YouTube 2022/09/20

Do NOT buy the iPhone 14 Pro – (not) a Review




This is NOT an 14 Pro review I know this is not the normal video you’re used to getting from me, in fact, I’ve literally never done a review — mainly because I think there are a ton of creators way better at that than I am — so this is not a review — this is not that — this is just a thing that I made And I decided to make it because I just think you should know some things that maybe other people you’re watching aren’t conceying. I’m not doing any any b-roll or anything, like why? You know – you know what it looks like — I just wanna talk about the phone This is one of the most questionable upgrades for me in years. Like, I’m having such a different reaction to this upgrade than I’ve had with any of the other phones for some reason. Don’t get me wrong. This is an amazing phone — but so is the 13 Pro, and so is the 12 Pro My point is, if it’s hard for me to justify this phone, it’s probably even harder for a lot you. Idk There’s nothing here that I’m really thrilled with. Ya know what, let me give you a list of the things that I like about this phone The display, I like that it’s brighter. That’s really nice. The photos and particularly the video that comes from this phone is nicer than the previous model — but not by a lot. Like, yeah, I can see it, but I make videos for a living. I have the eye for it. If you handed this to your mom and asked her which photo or video came from which phone — she wouldn’t know Action mode is really cool. ’s new video stability feature. But it’s more of a party trick right now. It’s a gimmick. For what it says it does, it works well, but unless you have a ton of light -like unless you’re outside – it is not usable for anything other than fun. The artificating and flickering in the video just makes it, not great. It reminds me a lot of when slow-motion first came out on phones. Like yeah, that’s cool, I’m glad we can do this, but the video looks like it was recorded with a calculator. The A16 chip inside this thing is super fast. But so is the A15, and A14 and A13 — they’re all fast — apple silicon has been so fast for so long that we can’t outrun it And finally, I like the dynamic island – but we’ll talk about that in a second There are two things, right on the surface, that make this stand out. Like yeah, minor upgrades across the board, but if I had to, I would boil this phone down to two things. The always on display and Dynamic Island In regards to the always-on display – I turned it off. It literally upset me. With any other always on display from any other brand, the screen is off off – other than the clock and key notifications and stuff, but you can tell that the screen is off. Not with as this thing. I’m sorry, but it is so bad. I get that they made it different and I get that it’s more complex than what I’m about to make it out to be — but it doesn’t matter what it is – it matters how it makes me feel — and it makes me feel anxious. When this is just set down, it just looks like the screen brightness is turned down a lot. And keep in mind, for like the last 10 years of me using iPhones, apple has trained me that when my screen turns on, that means I have a notification.. So every time I look down and see my screen the way it is “always on” it makes me think I got a notification and I pick the thing up and realize that it’s not a notification- it’s just this “feature” That happened so many times in my day that I just couldn’t. I just couldnt anymore On top of that, battery life – with the always on display enabled – is significantly worse than I’m used to. Another reason to not even play with that. Okay, now let’s talk about Dynamic Island. For the most part, I do like it. I think its really cute. I think the animations are smooth and responsive, especially on the 120hz screen. I love that what would normally be a design sore – they used to blur the lines between hardware and software. If it’s gonna be there anyway, you might as well make it useful. And I like that a lot of core apps use that space and you can still keep on eye on things when you’re in other apps. It is useful. It is cute. If you have an 11 Pro or older – or a non-pro device – then yes – this phone is an upgrade for you. The iPhone 14 Pro is more luxury than an upgrade. And I’m very lucky in the sense that I can afford this luxury. I’m glad I have it. But that’s all it is. And it kinda comes down to: how bad do you wanna experience dynamic island? A whole new phone amount? If you have the money, this is a great phone, go buy it. But if you’re watching this video because you’re struggling to make a decision on whether or not to switch from your 12 Pro or 13 Pro to this — I just cant tell you to do that

YouTube

関連記事

VRヘッドセット「Pico 4」発表。スナドラXR2、90Hz、フルカラーパススルー

中国のPico Technologyは、VRヘッドセットの「PICO 4」を発表しました。日本では9月29日より予約受付を開始し、10月7日より販売開始予定。PICO 4はMeta Quest 2などと同様に、単体で動作できるスタンドアロン型のVRヘッドセット。SoCにはSnap… smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

続きを読む シェア
0

Innocnの4Kモニター「27C1U」。パネルはAUO

これまでいくつかInnocn製モニターをレビューしてきましたが、今回の製品はバランスが取れておりメインモニターとして使い勝手の良い製品でした。レビュー用に提供いただいたのはInnocn「27C1U」。27インチの4Kモニターでアスペクト比は16:9。リフレッシュレートは60Hz。… smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

続きを読む シェア
0

iOS16.1のパブリックベータ3がリリース

 
iOS16.1のパブリックベータ2の公開から1週間、パブリックベータ3のリリースに至りました。
ステージマネージャがM1 iPad以外にも拡大
Appleの無料ベータテストプログラムに登録したパブリックベータテスターは、パブリックベータWebサイトから適切な証明書をインストールした後、iOS16.1またはiPadOS16.1ベータを無線でダウンロードすることができます。
 
最新のiPadOS16.1ベータで、Appleはステージマネージャを2018年と2020年のiPad Proモデルにも拡大し、同機能はM1 iPad ProとM1 iPad Airに限定されなくなりました。ステージマネージャは、iPadの新しいマルチタスクの方法であり、サイズ変更可能なウィンドウで4つのアプリを同時に開くことができます。
 
iOS16.1では、リアルタイムで起こっていることを逐一ロック画面やDynamic Islandで見守ることができるライブアクティビティが導入される予定です。
 
iOS16.1ベータ2では、ステータスバーのバッテリーアイコンのデザインが調整され、バッテリー充電量の表示が追加されました。また、バッテリーのフォント変更、ロック画面の充電インジケータの更新、コピペのバグの修正などが図られました。
 
 
Source:MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

iPhone15シリーズではProとPro Maxの出荷数増加か〜機能差別化も

 
アナリストのミンチー・クオ氏が、iPhone15シリーズではiPhone15 ProとiPhone15 Pro Maxの出荷台数が増加、製品ごとの差別化も行われるとの予想を伝えました。
iPhone14 Pro Maxが出荷台数の6割占める
クオ氏は、iPhone14シリーズにおいてiPhone14とiPhone14 Plusの人気が低く、iPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxは想定以上の人気を集めていると以前から報告しています。
 
同氏によれば、iPhone14シリーズ全出荷台数においてiPhone14 Pro Maxが占める割合は約60%にも達するとのことです。
 
その人気の高さは、予約後のお届け予定日の遅さにも現れています。
iPhone15 ProとiPhone15 Pro Max
こうした状況を受け、AppleはiPhone15シリーズにおいてiPhone15 ProとiPhone15 Pro Maxの差別化を強化し、iPhone15 Pro Maxの販売台数増加に注力すると、クオ氏は予想しています。
 
iPhone15 Ultraの名称になるとも噂されるiPhone15 Pro Maxについて、「光学10倍ズームに対応するペリスコープレンズ搭載リア望遠カメラの採用」「2台のフロントカメラを搭載する」との噂があります。
 

(2/3)I think this result will encourage Apple to create more differentiation between iPhone 15 Pro Max & 15 Pro to raise 15 Pro Max shipments and enhance the iPhone product mix.
— 郭明錤 (Ming-Chi Kuo) (@mingchikuo) September 28, 2022

 
 
Source:郭明錤(@mingchikuo)/Twitter
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)
 
 

あわせて読みたいiPhone14シリーズ 関連特集
【速攻予約】iPhone14を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

Square、iPhoneの「Tap to Pay」のサポートを正式に開始〜米国で

 
iOSアプリ「Square POSレジ」内で、iPhoneから直接非接触型決済を利用できる「Tap to Pay」が正式に利用可能となりました。
購入体験に洗練された雰囲気をもたらすTap to Pay
6月にiPhoneの「Tap to Pay」のアーリーアクセスプログラムを開始していたSquareですが、現地時間9月28日付けで機能の正式サポート開始を発表しました。
 
アーリーアクセスプログラムに参加していた米ペンシルバニア州のブライダル専門店Darianna Bridal & Tuxedoのオーナーのフランコ・サレルノ氏は、「Tap to Pay」について、下記のように述べています。
 

iPhoneでのTap to Pay導入により、小売体験が向上しました。当社の若い顧客層は、デジタルウォレットや非接触型カードを使いたいと考えています。購入体験に洗練された雰囲気をもたらす便利なソリューションであるTap to PayをiPhoneで展開することで、買い物客の好みに応えることができました。さらに、当店の店舗面積が広いため、お客様がどこにいても会計処理を行えるようにすることで、購入のスピードアップを図ることができました。
 
 
Source:Square via MacRumors
Photo:Apple
(lexi) …

続きを読む シェア
0

iPhone14 Proシリーズの好調な需要が、14の不調と13の値下げ分をカバー

 
アナリストのミンチー・クオ氏が、iPhone14 Proシリーズの好調な需要が、iPhone14の人気低迷と、併売しているiPhone13の値下げ分を穴埋めし、Appleの次回の決算報告は良好なものになるとの予想を伝えています。
もともと増産計画はなかったはずと指摘
Bloombergが、Appleは当初の計画の9,000万台から600万台増やし、9,600万台のiPhone14シリーズを製造することを計画していたが、これを断念したと報じていましたが、クオ氏はそのような増産計画があったとは聞いていないと述べています。
 
ただし、以前から報告している通り、iPhone14およびiPhone14 Plusの製造数を減らし、その分をiPhone14 ProおよびiPhone14 Pro Maxに切り替えると、同氏は予想しています。
 
結果、iPhone14 ProおよびiPhone14 Pro Maxの販売台数が増加することで、想定以下となっているiPhone14およびiPhone14 Plusの販売台数および予約状況を穴埋めし、Appleの次回の決算報告は良好なものになるとの予想を、クオ氏は伝えています。
 

(2/6)I reiterate my survey result that shipment forecasts of iPhone 14 Pro and Pro Max will increase by about 10%, benefiting the iPhone ASP/product mix for 4Q22.
The demand for iPhone 14 and 14 Plus is obviously lackluster.
— 郭明錤 (Ming-Chi Kuo) (@mingchikuo) September 28, 2022

 

(4/6)I predict that Apple will likely offer a positive outlook for 4Q22 at the next earning call assuming iPhone shipments won't decline significantly starting December.
— 郭明錤 (Ming-Chi Kuo) (@mingchikuo) September 28, 2022

 
 
Source:郭明錤(@mingchikuo)/Twitter
Photo:Apple
(FT729)
 
 

あわせて読みたいiPhone14シリーズ 関連特集
【速攻予約】iPhone14を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

Youtube

AirPods Pro 2 Review: 1 Underrated Thing!

https://www.youtube.com/watch?v=f3DfJxvkN-8
AirPods Pro take computational audio to the limits, which makes them hard to review, but great to listen to The water bottle: http://shop.MKBHD.com Get a dbrand grip case for your Apple AirPods Pro at https://dbrand.com/airpods Grab yourself an Apple AirPods Pro 2 at https://geni.us/dCEfCC
Check out Bose's new QuietComfort II Earbuds at https://geni.us/R0ft
Check out the Sony WF-1000XM4 at https://geni.us/pQzAB
Tech I'm using right…

続きを読む シェア
0

Apple Watch Ultraをダイビングシミュレーション装置でテスト

 
YouTuberが、Apple Watch Ultra専用アプリ「Depth(深度)」アプリをダイビングシミュレーターで試しています。どのような結果が得られたのでしょうか。
アプリは水深を正確に表示
技術評論家でYouTuberのDC Rainmakerは、ダイビング機器用に設計された水中試験室を使用して、Depthアプリの動作を実演する動画を公開しました。
 
動画では、シミュレートされたダイバーが潜降するにつれ、Depthアプリが大きくなる水圧にスムーズに対応している様子が確認できます。アプリの水深表示が正確に調整されていくのがわかります。
 
Depthアプリは最大水深40メートルを想定していますが、Apple Watch Ultraは100メートルの防水機能を備えており、アプリよりも高い水圧に耐えることができます。
 
DCはDepthアプリが40メートル以下に降下したときに何が起こるのかも調べています。画面は明るい黄色に変わり、「40メートル超」と表示され、より浅い水深に戻るまで表示されなくなります。
 
また、ダイビング終了後にダイビングの長さ、水温、最大水深を表示する「ダイブサマリー」のデモも行なわれています。
 

 
 
Source:MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Popular Posts