ガジェット 2022/09/23

これは便利。AirPods Pro第2世代はApple Watchの“あの”充電器で充電できます


Pro第2世代は、USB-CLightning端子での充電のほか、ワイヤレス充電に対応しています。ワイヤレス充電便利ですよね。 しかもMagSafeに対応しています。マグネット最高! そしてそして、なんとApple Watchの充電器で充電できるようになったのです! これ、便利じゃないですか!

ギズモード・ジャパン

関連記事

Apple Watch S8とWatch SE 2などがAmazonアウトレットに

 
Amazonアウトレットで、Apple Watch Series 8や、Apple Watch SE(第2世代)、M1搭載iPad Airなどが販売中です。
Amazonアウトレットで販売中の商品
この記事は、2022年9月30日午前3時20分時点の情報をもとにしています。
 
Amazonアウトレットで販売中の、Apple Watch Series 8や、Apple Watch SE(第2世代)、M1搭載iPad Airの仕様と程度、販売価格は下記の通りです。
 

品名
価格(税込)
程度/販売台数

Apple Watch Series 8(GPS + Cellularモデル)41mmシルバーステンレススチールケースとシルバーミラネーゼループ
95,880円
中古商品:非常に良い1台

Apple Watch SE(第2世代)(GPSモデル)44mmミッドナイトアルミニウムケースとミッドナイトスポーツバンド
35,096円
中古商品:良い1台

Apple Watch Series 7(GPSモデル)45mmグリーンアルミニウムケースとクローバースポーツバンド
53,380円
中古商品:非常に良い1台

AirPods Pro(MagSafe充電ケース付き)
25,810円
中古商品:良い1台

iPad Air(第5世代)、スターライトWi-Fi、64GB
72,080円
中古商品:非常に良い2個

Amazonアウトレットにおける状態表示について
Amazonアウトレットおよび販売商品のコンディションに関し、Amazonは下記のように説明しています。
 
Apple Watch SE(第2世代)とAirPods Proの本体には傷があるようです。詳細は、Amazonアウトレットにご確認下さい。
 

Amazonアウトレットでは、お客様から返品された商品や、倉庫内で梱包に傷を負った商品のうち、商品の状態が良いもの、食品および飲料については倉庫内で保管され賞味期限が近づいたものを、お手頃な価格で販売しています。
 
非常に良い:梱包に多少の傷・へこみ・汚れがあります。商品に目立った傷はありません。
良い:梱包に多少の傷・へこみ・汚れがあります。商品に傷がありますが、使用の妨げにはなりません。
可:梱包が破損しています。商品に傷がありますが、使用の妨げにはなりません。
 
 
Source:Amazon アウトレット Apple Watch Series 8, Apple Watch SE(第2世代), Apple Watch Series 7, AirPods Pro, iPad Air(第5世代)
(FT729) …

続きを読む シェア
0

AirPods Pro 第2世代レビュー:iPhoneユーザーは買って後悔しないイヤホン

さて今回リリースされたApple WatchとiPhone、去年のものとあまり変わっていない印象です。AirPods Pro第2世代も一見初代と同じように見えます。でも実際にAirPods Pro 第2世代を使ってみると実感できる「おお〜!」という大きな違いがありました。今すぐに、絶対に買いに走らなきゃいけないかと言われるとノーですが、買って後悔しないかと聞かれるとイエス、しません!ですね。 …

続きを読む シェア
0

AirPods Pro 2のストラップホールは実はアンテナも兼ねていた?

 
AirPods Pro(第2世代)のケースには、ストラップを通すための金属の穴が取り付けられていますが、CTスキャン画像から、ストラップホールがロジックボードとのインターフェースであるLightningコネクタに内部接続されていることがわかり、U1チップのアンテナを兼ねている可能性が浮上しました。
AirPods Pro 2では「正確な場所を見つける」が利用可
AirPods Pro 2のケースのCTスキャン画像を公開したLumafieldは、画像について下記のように述べています。
 

ケースの側面には、新しい金属製の小穴があります。深さ4ミリ、長さ18ミリで、Lightningポート周辺の金属パッドに接続された尻尾が隠されています。おそらく「探す」機能を向上させるためのアンテナなのでしょう。
 

 
AirPods Pro 2のケースは「探す」アプリでU1チップを使った「正確な場所を見つける」を利用することができます。
 
Appleが設計した新しいU1チップでは、空間認識のために超広帯域無線テクノロジーが使用されます。これにより、iPhone11、iPhone11 Pro、およびiPhone11 Pro Max以降のiPhoneモデルでU1を搭載したほかのAppleデバイスの位置を正確に特定できます。
 
 
Source:MacRumors, Apple
Photo:Lumafield
(lexi) …

続きを読む シェア
0

AirPods Pro 2 Review: 1 Underrated Thing!

https://www.youtube.com/watch?v=f3DfJxvkN-8
AirPods Pro take computational audio to the limits, which makes them hard to review, but great to listen to The water bottle: http://shop.MKBHD.com Get a dbrand grip case for your Apple AirPods Pro at https://dbrand.com/airpods Grab yourself an Apple AirPods Pro 2 at https://geni.us/dCEfCC
Check out Bose's new QuietComfort II Earbuds at https://geni.us/R0ft
Check out the Sony WF-1000XM4 at https://geni.us/pQzAB
Tech I'm using right…

続きを読む シェア
0

Youtube

Dope Tech: What does VR FEEL Like?

https://www.youtube.com/watch?v=bFBIrkzy_gM
Imagine if virtual reality took over THREE of your senses instead of two 👀 Thanks to EcoFlow for sponsoring a portion of Dope Tech! Check out the Delta Pro and Delta 2 and get 8% off using offer code MKBHDEF8 on Amazon: https://amzn.to/3PRA9ao or their website https://geni.us/Qsj4Obc Dell XPS 13 Plus Laptop: https://geni.us/ittF5d The Sensegloves: https://geni.us/U4PK Dave2D's XPS 13 Plus https://youtu.be/6fPj6mj-M_k…

続きを読む シェア
0

AirPods Pro 2 Review: 1 Underrated Thing!

https://www.youtube.com/watch?v=f3DfJxvkN-8
AirPods Pro take computational audio to the limits, which makes them hard to review, but great to listen to The water bottle: http://shop.MKBHD.com Get a dbrand grip case for your Apple AirPods Pro at https://dbrand.com/airpods Grab yourself an Apple AirPods Pro 2 at https://geni.us/dCEfCC
Check out Bose's new QuietComfort II Earbuds at https://geni.us/R0ft
Check out the Sony WF-1000XM4 at https://geni.us/pQzAB
Tech I'm using right…

続きを読む シェア
0

Apple Watch Ultraをダイビングシミュレーション装置でテスト

 
YouTuberが、Apple Watch Ultra専用アプリ「Depth(深度)」アプリをダイビングシミュレーターで試しています。どのような結果が得られたのでしょうか。
アプリは水深を正確に表示
技術評論家でYouTuberのDC Rainmakerは、ダイビング機器用に設計された水中試験室を使用して、Depthアプリの動作を実演する動画を公開しました。
 
動画では、シミュレートされたダイバーが潜降するにつれ、Depthアプリが大きくなる水圧にスムーズに対応している様子が確認できます。アプリの水深表示が正確に調整されていくのがわかります。
 
Depthアプリは最大水深40メートルを想定していますが、Apple Watch Ultraは100メートルの防水機能を備えており、アプリよりも高い水圧に耐えることができます。
 
DCはDepthアプリが40メートル以下に降下したときに何が起こるのかも調べています。画面は明るい黄色に変わり、「40メートル超」と表示され、より浅い水深に戻るまで表示されなくなります。
 
また、ダイビング終了後にダイビングの長さ、水温、最大水深を表示する「ダイブサマリー」のデモも行なわれています。
 

 
 
Source:MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Popular Posts