ガジェット 2022/04/2

【レビュー】Apple Musicの空間オーディオ聴き比べ~リアスピーカーで激変


Apple Musicの空間オーディオ
 
Apple Musicが対応した空間オーディオは、これまでのチャンネルベースではなくオブジェクトベースという新しい概念で音楽再生をおこなう技術であり、これまでとは異なる音楽体験を提供してくれます。
 
Apple Musicの空間オーディオを楽しむための手段は数多く提供されていますが、それぞれに特徴が異なり、手段ごとに違った楽しみ方が可能です。
 
今回はiPhone/、AirPods、テレビでの仮想多チャンネル再生、リアスピーカー付きの5.1.2チャンネル再生環境で聴き比べをおこないましたのでレビューします

空間オーディオとは

空間オーディオとは、「オブジェクトベース」の音楽再生技術のことを指します。
 
iOS14 AirPods 空間オーディオ WWDC 2020
 
従来の音楽再生はステレオ(2チャンネル)にしろサラウンド(多チャンネル)にしろ、音がそれぞれのスピーカーやイヤホン/ヘッドホンのユニットに直接紐付けられていました。
 
これに対してオブジェクトベースの音楽再生では、それぞれの音が3次元空間上のどの場所から発せられるかを定義し、それを自分の場所から聴いたときの音がどのようになるかを計算して再生します。
 
これは3Dゲームの画面レンダリングと同じ考え方です。3Dゲームでも、それぞれのキャラクターや建物などの位置が3次元空間上に定義され、それらをプレーヤーの視点から見たときにどう映るか計算して画面のレンダリングをおこなっています。
 
このため、再生環境の自由度が非常に高いのが空間オーディオの特徴です。
 
チャンネルベースの音楽再生の場合、基本的に楽曲のフォーマットと同じチャンネル数を持つ音楽再生環境の利用が求められます。
 
これに対し空間オーディオの場合、使用している音楽再生環境に合わせて音を「レンダリング」できるため、やり方次第で1つの音源に対してさまざまな音楽体験を提供可能です。
 
この代表例がApple Musicの「ダイナミックヘッドトラッキング」であり、リスナーの頭の動きに合わせて音の「レンダリング」を変更することで、これまでとは異なる新しい音楽体験を生みました。

Apple Musicの空間オーディオを楽しむ手段は大きく分けて4種類

AppleはApple Music空間オーディオを楽しむための手段として、大きく分けて4種類の方法を用意しています(下表は記事執筆時点での情報)。
 

手段 対応機種
端末内蔵スピーカー XS以降(iPhone SEを除く)
Pro 12.9インチモデル(第3世代以降)、 11インチモデル、iPad Air(第4世代以降)
・MacBook Pro(2018年モデル以降)、(2018年モデル以降)、(2021年モデル)
・Dolby Atmosに対応したAndroidデバイス
イヤホン、ヘッドホン どのイヤホン/ヘッドホンでも利用可能
(ただし、ダイナミックヘッドトラッキングは対応モデルのiPhone//MacでAirPods Pro、AirPods Max、Beats Fit Proを使ったときのみ有効)
HomePod HomePod
Apple TV 4K (Apple TV 4K自体にスピーカーはないため、HomePod、AirPods/AirPods Pro/AirPods Maxなどを接続するか、Dolby Atmos対応機器をHDMI端子に接続する必要あり)

 
このように多彩な再生手段がありますが、前述の通り一口に空間オーディオといっても、どのように空間オーディオを再生するかは環境に大きく依存します。
 
そこで今回はさまざまな手段でApple Musicの空間オーディオを再生し、違いを聴き比べてみました

Apple Musicの空間オーディオ聴き比べ

今回聴き比べに使用したのは以下の機器です。
 

機器 チャンネル数 特徴
XR、 Pro 12.9インチモデル(第3世代) 2チャンネル 空間オーディオ対応
AirPods Pro 2チャンネル ダイナミックヘッドトラッキング対応
Apple TV 4K + REGZA Z670K 仮想多チャンネル 合計9個のスピーカー搭載
Apple TV 4K + Sonos Arc + Sonos Sub + Symfonisk 5.1.2チャンネル リアスピーカーやサブウーファー、上向きスピーカーあり

 
楽曲としてはBUMP OF CHICKENの「天体観測」などのJ-POPから洋楽、クラシックまで幅広いジャンルのものを利用しています。
 
筆者だけでなく、オーディオに興味がない家族にも聴いてもらいました。
 

端末内蔵スピーカーの音に広がりが出る

まずは最も簡易な環境といえる、端末内蔵スピーカーでの比較です。
 
空間オーディオをオン/オフして聴き比べると、オンにした方が音に広がりを感じました
 
特に筐体サイズが小さいiPhone XRの場合は音に広がりが出づらいですが、空間オーディオを有効にすることで音場が広がる印象が強いです。
 
なお、iPhone XRは空間オーディオ非対応という情報もありますが、筆者の環境では対応楽曲再生時に「Dolby Atmos」が表示され、設定をオン/オフすると音が変わりました。
 
iPhone XRで空間オーディオ再生
 
Proの場合はより高品質なスピーカーが搭載されているおかげで、音の広がりだけでなく音質の変化も生じます
 
ステレオ再生では裏に回ってよく聞こえなかった音が音場が広がったことで聞こえるようになりました。
 
ただ、オーディオに興味がない家族は、音に広がりが出たのはわかったものの、それ以上でも以下でもないという感想でした。
 

ダイナミックヘッドトラッキングが面白いAirPods Pro

次に空間オーディオに加えてダイナミックヘッドトラッキングに対応したAirPods Proを試しました。
 
AirPods Proの画像
 
こちらもやはり空間オーディオを有効にすることで音に広がりを感じます。
 
それよりも、やはりダイナミックヘッドトラッキングが面白いと感じました。
 
これは頭の動きをAirPods Proが検出し、それに合わせて音の再生を変える技術であり、空間オーディオが前述のオブジェクトベースだからこそできる音楽体験であるといえます。
 
まるで実際のライブ会場にいるかのように頭の動きに合わせて音が変わるのは非常に面白いです。
 
ただ、完全にライブ会場を再現できているかというとそういうわけではなく、3次元ではなく平たい空間から出ている音を聴いているような印象を受けました。
 
音源自体がダイナミックヘッドトラッキングを利用することを前提に作られていないのか、あるいは音を出すユニットが2チャンネルしかないところに限界があるのかもしれません。
 
オーディオに興味がない妻は、ダイナミックヘッドトラッキングは面白いけれどほしいとは思わないという感想でした。
 

仮想多チャンネルのテレビはあまり効果なし

次にApple TV 4K(第2世代)と空間オーディオ再生に対応したテレビであるREGZA Z670Kの組み合わせで再生をおこないました。
 
Apple TV 4K(第2世代)の画像
 
Z670Kには「レグザ重低音立体音響システムZP」が搭載され、9個(大画面モデルでは11個)ものスピーカーを使って「立体的で迫力のあるサウンド」を楽しむことができるとされています。
 
レグザ重低音立体音響システムZP
 
Apple TV 4KとHDMIケーブルで接続して空間オーディオ楽曲を再生したところ、画面に「Dolby Atmos」と表示され、音声フォーマットは「Dolby Audio/ステレオ」と認識されました。
 
REGZA Z670KでDolby Atmosを再生
 
この環境でDolby Atmosをオン/オフして楽曲を再生してみましたが、残念ながらあまり変化を感じませんでした
 
先述のように空間オーディオの音源をどのように再生するかは各機器に委ねられています。
 
Dolby Atmosは映画などの映像作品でも使われるため、テレビであるZ670Kの場合は音楽再生に最適化されていないのかもしれません。
 

リアスピーカーやサブウーファー付きの環境は効果大

最後にリアスピーカーやサブウーファー、上向きのスピーカーを備えた環境で空間オーディオ再生を試しました。
 
具体的にはアメリカのオーディオメーカーであるSonosの機器を利用しており、
 

  • センター、正面左右スピーカー、上向きスピーカー:Sonos Arc
  • リアスピーカー:Symfonisk
  • サブウーファー:Sonos Sub

 
という環境です。
 
Sonos製品を使った空間オーディオ環境
 
接続としてはApple TV 4KからZ670KにHDMIケーブルで接続し、さらにZ670KからSonos ArcにeARC対応のHDMI端子を使って接続しています。
 
Sonos ArcからSymfonisk、Sonos SubへはWi-Fi経由で音楽が伝送されます。
 
複雑な接続なのでうまくいくか心配でしたが、無事Sonosアプリに「Dolby Atmos」と表示され、Apple Musicの空間オーディオ楽曲がSonos Arcに届いたことが確認できました。
 
Sonos ArcでApple TV 4KからのDolby Atmos信号を受信
 
この状態で通常のステレオでの再生と空間オーディオでの再生を比べたところ、音質の激変を感じました空間オーディオの方がより音が生々しく聞こえます
 
オブジェクトベースの再生になったことで各スピーカーで再生される音が分散され、それぞれのスピーカーが出さなくてはいけない音が減り、音質が上がったのかもしれません。
 
また、リアスピーカーがあることによる効果は大きく、たとえばAdoの「うっせぇわ」の途中で銃口が突きつけられる音がするのですが、それがまるで自分の近くで突きつけられているかのように感じました。
 
音をさまざまな場所に配置できるJ-POPや洋楽だけではなく、基本的に正面からしか音が来ないクラシックでも効果は大きいです。
 
コンサートホールでは正面から来た音が横や後ろの壁に反響しますが、その反響がよりリアルに再現されていると感じました。
 
オーディオに興味がない家族ですら、この環境では空間オーディオの効果を強く感じたようです。
 
ちなみに、Sonos Arcは直接Apple Musicの楽曲を再生できるのですが、この方法の場合は現状空間オーディオを利用できません。
 
Amazon Musicの場合はSonos Arc単体で空間オーディオ再生ができるので、将来の対応に期待したいところです。

空間オーディオは機器ごとに印象が異なる、ぜひリアスピーカー付きの環境で試聴を

このレビューを通して感じたのは空間オーディオの可能性の大きさです。
 
オブジェクトベースという自由度の高い技術を利用しているため、機器ごとに空間オーディオの活かし方が異なり、違った音楽体験を提供しています。
 
空間オーディオが普及すれば、面白い活用方法を持つ機器がどんどん出てくるかもしれません。さしあたってはApple Glassesに期待でしょうか。
 
現時点で利用できる環境としては、AirPodsシリーズのダイナミックヘッドトラッキングも面白いですが、リアスピーカー付きの環境がおすすめです。
 
空間オーディオのポテンシャルを実感できますので、ぜひ機会があればどこかで試聴してみてください。

 
 
Source: Apple, REGZA, Sonos
(ハウザー)

iPhone Mania

関連記事
【2022年】話題のワイヤレスイヤホン ラインナップ12選
ラインナップを見る

関連記事

SoC出荷数、MediaTekが1位、Qualcommが2位、Appleは3位〜中国

 
工商時報が、2022年上半期(1月〜6月)の中国市場におけるシステム・オン・チップ(SoC)のメーカー別シェアを報じました。メーカー別シェアにおいて、MediaTekが1位、Qualcommが2位、Appleは3位とのことです。
MediaTekとQualcomm、Appleだけがシェア増加
CINNO Researchの調査によれば、2022年上半期(1月〜6月)の、中国市場におけるSoCの出荷数は1億3,400個で、前年同期比では16.9%減少しました。
 
メーカー別シェアでは、MediaTekが前年同期比約7%増の約42.1%、Qualcommが前年同期比約2%増の約35.3%で2位になりました。
 
Appleもわずかに増加し、3位でした。
 
SoC出荷数上位5社での比較では、上記3社以外のHuaweiなどは、前年同期比でシェアが減少しました。
 
MediaTek製Dimensityチップは、卸価格が安いことと、電力効率に優れ低発熱であることが評価されているようです。
 
 
Source:工商時報
Photo:Utsav Techie/YouTube
(FT729) …

続きを読む シェア
0

iPad(第10世代)とM2搭載iPad Proの生産に影響も?中国の一部都市で停電

 
アナリストのミンチー・クオ氏が、中国四川省での一時的な停電の影響が、iPadを生産するFoxconnの成都工場やCompalの重慶工場に影響を与える可能性があると述べています。
中国の電力供給事情が新型iPadの生産計画に影響を及ぼす懸念
クオ氏は、現時点ではFoxconnやCompalの工場への影響を評価するのは困難としながらも、2022年8月20日までに停電から回復できれば影響は限定的と伝えています。
 
また、Foxconnの成都工場とCompalの重慶工場が生産計画を柔軟に変更できれば、停電の影響を軽減できると、同氏は考えています。
 
ただし、今後数カ月以内に同様の事態に陥った場合は、Appleの新製品出荷計画に影響を及ぼすと、クオ氏は懸念しています。
 
その場合、iPad(第10世代)とM2搭載iPad Proがそれに該当すると予想されます。
 

(2/2)In addition, flexible production scheduling by assemblers should also help lower the impact of power outages. However, need to pay attention to whether similar incidents will occur again in the next few months and affect Apple's new product shipments during the peak season.
— 郭明錤 (Ming-Chi Kuo) (@mingchikuo) August 15, 2022

 
 
Source:郭明錤(@mingchikuo)/Twitter
Photo:Darvik(@darvikpatel)/Twitter
(FT729) …

続きを読む シェア
0

iPad(第10世代)とM2搭載iPad Proが10月のイベントで発表と予想

 
韓国Naverブログに、iPad(第10世代)とM2搭載iPad Proが10月のイベントで発表されるとの予想が投稿されました。
投稿内容
yeux1122氏の投稿内容は、下記の通りです。
 

iPad(第10世代)は、iPad mini(第6世代)を大きくしたようなデザインになる
リアカメラ部は、背面パネルから突出している
ディスプレイサイズが拡大
外部接続端子はUSB-C
システム・オン・チップ(SoC)はA14 Bionicで、5G対応
3.5ミリヘッドホンジャックが廃止
M2搭載iPad Proとともに、10月のイベントで発表される

 
これらの予想は全て、既報のものと同じで、新しい内容は含まれていません。
現時点で的中率の低いリーカーの情報
yeux1122氏はこれまで、iPhone SE(第3世代)がMagSafeに対応、AppleがiPad mini Proを開発していることなどをNaverブログに投稿してきましたが、現時点では外れています。
 
今回の予想は、流出したCADデータをもとに制作されたレンダリング画像や、Bloombergのマーク・ガーマン記者の予想と一致していますので、的中すると期待されます。
 
yeux1122氏は、iPhone14 ProシリーズのRAM容量は8GB、6.7インチディスプレイを搭載する廉価モデルの名称はiPhone14 Plusなどの予想も伝えていました。
 
 
Source:Naver via MacRumors
Photo:Konstantin Konovalov(@aaple_lab)/Twitter
(FT729) …

続きを読む シェア
0

「スマホでガチ写真集撮ってみた」通販・電子版のお知らせ

帝都低速度通信営団の新刊「スマホでガチ写真集撮ってみた」について、コミックマーケットC100で頒布したところ、大きな反響をいただきました。ツイッターで告知を見てくれた方から偶然見つけていただいた方まで多くの方に足を運んでいただきました。今回初のサークル参加での本の頒布ということで… smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

続きを読む シェア
0

Apple、広告ビジネスをさらに拡大する兆し〜ガーマン氏

 
Appleは現在の広告による収益の年間約40億ドルから、ゼロ二桁アップを目指している、とApple社内に独自の情報筋を持つBloombergのマーク・ガーマン氏は自身のニュースレターで伝えています。
マップアプリでの広告表示テストを実施
ガーマン氏のニュースレター「Power On」によれば、AppleはすでにApp Store Search Adsプログラムと同様に、マップアプリの検索結果にスポンサー付きの結果を追加するテストを行ったとのことです。将来的には、Apple BooksやApple Podcastsのストアフロントにも広告が表示される可能性があるそうです。
 
Appleの広告収入は現在のところ、App StoreのSearch Ads、Apple News、Apple Stocks(ニュースの部分)、MLB Friday Night Baseballのストリーム中のCMのシェアなどから得られています。
App Storeでの広告量も増える?
AppleはすでにApp Storeでの広告量が増加すると発表しており、iOS16で導入される新たな広告ユニットで、広告主はApp Storeの「今日のアプリ」タブや、他のアプリの製品ページの下部に広告を掲載することができるようになります。
 
Appleはハードウェア販売による成長が鈍化する中、広告を含むサービス部門の収益拡大を模索し続けています。アプリのトラッキングの透明性のようなプライバシー機能でサードパーティー広告市場を制御する一方、自社の広告ビジネスの拡大を図ったことに一部批判が集まっています。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Search Ads
(lexi) …

続きを読む シェア
0

Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W) (10000mAh 30W出力モバイルバッテリー搭載 65W出力USB充電器)【独自技術Anker GaNP...

¥13,491 Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W) (10000mAh 30W出力モバイルバッテリー搭載 65W出力USB充電器)【独自技術Anker GaNPrime採用 / USB Power Delivery対応 / PSE技術基準適合】USB-C入力対応 / 65W出力 iPhone MacBook Galaxy Android スマートフォン ノートPC 各種 その他機器対応(ブラック)

続きを読む シェア
0

Youtube

Dope Tech: The Most Extreme Gaming Monitor!

https://www.youtube.com/watch?v=MEiq0oCUb_8
Dope Tech is back! Transparent batteries, massive curved monitors and swiveling webcams 🤓 Thanks to Samsung for sponsoring a portion of dope tech! Check out the Odyssey Ark gaming monitor and their current and latest promotions for our viewers at https://bit.ly/3zSRuLk Shargeek Storm2: https://geni.us/uurob
Shargeek Storm2 slim: https://geni.us/evpu
Insta360 Link: https://geni.us/2T1mknp
The USB-C Power Display Cable: https://geni.us/YEX8d9E MKBHD Merch: http://shop.MKBHD.com Intro Track: Jordyn Edmonds:…

続きを読む シェア
0

Google「Live sharing」発表。通話中にYouTubeを同時視聴可能

 
Googleは、ビデオミーティングアプリGoogle Meetに、ビデオ通話しながらYouTubeの動画、Spotifyの音楽を同時に楽しめる新機能「Live sharing」を発表しました。AppleのSharePlayと似た機能です。
YouTubeの動画、Spotifyの音楽、ゲームを通話相手と同時に楽しめる
Google Meetアプリ(Google Duoと統合)で利用可能になる新機能「Live sharing」は、ビデオミーティング参加者全員で同時に、YouTubeの動画を観たり、Spotifyの音楽を聴いたり、Heads Up!、UNO! Mobile、Kahoot!といったゲームを楽しむことができるのが特徴です。
 
Googleが公開した画像にあるように、画面右下の3ドットメニューから「アクティビティ」を開くとLive sharingが使えます。
 
この新機能は、スマートフォンやタブレットから先に利用可能になり、その後、他のデバイスでも順次利用可能になる予定です。
 
「Live sharing」の導入後も、既存のGoogle Meetアプリの使用方法に変更はありません。
Appleは2021年からSharePlayを提供
Appleは、「SharePlay」を2021年秋に公開したiOS15やmacOS MontereyなどのOS向けに提供しています。
 

 
SharePlayでは、FaceTimeのビデオ通話相手とApple Musicの音楽を一緒に聴いたり、Apple TV+のドラマや映画を観ることができます。
 
SharePlayでは、誰かが話していると映画や音楽のボリュームを自動で下げるスマートボリュームにも対応しています。
 
iOS15以降のFaceTimeは、WindowsやAndroidユーザーとも通話できるほか、通話中に周囲のノイズを抑える「声を分離」や、空間オーディオに対応しています。
 
 
Source:Google via Engadget
Photo:Apple
(hato) …

続きを読む シェア
0

Samsung Z Fold 4/ Flip 4 Impressions + Watch 5 Pro!

https://www.youtube.com/watch?v=JuWF9G6SSi0
A hands-on with Samsung's new Z Fold 4, Z Flip 4, and Watch 5 Pro! MKBHD Merch: http://shop.MKBHD.com Pre-order the Samsung Galaxy Z Fold4 Smartphone at https://geni.us/q4WGfrT
Pre-order the Samsung Galaxy Z Flip4 Smartphone at https://geni.us/nqpYz3
Pre-order the Samsung Galaxy Watch 5 and Watch 5 Pro at https://geni.us/u4HS9Y9 Tech I'm using right now: https://www.amazon.com/shop/MKBHD Playlist of MKBHD Intro music: https://goo.gl/B3AWV5 ~
http://twitter.com/MKBHD
http://instagram.com/MKBHD
http://facebook.com/MKBHD YouTube…

続きを読む シェア
0

Best Back to School Tech 2022!

https://www.youtube.com/watch?v=ErMwWXQxHp0
Thanks to @BestBuy for sponsoring today's video! Check out the tech I showed off on my BestBuy storefront at https://bestbuy.7tiv.net/XxarBG or at the links below. Dell XPS 15 Laptop: https://bestbuy.7tiv.net/P0QADM M2 MacBook Air: https://bestbuy.7tiv.net/7m6DNV
Samsung Galaxy QLED Chromebook 2: https://bestbuy.7tiv.net/QO9GQ9 Logitech MX Master Mouse 3S: https://bestbuy.7tiv.net/x9KmG3 Apple iPad Air 4th Gen: https://bestbuy.7tiv.net/5bdqNo
Apple Pencil 2nd Gen: https://bestbuy.7tiv.net/e40QW6
Samsung Galaxy S22 Smartphone: https://bestbuy.7tiv.net/e40Q71
Samsung Galaxyt S21…

続きを読む シェア
0

YouTube「ピンチしてズーム」機能を限定公開。試してみた

 
YouTubeが、2本の指でピンチイン/ピンチアウトすると動画を拡大/縮小できる新機能「ピンチしてズーム」を、プレミアム会員向けに期間限定で提供しています。iPhoneの「YouTube」アプリで試してみました。
2022年9月1日までの期間限定
YouTubeの新機能「ピンチしてズーム」は、有料サービスYouTubeプレミアム会員向けのベータ版として、2022年9月1日までの期間限定で提供されています。
 
同機能を試した評価をフィードバックできるフォーム(英語)も用意されています。
 
将来的には、ピクチャ・イン・ピクチャ(PiP)モードと同様に、YouTube利用者全員向けの機能として開放されるとみられます。
「ピンチしてズーム」を試してみた
YouTubeプレミアムに加入している筆者が、「ピンチしてズーム」機能を有効にして、iPhoneの「YouTube」アプリで試してみました。
 

 
「ピンチしてズーム」機能は、「ホーム」タブ画面右上のアイコンから「設定」メニューを開き「新機能を試してみる」から有効にできます。
 
アプリ内の再生ウインドウでの再生中や、ピクチャ・イン・ピクチャモードでは「ピンチしてズーム」機能が使えないので、フルスクリーン表示に切り替える必要があります。
 
フルスクリーン表示にしたら、2本指でピンチインすると最大8.0倍まで拡大表示ができ、拡大率が表示されます。
 
指を離すと、拡大率を固定したまま再生を続けることができ、動画を指でなぞれば拡大位置の移動も可能です。
 

 
YouTubeプレミアムを利用されている方は、試してみてください。
 
 
Source:YouTube via MacRumors
(hato) …

続きを読む シェア
0

OnePlus 10T Impressions: Somebody That You Used to Know

https://www.youtube.com/watch?v=4SHlY9AoXzc
OnePlus 10T is looking more generic than ever. And that's by design. OnePlus 10 Pro: https://youtu.be/7IaYSxDp88s
On fast charging: https://youtu.be/UpqaQR4ikig Check out the OnePlus 10 T at https://geni.us/V4i3tH
Buy the OnePlus 10 Pro at https://geni.us/DBPOB4Q MKBHD Merch: http://shop.MKBHD.com Tech I'm using right now: https://www.amazon.com/shop/MKBHD Intro Track: Jordyn Edmonds: https://lnk.to/jordynedmonds
Playlist of MKBHD Intro music: https://goo.gl/B3AWV5 Phone provided by OnePlus for video. ~
http://twitter.com/MKBHD
http://instagram.com/MKBHD
http://facebook.com/MKBHD YouTube…

続きを読む シェア
0

Asus Zenfone 9: The New Compact King!

https://www.youtube.com/watch?v=AxV0_1Y4zl0
Most underrated phone of the year so far. Love this thing. MKBHD Merch: http://shop.MKBHD.com Tech I'm using right now: https://www.amazon.com/shop/MKBHD Intro Track: Jordyn Edmonds: https://lnk.to/jordynedmonds
Playlist of MKBHD Intro music: https://goo.gl/B3AWV5 Phone provided by Asus for review. ~
http://twitter.com/MKBHD
http://instagram.com/MKBHD
http://facebook.com/MKBHD YouTube…

続きを読む シェア
0

Popular Posts