ガジェット 2022/09/23

AirPods Pro(第2世代)に搭載された新機能「適応型環境音除去」が何度試しても効果がわからない


関連記事

AirPods Pro 第2世代レビュー:iPhoneユーザーは買って後悔しないイヤホン

さて今回リリースされたApple WatchとiPhone、去年のものとあまり変わっていない印象です。AirPods Pro第2世代も一見初代と同じように見えます。でも実際にAirPods Pro 第2世代を使ってみると実感できる「おお〜!」という大きな違いがありました。今すぐに、絶対に買いに走らなきゃいけないかと言われるとノーですが、買って後悔しないかと聞かれるとイエス、しません!ですね。 …

続きを読む シェア
0

AirPods Pro 2のストラップホールは実はアンテナも兼ねていた?

 
AirPods Pro(第2世代)のケースには、ストラップを通すための金属の穴が取り付けられていますが、CTスキャン画像から、ストラップホールがロジックボードとのインターフェースであるLightningコネクタに内部接続されていることがわかり、U1チップのアンテナを兼ねている可能性が浮上しました。
AirPods Pro 2では「正確な場所を見つける」が利用可
AirPods Pro 2のケースのCTスキャン画像を公開したLumafieldは、画像について下記のように述べています。
 

ケースの側面には、新しい金属製の小穴があります。深さ4ミリ、長さ18ミリで、Lightningポート周辺の金属パッドに接続された尻尾が隠されています。おそらく「探す」機能を向上させるためのアンテナなのでしょう。
 

 
AirPods Pro 2のケースは「探す」アプリでU1チップを使った「正確な場所を見つける」を利用することができます。
 
Appleが設計した新しいU1チップでは、空間認識のために超広帯域無線テクノロジーが使用されます。これにより、iPhone11、iPhone11 Pro、およびiPhone11 Pro Max以降のiPhoneモデルでU1を搭載したほかのAppleデバイスの位置を正確に特定できます。
 
 
Source:MacRumors, Apple
Photo:Lumafield
(lexi) …

続きを読む シェア
0

AirPods Pro 2 Review: 1 Underrated Thing!

https://www.youtube.com/watch?v=f3DfJxvkN-8
AirPods Pro take computational audio to the limits, which makes them hard to review, but great to listen to The water bottle: http://shop.MKBHD.com Get a dbrand grip case for your Apple AirPods Pro at https://dbrand.com/airpods Grab yourself an Apple AirPods Pro 2 at https://geni.us/dCEfCC
Check out Bose's new QuietComfort II Earbuds at https://geni.us/R0ft
Check out the Sony WF-1000XM4 at https://geni.us/pQzAB
Tech I'm using right…

続きを読む シェア
0

iPhone 14、Apple Watch、 AirPods Pro、日本価格まとめ

Image:Apple2022年9月8日の記事を編集して再掲載しています。日本ではいくらなの?がやっぱりいちばん大事。Appleのイベントも終了し、Appleストアも無事に開店されたので、国内価格をチェックしてみましょうか!iPhone14シリーズ■iPhone14・128GB……11万9800円・256GB……13万4800円・512GB……16万4800円■iPhone14Plus・128GB …

続きを読む シェア
0

AirPods Pro 2ユーザー、Bluetooth接続がランダム切断されると報告

 
AirPods Pro(第2世代)の一部のユーザーが、買ったばかりのイヤホンで音楽を聴いたり、動画を見ているときにデバイスがランダムに切断されることがある、と報告しています。
原因の特定は不可?
新しいAirPods Proは、音楽再生中や動画鑑賞中にiPhoneからランダムに接続が途切れることがあるそうです。また、iPhoneやiPadがAirPods Proに接続されていると表示されていても、実際には音声が再生されないケースも報告されています。報告書によれば、バグは散財的で、原因を特定できないとのことで、明確な解決策は今のところないようです。
 
米メディアMacRumorsの寄稿者のAirPods Pro 2も接続に問題があり、設定ではiPhoneに接続されていると表示されていても、AirPodsを通して音声が再生されないことがあるそうです。
第2世代に特有の問題ではない
このような問題は、2019年に発売された初代AirPods Proのユーザーからも同様に報告されており、AirPods Pro(第2世代)に特有というわけではありません。
 
新型AirPods Proは、初代AirPods Proの発売から3年後のデビューとなりましたが、いまだに接続性に関するバグが対処されていないということで、一部ユーザーから不満の声が上がっているようです。
 
AirPods Pro(第2世代)は先週金曜に発売されたばかりで、このバグがどの程度広がっているのかまだ不明となっています。
 
 
Source:MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Youtube

AirPods Pro 2 Review: 1 Underrated Thing!

https://www.youtube.com/watch?v=f3DfJxvkN-8
AirPods Pro take computational audio to the limits, which makes them hard to review, but great to listen to The water bottle: http://shop.MKBHD.com Get a dbrand grip case for your Apple AirPods Pro at https://dbrand.com/airpods Grab yourself an Apple AirPods Pro 2 at https://geni.us/dCEfCC
Check out Bose's new QuietComfort II Earbuds at https://geni.us/R0ft
Check out the Sony WF-1000XM4 at https://geni.us/pQzAB
Tech I'm using right…

続きを読む シェア
0

Apple Watch Ultraをダイビングシミュレーション装置でテスト

 
YouTuberが、Apple Watch Ultra専用アプリ「Depth(深度)」アプリをダイビングシミュレーターで試しています。どのような結果が得られたのでしょうか。
アプリは水深を正確に表示
技術評論家でYouTuberのDC Rainmakerは、ダイビング機器用に設計された水中試験室を使用して、Depthアプリの動作を実演する動画を公開しました。
 
動画では、シミュレートされたダイバーが潜降するにつれ、Depthアプリが大きくなる水圧にスムーズに対応している様子が確認できます。アプリの水深表示が正確に調整されていくのがわかります。
 
Depthアプリは最大水深40メートルを想定していますが、Apple Watch Ultraは100メートルの防水機能を備えており、アプリよりも高い水圧に耐えることができます。
 
DCはDepthアプリが40メートル以下に降下したときに何が起こるのかも調べています。画面は明るい黄色に変わり、「40メートル超」と表示され、より浅い水深に戻るまで表示されなくなります。
 
また、ダイビング終了後にダイビングの長さ、水温、最大水深を表示する「ダイブサマリー」のデモも行なわれています。
 

 
 
Source:MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Popular Posts