ガジェット


Catalyst、Apple Watch S7向け衝撃吸収ケース 5月18日発売

 
トリニティが手がける本格アウトドアのためのアクセサリーブランドCatalystより、Apple Watch Series 7向け衝撃吸収ケースが発表されました。発売日は2022年5月18日(水)で、トリニティオンラインストアでは現在予約受付中です。
米軍事規格をクリアした保護力&高い排水性でスポーツ時にも
「カタリスト 衝撃吸収ケース for Apple Watch Series 7」は、Apple Watchへの着脱が簡単な衝撃吸収ケースです。フレキシブルな素材を採用しており、専用バンドと一体型の構造になっていますが、一般的なピンコネクター付き22ミリ(41ミリ)/24ミリ(45ミリ)バンドも使用できます。
 
ケースを装着したままでも、Apple Watchのデジタルクラウンの操作や心拍数の測定、ワイヤレス充電器での充電ができます。
 
米国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」準拠の落下テストをクリアしており、強固な保護力があるのが大きな特徴です。
 

 
ケース内側の三角形の構造で、外からの衝撃を分散し、まげや荷重に対して強い耐性を持ちます。汗をかくようなスポーツ時でも皮膚呼吸がしやすく、高い排水性があるのも嬉しいポイントです。
 

 
「カタリスト 衝撃吸収ケース for Apple Watch Series 7」は41ミリ用、45ミリ用の2タイプで展開し、カラーはいずれもステルスブラックのみです。
 
トリニティオンラインストアでは41ミリ用、45ミリ用ともに税込7,920円で予約受付中です。このほかAmazon.co.jp、全国の家電量販店などでも販売されます。
 
 
Source:トリニティ
(asm) …

続きを読む シェア
0

今秋発売見込みのAirPods Pro 2の価格は3万5,000円を超える?

 
Appleがこの秋発売すると噂されるAirPods Pro(第2世代、以下AirPods Pro 2)に関する予想を、これまで数々の情報を提供してきたYouTuberでTwitterユーザーのVadim Yuryev氏(@VadimYuryev)が、Twitterに投稿しています。
249ドルから299ドルへ値上げされる可能性
Vadim Yuryev氏は、AirPods Pro 2は、ロスレスオーディオに対応、音質が向上し、バッテリー駆動時間が延長、ノイズキャンセリング機能とトランスペアレンシーモード(周囲の環境音を聞き取れるモード)を搭載すると予想しています。
 
そのため、価格も値上げされ、現在のAirPods Proの価格である249ドルよりも50ドル高い、299ドルになる可能性があると述べています。
 

AirPods Pro 2 will be so good when they launch this Fall that Apple could easily charge $299 for them. The main upgrades I'm expecting: Lossless audio support. Improved sound quality. Battery Life. Better Noise Cancellation/Transparency mode.Not sure about the redesign, though.
— Vadim Yuryev (@VadimYuryev) May 16, 2022

 
同氏の予想が正しければ、日本でのAirPods Pro 2の販売価格は36,720(税込)円となります(現在のAirPods Proの価格30,580円から換算。米国での上記表示価格は税抜)。
ロスレスオーディオ対応とバッテリー駆動時間延長の両立は困難
この予想に対しテック系YouTubeチャンネルのTailosive Tech(@TailosiveTech)は「Appleがロスレスオーディオのサポートを計画しているかどうかは不明だが、対応した場合はバッテリーを相当消費することになる」とし、ロスレスオーディオ対応とバッテリー駆動時間の延長の両立は難しいのではないかと疑問を投げかけています。
 
 
Source:Vadim Yuryev/Twitter
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

iPodが完売もApple公式ストアで「30ピン – USBケーブル」の販売が継続

 
iPod touchが生産終了となり、在庫分のみの取り扱いとなったと先日伝えられましたが、2010年発売のiPod touch (第4世代)までが充電・シンク可能な「30ピン – USBケーブル」が、Apple公式オンラインストアでいまだに販売されていることが明らかになりました。
生産は終了してもサポートは継続している?
米メディアThe Vergeのコンシューマ製品マネージャーを務めるパーカー・オートラーニ氏(@ParkerOrtolani)は、ほとんどのApple Storeで30ピン – USBケーブルが買えるのはどうして?と質問を投げかけました。
 

Can we talk about how you can still buy a brand new 30-pin cable at most Apple Stores same-day? https://t.co/axNmijshE2
— Parker Ortolani (@ParkerOrtolani) May 15, 2022

 
日本のAppleオンラインストアを見てみると、確かに30ピン – USBケーブルが在庫ありとなっています。
 

iPodは完売
Appleは在庫のみの販売をもってiPodの取り扱いを中止すると先日報じられましたが、その後またたく間に唯一購入可能だったiPod touchが全モデル売り切れとなりました。
 
販売が継続されている30ピン – USBケーブルと互換性があるiPodモデルは以下のとおりとなっており、最も新しい第4世代でも2010年発売のかなり古いデバイスのリストとなっています。
 

iPod touch(第4世代)
iPod touch(第3世代)
iPod touch(第2世代)
iPod nano(第6世代)
iPod nano(第5世代)
iPod nano(第4世代)
iPod classic 160GB (2009)
iPod classic 120GB (2008)

 
 
Source:Apple via @ParkerOrtolani/Twitter
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Apple Storeでの組合化の動きの背後に#AppleTooムーブメントがあった

 
米国の複数のApple Storeで、労働組合結成の動きが高まっていますが、この背後にはApple社内でのハラスメントや賃金の不平等などを告発する#AppleTooムーブメントがあることが明らかになりました。
#AppleTooムーブメントの創始者が組合化を支援
テックメディアWiredが伝えたところによれば、ニューヨークのApple Grand Centralで組合化を押し進める人物は、#AppleTooムーブメントの創始者として知られるシェール・スカーレット氏の支援を受けているとのことです。
 
同人物がスカーレット氏に組合化の動きがうまく行きそうにないと相談を持ちかけたところ、同氏はStarbucksでの労働組合結成を助けたWorkers Unitedの主催者を紹介したといいます。
 
結果としてニューヨークでの組合化の動きは再び勢いを取り戻し、主催者は4月に「果物屋台労働者連合(英: Fruit Stand Workers United、Appleの“りんご”をかけているとみられる)」の立ち上げまでこぎつけました。
別の#AppleToo関連人物がリモートワーク推進を支援
#AppleTooの組織化に貢献し、解雇されたことで知られる元Appleマップチームプログラムマネージャーのヤネケ・パリッシュ氏が、より柔軟性に富んだ勤務形態の実現を求める従業員グループApple Togetherの組織化を支援していたことも明かされています。
 
同グループは、「リモートワークに最適な製品を作っておきながらなぜ従業員はリモートワークが許されないのか?」という素朴な質問をオープンレターで投げかけており、Appleのオフィス復帰の強制に異議を唱えています。
 
 
Source:Wired via 9to5Mac
Photo:Apple
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Apple Watch Series 8は新デザインを採用〜海外メディアが予想

 
AppleInsiderが、今秋に発売されるApple Watch Series 8は、iPhone12シリーズおよび13シリーズのようなフラットなケースデザインを採用する可能性があると伝えました。
ついにフラットなケースデザインが採用される?
フラットなケースデザインのApple Watchの登場は、2021年にApple Watch Series 7発表前にもリーカーやアナリスト、著名記者などが予想していましたが、実現することはありませんでした。
 
AppleInsiderは、AppleはApple Watchにおいて一定の周期で新デザインを採用する傾向があるため、Apple Watch Series 8が新デザインを採用、フラットなケースデザインになる可能性があると予想しています。
 
それに対しMacworldは、Apple Watch Series 8はヘルスケア関連の新機能追加に主眼がおかれる可能性が高く、デザインはApple Watch Series 7と変わらないと予想していました。
ケース径が3種類に。SE(第2世代)発表の噂も
Apple Watch Series 8は3つのケース径をラインナップ、最も大きなモデルはエクスプローラーエディション(エクストリームスポーツモデルとの噂も)になると噂されています。
 
また、ヘルスケア関連の新機能として、体温測定センサーが搭載されるとみられています。
 
今秋にはApple Watch SE(第2世代)が発表され、心電図アプリが使えるようになるとの噂もありますので、同モデルとの差別化という点では、Apple Watch Series 8のデザイン変更は有用かもしれません。
 
 
Source:AppleInsider
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)
 
 

あわせて読みたいiPhone13シリーズ 関連特集
【総力特集】iPhone13の料金、性能を徹底比較!
【随時更新】iPhone13シリーズのケース・保護フィルム 製品情報まとめ
iPhone13シリーズの予約・入荷・在庫状況掲示板:人気端末はこれ!
【速攻予約】iPhone13を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

外部ハードウェアなしのiPhoneを使った非接触型決済、Apple本社で体験可能

 
米カリフォルニア州クパチーノのApple本社Apple ParkのVisitor Centerで、Appleが2月に発表したiPhoneだけでApple Payによる支払いを可能にする「Tap to Pay」サービスのデモを体験できるようです。決済の様子を垣間見られる動画が共有されています。
高速でスムーズな決済
Michael氏(@NTFTWT)は、「Apple Park Visitor Centerは、アメリカで唯一iPhoneの非接触型決済に対応したApple Storeの1つです。実際に見てみると、その素晴らしさに驚かされます」と動画を添えて投稿しました。
 

The Apple Park Visitor Center is one of the only apple retail stores in the US to support contactless pay straight from an iPhone. Awesome to see in person! pic.twitter.com/GiFDiL56OO
— Michael  (@NTFTWT) May 15, 2022

「Tap to Pay」サービスにより、決済専用端末を使用しなくてもApple Payなどの非接触決済を行うことができるようになります。
 
機能は、2022年後半からアメリカで導入される見通しです。
 
 
Source:@NTFTWT/Twitter
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Apple Arcadeに「Goat Simulator+」などが追加

 
AppleのゲームプラットフォームApple Arcadeに、ヤギシミュレーションゲームに「Goat Simulator+」などの新たなタイトルが加わりました。
モノを壊してポイントを獲得
5月13日付けで、Goat Simulator+がApple Arcadeに追加されました。その名の通りヤギになれるゲームで、できるだけ多くの破壊を引き起こすことが目的となっています。
 
ゲームプレイに決定的な支障をきたすバグ以外はあえて残されているとのことで、グリッチ感が強いかもしれません。
 
ゲーム要項の箇条書きには、「あなたがヤギになることができます」と2回記されており、ヤギになるゲームであることが強調されています。
その他にもゲームが追加
他にも、オンラインマルチプレイヤーで遊べる「BADLAND」シリーズ新作「Badland Party」や、デジタルツリーをポケットの中で育てることができる「Prune」などがApple Arcadeに最近加わっています。
 
Apple Arcadeは、1カ月間の無料トライアル付きで月額600円で楽しむことができ、人気の4つのサービスをワンセットにしたApple Oneにも含まれています。また、Apple製デバイスを購入すると3カ月間の無料サブスクリプションがついてきます。
 
サブスクリプションは、ファミリー共有で自分を含め最大6人の家族で共有可能となっています。
 
 
Source:Apple via 9to5Mac
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Apple Watch Series 7 45mmがAmazonアウトレットで販売中

 
Apple Watch Series 7(GPS + Cellularモデル)- 45mmゴールドステンレススチールケースとダークチェリースポーツバンドが、Amazonアウトレットで販売中です。
Amazonアウトレットで販売中の商品
この記事は、2022年5月14日午後10時15分時点での情報をもとにしています。
 
Amazonアウトレットで販売されているのはApple Watch Series 7(GPS + Cellularモデル)- 45mmゴールドステンレススチールケースとダークチェリースポーツバンドで、「中古商品:非常に良い」商品です。
 
販売価格は、税込75,480円で在庫が1個です。
 
Amazonにおける同製品の新品の販売価格は、税込88,800円(ポイント3%付与)です。
Amazonアウトレットと、商品のコンディション
Amazonアウトレットおよび販売商品のコンディションに関し、Amazonは下記のように説明しています。
 

Amazonアウトレットでは、お客様から返品された商品や、倉庫内で梱包に傷を負った商品のうち、商品の状態が良いもの、食品および飲料については倉庫内で保管され賞味期限が近づいたものを、お手頃な価格で販売しています。
 
ほぼ新品:梱包が開梱された形跡や、商品が使用された形跡はありません。外装はきれいで新品同様の状態です。
非常に良い:梱包に多少の傷・へこみ・汚れがあります。商品に目立った傷はありません。
良い:梱包に多少の傷・へこみ・汚れがあります。商品に傷がありますが、使用の妨げにはなりません。
可:梱包が破損しています。商品に傷がありますが、使用の妨げにはなりません。
 
 
Source:Apple Watch Series 7/Amazonアウトレット
(FT729) …

続きを読む シェア
0

iPhone15シリーズ、USB-C端子を搭載してテスト中〜変換アダプターも開発中

 
Bloombergが、AppleはiPhone15シリーズ(2023年モデル)の開発において、USB-C端子を搭載したモデルのテストを行っていると報じました。
アナリストに続き、大手メディアも予想
アナリストのミンチー・クオ氏は、AppleはiPhone15シリーズにおいてLightning端子からUSB-C端子に移行すると予想していました。
 
Bloombergによれば、Appleはこの数カ月間、USB-C端子を搭載したiPhoneと、USB-C – Lightning変換アダプタの開発に取り組んでいるとのことです。
 
iPhoneの外部接続端子がUSB-C端子になるのは早くても2023年モデルとBloombergは予想、2022年モデルであるiPhone14シリーズはLightning端子を搭載すると同メディアは述べています。
USB-C – Lightning変換アダプタで既存製品に対応か
USB-C端子に移行した場合、データ転送速度と充電速度が高速化することが期待できるとBloombergは記しています。
 
ただし、AirPodsの充電ケースやMagSafeバッテリーパック、MagSafe Duo充電器など、Lightning端子搭載デバイスは他にも存在するため、そのためのUSB-C – Lightning変換アダプタをAppleはこれらの製品に同梱するか、別売とするかは不明とBloombergは伝えています。
 
Lightning端子からUSB-C端子への移行は、欧州連合(EU)が進めている充電端子統一の影響が大きいとBloombergは説明しています。
 

New story: Apple is indeed planning a switch to USB-C from Lightning for the iPhone, testing future models with the connector as well as an adapter for old accessories. Move would better unify Apple device charging and meet incoming European mandate. https://t.co/hEYORwnqJO
— Mark Gurman (@markgurman) May 13, 2022

 
 
Source:Bloomberg via iMore
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729) …

続きを読む シェア
0

新型Apple TVが年内発売か〜販売価格が安くなる可能性も

 
アナリストのミンチー・クオ氏が、Appleは新型Apple TVを2022年下半期(7月〜12月)に発売するとの予想をTwitterに投稿しました。
販売価格値下げで、販売台数増加の期待
クオ氏は新型Apple TVについて、コストが改善されることで、ハードウェアだけではなくコンテンツやサービスを統合して提供しているAppleの戦略が、競合他社との差を縮めるのに有効に働くと述べています。
 
コストの改善により、販売価格が現行モデルよりも安くなることが期待されます。
 

Apple will launch a new version of Apple TV that improves cost structure in 2H22. I think that Apple's aggressive strategy of integrating hardware, content, and service amid the recession will help close the gap with its competitors.
— 郭明錤 (Ming-Chi Kuo) (@mingchikuo) May 13, 2022

 
2022年5月14日午前0時20分現在、Apple TV HDの販売価格は税込17,800円、Apple TV 4Kは32GBモデルが税込21,800円、64GBモデルが税込23,800円です。
 
 
Source:郭明錤(@mingchikuo)/Twitter, Apple (1), (2)
(FT729) …

続きを読む シェア
0

watchOS8.6で心電図アプリ利用可能国追加〜S7の高速充電不具合も解消か

 
9to5Macが、watchOS8.6ではメキシコで心電図アプリが利用可能になると伝えました。watchOS8.5で発生した、Apple Watch Series 7で高速充電が利用不可能になる不具合の解消も期待されます。
メキシコで心電図アプリが有効に、高速充電不具合解消は?
watchOS8.6では、Apple Watch Series 4以降の対応モデルで「心電図アプリケーション」と「不規則な心拍の通知機能」がメキシコで利用可能になるようです。
 
Appleは、現地時間5月12日にwatchOS8.6のリリースキャンディデート(RC)を開発者と登録ユーザー向けに公開、来週にも正式版が公開される可能性があります。
 
watchOS8.6では、watchOS8.5で発生し、watchOS8.5.1でも解消されていない、Apple Watch Series 7で高速充電ができない不具合が解消されることも期待されています。
 

El ECG del Apple Watch por fin se activa en México, casi 4 años después pic.twitter.com/ft6MSGHXwm
— Isaac (@dantemh_) May 12, 2022

 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple
(FT729) …

続きを読む シェア
0

【レビュー】Macの操作はどれがベスト?マウス、トラックパッド、トラックボールを比較

 
最近Mac miniを購入してMacデビューを果たした筆者ですが、Mac miniにはキーボードもマウスもついていないため、自分でポインティングデバイスを買わなくてはなりません。
 
Macでも基本的にWindowsと同じデバイスが使えるので、これまでと同じものを使っても良かったのですが、MacといえばMagic Trackpadがあります。
 
Macを使うならMagic Trackpad一択なのか、定評のあるマウスやトラックボールのほうが良いのか、実際に使って比較したいと思います。
比較に使用したポインティングデバイス
筆者が最近購入したMac miniと組み合わせて比較したのは以下の3種類のポインティングデバイスです。
 

種類
メーカー
機種

マウス
ロジクール
MX Master 3 for Mac

トラックボール
ロジクール
MX ERGO

トラックパッド
Apple
Magic Trackpad

 
せっかくなら高機能なものを、ということでどのポインティングデバイスも定価が1万円オーバーのものを使いました。
 
これらのデバイスはすべてmacOSに正式対応しています。
 
本当ならここにさらにトラックポイントも加えたかったのですが、LenovoのThinkPadトラックポイントキーボードシリーズはMacに正式対応しておらず、残念ながら今回は評価の対象から外しました。
細かい操作から大きな操作まで自由自在のマウス
それでは実際にそれぞれのポインティングデバイスを使った感想を解説します。
 
まず、ポインティングデバイスとして最も一般的なマウスからです。
 

 
マウスのメリット
比べてみてわかったのは、マウスはさまざまな操作がやりやすいという点です。
 
マウスは人間の肩、腕、手首を使って動かすことができるため、大きな動きをしたいときには大きく動かせる腕や肩、細かい動きが必要とされる場合は手首など、用途に応じてシームレスに使い分けることができます。
 
マウスが広く使われているのはこんなところに理由があるのかもしれません。
 
また、ほかのポインティングデバイスと異なり、ボタンを押す操作は指で、カーソルを動かす操作は手首から肩でと、明確に役割が分かれているところも特徴です。
 
このため使い方がわかりやすく、使い始めてから習熟するまでが早いのもメリットといえるかもしれません。
 
また、カーソルを動かす操作とボタンを押す操作が干渉しないためドラッグ&ドロップがやりやすいですし、ドラッグ&ドロップ以外でも持ち替えなしにスムーズな操作ができると感じました。
 
さらに、5本の指をフルにボタン操作に使えるため、ボタン数を増やしても使いこなすことができるのがメリットです。
 
たとえばMX Master 3 for Macは7ボタン搭載です。さらに多ボタンのマウスも販売されているので、多くのボタンを使いこなせば効率良くMacを操作できるでしょう。
 
マウスのデメリット
本体の位置を固定して使えるほかのポインティングデバイスに比べ、マウスの場合は本体を動かすための場所が必要なのが欠点です。
 
マウスを快適に使うにはある程度広い空間を用意する必要があるため、スペースが限られる机の上では使いづらいかもしれません。
 
また、手首を浮かせて持つ持ち方の場合肩こりになりやすいです。
 
マウスをスムーズに動かすにはマウスが机の上を滑りやすくする必要があるため、腕全体の重さをマウスにかけるわけにはいかず、ある程度腕の重さを肩で支える必要があります。
 
マウスを使っていると肩こりになるのはここに原因があると感じました。
 
かといって手首を机の上に乗せるとマウスを動かせる範囲が減り、大きな動きをおこなう際に持ち替えが必要になります。
腕の重さをすべて預けられるトラックボール
次は一部に熱狂的なファンのいるトラックボールです。
 

 
トラックボールのメリット
トラックボール最大のメリットは、腕の重みをすべて本体に預けられる点にあると感じました。
 
一般的に人間の腕の重さは片腕あたり体重の6.5%といわれているそうで、体重60キロであれば3.6キロになる計算です。
 
これだけの重さを肩で支えていると肩こりになっても不思議ではありません。
 
マウスは本体を滑らせなくてはならないことから体重のすべてを預けることはできませんし、トラックパッドもパッド全体を広く使うには腕を浮かせて使ったほうが便利です。
 
これに対し、トラックボールはデバイスの上にあるボールを指先で転がすことでカーソルを動かすため、操作に肩から手首を一切使いません。
 
このため、腕の重みをすべてトラックボールに預けることができ、圧倒的に肩が楽です。
 
トラックボールのデメリット
一方、トラックボールのデメリットとしては、ポインタ操作に指を1本取られてしまうため、ボタン操作に使える指が限られる点が挙げられます。
 
また、ボールを動かすことを優先して持ち方を決めざるを得ず、複数のボタンがあってもそれらが押しやすいとは限りません。
 
このため多ボタンを駆使した操作性の向上はマウスに劣ります。
 
さらに、ポインタ操作に指先の筋肉だけを使うため動かせる範囲が限られており、大きな動作と細かい動作の両立が難しいです。
 
画面全体を操作しやすくするためカーソルの速度を上げると細かい操作がしづらくなり、細かい操作をしやすくするためカーソルの速度を下げると画面全体を操作するのにボールを動かさなくてはいけない量が増えます。
 
親指操作と人差し指・中指操作、どちらがおすすめ?
ちなみに、トラックボールには親指で動かすタイプと人差し指や中指で操作するタイプがありますが、
 

疲労の少なさ重視なら親指タイプ
細かい操作重視なら人差し指・中指タイプ

 
が良いと感じました。
 
親指操作の良さは、5本の指のなかで最も強靭な筋肉を持つ親指をカーソル操作に使える点にあります。
 
ポインティングデバイスはボタン操作よりもカーソル操作のほうがおこなう頻度が高く、そのために最も強い指を使うのは理にかなっているのではないでしょうか。
 
一方、親指は強いものの繊細な操作をするのには向いていないため、細かいカーソル操作をしたいならより器用な人差し指や中指を使うのが良いでしょう。
直感的に使えて楽しいトラックパッド
大トリとして紹介したいのはトラックパッドです。
 

 
トラックパッドのメリット
トラックパッド(Magic Trackpad)の良さは直感的な操作にあります。
 
これは本体の機能が優れているだけでなく、macOSがMagic Trackpadに最適化されていることが理由です。
 
たとえばブラウザの進む/戻るは2本指で左右にスワイプする操作でおこなえるのですが、こんな感じで指の動きに追随して前後のページがアニメーションで表示されます:
 

 
指で広げておこなうデスクトップの表示もこの通りです:
 

 
指を上にスライドさせるMission Controlも画面の動きと一致しています:
 

 
これにより、ただ単にあらかじめ設定した特定の動作で特定の操作がおこなわれるという無機質なものではなく、まさに「魔法のように」自分がMacを操作しているという感覚や一体感を味わうことができて楽しいです。
 
これはマウスやトラックボールにはない感覚ですし、Windowsでトラックパッドを使っても味わえないものでしょう。
 
ちなみにMagic Trackpadの操作はBetterTouchToolというアプリで拡張できるのですが、残念ながらこのMacとの一体感は再現されていません。
 
もう1つトラックパッドで良いと感じたのは、利き手でないほうの手でも使いやすいという点です。
 
筆者は右利きなのですが、マウスやトラックボールを左手で使うと手がプルプルしてしまい、うまくポインタを動かせません。
 
しかしながら、トラックパッドの場合は指先を板の上で動かすという簡単な動作のため、利き手でないほうでもうまく使えます。
 
同じ手でポインティングデバイスを使い続けるとそちらだけに疲労が溜まりますが、トラックパッドならときどき使う手を変えることで負荷分散が可能でしょう。
 
トラックパッドのデメリット
トラックパッドのデメリットは、無駄な動きが多くて疲れる点にあります。
 
たとえば、先述のブラウザの進む/戻るはマウスやトラックボールであればボタン1つでできるのに対し、Magic Trackpadでは指を大きく動かさなくてはなりません。
 
そのほかの操作もトラックパッド全体を使わなくてはならないものが多く、同様の操作をマウスやトラックボールでおこなうのに比べ疲れやすいです。
 
また、マウスやトラックボールに比べて肩が凝りやすいと感じました。
 
トラックパッド全体を使って操作するには腕を浮かせ、指だけをトラックパッドにつけて操作するのが良いのですが、トラックパッドを押し込むとクリックなどのボタン操作になってしまうため、腕全体の重みを肩で支え続けなくてはなりません。
 
手首を机の上に置き、指先だけで操作することもできなくはないですが、指先だけの動作は制限が大きいため、macOS標準のタッチ操作やBetterTouchToolなどを駆使してMagic Trackpadをフルに活用するなら手首を浮かせたほうがやりやすいです。
マウス、トラックボール、トラックパッド、どれが最適?
これらの感想をもとに、ポインティングデバイスを選ぶ時のポイントを解説します。
 
肩こり防止ならトラックボール
肩こりで悩んでいるならトラックボールがおすすめです。腕の重さを肩に背負わせることなく利用できるため、肩こりを予防または改善できるでしょう。
 
最も肩こりになりそうなのはトラックパッドでした。
 
腕を浮かせながら使うのは肩に負担がかかります。アームレストを置いて大きな動作が必要ないときには手首をそこに置くなど、工夫をすると負担を減らせるかもしれません。
 
ただ、それでもやはり実用的な面でいえば無駄な動きが多く、トラックパッドやマウスに比べると長時間使うと疲労が溜まります。
 
細かい動作が要求されるならマウス
デザインやプレゼンテーションのスライド作成など、緻密な動作を求められる場合はマウスがおすすめです。
 
腕の各部位を使い分けることで、細かい動作から大きな動作までシームレスにおこなえるため、効率良く作業をおこなえるでしょう。
 
トラックパッドも意外と細かい動作がしやすいのですが、ドラッグ&ドロップがしづらいのが難点です。
 
標準では押し込みながらトラックパッド上を移動する動作、設定を変更すれば3本指で触れながら移動する動作でおこなえるのですが、いずれにせよマウスほどの使い勝手の良さはありません。
 
トラックボールは、特に親指操作タイプの場合は細かい動作が難しいです。慣れればある程度できるようになりますが、マウスと同等に使えるようになるには相当の習熟が要求されるでしょう。
 
楽しく使いこなすならトラックパッド
使っていて一番楽しいのはトラックパッドです。
 
自分の操作に画面の動きが同期するのは、まるでロボットなどのマシンを操作しているような気分になり、操作への没入感が高いです。
 
BetterTouchToolで操作を増やす際も、直感的な操作を動作に割り当てられるため、多くの動作を追加しても覚えやすく実用的といえます。
 
マウスやトラックパッドは良くも悪くも実用的な仕事のツールという印象であり、遊び心がありません。
 
AppleのMagic Mouseの場合はタッチ操作が可能なため、また印象が違う可能性はあります。
 

一台で完璧なものはないので使い分けがベストか
今回いろいろなポインティングデバイスを使って感じたのは、一台で完璧なものはなく、どれも一長一短だということです。
 
マウスは使い慣れた人が多く、とっつきやすいですが、操作のための広い空間が求められるのが難点です。
 
トラックボールは疲れが少ないですが、細かい操作がしづらいという欠点があります。
 
トラックパッドはMagic Trackpadなら使いやすく楽しいですが、無駄な動きが多く疲れます。
 
これらを考えると、ベストなのは複数デバイスを使い分けることなのかもしれません。
 
たとえば以下の写真のようにトラックボールとMagic Trackpadを置けば、普段の操作は右手のトラックボールで楽におこない、効率化のためのタッチ操作をおこなうときは左手でMagic Trackpadを使うということができます:
 

 
右手と左手に負荷を分散することで、右手の疲労感や肩こりを低減できる効果も期待できそうです。
 
究極的には脳波を読み取って動くポインティングデバイスが最強でしょうか。そのようなデバイスが手軽に使える時代が早く来ることを祈りつつ、今はあるもので工夫していきたいと思います。
 
 
Source: Logicool (1), (2), Apple (1), (2)
(ハウザー) …

続きを読む シェア
0

Apple TV+、新作映画「チャチャ・リアル・スムース」の予告動画を公開

 
Appleは現地時間5月12日、Apple TV+で6月17日に公開予定の新作映画「チャチャ・リアル・スムース(原題:Cha Cha Real Smooth)」の予告動画を公開しました。
6月17日に公開
Appleは「チャチャ・リアル・スムース」について、次のように説明しています。
 

大学を卒業したての22歳のアンドリュー(クーパー・ライフ)は、進むべき道が定まらず、ニュージャージーにある実家に戻ってきました。彼の存在しない履歴書に書くべきことがあるとすれば、それはパーティーの盛り上げ方の上手さです。その結果、彼は弟の同級生の為に、ユダヤ教の成人式(バット・ミツバ)のパーティーで盛り上げ役として働くことになります。
 
やがて彼は、地元に住むドミノ(ダコタ・ジョンソン)という女性とその娘ローラと友情を深めていき、ついに自分の望む未来を見つけることとなります。例えそれが、彼自身のものでないとしても。
 
クーパー・ライフ氏が脚本・監督・主演を務め、ダコタ・ジョンソン、ブラッド・ギャレット、レスリー・マン、そして新人のヴァネッサ・バーグハートとエヴァン・アサンテと共に、型破りな愛の物語を感情豊かに描き出します。
 
この映画は2022年のサンダンス映画祭で観客賞を受賞し、2021年3月には米テキサス州オースティンで行なわれる大規模イベント「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」で上映されました。
 
Apple TV+のいくつかの番組や映画は大きな成功を収めており、今年初めには、「CODA(邦題:コーダ あいのうた)」が、ストリーミングサービス配信の映画として初めてアカデミー賞で作品賞を受賞しています。
 

 
 
Source:Apple TV+ via iMore
(m7000) …

続きを読む シェア
0

Apple Trade Inの下取り額が5月末まで増額

 
Appleが5月31日までの期間限定で、デバイスの下取りプログラム「Apple Trade In」の下取り額を増額しています。
iPhone、iPad、Mac、Apple Watchの下取り額を5月31日まで増額
Appleは、「Apple Trade In」の対象となっているiPhone、iPad、Mac、Apple Watchの下取り額を5月31日まで増額しています。
 
iPhoneシリーズの最大下取り額はiPhone12 Pro Maxが最大80,000円、iPadシリーズはiPad Proが最大63,000円、MacシリーズはMac Proが最大150,000円、Apple WatchシリーズはApple Watch Series 6が最大21,000円となっています。
 
なおAppleは先日、Mac、iPad、Apple Watchの下取り額を改定しており、今回のキャンペーンが終わると対象製品の下取り額は下がってしまう可能性があります。プログラムの利用を考えていた方は、この機会に検討してみてはいかがでしょうか?
 
以下、デバイス毎の5月31日までの最大下取り額です。
 
iPhoneシリーズの最大下取り額
 

製品名
最大下取り額

iPhone12 Pro Max
80,000円

iPhone12 Pro
74,000円

iPhone12
55,000円

iPhone12 mini
44,000円

iPhone SE(第2世代)
23,000円

iPhone11 Pro Max
56,400円

iPhone11 Pro
49,400円

iPhone11
43,400円

iPhone XS Max
38,000円

iPhone XS
31,000円

iPhone XR
28,000円

iPhone X
24,000円

iPhone8 Plus
23,000円

iPhone8
17,000円

iPhone7 Plus
13,000円

iPhone7
10,000円

iPhone6s Plus
8,000円

 
iPadシリーズの最大下取り額
 

製品名
最大下取り額

iPad Pro
63,000円

iPad Air
42,000円

iPad
30,000円

iPad mini
28,000円

 
Macシリーズの最大下取り額
 

製品名
最大下取り額

MacBook Pro
51,000円

MacBook Air
39,000円

MacBook
22,000円

iMac Pro
87,000円

iMac
66,000円

Mac Pro
150,000円

Mac mini
33,000円

 
Apple Watchシリーズの最大下取り額
 

製品名
最大下取り額

Apple Watch Series 6
21,000円

Apple Watch SE
12,000円

Apple Watch Series 5
15,000円

Apple Watch Series 4
11,000円

Apple Watch Series 3
5,000円

 
 
Source:Apple
(kotobaya) …

続きを読む シェア
0

Apple Watch充電器 アップルウォッチ充電器 アップルウォッチ充電ケーブル ワイヤレス充電 磁気充電 USBコネクタ Apple Watch充電ケーブル Series 7 /6 /SE / 5...

Apple Watch充電器 アップルウォッチ充電器 アップルウォッチ充電ケーブル ワイヤレス充電 磁気充電 USBコネクタ Apple Watch充電ケーブル Series 7 /6 /SE / 5 / 4 / 3 / 2 / 1全シリーズ対応 置くだけ充電 持ち運び便利 5星中4.6(58) ¥1,059 (2022-05-10 14:17 GMT +09:00 時点 – 追加情報商品価格と取扱状況は記載された日時の時点で正確で、また常に変動します。Amazon のサイトに表示された価格と取扱状況の…

続きを読む シェア
0

Apple Watch SE(Cellular)が、Amazonアウトレットで販売中

 
Apple Watch SEの、ケース径40ミリ、GPS + Cellularモデルが、Amazonアウトレットで販売中です。
Amazonアウトレットで販売中の商品
この記事は、2022年5月10日午後4時30分の情報をもとにしています。
 
Amazonアウトレットで販売されているApple Watch SEは、ケース径40ミリのGPS + Cellularモデル、スペースグレイアルミニウムケースとミッドナイトスポーツバンドで、「中古商品:良い」商品です。
 
販売価格は、税込31,816円で在庫が1個です。
 
商品の状態が「中古商品:良い」についてAmazonアウトレットは、「梱包に多少の傷・へこみ・汚れがあります。商品に傷がありますが、使用の妨げにはなりません」と記しています。
 
本商品には小さな傷がありますので、詳細は購入前にAmazonアウトレットにご確認ください。
 
 
Source:Apple Watch SE/Amazonアウトレット
(FT729) …

続きを読む シェア
0

Apple Watch SEとAirPods 2が、Amazonアウトレットで販売中

 
Apple Watch SEとAirPods(第2世代)が、Amazonアウトレットで販売中です。
Amazonアウトレットで販売中の商品
この記事は、2022年5月9日午後11時20分の情報をもとにしています。
 
Amazonアウトレットで販売されているApple Watch SEは、ケース径44ミリのGPS + Cellularモデル、ゴールドアルミニウムケースとメイズ/ホワイトスポーツループ で、「中古商品:非常に良い」商品です。
 
販売価格は税込36,380円で在庫が1個です。
 
AirPods(第2世代)の販売価格は14,280円で、こちらも在庫が1個、「中古商品:非常に良い」と表記されています。
 
AmazonアウトレットについてAmazonは、「Amazonアウトレットでは、お客様から返品された商品や、倉庫内で梱包に傷を負った商品のうち、商品の状態が良いもの、食品および飲料については倉庫内で保管され賞味期限が近づいたものを、お手頃な価格で販売しています」と案内しています。
 
 
Source:Apple Watch SE/Amazonアウトレット, AirPods(第2世代)/Amazonアウトレット
(FT729) …

続きを読む シェア
0

Apple TVでDolby Atmosの音声が再生できないなどの不具合が発生中

 
Apple TVでDolby Atmosフォーマットの音声が再生できないなどの不具合が発生しているそうです。
 
この不具合は最新のtvOS15.4.1でも解決していないといいます。
Dolby Atmosが無音になる、途切れる、画像と同期しない
この不具合はApple TV 4KでDolby Atmosフォーマットの音声を含む動画を再生すると、
 

音声が無音になる
画像と同期せず、ずれが発生する
音声が途切れ途切れになる

 
といった現象が発生するというものです。
 
Appleのサポートフォーラムには、2021年9月にこの不具合に関する投稿がされて以来同様の現象を報告するユーザーが後をたたず、このスレッドのページ数はすでに26ページに及んでいます。
 
報告では主にNetflixアプリでDolby Atmosフォーマットの音声を持つ動画を見る場合にこの不具合が発生しているようですが、ほかのアプリでも不具合が起きたというユーザーもいます。
不具合回避にはDolby Atmosをオフにするしかない
この不具合はApple TV 4Kの最新OSであるtvOS15.4.1をインストールしても解決しません。
 
Dolby Atmosを設定で無効にすることで音声は問題なく再生できますが、Dolby Atmosはより没入感の高い体験を生むため、早期の対応が待たれます。
 
Dolby AtmosはAppleが「空間オーディオ」としてApple Musicに採用している音声フォーマットであり、Apple製品の多くがサポートしています。
 
 
Source: Apple via MacRumors
(ハウザー) …

続きを読む シェア
0

Apple IDが乗っ取られた場合の対処法備忘録

Apple IDが乗取られました。正しくは私のApple IDではなく、親のApple IDです。対処に苦労したので、備忘録を記します。前提親が利用していたデバイスは第2世代iPhone SEと第4世代iPad Air(Wi-Fiモデル)。回線はSoftBankで契約しており、名… smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

続きを読む シェア
0

iPhone イヤホン「2022 Apple MFi認証済み」有線 イヤホンマイク iPhone いやほん 純正 ライトニング イヤホン lightningコネクタ iphone用イヤホン マイク付き...

5星中4.7(182) ¥1,869 iPhone イヤホン「2022 Apple MFi認証済み」有線 イヤホンマイク iPhone いやほん 純正 ライトニング イヤホン lightningコネクタ iphone用イヤホン マイク付きイヤホン iPhone/iPad/ipod対応 ステレオイヤフォン インナーイヤー型 通話対応 音量調節 磁気設計 絡み防止

続きを読む シェア
0

トイレの便座とAirPods ProのバンドルがAmazonで売られていると話題に

 
Amazonでトイレの便座とAirPods Proを組み合わせ購入できる、とスクリーンショットが投稿され、注目を集めています。
便座とAirPods Proのセットで7万9,000円
justin氏(@itunpredictable)は、「トイレの便座+AirPods Pro」と、Amazonのスクリーンショットを公開しました。
 
確かに、トイレの便座とAirPods Proがセットで605.95ドル(約7万9,000円)で販売されています。
 

toilet seat or toilet seat + airpods pro pic.twitter.com/3qUjMT4MvU
— justin (@itunpredictable) May 4, 2022

 
この投稿は多くの人々の注目を集めており、BloombergのApple名物記者マーク・ガーマン氏も「待ち望まれたAppleハードウェアバンドルが出た」とコメントしています。
 

The long anticipated Apple hardware bundle https://t.co/bIciGBa4XY
— Mark Gurman (@markgurman) May 5, 2022

 
あるユーザーによれば、すでにバンドルは売り切れになっているとのことです。
 

ok so who actually got it pic.twitter.com/scBOH6xlNx
— juan (@juanbuis) May 5, 2022

 
 
Source:@itunpredictable/Twitter
(lexi) …

続きを読む シェア
0

SpotifyをDockに入れた状態でApple MusicをDLすると入れ替わる?

 
iPhoneのDockにSpotifyをすでに配置した状態で、Apple Musicのアプリをダウンロードすると、Dock内のSpotifyがApple Musicと入れ替わるバグが報告されています。
バグなのかそれともデザインなのか
iOS開発者のケビン・アーチャー氏(@IM_Kevin_Archer)は、SpotifyがDockに入れた状態でApple MusicをApp Storeからダウンロードするとどうなるかを示す動画を共有しました。確かにSpotifyが置かれていたDock内のスペースにApple Musicが取って代わっているのがわかります。
 

Seems like if you download the Apple Music app from App Store, it will automatically appear on your device (iPhone) dock, more than this, it will change any other 3d party app with the Music app. If on your dock, you only have Apple apps it won't do anything. pic.twitter.com/c0pkO9G2pq
— Kevin Archer (@IM_Kevin_Archer) May 5, 2022

 
このApple MusicのDock内アプリの置き換えは、サードパーティー製アプリ全般に対して生じるようです。同じことが起こったという別のユーザーもいます。
 

Wow this is bold – I just downloaded the Apple Music app and they’ve inserted themselves into *the dock* pic.twitter.com/6fkaRA7Vx9
— Maia Boston (@maiab) August 27, 2019

 
米メディアMacRumorsがAppleに問い合わせたところ、Appleはすでにこの問題を認識しており、解決に向けて動き出しているとのことです。
 
この仕様がバグなのかそれともデザインなのかは定かでありませんが、「プリインストールされているアプリを再インストールすると、元の位置に戻るのではないか」と推測する人もいます。
 
 
Source:MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Popular Posts