NVIDIA、RTX 4090/RTX 4080を発表。最大4倍の性能向上謳う


9月21日、NVIDIAは、一般消費者向けGPUの「GeForce RTX 40シリーズ」を発表しました。今回は上位モデルのRTX 4090およびRTX 4080が発表され、今後さらに手ごろなモデルが登場する見込み。RTX 40シリーズはアーキテクチャを「Ada Lovelace…

smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

関連記事

iPhone6がビンテージ製品に指定〜販売終了から5年が経過

 
Appleのビンテージ製品とは、Appleが販売店への供給を停止した日から5年以上7年未満の製品のことを指します。現地時間9月30日付けで、iPhone6が新たにビンテージ製品のリストに加えられました。
2014年9月に発売
iPhone6は、iPhone6 Plusと並んで2014年9月に発売されました。2015年にiPhone6sの発売を受けて価格が下げられ、2016年にiPhone7の発売と同時に販売終了となりました。2017年には一部の国々で廉価版iPhoneとして再登場し、2018年9月まで販売され続けました。
 
今年に入ってからは、iPhone6の姉妹機であるiPhone6 Plusがビンテージ製品のリストに追加されています。
 
iPhone6と6 Plusは、Apple Payに初めて対応したデバイスであり、AppleがiPhoneに複数のサイズオプションを提供した最初の年となったことで注目されました。Appleは、iPhone6と6 Plusの発売以降も、マルチサイズ発売戦略を継続しています。
 
 
Source:Apple via MacRumors
Photo:Apple
(lexi) …

続きを読む シェア
0

iPhone SE(第3世代)やiPad ProなどがAmazonアウトレットに

 
Amazonアウトレットで、iPhone SE(第3世代)や11インチiPad Pro(第2世代)などが販売中です。
Amazonアウトレットで販売中の商品
この記事は、2022年10月1日午前3時10分時点の情報をもとにしています。
 
Amazonアウトレットで販売中の、iPhone SE(第3世代)や11インチiPad Pro(第2世代)などの仕様と程度、販売価格は下記の通りです。
 

品名
価格(税込)
程度/販売台数

iPhone SE(第3世代)64GB、スターライト
52,397円
中古商品:非常に良い1台

11インチiPad Pro(第2世代)、1TBWi-Fi、スペースグレイ
121,006円
中古商品:非常に良い1台

Apple Watch Series SE(GPS + Cellularモデル)44mmスペースグレイアルミニウムケースとミッドナイトスポーツバンド
41,210円
中古商品:非常に良い1台

Beats Studio Buds、レッド
14,450円
中古商品:非常に良い1台

 
Amazonアウトレットが販売中のこれらの商品はすべて、開封済み商品です。
Amazonアウトレットにおける状態表示について
Amazonアウトレットおよび販売商品のコンディションに関し、Amazonは下記のように説明しています。
 

Amazonアウトレットでは、お客様から返品された商品や、倉庫内で梱包に傷を負った商品のうち、商品の状態が良いもの、食品および飲料については倉庫内で保管され賞味期限が近づいたものを、お手頃な価格で販売しています。
 
ほぼ新品:梱包が開梱された形跡や、商品が使用された形跡はありません。外装はきれいで新品同様の状態です。
非常に良い:梱包に多少の傷・へこみ・汚れがあります。商品に目立った傷はありません。
良い:梱包に多少の傷・へこみ・汚れがあります。商品に傷がありますが、使用の妨げにはなりません。
可:梱包が破損しています。商品に傷がありますが、使用の妨げにはなりません。
 
 
Source:Amazonアウトレット iPhone SE(第3世代), 11インチiPad Pro(第2世代), Apple Watch Series SE, Beats Studio Buds
(FT729) …

続きを読む シェア
0

iPhone14の衝突事故検出はいつも作動するとは限らない?

 
iPhone14ラインナップでは、新たに衝突事故検出機能が盛り込まれていますが、激しい衝突事故をシミュレートしても、機能がうまく作動しないケースがあることが、The Wall Street Journalの実験で明らかになりました。
車両内のiPhone14は衝突を検出せず
WSJの行った衝突実験は、スクラップ寸前の車両内にiPhone14を取り付け、衝突用の別の車両を相当な速度でぶつけるというものです。
 
テストの結果、ドライバーが着用していたApple Watchは衝突事故を検出したものの、衝突された車両内に設置されたiPhone14は何も検出しませんでした。
 
2回目の実験では、iPhone14が車両の中にあることを示すため、実験前にデバイスを車内に取り付けた状態で多少乗り回し、その後衝突事故にさらしましたが、それでもiPhone14は何も検出しないという結果になりました。
デバイスが車の中にあると認識できていなかった?
WSJがAppleに問い合わせたところ、デバイスが車の中にあると認識するに至るための十分な情報量が足りなかった可能性があるとの返答が返ってきました。すなわち、CarPlayへの接続の欠如や、一定の速度以上で車を十分な時間運転しなかったのが原因かもしれないとのことです。
 
Appleは、衝突事故検出の設定画面の注意書きで「iPhoneとApple Watchはすべての衝突事故を検出できるわけではありません」と記していることに留意する必要がある、とWSJは実験動画の最後に述べています。
 

 
 
Source:AppleInsider
(lexi) …

続きを読む シェア
0

iPhone14 Proのカメラ突起が大きすぎてワイヤレス充電器に収まらないとの報告

 
iPhone14 ProではiPhone13 Proシリーズと比べてさらにカメラ突起が大きくなっていますが、大きすぎてQiワイヤレス充電器に収まらないとの報告がありました。
デバイスを横にしたり逆さまにして対処するユーザーも
RedditユーザーMiamiBourneは、iPhone14 Proのカメラ突起がQiワイヤレス充電器と接触し、デバイスの背面がうまく充電器にフィットしない状態になっている様子を投稿しました。
 

 
Redditには他にも、「iPhone14 Proを縦向きの充電器の上に置くと、充電できていない合図である充電ランプの点滅が起こる」「MagSafe充電スタンドにフィットせず、iPhone14 Proがマグネットのあるエリアと同一平面に揃わないため、デバイスがスタンドから落ちてしまう」との報告が寄せられています。
 
現在のところ、Appleチームはこの問題について公式に認識していない模様です。
 
 
Source:Reddit (1), (2), (3) via Piunikaweb
(lexi) …

続きを読む シェア
0

iPhone14がiPhone13のようにモデル末期まで人気を持続できるか疑問符

 
DigiTimesが、iPhone14はiPhone13のようにモデル末期まで人気を持続するのは難しいとの予想を伝えています。
モデル末期でも人気を維持ししていたiPhone13
iPhone13は、iPhone14の登場が噂された2022年7月になっても好調な販売実績を示していたことが報告されていました。
 
Reutersは、発売から10カ月経過してた時点でのiPhone13シリーズの売上台数が、iPhone12シリーズよりも約33%増加したと伝えていました。
iPhone14、現時点で生産調整は行われていない?
iPhone14はiPhone13の好調な販売実績を維持できるとみられていましたが、生産調整なしでそれを実現するのは難しいと、DigiTimesは予想しています。
 
iPhone14を製造するFoxconnは、同製品の製造ラインを5本廃止し、そこにiPhone14 Proシリーズ製造ラインを整備すると噂されています。
 
ただし、iPhone14は現時点でまだ減産されていないと、DigiTimesは述べています。
 
 
Source:DigiTimes
Photo:Apple
(FT729)
 
 

あわせて読みたいiPhone14シリーズ 関連特集
【速攻予約】iPhone14を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

Dynamic Islandを認識不可にする方法〜クレヨンしんちゃんを壁紙に設定する

 
iPhone14 Proシリーズには、ノッチの代わりに新たにDynamic Islandが採用されていますが、ノッチよりもディスプレイに自然に馴染むかどうかが、一部のユーザーにより議論されています。今回、Dynamic Islandを認識不可能にする画期的な方法が考案された模様です。
Dynamic Islandは眉毛だった?
ビデオクリエーターのヴァイバヴ・ジャイン氏(@vvaiibhav)は、「これでDynamic Islandの見た目が良くなった」と自身のiPhone14 Pro Maxの画像を投稿しました。
 

iPhone 14 Pro Max Dynamic Island now looks Good pic.twitter.com/W05s0ACLmp
— Vaibhav Jain (@vvaiibhav) September 30, 2022

 
Dynamic Islandがクレヨンしんちゃんの眉毛として完全に馴染んでおり、いっさい認識することができなくなっています。
 
Dynamic Islandの上に猫のキャラクターを住まわせるアプリ開発者が登場するなど、Dynamic Islandの活用法はまだまだ開発の余地がありそうです。
 
 
Source:@vvaiibhav/Twitter
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Youtube

Dope Tech: What does VR FEEL Like?

https://www.youtube.com/watch?v=bFBIrkzy_gM
Imagine if virtual reality took over THREE of your senses instead of two 👀 Thanks to EcoFlow for sponsoring a portion of Dope Tech! Check out the Delta Pro and Delta 2 and get 8% off using offer code MKBHDEF8 on Amazon: https://amzn.to/3PRA9ao or their website https://geni.us/Qsj4Obc Dell XPS 13 Plus Laptop: https://geni.us/ittF5d The Sensegloves: https://geni.us/U4PK Dave2D's XPS 13 Plus https://youtu.be/6fPj6mj-M_k…

続きを読む シェア
0

AirPods Pro 2 Review: 1 Underrated Thing!

https://www.youtube.com/watch?v=f3DfJxvkN-8
AirPods Pro take computational audio to the limits, which makes them hard to review, but great to listen to The water bottle: http://shop.MKBHD.com Get a dbrand grip case for your Apple AirPods Pro at https://dbrand.com/airpods Grab yourself an Apple AirPods Pro 2 at https://geni.us/dCEfCC
Check out Bose's new QuietComfort II Earbuds at https://geni.us/R0ft
Check out the Sony WF-1000XM4 at https://geni.us/pQzAB
Tech I'm using right…

続きを読む シェア
0

Apple Watch Ultraをダイビングシミュレーション装置でテスト

 
YouTuberが、Apple Watch Ultra専用アプリ「Depth(深度)」アプリをダイビングシミュレーターで試しています。どのような結果が得られたのでしょうか。
アプリは水深を正確に表示
技術評論家でYouTuberのDC Rainmakerは、ダイビング機器用に設計された水中試験室を使用して、Depthアプリの動作を実演する動画を公開しました。
 
動画では、シミュレートされたダイバーが潜降するにつれ、Depthアプリが大きくなる水圧にスムーズに対応している様子が確認できます。アプリの水深表示が正確に調整されていくのがわかります。
 
Depthアプリは最大水深40メートルを想定していますが、Apple Watch Ultraは100メートルの防水機能を備えており、アプリよりも高い水圧に耐えることができます。
 
DCはDepthアプリが40メートル以下に降下したときに何が起こるのかも調べています。画面は明るい黄色に変わり、「40メートル超」と表示され、より浅い水深に戻るまで表示されなくなります。
 
また、ダイビング終了後にダイビングの長さ、水温、最大水深を表示する「ダイブサマリー」のデモも行なわれています。
 

 
 
Source:MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Popular Posts