_509) October 28, 2021

いつまで続くか不透明な状況
iPhone SEの激安セールは、家電量販店のオンラインショップ等では行われておらず、実店舗のみで開催されていると推察されます。8月頃から、一括1円~10円セールでの販売が実施されていますが、いつまで続くかは不透明な状況です。
 
記事執筆時点においてはドコモ版のiPhone SE(128GB)や、ソフトバンク版およびau版iPhone12 mini(64GB)の在庫も一部店舗で確認されており、購入を検討される場合は、お近くの店舗にセールの実施有無や在庫をご確認ください。
 
なお、AppleはiPhone13シリーズの発表に伴い、Apple Storeにおける一部のiPhoneの販売価格を見直しており、iPhone SE(第2世代)は若干値上げされています。
 
また、iPhone Maniaでは、iPhone13 miniとiPhone SE(第2世代)の実機比較記事を掲載しています。
 
 
Source:景パパ / Twitter, zip / Twitter
(seng)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

OCNモバイルONE、対象商品入れ替えSALE10月第二弾を開催~iPhoneも対象

 
MVNOのOCNモバイルONEが、本日から「対象商品入れ替えSALE10月第二弾」と銘打ったセールを開始しました。
 
iPhoneシリーズも対象であり、16,501円から購入することができます。期間は11月12日(金)午前11時までです。
中古からiPhone12シリーズまで幅広くセール
このセールでは、中古品も含め、iPhone7からiPhone12まで、iPhoneシリーズの幅広い端末がセールとなっています。
 
最も安いのは中古のiPhone7 32GBモデルで、16,501円(税込)での購入が可能です。
 
また、iPhone12 64GBは81,000円(税込)、iPhone12 mini 64GBは67,900円(税込)、iPhone SE(第2世代) 64GBは40,300円(税込)となっています。
 
この記事執筆時点でiPhone SE(第2世代) 256GBはすでに品切れ状態です。
 
なお、セール価格での購入にはOCNモバイルONEとの契約が必要です。
Androidスマホもセール中
Androidスマートフォンも特価販売されており、新型のMotorola edge 20/20 fusionをはじめ、さまざまな端末が対象となっています。
 
この記事執筆時点で、Xiaomi Pad 5付きのMi 11 Lite 5Gやmoto g50 5G、OPPO Reno Aはすでに品切れ状態です。
 
こちらもセール価格での購入にはOCNモバイルONEとの契約が必要です。
 
 
Source: OCNモバイルONE
(ハウザー) …

続きを読む シェア
0

今週もiPhone格安セールが開催!SE2が1円~、12 miniは2万円台

 
一部家電量販店において、今週もキャリア版のiPhone SE(第2世代)の64GBモデルが一括1円~10円、128GBモデルが4,268円等の激安価格で販売されています。auとソフトバンクはiPhone12 miniを2万円台で販売しています。
iPhone SE(第2世代)がMNPで一括1円~
日本時間9月15日にはiPhone13シリーズが発表され、各キャリア等で9月24日に発売されましたが、家電量販店におけるiPhone SEの格安セールは10月も引き続き実施されています。
 
TwitterユーザーのSkyblue氏(@skyblue_1985jp)は10月23日、秋葉原のヨドバシカメラのNTTドコモ、ソフトバンクのスマートフォン売り場において、iPhone SE(第2世代)のセールが行われているとツイートしています。
 

【速報】ヨドバシアキバ、iPhone SE第二世代一括10円やってるよぉ(*´∀`*)
みんな、今週末もヨドバシアキバにきちゃいなよ pic.twitter.com/Fxelijdxuh
— Skyblue (@skyblue_1985jp) October 23, 2021

 
投稿された画像によると、MNPによる他社からの乗り換え等を対象に、ドコモやソフトバンクでiPhone SE(第2世代)の64GBモデルが一括1円~10円で販売されています。
 
128GBモデルは、ドコモが従来に引き続き一括4,268円で販売している模様です。また、auが6,000円以下で販売しているとの情報もあります。
 
家電量販店等におけるキャリア版iPhone SEの大規模セールは8月や9月にも実施され、ドコモでは新規契約も一括10円の対象になったり、128GBモデルの販売価格が9,790円に変更されたりする等、週によってセール内容が変動しています。
 
iPhone SEが激安で販売されている背景には、総務省によるSIMロック禁止を受けた在庫放出があるのではないかと言われています。
 
なお、2022年前半には5G対応のiPhone SE(第3世代)が発売されると予測されています。
auとソフトバンクがiPhone12 miniを2万円台で販売

 
ヨドバシカメラのauコーナーでは、MNPでの契約を条件に、前週に引き続きiPhone12 mini(64GB)が27,650円で販売されている模様です。
 
また、今週はソフトバンクもiPhone12 miniの64GBモデルを27,600円で販売しています。
 

ヨドバシアキバ、auとソフトバンクコーナーでiPhone12 mini 64GB 特価やってるよぉ
Pixel 5a 5GはJK価格だお! pic.twitter.com/hZgzJXAjc9
— Skyblue (@skyblue_1985jp) October 23, 2021

 
Apple StoreでのiPhone12 mini(64GB)の販売価格は69,800円(税込)となっており、auとソフトバンクでの販売価格は格安と言えそうです。
 
さらに、Twitterユーザーの自作@er氏(@RoHS_7)は10月23日、京都府のヨドバシカメラでもiPhone12 miniが3万円以下で販売されていたと投稿しており、地方の店舗においてもiPhone12 miniのセールが行われている可能性があります。
 

京都ヨドバシ、auにmnpでiPhone12mini一括で3万以下になってた。先週と変わらずかな?
— 自作@er (@RoHS_7) October 23, 2021

いつまで続くか不透明な状況
iPhone SEの激安セールは、家電量販店のオンラインショップ等では行われておらず、実店舗のみで10月25日まで開催されると推察されます。8月頃から、一括1円~10円セールでの販売が実施されていますが、いつまで続くかは不透明な状況です。
 
記事執筆時点においてはドコモ版のiPhone SE(128GB)や、ソフトバンク版およびau版iPhone12 mini(64GB)の在庫も一部店舗で確認されており、購入を検討される場合は、お近くの店舗にセールの実施有無や在庫をご確認ください。
 
なお、AppleはiPhone13シリーズの発表に伴い、Apple Storeにおける一部のiPhoneの販売価格を見直しており、iPhone SE(第2世代)は若干値上げされています。
 
また、iPhone Maniaでは、iPhone13 miniとiPhone SE(第2世代)の実機比較記事を掲載しています。
 
 
Source:Skyblue / Twitter, 自作@er / Twitter
(seng)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

iPhoneのセールが開催!SE 128GBは4千円台、12 miniは2万円台も

 
一部家電量販店において、キャリア版のiPhone SE(第2世代)の64GBモデルが一括1円~10円、128GBモデルが4,268円等の激安価格で販売されています。auはiPhone12 miniを2万円台で販売しています。
iPhone SE(第2世代)がMNPで一括1円~
日本時間9月15日にはiPhone13シリーズが発表され、各キャリア等で9月24日に発売されましたが、家電量販店におけるiPhone SEの格安セールは10月も引き続き実施されています。
 
TwitterユーザーのSkyblue氏(@skyblue_1985jp)は10月16日、秋葉原のヨドバシカメラのNTTドコモ、ソフトバンクのスマートフォン売り場において、iPhone SE(第2世代)のセールが行われているとツイートしています。
 

【速報】ヨドバシアキバauコーナー、iPhone12 mini64GB 一括49,650円!MNPなら一括27,650円の超特価(;゜0゜)
ドコモ、ソフトバンクは今週末もSE2の投げ売りやってるよ!みんな、今週もヨドバシアキバにきちゃいなよ pic.twitter.com/NwE9ZywrCK
— Skyblue (@skyblue_1985jp) October 16, 2021

 
投稿された画像によると、MNPによる他社からの乗り換え等を対象に、iPhone SE(第2世代)の64GBモデルが一括1円~10円で販売されています。
 
また、128GBモデルは、ドコモが先週までに引き続き一括4,268円、ソフトバンクは一括6,480円で販売している模様です。auが6,000円以下で販売しているとの情報もあります。
 
さらに、auショップ府中が、MNP等を条件にiPhone SEの64GBを一括1円で販売するとツイートしており、家電量販店以外のauショップ等でも格安セールが行われている可能性があります。
 

【スーパーセール開催!】2021年10月16日~17日まで各日、台数限定で #iPhoneSE(64GB)が #一括 1円!新規(U22)or #MNP のみ、お一人様1台限定です。詳しい条件は店頭までご来店ください。#au #UQ #府中
— auショップ府中 (@aushop_fuchu) October 16, 2021

 
家電量販店等におけるキャリア版iPhone SEの大規模セールは8月や9月にも実施され、ドコモでは新規契約も一括10円の対象になったり、128GBモデルの販売価格が9,790円に変更されたりする等、週によってセール内容が変動しています。
 
iPhone SEが激安で販売されている背景には、総務省によるSIMロック禁止を受けた在庫放出があるのではないかと言われています。
 
また、2022年前半には5G対応のiPhone SE(第3世代)が発売されると予測されています。
auはiPhone12 miniを2万円台で販売

 
ヨドバシカメラのauコーナーでは、MNPでの契約を条件に、iPhone12 mini(64GB)が27,650円で販売されています。
 
Apple StoreでのiPhone12 mini(64GB)の販売価格は69,800円(税込)となっており、auでの販売価格は格安と言えそうです。
いつまで続くか不透明な状況
iPhone SEの激安セールは、家電量販店のオンラインショップ等では行われておらず、実店舗のみで10月18日まで開催されると推察されます。8月頃から、一括1円~10円セールでの販売が実施されていますが、いつまで続くかは不透明な状況です。
 
記事執筆時点においては一部店舗でiPhone SE(128GB)やau版iPhone12 mini(64GB)の在庫も確認されており、購入を検討される場合は、お近くの店舗にセールの実施有無や在庫をご確認ください。
 
なお、AppleはiPhone13シリーズの発表に伴い、Apple Storeにおける一部のiPhoneの販売価格を見直しており、iPhone SE(第2世代)は若干値上げされています。
 
また、iPhone Maniaでは、iPhone13 miniとiPhone SE(第2世代)の実機比較記事を掲載しています。
 
 
Source:Skyblue / Twitter, auショップ府中 / Twitter
(seng)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

iOS15に対応!ウィジェット配置のための設計図の壁紙が公開

 
iPhone向けの様々な壁紙を制作・公開している「不思議なiPhone壁紙」サイトが、iOS15、そしてiPhone13シリーズに対応した設計図の壁紙を公開しました。
ウィジェットの配置に便利な壁紙がアップデート
設計図の壁紙は、iOS14で利用可能になった、ウィジェットの配置に役立ちます。「不思議なiPhone壁紙」サイトは今回この設計図の壁紙を、iOS15を搭載した最新のiPhone13シリーズを含む全iPhoneで使えるよう、アップデートしました。
 
前作からの変更点は以下のとおりです。
 

iOS15で狭くなった通知カードに対応。
MagSafe対応機種用にはロック画面にMagSafeマークを追加。
フルスクリーンiPhoneでは、ウィジェットラベルのある行のアイコンラベルの下線を1本に。
ホームボタンモデル用では、ホーム画面のアイコンラベルとロック画面の鍵マークを省略。

 
また同サイトの作者は、iPhone13の画面に少し変わった仕様を発見したと報告しています。iPhone XからiPhone12シリーズまでは、ノッチの右側すべてがコントロールセンターの呼び出しゾーンになっていましたが、iPhone13シリーズでは厳密にはそうなっておらず、iPhone12シリーズの「使い回し」になっている、と同作者は指摘しています(下の画像参照)。つまりノッチの右側の幅が広くなっているにも関わらず、呼び出しゾーンの幅は変わっていないのです。
 

 
設計図の壁紙を設定して、右側の線に触れないようにノッチの右側を下にスワイプすると出てくるのはコントロールセンターではなく通知センターなのだそうです。iPhone13シリーズをお持ちの方は、確認してみてください。
 

 
壁紙は以下のリンク先からダウンロードすることができます。
 
設計図の縁取り棚壁紙 各16セット

iPhone13 Pro Max
iPhone13/13 Pro
iPhon13 mini
iPhone12 Pro Max
iPhone12/12 Pro
iPhone12 mini
iPhone11 Pro Max/XS Max
iPhone11 Pro/XS/X
iPhone11/XR
iPhone SE/8/7/6s
iPhone8 Plus/7 Plus/6s Plus
iPhone SE 1/iPod touch 7 (SE/8/7/6s-aA)

 
 
Source:不思議なiPhone壁紙
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

初代iPhone SE/32GB/SIMフリーが、Amazon整備済み製品で販売中

 
Amazon整備済み製品で、初代iPhone SEが販売中です。
初代iPhone SEのSIMフリーモデル
2021年10月9日午後10時10分時点で、Amazon整備済み製品として初代iPhone SEのSIMフリーモデル、本体カラー・シルバーの32GBモデルが、税込13,500円と、税込14,000円で販売中です。
 
Amazon整備済み製品では他にも、下記のような商品が販売されています。
 

モデル
価格

iPhone7 / SIMフリー / 32GB / シルバー
14,800円

iPhone8 / SIMフリー / 64GB / ゴールド
22,800円

iPhone XR / SIMフリー / 128GB / ホワイト
43,000円

iPhone11 Pro / SIMフリー / 64GB / ミッドナイトグリーン
70,300円

iPhone12 mini / SIMフリー / 128GB / ホワイト
73,500円

iPhone12 / SIMフリー / 64GB / ブラック
87,800円

iPhone整備済み品の状態

 
Amazonが販売するiPhone整備済み品には、下記のような説明が記載されています。
 
この商品はAmazon認定出品者(Apple認定業者とは異なります)による検査、テスト、クリーニングが済んだ再生品、中古品、展示品、開封品です。商品から30cm離れて見ると、表面的なキズ・損傷はほぼ確認できません。
 
バッテリーは新品の80%を超える容量で提供されます。付属品は純正品ではない場合がありますが、互換性があり問題なく機能します。商品は一般的な箱でのご提供となる場合があります。
 
ご満足いただけない場合は、購入から180日の保証期間内であればAmazon認定出品者より交換または返金が受けられます。
 
 
Source:iPhone整備済み品/Amazon
(FT729) …

続きを読む シェア
0

goo Simseller、中古iPhone等を割引中~未使用品含め1,000点以上

 
SIMフリースマホ関連専門ショップのgoo Simsellerが中古スマホセールを開催中です。
 
未使用品も含め、iPhoneなどが1,000点以上通常価格よりも割引された価格で販売されています。
goo Simseller本店で開催中の中古スマホセール
このセールはgoo Simseller本店で開催されています。
 
この記事を執筆している時点で、1,023点がセールの対象です。
 
たとえば、iPhone SE(第2世代)は23,540円から、iPhone8は660円から購入することができます。
 
ただし、購入には音声対応SIMの申し込みが必要である点にご注意ください。
未使用品も多数販売
このセールでは中古品だけでなく、未使用品も多数販売されています。
 
たとえば、iPhone12 128GBモデルは通常価格92,840円のところを76,340円で、iPhone12 mini 128GBモデルは通常価格81,840円のところを65,340円で購入することが可能です。
 
また、Androidスマートフォンもセールの対象です。
 
セール開催期間は10月25日(月)午前11時までとなっています。
 
goo Simsellerは楽天市場とPayPayモールにおいては「人気スマホの格安セール」を開催中で、こちらでは新品のiPhone12/12 mini/SE(第2世代)を特価販売中です。
 
 
Source: goo Simseller
(ハウザー) …

続きを読む シェア
0

goo Simseller、iPhone12/12 mini/SEを特価販売中

 
SIMフリースマホ関連専門ショップのgoo Simsellerが、「人気スマホの格安セール」と題した期間限定セールを開始しました。
 
iPhone12、iPhone12 mini、iPhone SE(第2世代)を割引価格で購入することができます。
iPhone12/12 mini/SEが特価販売中
このgoo Simsellerのセールでは以下のiPhoneが特価で販売されています。
 

モデル
通常価格
特価販売価格

iPhone12 64GB
91,960円
76,400円

iPhone12 mini 64GB
80,190円
64,400円

iPhone SE(第2世代) 256GB
65,670円
49,800円

 
前回のセールと比べると、iPhone12/12 miniの割引率は少し下がっていますが、iPhone SE(第2世代)が新たに対象となっています。
 
なお、この価格での購入には音声対応SIMの申し込みが必要です。
Androidスマホも1円から販売
このセールではAndroidスマートフォンも特価で販売されており、たとえばXiaomi Redmi 9TやOppo A73が1円で購入可能です。
 
ただし、こちらも音声対応SIMの申し込みが前提での価格となっています。
 
goo Simsellerの「人気スマホの格安セール」は10月27日(水)11:00までの開催です。
 
 
Source: goo Simseller (1), (2)
(ハウザー) …

続きを読む シェア
0

J:COM、iPhone12/12 miniの取り扱いを開始

 
JCOMは、MVNOサービスJ:COM MOBILEにおいて、iPhone12とiPhone12 miniの取り扱いを開始すると発表しました。
iPhone12はきょう、10月6日に販売開始
2020年に発売されたiPhone12とiPhone12 miniは、iPhoneシリーズとして初めて5Gネットワークに対応しています。
 
JCOMは、iPhone12は本日10月6日(水)から、iPhone12 miniは今秋以降、J:COM MOBILEのオンラインショップおよびジェイコムショップなどで販売するとしています。
 
J:COM MOBILEオンラインショップでは、10月6日現在購入可能なiPhone12は128GBモデルのみで、64GBおよび256GBモデルは入荷待ちです。
 
なお取り扱いカラーは、ホワイト、ブラック、グリーン、ブルー、パープル、(PRODUCT)REDですが、245GBモデルについてはホワイト、ブラック、ブルーの3色のみとなります。
端末料金と料金(端末+SIM)の一例
端末料金は以下のとおりです。
 

 
また料金(端末+SIM)の一例は以下のようになります。そのほか料金の詳細については、J:COM MOBILEのページでご確認ください。
 

 
 
Source:J:COM/PR Times
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

楽天モバイル、対象のApple製品購入&楽天回線申込みでポイント付与率が最大20倍に

 
楽天モバイル公式 楽天市場店にて、対象のApple製品を購入し、新規電話番号で楽天回線を初めて申し込みすると、ポイント付与率が最大20倍になるキャンペーンを実施しています。対象製品はiPhoneだけでなく、AirPodsシリーズやAirTagも含まれます。
キャンペーン条件について
本キャンペーンでは、以下の条件をすべて満たすことで製品購入時のポイント付与率が最大20倍になります。
 

条件①2021年10月4日午前10時から10月11日午前9時59分までに、対象のApple製品と楽天回線プラン(Rakuten UN-LIMIT VI)をセット注文する
条件②製品購入日から11日以内に楽天回線プランに新規申し込みをする
条件③2021年11月30日午後11時59分までに楽天回線プランを利用開始し、Rakuten Linkで10秒以上の通話をする

キャンペーン対象のApple製品とポイント付与率
キャンペーン対象のApple製品とポイント付与率は、iPhone12 Pro Max、iPhone12 Pro、iPhone12 miniが10倍、AirPods Pro、AirPods、AirTagが20倍となっています。
 
また、本キャンペーンは「楽天回線に初めて申し込みで5,000円相当分のポイントを進呈するキャンペーン」と併用が可能です。
 
たとえば、上記2つのキャンペーンを利用してAirPods Proを購入した場合、還元ポイントは11,116ptとなります。
 

 
 
Source:楽天市場 via 気になる、記になる・・・
(kotobaya) …

続きを読む シェア
0

Apple、A15 Bionicの発注数増加も、A14 Bionicの発注数削減

 
台湾メディアDigiTimesが、Appleは旧世代のチップの発注数を削減し、A15 Bionicの発注数を増やしていると報じました。
A14 Bionicの発注数を徐々に減らす
DigiTimesによれば、AppleはiPhone13シリーズとiPhone13 Proシリーズ、iPad mini(第6世代)の販売に力を入れており、A15 Bionicを大量に注文しているようです。
 
それに対し、iPhone12シリーズに搭載されているA14 Bionicは、iPhone12 ProとiPhone12 Pro Macの販売が終了したこともあり、TSMCへの発注数が減っているようです。
 
また、ラインナップには残っているiPhone12 miniとiPhone12に関しても、後継モデルとなるiPhone13 miniとiPhone13が発売されたことから、これらのモデルの販売数は減り続け、必要なA14 Bionicの数も減ると予想されています。
 
 
Source:DigiTimes via iMore
Photo:Apple
(FT729)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

ワイモバイルがiPhone12とiPhone12 miniを値下げ

 
ワイモバイルが、iPhone12およびiPhone12 miniの機種代金を値下げして販売しています。
iPhone12およびiPhone12 miniを値下げ

 
ワイモバイルは、iPhone12、iPhone12 mini、iPhone SE(第2世代)、iPhone11を販売しており、そのうちiPhone12/12 miniを9月24日に値下げしました。
 
ワイモバイル公式オンラインストアにおける値下げ後の税込価格は下表の通りです。なお、MNPにより他社からのりかえた想定で、一括払いの機種代金と36回払いの場合の分割支払金を記載しています。
 

iPhone12
iPhone12 mini

64GB
77,040円(月額2,140円)
64,800円(月額1,800円)

128GB
82,080円(月額2,280円)
69,840円(月額1,940円)

256GB
94,320円(月額2,620円)
82,080円(月額2,280円)

 
PayPayボーナスの特典も
 

 
またワイモバイルは、事前エントリーを行った後に契約することで、PayPayボーナス最大3,000円相当が付与される「ワイモバイル 新どこでももらえる特典」を提供しています。
 
特典付与条件等の詳細については、以下のワイモバイルのページでご確認ください。
 

ワイモバイルの特典エントリーページ

 
iPhone12シリーズの値下げが相次ぐ
Appleは、iPhone13シリーズの発表を受け、Apple StoreにおけるiPhone12/12 miniや、iPhone11の販売価格を値下げしました。
 
Apple以外には、auや楽天モバイル等がiPhone12シリーズの販売価格を値下げしています。
 
なお、iPhone ManiaではiPhone13シリーズとiPhone12シリーズの比較表記事を掲載しています。
 
 
Source:ワイモバイル(1), (2), (3)
(seng)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

今週もiPhone SEの1円セールが開催!128GBは約4千円

 
一部家電量販店において、キャリア版のiPhone SE(第2世代)の64GBモデルが一括1円~10円、ドコモ版128GBモデルが4,268円等の激安価格で販売されています。
iPhone SE(第2世代)がMNPで一括1円~10円
日本時間9月15日にはiPhone13シリーズが発表され、各キャリア等で9月24日に発売されましたが、家電量販店におけるiPhone SEの格安セールは10月も引き続き実施されている模様です。
 
TwitterユーザーのSkyblue氏(@skyblue_1985jp)は10月2日、秋葉原のヨドバシカメラのNTTドコモ、ソフトバンクのスマートフォン売り場において、iPhone SE(第2世代)のセールが行われているとツイートしています。
 

【速報】ヨドバシアキバ、iPhone SE 第2世代64GB 一括1円やってるよぉ(*´∀`*)
auはiPhone12 mini64GB 一括38,650円継続中。みんな、今週もヨドバシアキバにきちゃいなよ pic.twitter.com/3ivU03Odts
— Skyblue (@skyblue_1985jp) October 2, 2021

 
投稿された画像によると、MNPによる他社からの乗り換え等を対象に、iPhone SE(第2世代)の64GBモデルが一括1円~10円で販売されており、ドコモは、今週も128GBモデルを一括4,268円で販売しています。
 
ヨドバシカメラ等におけるキャリア版iPhone SEの大規模セールは8月や9月にも実施され、ドコモでは新規契約も一括10円の対象になったり、128GBモデルの販売価格が9,790円に変更されたりする等、週によってセール内容が変動しています。
 
iPhone SEが激安で販売されている背景には、総務省によるSIMロック禁止前の在庫放出があるのではないかと言われています。
 
また、2022年前半には5G対応のiPhone SE(第3世代)が発売されると予測されています。
在庫僅少か
iPhone SEの激安セールは、家電量販店のオンラインショップ等では行われておらず、実店舗のみで10月4日まで開催されると推察されます。8月頃から、一括1円~10円セールでの販売が実施されていますが、いつまで続くかは不透明な状況です。
 
特にドコモ版iPhone12(128GB)が人気で、前週までのセールでも、早期に売り切れとなる店舗が続出しています。
 
記事執筆時点においては一部店舗でドコモ版iPhone SE(128GB)の在庫も確認されており、購入を検討される場合は、お近くの店舗にセールの実施有無や在庫をご確認ください。
 
なお、AppleはiPhone13シリーズの発表に伴い、Apple Storeにおける一部のiPhoneの販売価格を見直しており、iPhone SE(第2世代)は若干値上げされています。
 
また、iPhone Maniaでは、iPhone13 miniとiPhone SE(第2世代)の実機比較記事を掲載しています。
 
 
Source:Skyblue / Twitter
(seng)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

au、iPhone12シリーズすべてのモデル・容量の機種代金を値下げ

 
KDDI(au)は10月1日、au Online Shopにおける、iPhone12シリーズの全容量の機種代金を値下げしました。
iPhone12シリーズ全容量の機種代金が値下げ
auは9月、すでにiPhone12 miniの64GBと128GBモデルの機種代金の値下げを行っていますが、今回はiPhone12、iPhone12 Pro、iPhone12 Pro Maxの全容量、そしてiPhone12 miniの256GBモデルも値下げしています。
 
またiPhone12シリーズは、「au Online Shopお得割」の対象機種となっているため、新規であれば11,000円割引(22歳以下だとさらにキャッシュバック)、乗りかえ(MNP)だと22,000円割引となります。
 
iPhone12 mini
iPhone 12 miniの総額(現金販売価格/割賦販売価格)は、64GBモデルが71,650円(値下げ済み)、128GBモデルが77,170円(値下げ済み)、256GBモデルが新価格100,015円(旧価格109,305円)となります。
 
「スマホトクするプログラム」利用時の実質負担額は、64GBモデルが19,170円(MNP)/30,170円(新規)/41,170円(機種変更)、128GBモデルが22,045円(MNP)/33,045円(新規)/44,045円(機種変更)、256GBモデルが31,935円(MNP)/42,935円(新規)/53,935円(機種変更)です。
 
iPhone12
iPhone12の総額(現金販売価格/割賦販売価格)は、64GBモデルが新価格94,485円(旧価格103,430円)、128GBモデルが新価格100,015円(旧価格108,260円)、256GBモデルが新価格112,200円(旧価格122,435円)となります。
 
「スマホトクするプログラム」利用時の実質負担額は、64GBモデルが29,405円(MNP)/40,405円(新規)/51,405円(機種変更)、128GBモデルが31,935円(MNP)/42,935円(新規)/53,935円(機種変更)、256GBモデルが38,720円(MNP)/49,720円(新規)/60,720円(機種変更)です。
 
iPhone12 Pro
iPhone12 Proの総額(現金販売価格/割賦販売価格)は、128GBモデルが新価格117,705円(旧価格127,495円)、256GBモデルが新価格129,785円(旧価格140,750円)、512GBモデルが新価格154,050円(旧価格168,170円)となります。
 
「スマホトクするプログラム」利用時の実質負担額は、128GBモデルが41,825円(MNP)/52,825円(新規)/63,825円(機種変更)、256GBモデルが48,265円(MNP)/59,265円(新規)/70,265円(機種変更)、512GBモデルが61,490円(MNP)/72,490円(新規)/83,490円(機種変更)です。
 
iPhone12 Pro Max
iPhone12 Pro Maxの総額(現金販売価格/割賦販売価格)は、128GBモデルが新価格129,775円(旧価格141,900円)、256GBモデルが新価格141,850円(旧価格155,150円)、512GBモデルが新価格166,120円(旧価格181,540円)です。
 
「スマホトクするプログラム」利用時の実質負担額は、128GBモデルが48,495円(MNP)/59,495円(新規)/70,495円(機種変更)、256GBモデルが55,050円(MNP)/66,050円(新規)/77,050円(機種変更)、512GBモデルが68,160円(MNP)/79,160円(新規)/90,160円(機種変更)となります。
 
なお機種代金、利用プランなどの詳細については、au Online Shopのページを参照してください。
 
 
Source:au Online Shop via 価格ドットコム
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

iPhone SE(第3世代)に期待する6つのこと

 
約5万円〜で購入可能なiPhone SE(第2世代)は、iPhoneシリーズのなかで最も手頃な価格のモデルです。
 
そのiPhone SEの後継機種として、2022年前半に「iPhone SE(第3世代)」が登場するとの噂が流れています。米メディアCNETが、iPhone SE(第3世代)(以下、iPhone SE 3。区別のため、現行モデルはiPhone SE 2とします)に期待する6つのポイントを挙げています。
フロントカメラ機能の向上
iPhone SEシリーズの最大の売りはその値段の安さです。それを考えるとiPhone SE 3でもあまり大きな機能向上は望めないでしょう。
 
それでもせめて、フロントカメラの画素数を上げて欲しい、というのがCNETの意見です。iPhone11以降のモデルが1,200万画素のフロントカメラを搭載しているのに対し、iPhone SE 2のフロントカメラは700万画素です。1,200万画素まではいかなくても、もう少し上げることができるのではないか、とCNETは記しています。
チップのアップグレード

 
iPhone SE 2が2020年4月の発売当時評価されたことのひとつが、約半年前に発売となったiPhone11/11 Proと同じ、A13 Bionicチップを搭載していたことでした。
 
したがってもしも来年春にiPhone SE 3が発売になるとすれば、iPhone13シリーズが搭載するA15 Binoicチップ採用なら、iPhone SE 3の人気を高めるでしょう。
 
CNETはiPhone12シリーズが搭載するA14 Bionicでも十分だと記しています。
5G対応
iPhone SE 3は5G対応になるとの情報は、Nikkei Asiaが7月に報じて以来、8月にはJP Morgan、そしてつい最近では台湾の資策會產業情報研究所も、同様の予想を明らかにしています。
 
CNETはiPhone SE 3が5G対応となれば、数年後も販売が継続可能なモデルになる、と見ています。
バッテリー持続時間の延長
iPhone SE 2は小型なぶん、バッテリー容量もほかのモデルと比べて少なく、現在販売中のiPhoneの中では圧倒的に少ない1,821mAhです。ビデオ再生時間も13時間と、現行販売モデル中最も少なくなっています(各iPhoneのバッテリー容量や持続時間については、歴代iPhoneバッテリー持続時間比較!iPhone13シリーズのランキングは?を参照してください)。
 
CNETは、同じく小型なiPhone13 miniのバッテリー持続時間が、iPhone12 miniの15時間から17時間へと延長されているのだから(バッテリー容量も2,227mAhから2,406mAhへと増えています)、iPhone SE 3でも延長が可能なのではないか、と述べています。
Touch ID

 
iPhone SE 2は現在Appleが販売するiPhoneの中で、ホームボタンにTouch IDを内蔵する唯一のモデルです。新型コロナウイルス感染症の影響でマスクの着用が避けられない現在、顔認証のFace IDよりもTouch IDが重宝されています。
 
Androidスマートフォンでも顔認証と指紋認証の両方を備えたモデルが数多く存在する現状から考えても、iPhone SE 3にはTouch IDを搭載すべきというのがCNETの主張です。
ストレージ容量の増加
AppleはiPhone13シリーズにおいて、最小ストレージ容量を64GBから128GBへと引き上げ、128GB、256GB、512GBの3展開としました。iPhone SE 3についても同様のストレージ展開を望む、とCNETは記しています。
 
 
Source:CNET
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

iPhone12 miniとiPhone12 ProがAmazon整備済み品で販売中

 
Amazonで、Amazon認定出品者によるiPhone12 miniとiPhone12 ProのAmazon整備済み品が販売中です。本製品を購入後に満足できない場合、購入から180日の保証期間内であれば、Amazon認定出品者より交換または返金が受けられます。
Amazonが販売中のiPhone12シリーズの整備済み品
2021年9月26日午後1時現在、Amazon整備済み品で、iPhone12 miniおよびiPhone12 Proの整備済み品が販売中です。
 
Appleが価格改定を行い値下げした場合、Amazon整備済み品の販売価格のほうがApple Storeの販売価格より高くなることがあります。購入を検討される方はご注意ください。
 

モデル
価格

iPhone12 mini 128GB SIMフリーホワイト/ブラック/ブルー/グリーン/(PRODUCT)RED
73,680円

iPhone12 Pro 128GB SIMフリーグラファイト/ゴールド/シルバー
116,500円

iPhone12 Pro 256GB SIMフリーグラファイト/ゴールド/シルバー/パシフィックブルー
124,500円

 
iPhone12 mini 64GBモデルの整備済み品も販売されていますが、販売価格は72,750円(税込)ですので、Apple Storeでの販売価格69,800円(税込)よりも高くなっています。
 
Apple Storeでの販売価格は、iPhone12 mini 128GBが75,800円(税込)です。iPhone12 Proの販売は、終了しています。
iPhone整備済み品の状態

 
Amazonが販売するiPhone整備済み品には、下記のような説明が記載されています。
 
この商品はAmazon認定出品者(Apple認定業者とは異なります)による検査、テスト、クリーニングが済んだ再生品、中古品、展示品、開封品です。商品から30cm離れて見ると、表面的なキズ・損傷はほぼ確認できません。
 
バッテリーは新品の80%を超える容量で提供されます。付属品は純正品ではない場合がありますが、互換性があり問題なく機能します。商品は一般的な箱でのご提供となる場合があります。
 
ご満足いただけない場合は、購入から180日の保証期間内であればAmazon認定出品者より交換または返金が受けられます。
 
 
Source:iPhone整備済み品/Amazon
(FT729) …

続きを読む シェア
0

歴代iPhoneバッテリー持続時間比較!iPhone13シリーズのランキングは?

 
iPhone13シリーズは、バッテリー持続時間の長さが魅力のひとつとなっています。AppleはiPhone13シリーズの製品発表を行った際に、iPhone12シリーズに比べバッテリー持続時間が大幅に延びたことをアピールしていました。
 
昨年、Appleが公開している情報(および報じられている情報)をもとに、iPhone6からiPhone12シリーズまでのバッテリー持続時間およびバッテリー容量をまとめてご紹介しましたが、今回、新たにiPhone13シリーズを追加、ランキングをアップデートしてみました。
ビデオ再生時間によるバッテリー持続時間ランキング
バッテリー持続時間を長くするのはバッテリー容量だけではありません。チップの消費電力効率、OSのふるまい、そしてどのような機能を使っているか(位置情報など)によっても大きな差が生じます。また電波の受信状況が悪くても、バッテリーを消耗します。
 
そのため単純な比較は困難ですが、Appleがバッテリー持続時間のひとつの目安として、ビデオ再生の最大時間を公表しています。ビデオ再生時間をもとに作成したランキングは次のとおりです。
 
ビデオ再生時間ランキング

iPhone13 Pro Max 28時間
iPhone13 Pro 22時間
iPhone11 Pro Max 20時間
iPhone12 Pro Max 20時間
iPhone13 19時間
iPhone11 Pro 18時間
iPhone11 17時間
iPhone12 17時間
iPhone12 Pro 17時間
iPhone13 mini   17時間
iPhone XR 16時間
iPhone XS Max 15時間
iPhone12mini 15時間
iPhone6 Plus 14時間
iPhone6s Plus 14時間
iPhone7 Plus 14時間
iPhone8 Plus 14時間
iPhone XS 14時間
iPhone SE 13時間
iPhone7 13時間
iPhone8 13時間
iPhone X 13時間
iPhone SE (第2世代) 13時間
iPhone6 11時間
iPhone6s 11時間

(注:時間が同じ場合は先に発売されたモデルを上位としています)
 
iPhone11以降のモデルについては、Appleはバッテリー持続時間の目安として、オーデイオ再生時間、ビデオ再生時間に、ビデオ再生時間(ストリーミング)の項目を追加しています。
 
以下はiPhone6以降のモデルのバッテリー容量、ビデオ再生時間、ビデオ再生時間(ストリーミング)、オーディオ再生時間をまとめたものです。
 
歴代iPhoneバッテリー容量・ビデオ再生時間・ビデオ再生時間(ストリーミング)・オーデイオ再生時間比較

モデル名
バッテリー容量
ビデオ再生時間
ビデオ再生時間(ストリーミング)
オーディオ再生時間

iPhone6
1,810mAh
11時間

50時間

iPhone6 Plus
2,915mAh
14時間

80時間

iPhone6s
1,715mAh
11時間

50時間

iPhone6s Plus
2,915mAh
14時間

80時間

iPhone SE
1,624mAh
13時間

50時間

iPhone7
1,960mAh
13時間

40時間

iPhone7 Plus
2,900mAh
14時間

60時間

iPhone8
1,821mAh
13時間

40時間

iPhone8 Plus
2,675mAh
14時間

60時間

iPhone X
2,716mAh
13時間

60時間

iPhone XS
2,658mAh
14時間

60時間

iPhone XS Max
3,174mAh
15時間

65時間

iPhone XR
2,942mAh
16時間

65時間

iPhone11
3,110mAh
17時間
10時間
65時間

iPhone11 Pro
3,046mAh
18時間
11時間
65時間

iPhone11 Pro Max
3,969mAh
20時間
12時間
80時間

iPhone SE(第2世代)
1,821mAh
13時間
8時間
40時間

iPhone12 mini
2,227mAh
15時間
10時間
50時間

iPhone12
2,815mAh
17時間
11時間
65時間

iPhone12 Pro
2,815mAh
17時間
11時間
65時間

iPhone12 Pro Max
3,687mAh
20時間
12時間
80時間

iPhone13 mini
2,406mAh
17時間
13時間
55時間

iPhone13
3,227mAh
19時間
15時間
75時間

iPhone13 Pro
3,095mAh
22時間
20時間
75時間

iPhone13 Pro Max
4,352mAh
28時間
25時間
95時間

 
 
Source:Apple
(lunatic)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

iPhone13シリーズのバッテリー容量が判明!

 
発売となったiPhone13シリーズが世界中のユーザーの手元に届き始め、いくつもの分解動画がYouTubeで公開されています。その結果、iPhone13シリーズのバッテリー容量が明らかになりました。
iPhone13シリーズのバッテリー容量

モデル名
バッテリー容量

iPhone13 mini
2,406mAh

iPhone13
3,227mAh

iPhone13 Pro
3,095mAh

iPhone13 Pro Max
4,352mAh

 
比較のため、以下にiPhone12シリーズのバッテリー容量を記します。
 

モデル名
バッテリー容量

iPhone12 mini
2,227mAh

iPhone12
2,815mAh

iPhone12 Pro
2,815mAh

iPhone12 Pro Max
3,687mAh

 
バッテリー容量を明かしているYouTube動画は以下で見ることができます。
 

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

Popular Posts