ガジェット 2022/08/24

iOS 16の開発は無事終了。9月に一般公開へ


関連記事

Samsung、OneUI 5ベータ3でiOS16のロック画面カスタマイズを模倣

 
SamsungがOneUI 5ベータ3で、AppleのiOS16のロック画面カスタマイズ方法をそっくり真似ていると、複数のTwitterユーザーが指摘しています。
iOS16の目玉機能のひとつ、ロック画面のカスタマイズ
iOS16では、ロック画面のカスタマイズが可能となりました。iPhone14 ProシリーズのDynamic Islandとともに、iPhoneの見た目を大きく変える注目機能となっています。
 
AndroidデバイスでもDynamic Islandを体験できるアプリがすでに登場していますが、SamsungはGalaxy向けにカスタマイズしたユーザーインターフェースOneUIで、iOS16のロック画面カスタマイズを取り入れることにしたようです。
カスタマイズ方法は両社ほぼ同じ
ビデオクリエーターのVaibhav Jain氏(@vvaiibhav)は「Xiaomiが最初にApple iOS16のロック画面をコピーするかと思ったが、(最初にコピーしたのは)Samsungだった。OneUI 5ベータ3(でコピーしている)」とTwitterに投稿しました。
 

And i thought Xiaomi will be the first to copy Apple iOS 16 Lockscreen …. Samsung it is.. OneUI 5 Beta 3 pic.twitter.com/3sxY9TALaz
— Vaibhav Jain (@vvaiibhav) September 26, 2022

 
同氏によれば、SamsungがOneUI 5ベータ3で取り入れたロック画面のカスタマイズ方法はiOS16と非常によく似ているとのことです。現在、ロック画面の時計のフォントをAppleは8種類、Samsungは5種類提供しています。またどちらでもフォントに加え色を変更することも可能です。
 
新しい壁紙を追加する方法もほぼ同じです。一方時計の下のウィジェットは、iPhoneではサードパーティーのものを含め複数の選択肢がありますが、Samsungは通知のアイコンしか提供していません。
 

Apple iOS 16 vs Samsung OneUI 5 (Android 13) – Lock Screen pic.twitter.com/2tIcMaLaAN
— TechDroider (@techdroider) September 26, 2022

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic) …

続きを読む シェア
0

iPhone14 Proシリーズ壁紙アレンジ版が制作公開

 
Appleロゴや純正壁紙をモチーフにしたオリジナル壁紙を制作しているAR7氏(@AR72014)が、iPhone14 Proシリーズ純正壁紙をモチーフにしたオリジナル壁紙を制作公開しました。
5種類のオリジナル壁紙が公開
AR7氏(@AR72014)が制作したのは、iPhone14 Proシリーズ純正壁紙をモチーフに、グラデーション仕上げとしたものです。
 
同氏は、iPhone14 Proシリーズの本体カラー「ディープパープル」「ゴールド」「シルバー」「スペースブラック」に合わせた4種類の壁紙を公開しています。
 
また、それらとは別に、iPhone14 Proシリーズ純正壁紙を(PRODUCT)RED仕様にしたものも公開しています。
 
AR7氏(@AR72014)が制作した壁紙を入手するには、リンク先のGoogle Driveからダウンロードします。
 

#Apple #AppleEvent #wallpaper #iOS16
iPhone 14 Pro – iPhone 14 Pro Max (Blur iOS16 versions) #wallpapers
for #iPhone13ProMax#iPhone13Pro#iPhone13#iPhone13Miniother #iPhone
https://t.co/VMhcKzMzhi
By @AR72014 https://t.co/lNjrvIDyo3 pic.twitter.com/Hkqv5pSoYu
— AR7 (@AR72014) September 11, 2022

 

#Apple #iPhone #iPhone14Pro #iPhone14ProMax #ProductRED

Would you like it if Apple released the Product RED version for the Pro series of the iPhone 14 ?
let me know what you think
Concept and Wall By @AR72014#wallpaper
https://t.co/753NMs4TR5 pic.twitter.com/Qt0hAC29Ro
— AR7 (@AR72014) September 16, 2022

 
 
Source:AR7(@AR72014)/Twitter
(FT729)
 
 

あわせて読みたいiPhone14シリーズ 関連特集
【速攻予約】iPhone14を予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ

続きを読む シェア
0

iOS16へのアップデートでバッテリー駆動時間の悪化、Spotlightの鈍化が報告

 
一部のiOS16ユーザーから、アップデートしてからバッテリーの減りが速くなったと報告されています。また、Spotlightでの検索が相当遅くなったとの意見もあるようです。
バッテリー駆動時間が著しく短くなった?
米メディアMacRumorsのフォーラムやReddit、TwitterなどでiOS16にアップデートしてからバッテリー駆動時間が目に見えて悪化したとの報告が複数みかけられます。
 
Appleサポートに対して、窮状を訴える人もいます。
 

iOS16にアップグレードした際、バッテリーパフォーマンスが著しく低下しています。そのような問題を報告する人が増えています。
 

@AppleSupport Battery performance when upgrading to iOS 16 is significantly worse. More people have reported such a problem.
— Ibai Larrinaga (@ibaibizkaia) September 20, 2022

 
中にはiOS16にアップデートしてからむしろバッテリー駆動時間が改善したという人もいるため、一辺倒ではないようです。
Spotlight検索が遅くなったとの声
iOS15.6以前はSpotlight検索は即座にできたものの、iOS15.6にアップデートしてから検索中に何か表示されるのに5秒以上かかるようになった、との意見もあります。同ユーザーはiOS16で問題が解決することを期待していたようですが、アップデート後も同じように遅いとのことです。
 
このユーザーはすべてを消去し、iCloudのバックアップからの復元も試みたようですが、それでも直らなかったそうです。
 
このバグについては、複数のユーザーがすべての設定をリセットすることでSpotlight検索のパフォーマンスが大幅に向上したと述べていますが、Appleから正式な解決策やバグ修正は発表されていません。
来週アップデートが公開
Appleは来週にiOS16.0.2(仮称)のリリースを予定しており、これまでに報告されていたカメラが揺れる問題やコピペの度にプロンプトが表示される問題などが解決されるとみられています。
 
 
Source:MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

「量」と「%」の共存! iOS 16.1でバッテリーアイコンがもっと見やすくなりそうだよ!

Image:MacRumors民意反映!トップ画像、MacRumorsが共有した画面なんですけど、バッテリー表示のどこが変わったのかわかります?そう、バッテリーアイコンの残量表示!iOS16.1ベータ2では、アイコン内の数字での%表示と、バッテリーゲージの増減表示が共存できるようになっているとのこと。トップ画像のバッテリーアイコンを見ると、78%表示でゲージもちょっぴり減っています。やったぜ見やす …

続きを読む シェア
0

Youtube

AirPods Pro 2 Review: 1 Underrated Thing!

https://www.youtube.com/watch?v=f3DfJxvkN-8
AirPods Pro take computational audio to the limits, which makes them hard to review, but great to listen to The water bottle: http://shop.MKBHD.com Get a dbrand grip case for your Apple AirPods Pro at https://dbrand.com/airpods Grab yourself an Apple AirPods Pro 2 at https://geni.us/dCEfCC
Check out Bose's new QuietComfort II Earbuds at https://geni.us/R0ft
Check out the Sony WF-1000XM4 at https://geni.us/pQzAB
Tech I'm using right…

続きを読む シェア
0

Apple Watch Ultraをダイビングシミュレーション装置でテスト

 
YouTuberが、Apple Watch Ultra専用アプリ「Depth(深度)」アプリをダイビングシミュレーターで試しています。どのような結果が得られたのでしょうか。
アプリは水深を正確に表示
技術評論家でYouTuberのDC Rainmakerは、ダイビング機器用に設計された水中試験室を使用して、Depthアプリの動作を実演する動画を公開しました。
 
動画では、シミュレートされたダイバーが潜降するにつれ、Depthアプリが大きくなる水圧にスムーズに対応している様子が確認できます。アプリの水深表示が正確に調整されていくのがわかります。
 
Depthアプリは最大水深40メートルを想定していますが、Apple Watch Ultraは100メートルの防水機能を備えており、アプリよりも高い水圧に耐えることができます。
 
DCはDepthアプリが40メートル以下に降下したときに何が起こるのかも調べています。画面は明るい黄色に変わり、「40メートル超」と表示され、より浅い水深に戻るまで表示されなくなります。
 
また、ダイビング終了後にダイビングの長さ、水温、最大水深を表示する「ダイブサマリー」のデモも行なわれています。
 

 
 
Source:MacRumors
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Popular Posts