ガジェット 2022/01/4

【レビュー】「MOFT Smart Desk Mat」で快適デスク環境を構築しよう


MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
角度調節と多彩なアクセサリーで自分好みの快適なデスク環境を実現できる「MOFT Smart Desk Mat」を約2週間使っての印象をご紹介します。クラウドファンディングサイトMakuakeでの応援購入で、すでに目標の3,200%以上の支援を獲得しています。記事には、レビュー用にご提供いただいたサンプル品を使用しています。
 
※クラウドファンディングは、製品・サービスの購入ではなく”投資”であるため、プロジェクトの進行が遅れてお礼のリターン(製品やサービス)が予定通り届かない場合や、目標額に到達しないなどの理由で開発自体が中止となることもあります。また海外プロジェクトの無線機では、日本国内での利用に必要な技適マークを取得していないケースがあります。これらのリスクを理解した上でご利用ください。

目標額の3,200%の支援を獲得

MOFT Smart Desk Mat」は、スタイリッシュなデザインと高い機能性で人気の、ガジェットアクセサリーメーカーMOFTによる、多機能なデスクマットです。
 
Makuakeでのクラウドファンディング期間は2022年1月21日までですが、目標額の500,000円をプロジェクト開始早々に達成し、本稿執筆時点では目標の3,200%を超える1,600万円以上の応援購入を獲得しています。
 
MOFT Smart Desk Mat
 
なおMOFTは、これまでもクラウドファンディングで高い支持を集めた製品を一般販売し、人気製品となっています。

角度調整&アクセサリーで機能拡張できるデスクマット

「MOFT Smart Desk Mat」の特徴は、角度調整できるデスクマットに、多様なアクセサリーを組み合わせることで、フレキシブルな使い方が実現できることです。
 
「MOFT Smart Desk Mat」には、ナイトブラック、オックスフォードブルー、シエナブラウンの3色が用意されています。
 
MOFT Smart Desk Mat
 
今回はレビュー用に、「MOFT Smart Desk Mat」の全機能が利用できるオックスフォードブルーのセットをご提供いただきました。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
「MOFT Smart Desk Mat」の表面素材はヴィーガンレザー(ポリウレタン素材)で、柔らかく滑らかな手触りです。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
オックスフォードブルーは落ち着いた色合いで、インテリアに馴染みやすいと感じました。先日レビューした、iPad mini(第6世代)用スタンドのオックスフォードブルーと比べると、デスクマットのほうが若干濃いめのカラーとなっています。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
本体サイズは幅が504ミリ、奥行きが300ミリで、重量は1.5キロです。

用途に合わせた4つの角度で使える

「MOFT Smart Desk Mat」の特徴のひとつは、角度調整によりさまざまな用途に活用できることです。角度調整には、2枚重ねになったマットの間にあるプレートを使います。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
25度は、ノートパソコンを乗せてキーボードに高さと角度がつけられるほか、iPadを置いての手書き入力にも便利ですし、紙への手書きにも便利です。なお、この角度で設置する場合は奥行きがプラス6センチ必要となります。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
スタンドを立てた45度や60度は、iPadを高めの位置に固定してBluetoothキーボードと組み合わせた操作や動画視聴や電子書籍閲覧が快適です。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
「MOFT Smart Desk Mat」を逆さに立てると、奥行き20センチほどの空間に設置できる多機能なボードとして活用できます。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 

多彩なアクセサリーで機能的に

マットには厚さ0.5ミリのマンガン板金プレートが内蔵されており、磁力でさまざまなアクセサリーを取り付けて、多様な活用が可能です。
 
従来型のデスクマットとして、紙にペンで手書きする際も、適度な沈み込みがあるので文字が書きやすく、角度をつけた状態でも安定して手書きができます。最近では減ったとはいえ時々ある紙への押印もできます。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
「MOFT Smart Desk Mat」に付属する「クッション」は、ソフトな素材でタイピングの時に手首を優しく支えてくれます。
 
クッションは「MOFT Smart Desk Mat」の背面に磁力で取り付けられるので、デスクを離れて「MOFT Smart Desk Mat」を膝に乗せて使う時にも便利です。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 

 
タブレットホルダー」は、iPadなどのタブレットを好みの位置に固定して使うのに便利です。背面にMOFT製のスタンドを取り付けたiPad mini(第6世代)も、10.5インチのiPad Air(第3世代)も、縦向きにも横向きにも置くことができ、タッチ操作やApple Pencilでの操作をしてもぐらつかず。安定して使えます。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
MagSafe充電器」は、USB-C端子に付属の電源コードをつなぐと、MagSafe対応のiPhoneをしっかり固定しながら充電できます(最大出力は10W)。必要な時には軽い力で取り外せます。重量級のiPhone12 Pro Maxも安定して取り付けることができました。MagSafe非対応のスマートフォンも「マグシール」を使って固定できます。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
ケーブルホルダー」は、デスク周りが散らかった印象になる原因であるケーブルを取り回すことができます。デスクマットと同色で一体感があるのでスッキリ感が増します。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
ケーブルホルダーは、デスクマットの背面にも固定できて便利なので、単体でも購入できるように販売してほしいと思いました。
 
追加オプションの「 Watchホルダー」を使うと、Apple Watchを固定できます。Apple Watchホルダーに充電機能はありませんが、Apple Watchの純正充電器を磁力で吸着できるので、筆者はこの状態で充電して使っていました。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
メモホルダー」は手書きのメモ用紙を挟んでおくのはもちろん、磁力がしっかりしているので、筆者は仕事の合間に食べる袋入りのタブレット菓子を挟んでおくのに活用しています。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
ブックホルダー」は、厚めの本もページを固定しておけるので、書籍を参照したい時や学習時に便利です。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 

NFCタグを2つ内蔵、アイデア次第で可能性は無限大

「MOFT Smart Desk Mat」には、NFCタグが2つ内蔵されています。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
iPhone7以降のiPhoneなら、「ショートカット」アプリでオートメーションを設定しておけば、NFCタグを読み込んだ際に一連の動作を操作を自動化することができます。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
筆者の場合は「さあ仕事を始めるぞ」という時のために、iPhoneの「集中モード」をオンにして通知を仕事関係のアプリに絞り込み、iPhoneからバックグラウンドノイズを流し、IKEAのスマートLED電球を最大輝度の白色に切り替える設定をしておき、一瞬で仕事モードに入るようにしています。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
もう一方のNFCタグは、仕事モードからリラックスモードに戻るためのスイッチとして使っています。

実際に使って、特に便利だった使い方2つ

筆者が「MOFT Smart Desk Mat」を約2週間使ってみて、特に便利だと感じた使い方を2つご紹介します。

 

使い方1:25度の角度でMacBook Proを設置、ビデオ通話にも最適

ひとつは、25度の角度でMacBook Pro(14インチ)を設置し、iPhoneやApple Watchを充電しながら使う、という使い方でした。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
ディスプレイが適度な高さになるので自然と姿勢が良くなり、ディスプレイ上部のカメラがちょうど顔の位置にくるのでビデオ会議にも適しています。
 
腕をクッションに置いてのタイピングは、最初は少々戸惑いましたが、慣れると心地よく感じられるようになりました。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 

使い方2: Proの横にiPad、Sidecarで活用

もうひとつ便利に感じたのは、タブレットホルダーを使ってiPad miniとMacBook Proのディスプレイと高さを揃えて、Sidecar機能でiPadをサブディスプレイとして使う用途でした。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
(第6世代)の背面には、MOFTのタブレットスタンドを装着しているので、デスクマットの表面から数ミリ離れますが、安定して使用できています。
 
Apple Pencil(第2世代)は、磁力で「MOFT Smart Desk Mat」に吸着させておくこともできます。
 
MOFT Smart Desk Mat レビュー
 
Sidecarとして使わない時や、 miniを縦にした状態でも、MacBook Proのディスプレイから視線移動が少ないので、Macで作業しながらチャットを横目で確認したり、環境映像として動画を流しっぱなしにする、といった使い方も便利でした。
 

早割購入できる応援購入は1月21日まで!

「MOFT Smart Desk Mat」は、2022年1月21日まで、クラウドファンディングサイトMakuakeでの応援購入を受け付けており、期日までに支払いが完了すれば2022年3月末までの配送が予定されています。
 
本稿執筆時点では、「MOFT Smart Desk Mat」とクッションのセットが、一般販売予定価格から16%オフの9,480円(税込、以下同じ)から購入可能です。
 
タブレットホルダー、ケーブルホルダー(3個)、MagSafe充電器、マグシールが加わる「デジタルキット」は14,500円、ブックホルダー(2個)とメモホルダー(2個)が加わる「ペーパーキット」は11,800円、上記のアクセサリーが使える「フルキット」は17,180円から購入可能です。
 
このほか、Apple Watchユーザーなら、上記のセットに含まれないApple Watchホルダー(990円)もお勧めです。なお、Apple Watchホルダーのカラーはブラックのみです。
 
2022年は「MOFT Smart Desk Mat」でスッキリした快適なデスク環境を構築してみてはいかがでしょうか。

Makuakeでは新年キャンペーンも実施中

なお、Makuakeでは1月1日から1月5日までの期間、8,000円以上の応援購入を申し込んで専用フォームから応募すると、2021年に人気を集めた商品が抽選で合計2022名に当たるキャンペーンも実施しています。
 
MOFT Smart Desk Mat
 
 
参照:Makuake
(hato)

iPhone Mania

関連記事

手首に付けるVRトラッカー「VIVE Wrist Tracker」登場。小型のリング型デバイス

HTCは、ユーザーの動きを認識する新型トラッカー「VIVE Wrist Tracker」を発表しました。手首に取り付けることで、利用者の動きをVR内に反映します。同デバイスは、スタンドアローンVRヘッドセット「VIVE Focus 3」向けの製品で、同社によると、サイズは専用コン… smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

続きを読む シェア
0

噂:iPhone 14は高駆動「非対応」。Proシリーズのみ対応を継続か

巨大なノッチがついにパンチホールになるなど様々な噂やリークが流れているiPhone 14シリーズですが、ディスプレイに関する情報がリークされたようです。Macrumorsが伝えました。情報源はディスプレイ関連を専門とするリーカーのRoss Young氏。同氏はTwitterにて、… smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

続きを読む シェア
0

カメラ端末に最強やんけ!アップロード無制限「あげ放題」、NUROモバイル「NEOプラン」が提供開始

NUROモバイルは、「NEOプラン」に新機能「あげ放題」機能を追加しました。「あげ放題」は上り通信時のデータ通信量を消費せずに使える機能。動画や画像のオンラインストレージ保存やアップロードに向いています。これ、カメラの強力なスマホにSIMカードを挿して運用したくなりますね。ガンガ… smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

続きを読む シェア
0

次世代iPad Proは「Appleロゴ」からワイヤレス充電!?との噂

Appleが現在開発しているとみられるiPad Proについて、Bloomberg所属で古くからApple製品のリークに非常に強いMark Gurman氏などがリークしたようです。9to5MacやMacRumorsが伝えました。それによると、次期iPad Proはもともと背面をガ… smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

続きを読む シェア
0

OUKITEL WP15 5G防水スマートフォン 15600mAh大容量バッテリー 8GB+128GBスマホ本体Android 11.0 SIMフリースマートフォン本体 6.52インチ SONY 48...

OUKITEL WP15 5G防水スマートフォン 15600mAh大容量バッテリー 8GB+128GBスマホ本体Android 11.0 SIMフリースマートフォン本体 6.52インチ SONY 48MP AIカメラ 携帯電話 18W速い充電 OTG NFC 防災用品 技術適合認証1年間の保証 5星中4.0(5) ¥42,415 (2022-01-17 16:44 GMT +09:00 時点 – 追加情報商品価格と取扱状況は記載された日時の時点で正確で、また常に変動します。Amazon のサイトに表示さ…

続きを読む シェア
0

「OnePlus 10 Pro」に海外YouTuber所感

OnePlusより新ハイエンドスマホ、「OnePlus 10 Pro」が発表されましたが、早速イギリスの著名YouTuber、SuperSaf氏が概要を紹介、所感を述べています。デザイン的には先代OnePlus 9と大体同じですが、今回はエッジまで拡張されたカメラモジュールが搭載… smhn.infoにアクセスすると、全文を読むことができます。

続きを読む シェア
0

Youtube

When Tech Companies Lie to Us...

https://www.youtube.com/watch?v=-njHjebtIg4
Tech company lies exist on a spectrum. How far is too far?
(Did you know 1-inch camera sensors are not 1 inch?) DonutMedia video: https://youtu.be/sYd9q120lhE Tech I'm using right now: https://www.amazon.com/shop/MKBHD Intro Track: Jordyn Edmonds https://lnk.to/jordynedmonds
Playlist of MKBHD Intro music: https://goo.gl/B3AWV5 ~
http://twitter.com/MKBHD
http://instagram.com/MKBHD
http://facebook.com/MKBHD YouTube…

続きを読む シェア
0

My Everyday Tech: 2022!

https://www.youtube.com/watch?v=-pTGc7cIBIA
What’s in my bag and on my phones RIGHT NOW.
All links below v Peak Design V2 Everyday 20L: https://amzn.to/3qWv0nc
MacBook Pro 16: https://amzn.to/3HIIwRT
AirPods Max: https://amzn.to/3JPxNHi
Opal C1 webcam: https://opalcamera.com
Canon R5: https://amzn.to/3F8gePb
Canon 15-35 RF: https://amzn.to/3q3b9n1
USB-C cable with display: https://amzn.to/3JQUwTf Trove slim wallet: https://www.trove.cc
iPhone 13 Pro: https://amzn.to/3F4lO5e
Pixel 6 Pro: https://amzn.to/31AC7Ja
TickTick: https://ticktick.com
Osmos game: https://apps.apple.com/us/developer/hemisphere-games/id379323385 Tech I'm using right now: https://www.amazon.com/shop/MKBHD Intro Track: http://youtube.com/20syl
Playlist of MKBHD Intro…

続きを読む シェア
0

2022 Tech I'm Ready For!

https://www.youtube.com/watch?v=zV7y4Oex1DQ
The best tech upcoming in 2022!
Sponsored by Cash App: Download from App Store/Google Play store – Use code MARQUES for $15 and $10 goes to Girls Who Code! Mark Gurman's newsletter: https://www.bloomberg.com/account/newsletters/power-on MKBHD Merch: http://shop.MKBHD.com Tech I'm using right now: https://www.amazon.com/shop/MKBHD Intro Track: http://youtube.com/20syl
Playlist of MKBHD Intro music: https://goo.gl/B3AWV5 ~
http://twitter.com/MKBHD
http://instagram.com/MKBHD
http://facebook.com/MKBHD YouTube…

続きを読む シェア
0

日本のベンチャー企業が針のない血糖値センサーをCESでデモ、賞を獲得

 
2022年中にも発売される可能性がある針のない血糖値測定機能付きスマートウォッチですが、日本企業も開発をおこなっています。
 
ベンチャー企業であるクォンタムオペレーションがCES 2022において、非侵襲血糖センサーのデモをおこない、「CES 2022 Innovation Awards」を受賞しました。
「CES 2022 Innovation Awards」を受賞した日本企業の非侵襲血糖センサー
このデモをおこなったのは日本のベンチャー企業であるクォンタムオペレーションです。
 
クォンタムオペレーションは2017年に設立されたベンチャー企業であり、針のない血糖センサーの研究開発が主な事業内容となっています。
 
クォンタムオペレーションはCES 2022において、開発中の非侵襲血糖センサーのデモをおこないました。
 
この技術によってクォンタムオペレーションは「CES 2022 Innovation Awards」を受賞し、CES 2022で多くの注目を集めたようです。
 
クォンタムオペレーションが開発中の非侵襲血糖センサーを搭載したスマートウォッチのデモは、YouTube上でも公開されています。
 

 
盛り上がりを見せる針のない血糖センサー
クォンタムオペレーションの針のない血糖値測定機能付きスマートウォッチの発売時期は不明です。
 
しかしながら海外には、2022年末から2023年にかけて発売が予定されているスマートウォッチや、2022年末に発売が予定されている通常の腕時計に取り付け可能な製品が存在しています。
 
さらに、交換が必要な部品を排して痛みがないだけでなくコスト面でも患者に優しい製品も開発中です。
 
AppleもApple Watch Series 8で血糖値センサーを採用するという情報があります。
 
血糖値の測定に痛みが伴う時代はもうすぐ終わるのかもしれません。
 
 
Source: クォンタムオペレーション via Gizchina
(ハウザー) …

続きを読む シェア
0

Popular Posts